ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 2010/03/17 夕刊

2010/03/17

■ お・知・ら・せ ■〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


  今週のスペシャル版は下記内容にて本日夕方に配信いたしました。


   『こっそり仕込んでおきたい、

        今期過去最高益更新で上値余地大の勝ち組銘柄!』

  
   『 テーマを有効に活かすポイント 』
 

  ※配信についてのお問い合わせは・・・ mailto:aqua@aqua-inter.com

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎     2010/03/17 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


こんばんは。aquaです。

 昨日の衆院本会議で子ども手当と高校無償化の両法案が可決し、いずれも年
度内に成立する見通しとなっていますが、市場では少し前から、教育、外食、
レジャー・おもちゃなどの子ども手当関連銘柄が物色されてきました。

 子ども手当法案が成立した場合、6月(2カ月分)、10月(4カ月分)、
2月(4カ月分)の年3回にまとめて支給され、6月に1回目の支給が行われ
ます。2010年度の子ども手当はとりあえず半額の子ども一人あたり月1万
3千円で、6月は4月、5月分を合わせた2万6千円(子ども一人あたり)が
支給される運びです。

 ちなみに2010年度の子ども手当に使われる予算は約2兆3千億円。満額
の、子ども一人あたり2万6千円支給予定の2011年度には約5兆4千億円
の予算が必要となります。2011年度以降については財源の見通しもたって
おらず、結局は国民へしわ寄せがくる可能性が高いといえます。

 尚、従来の児童手当を受給していない人が今回の子ども手当を受給する場合
には新たに市町村で申請手続きが必要で、手当を受ける資格の「認定請求書」
を市町村に提出する必要があります。また、所得制限を設けない代わりに、手
当を必要としない高額所得者らを念頭に寄付制度を設けるとのこと。

 高校無償化については4月から実施される予定で、公立高校では保護者から
授業料を徴収せず、私立高校に通うケースでは授業料から年間11万8800
円〜23万7600円(世帯の所得に応じて)が減額されることになり、いず
れもその分は国が補てんします。

 民主党は昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)で第1の柱に「ムダ使いの
削減」を挙げましたが、子ども手当と高校無償化もマニフェストに掲げた目玉
政策です。2010年度分に関しては、首相いわく「無駄の削減でできた余裕
で」支給されるため、何ら矛盾していないそうです。

 子ども手当と高校無償化を成立させて「実績」としてアピールし、夏の参院
選を有利に運びたいとの狙いもあるようですが、現時点では賛否両論。以前、
人気取りのために各市町村一律1億円の資金がばらまかれた「ふるさと創世金」
を彷彿とさせる施策で、むしろ手放しで喜ぶ受給者の声は少数派のように見受
けられます。

 参考までに、あるアンケート調査では、子ども手当を貯蓄にまわすとの回答
が最も多く、高所得層が塾などの教育費につかう割合が高いのに対し、低所得
層ではレジャーや外食などに消費される傾向が見られます。



……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜       編集者:aqua[ mailto:aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………


 1.今日の相場 <スペシャル版&プライベート・サービス通信>

 2.主な材料

 3.主な投資判断

 4.タイムテーブル

 5.編集後記






――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                         **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


◎日経平均  10846.98(+125.27)△1.17%
◎TOPIX   947.43(+  9.33)△0.99%

◎売買高概算  19億9399万株
◎売買代金概算  1兆3465億円
◎時価総額  317兆1557億円

◎値上り銘柄数 1243  ◎(昨年来)新高値 48
◎値下り銘柄数  308  ◎(昨年来)新安値  2
◎変わらず    124

◎騰落レシオ(25日)128.6%

◎サイコロ(日経平均)8勝4敗 ○○○●○○●●○○●○ 66.7%

◎カイリ率(日経平均)25日線比+4.84% 75日線比+5.12%
 
◎為替  (対ドル) 90.51  (対ユーロ)125.02

◎出来高上位
 1.みずほ  <8411>  192円(+  2円)102,378千株
 2.東芝   <6502>  444円(+ 14円) 79,550千株
 3.三菱UFJ<8306>  476円(+  2円) 67,344千株
 4.日立   <6501>  331円(+  8円) 66,268千株
 5.旭テック <5606>   49円(+  7円) 48,153千株

◎売買代金上位                           (円)
 1.トヨタ自 <7203> 3580円(+ 30円) 36,698百万
 2.三井住友 <8316> 2965円(+  7円) 35,367百万
 3.東芝   <6502>  444円(+ 14円) 34,929百万
 4.三菱UFJ<8306>  476円(+  2円) 32,191百万
 5.オリックス<8591> 7750円(+520円) 26,314百万


