ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 03/12/25 夕刊

2003/12/25

◇――――――――――――――――――――――――――――――――――◇

                     ┏━――――――――――━┓
                     ┃   新春お年玉号   ┃
                     ┗━――――――――――━┛

  ◆明日が手続き最終です。 http://www.aqua-inter.com/shinshun.htm ◆


株式投資のPARTNER ━━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/ 

              ◎ ハロー!株式 ◎        03/12/25 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・・


こんばんは、aquaです。 

 年内受け渡しの売買も今日が最終となり、そろそろ証券会社ではその日の相場 
よりも大掃除の進捗状況が気になりだす頃です。 

 今年は日経平均がバブル崩壊後の安値を付け、38957円の高値から13年 
かけて約8割下落したことになります。しかし、今年は1999年以来4年ぶり 
に年足が陽線となりそうです。 

 持ち合い解消売りや厚生年金の代行返上に伴う潜在的な売り圧力の減退、不良 
債権処理にもメドがつき、後ろ向きなリストラクチャリングから積極投資に転換 
する企業も増えてきました。もちろん、仮定の上で懸念されることはたくさんあ 
るのかもしれませんが、ファンダメンタルズが好転してきていることも事実です。 

 来年の相場予想があちらこちらから聞こえてきますが、色々な意味で興味がも
たれるところです。 



 追伸 新春お年玉号のお申し込みと手続きが明日最終日となりますので、
    よろしくお願い致します。

    四季報も順次発送しておりますので是非ご活用くださいませ。



………………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ mailto:aqua@cools.com ]
………………………………………………………………………………………………

 1.今日の相場
 2.今日の夕刊
 3.主な格付け情報
 4.投資の肴
 5.編集後記



   【新春お年玉号】 お申込みはお済みですか?
   
            ご案内: http://www.aqua-inter.com/shinshun.htm 


―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                          **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

◎日経平均  10365.35(−  5.92)▼0.06%
◎TOPIX  1012.93(+  0.97)△0.10%

◎売買高概算   9億6294万株
◎売買代金概算    5668億円

◎値上り銘柄数  690  ◎(年初来)新高値 17
◎値下り銘柄数  681  ◎(年初来)新安値 15
◎変わらず    148

◎騰落レシオ(25日)106.3%

◎サイコロ(日経平均) 7勝5敗 ○●○○○●●○○○●● 58.3%

◎カイリ率(日経平均)25日線比+1.9% 75日線比−1.0%

◎為替     107.11―16(16:35)

◎東証1部出来高上位
 1.石川島  <7013>  145円(+  9円) 35,659千株
 2.りそな  <8308>  123円(+  1円) 35,659千株
 3.福岡シ銀 <8593>  123円(+ 30円) 30,422千株
 4.三井造  <7003>  170円(+  9円) 21,975千株
 5.西日銀  <8327>  196円(+ 38円) 13,742千株

◎東証1部売買代金上位                      (円)
 1.みずほ  <8411> 296千円(+ 7千円) 46,239百万
 2.ソフトBK<9984> 3290円(+170円) 36,956百万
 3.UFJ  <8307> 481千円(+16千円) 25,901百万
 4.三井住友 <8316> 520千円(+13千円) 20,842百万
 5.三菱東京 <8306> 760千円(+10千円)  9,258百万


◆相場概況

 外国証券の寄付前の注文状況・・・売り860万株 買い1010万株

 本日の東京マーケットは、日経平均株価が前日比5円安の1万365円で取引
終了です。本日は、12月決算銘柄の配当権利落ち日に当たり、配当落ち分の約
4円を考慮しますと日経平均は昨日とほぼ横ばい水準です。クリスマス休暇で外
人投資家が取引を手控えているうえ、米欧での主要市場が今晩は休場となること、
また年内受け渡しの最終売買日であるため様子見ムードが強まりました。BSE
(牛海綿状脳症、狂牛病)に感染した疑いの濃い牛が米国で初めて発見されたこ
とを受け、昨晩のNYダウ工業株30種平均が7営業日ぶりに下落したことを受
けて小口の売りが散発的に見られましたが、大手銀行株が軒並み上昇したうえ、
ソフトバンクが堅調なことが投資家心理を改善させて、下値は限定的な動きとな
っています。売買代金は概算5668億円です。

 業種別では、水産、海運、銀行、非鉄セクターの上げが目立ちます。

 個別銘柄では、昨日に続きいて川崎汽船、商船三井が年初来高値を更新、日本
郵船が買われるなど海運銘柄が物色され、石川島、三井造船、日立造船等の造船
主力銘柄が賑わっています。商品市況の上昇を受けて、住友金属鉱山、三菱マテ
リアル、同和鉱が値を上げ、牛肉の代替需要の思惑から日水やニチロなど水産株
も上昇しています。一方、米国でBSE(狂牛病)感染の可能性がある牛が発見
され、米国産牛肉の輸入が禁止される中、吉野家が年初来安値を更新、マクドナ
ルドが売られ、すかいらーく、フォルクス、ロイヤルなどのレストラン銘柄が下
げています。