◆相場概況

 外国証券の寄付前の注文状況・・・売り1410万株 買い1710万株

 本日の東京マーケットは日経平均株価が前日比125円(1.1%)高の1
万0846円と1万0800円台に乗せて取引終了です。

 米FOMCで超低金利政策の維持が示されたことを好感して昨晩のNYダウ
が43ドル高。為替も1ドル=90.50円前後と円安気味みで推移したこと
も買い安心感に繋がり、朝方から幅広い銘柄に買いが先行。昼からは上海市場
が大幅高していることを横目に、また日銀が金融政策決定会合で追加的な金融
緩和策を決定したことが徐々に評価される形で引けにかけて上げ幅拡大となっ
ています。1月15日に付けた高値1万0982円まであと136円に迫って
います。売買代金は概算1兆3465億円、上海総合株価指数は57ポイント
(1.9%)高の3050と3000台回復です。

 業種別では、石油、鉄鋼、電機、不動産、非鉄、消費者金融などの上げが顕
著です。

 個別銘柄では、TPR(帝国ピストン)が59円高の653円と10%近い
上昇となり、昨年来高値更新。信用取引の売り残が2月末から急増しており、
株価が2月後半から2倍弱上昇したことから窮地となった売り方が損失覚悟の
買い戻しを入れ、上げ足を加速させています。同社は2月5日に10年3月期
の連結最終損益の見通しを従来の5億円の赤字から5億円の黒字に上方修正し
ており、特に中国を中心としたアジアの営業利益率が直近で20%近くとなり、
日本や北米を上回ったことが収益改善に寄与しています。

 ユニクロを展開するファーストリテイリングが370円高の1万6870円
と値を飛ばしています。ユニクロが2011年秋に東京・銀座で2店目の大型
店を開業すると伝えられ、首都圏での売上拡大を期待した買いが入っています。
三井不動産が小松ストアーと共同で開発している東京都中央区銀座6丁目の商
業ビル「銀座コマツ計画(仮称)」の核テナントとしてユニクロが出店。同ビ
ルは銀座駅から徒歩4分の立地で、地下1階・地上12階と地下2階・地上7
階の2棟で2011年秋の開業を予定しています。

 日産が19円高の774円と値を上げています。仏ルノーと独ダイムラーが
進めている提携交渉に、ルノーと資本提携している日産が参加を検討している
と報じられたことが材料となっています。実現すれば世界3位の自動車連合と
なるため、期待した買いが入っています。

 三井金属が15円高の273円と5%を越す上昇。昨日の引け後に2010
年3月期の連結最終損益が115億円の黒字(前期は672億円の赤字)にな
る見通しと発表。同社の事前計画80億円の黒字や市場予想の83億円を上回
る水準となったこと、また期末配当を2円(従来予想はゼロ)に引き上げるこ
とを好感した買いが入っています。亜鉛や鉛の価格が上昇しているほか、電子
材料の需要も増加。タイ、インド向けに二輪車用触媒の出荷も好調で、新興国
の経済成長が各種素材の引き合いを強めています。

 その他、ニトリが260円高の7370円、ファナックが100円高の93
80円、ヤフーが950円高の3万5400円、日本電産が110円高の93
90円、森精機が46円高の1079円、スタンレー電気が88円高の171
5円、小糸製作が62円高の1296円と値を飛ばしています。

 本日の新高値銘柄は、旭硝子、鬼怒川ゴム、住生活G、オークマ、アマダ、
旭ダイヤ、帝国ピストン、三菱電機、日本電産、ファナック、京セラ、東京精
密、ニコン、タムロン・・・等々です。


☆スペシャル版(有料版)、プライベート・サービス通信

 「辛抱銭」(しんぼうぜに)、「辛い」という字はもう少しで「幸せ」にな
れる字。また、「人の行く裏に道あり、花の山」として総悲観の中にあって一
貫して「阿呆になって買いの種蒔け」と繰り返し申し上げてきましたが、シナ
リオ通り、いい相場展開となってきました。

 本日の日経平均株価は125円高の1万0846円となり、1月15日に付
けた昨年来高値1万0982円まであと136円に接近、完全に射程圏内に捉
え、ここを抜くのも時間の問題です。

 また、本日の終値は12日のメジャーSQ値1万0808円を上回っており、
相場の需給良好、完全に買い方有利の地合いとなっています。土曜日の増刊号
にて、「市場のど真ん中銘柄ソニーが既に昨年来高値を更新し、キヤノン・日
本電産・住生活G・電通・三菱電機・三井物産など他の代表的な主力銘柄も昨
年来高値を更新していることから、相場の地合いが強いことは明らか。相場を
先導する株の質が良ければ強気相場」と申し上げました通りの展開です。

 プライベート会員様をはじめ、2月上旬から一株当たり純資産どころの31
80円どころからカンカンの強気でご紹介してまいりましたトヨタは本日も上
昇。30円高の3580円となっています。そのトヨタを含め、いっぱい種蒔
きされた方、取り敢えずはおめでとうございます。もちろん、今後の展開も楽
しみです。


 最近、次のようなお便りを頂きました。「3月に入り方向感を失ってしまい
ました。以前入会させていただいていた時に大変的確だった事を思い出し、ま
たスペシャル版のお世話になることに致しました。宜しくお願いいたします・
・・」


 以前にスペシャル版を読んで頂き、再びスペシャル版を申し込まれた方のお
便りですが、こうした方がこのところたくさんいらっしゃいます。私aqua
は、こうした動きを非常に嬉しく存じます。


 相場はここからが本番です。ここまで株式投資で上手く行ってない方も全然
焦る必要はありません。年に何回かは必ず大きなチャンスがあり、そのチャン
スをしっかりとモノにすることで一気に形勢は好転します。


 『株式投資で上手く行かない』、或いは『どの銘柄を買ったらいいのか分か
らない』という方は一度『スペシャル版』(有料版)をご利用下さいませ。

 お申込みと詳細 → https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な材料                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


・日銀、追加金融緩和を決定 新型オペを20兆円に増額

・日銀総裁、国内景気は「幾分、上ぶれ気味で推移」

・1月の第3次産業活動指数、1989年3月以来の高い伸び

・定昇と一時金を一斉回答 日産除き賃上げゼロ 定昇は維持

・セブン&アイ、クレディセゾンと業務提携 カード事業で連携

・世銀、2010年の中国の成長率見通しを9.5%に上方修正

・FOMC声明、異例の低金利を「長期間」維持 表現変えず

・米上院、人民元問題で相殺関税を課す制裁法案の提出を発表
 


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】主な投資判断                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


[ドイツ証券]
 引上げ B→A (6146) ディスコ      5,370→ 7,530円
 据置き   A (7735) 大日本スクリーン   560→   480円
 据置き   B (7731) ニコン       1,630→ 2,150円
 据置き   C (6857) アドバンテスト   1,510→ 1,310円

[メリルリンチ証券]
 引下げ A→B (2501) サッポロHD     660→   490円

[モルガンS証券]
 据置き   A (4043) トクヤマ       800→   630円
 据置き   B (2432) DeNA      54万→  64万円

[クレディS証券]
 引上げ B→A (2503) キリンHD     1,350→ 1,700円
 据置き   A (8697) 大阪証券取引所       59万円
 据置き   B (2502) アサヒビール    1,750→ 2,000円

[UBS証券]
 据置き   A (2432) DeNA      72万→  76万円

[シティG証券]
 据置き   A (4507) 塩野義製薬         2,400円
 引上げ B→A (8729) ソニーFH    29.5万→  37万円

[野村証券]
 据置き   A (6981) 村田製作所     6,000→ 6,300円
 据置き   A (4507) 塩野義製薬         2,400円
 据置き   B (5706) 三井金属       260→   285円

 ※3段階評価はA〜C、5段階評価は1〜5にて表記。
 ※価格は各証券会社が判断する妥当株価です。



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】タイムテーブル                       **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


 個人投資家が失敗する原因の一つとして、常に「後手後手にまわる」ことが
上げられます。

 そういったことを少しずつでも減らしていかなければなりません。敗因を一
つずつなくしていくこと、注意すべきこと・やってはいけないことから遠ざか
ることが、成功への近道といえます。

 株価は政治経済・社会全般の動きに左右されます。ということは政治経済・
社会全般の大まかなタイムテーブル(予定表)は事前に頭に入れておくことが
必要です。これらに注意を払わず投資に向かうのは「後手後手にまわる」可能
性を高くします。

 それぞれに個別材料に影響されてはいますが、社会の出来事や流行、身近な
話題、新商品開発や販売動向などに敏感になるとともに、イベントなどを含む
様々な経済や社会のタイムテーブルを事前に知っているのと知らないのとでは
結果が違ってくる可能性があります。

 例えば、株式市場では春と秋に薬品株が動くケースが多々ありました。これ
は医学関係の学会や研究会が春と秋に集中していたためで、新薬の臨床結果や
治験例の発表が株価材料となってきました。

 皆様もその日の相場が何に影響されたかを日々確認されていることかと思い
ます。本誌朝刊では注目材料として経済指標などのポイントを解説しています
が、実際の発表の結果や時間の経過との関係、その後の相場の動向を見れば、
市場は何を期待し、その結果どうだったのか、どんな要因が相場を動かしたの
かが理解できるようになり、そうなれば先読みも可能となります。



___________________________________
【5】編集後記                             mailto:aqua@aqua-inter.com
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
中国の温家宝首相は先の中国全国人民代表大会(全人代)で、2010年の国
内総生産(GDP)伸び率は約8%を目指すと表明しましたが、世界銀行が本
日発表した見通しでは中国の今年のGDP成長率を9.5%としています。こ
れは昨年11月時点での予想、8.7%から上方修正したもので、中国の目標
を上回る成長が期待できるとしています。中国国内のインフレ(=金利上昇圧
力)に関しては、世銀は「目に見える引き締めが必要だ」と指摘する一方で、
大きな問題にはならないとの見方を示しています。
___________________________________
  〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 =4年連続受賞=

◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2009 http://melma.com/contents/moy2009/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 2年連続での『総合大賞』

    (06年と07年はマネー部門賞第1位)


◎まぐまぐ大賞2008 http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#mon
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 マネー部門 第1位

    (06年から08年まで連続受賞、09年はコンテスト実施せず)

======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断
でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
          → mailto:aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。
          → http://www.aqua-inter.com/


========================================================================
 発行:アクアリンクス株式会社 関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。