 本日の新高値銘柄は、中国塗料、太平洋金属、川崎汽船、商船三井、新和海運、
サンデン等です。


☆スペシャル版(有料版)通信

 例年年末、いや最近は年末に限らず物騒な事件が相次いでいますが、11月2
6日号にて防犯・セキュリティー関連としてご紹介しました「監視カメラ」のオ
プテックス(6914)、本日は1対1.5の株式分割の権利落ち日で、株価は
202円高の2835円となっています。株数が1.5倍になりましたので(例
えば、1000株持っている人は1500株になります)、単純に元の株価に換
算しますと、2835円×1.5=4252円となり、従いまして4000円の
大台を突破した計算になります。ご紹介以来、1ヶ月程度でちょうど1000円
幅上がったことになりますが、仕込んでじっとホールドしていらっしゃる方、取
り敢えずはおめでとうございます!



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
      誠意と信頼をお届けする株式投資有料メールマガジン
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
           『aqua☆彡スペシャル版』

 具体的な個別銘柄情報や、一歩踏み込んだ相場観や投資手法に関する解説等
 お役立ち情報満載! 株式投資を考えているすべての方へおすすめします。

   ◆お申込み・詳細は・・・ http://www.aqua-inter.com/sp.htm ◆

―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】今日の夕刊                          **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


・11月の工作機械受注額、前年比24.3%増
・中小企業の利益額DI、4カ月連続でプラスに
・11月の新設住宅着工は0.3%減、駆け込み需要が一服
・11月の建設工事受注、前年比1.5%増 5カ月ぶり増加
・11月の自動車輸出、前年比4.2%減 3カ月ぶり減
・11月の自動車生産、前年比3.5%減 3カ月ぶり減
・自動車大手5社、11月の国内生産はマツダ除く4社が減少
・02年度の国民資産は5年連続の減少 貯蓄率も過去最低更新
・12月上旬の輸出超過額は868億円
・11月のサービス価格、前年比0.7%下落
・日産、ホンダ抜き2位へ 03年の国内販売
・新生銀、普通銀行に転換 再上場を視野に
・東京三菱と三菱信託、4月メドに企画部門を統合
・アルプスとTDK、来年10月に物流子会社を統合
・富士通・住友電工、化合物半導体事業の統合を発表
・東芝、最速・大容量DRAMを製品化 ソニーのPS2後継機向け 
・有線ブロードの9―11月期、連結経常黒字3.97億円に
・中国、国民1人当たりのGDP、今年は1000ドル超に 新華社
・米大使館「日本向け牛肉すべて安全」との声明発表
・シカゴ中心街上空の飛行空域を一時的に閉鎖 FAA 
・NYラガーディア空港で避難命令 治安上の警戒で



―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】主な格付け情報                        **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


[メリルリンチ証券]
 据置き <4511> 藤沢薬品工業「1」3,100円※

[UFJつばさ証券]
 新 規 <6908> イリソ電子工業「A+」2,100円※

[大和総研]
 格下げ <1878> 大東建託「2」→「3」

[野村證券]
 格下げ <2282> 日本ハム「2」→「3」
 格下げ <2290> 米久  「2」→「3」
 据置き <2802> 味の素 「2」 

[日興シティG証券]
 据置き <4118> 鐘淵化学「1H」1,100円※
 据置き <9531> 東京ガス「1l」600→533円※

 上記※印は各証券会社が判断する妥当株価です。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】投資の肴                           **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


 株式投資を前提に企業を調べる際は、業務内容や業績、規模や財務内容、成長
性といった“数字”を追いかける作業に終始しがちです。しかし、違った側面か
ら企業を知ることによって、新しい発想や興味がわいたり、より身近にその企業
を感じることにもなるのではないかと思います。


 “ベンチャー企業”という言葉は比較的新しいものですが、ホンダや松下、ソ
ニーの話を持ち出すまでもなく、“大企業”と呼ばれる企業も昔は皆“ベンチャ
ー企業”でした。そういった大企業も、創業期は一人(あるいは二人)の強烈な
個性に引っ張られてきました。今回はその中の一人、セコムの創業者:飯田亮氏
を簡単にご紹介してみたいと思います。


 飯田亮氏は東京日本橋の酒問屋の男ばかり五人兄弟の末っ子として生まれ、大
学を卒業後、一旦は父親の会社に入社しております。いつまで経っても“末っ子”
のままで、兄に使われるのは嫌だと感じていて、独立心も強かったといわれます。

 飯田氏はそのころ、友人から「ヨーロッパには警備会社というものがある」と
聞き、「これだ!」と直感、その日のうちに、それまで日本になかった警備会社
を作る!何の手本もないものをやろうと決めたと述懐しています。1962年、
相棒は大学の同窓生・戸田寿一氏(現セコム最高顧問)、飯田氏が29歳の時で
す。

 手始めにヨーロッパの会社を視察して回ってみようかというのが普通の考え方
ですが、飯田氏はそれをしていません。パトロールの方法から営業のやり方まで、
すべて飯田氏一人で考えています。理由は“視察をすれば影響を受けてしまうか
ら”です。

 飯田氏は“オタク”を自負するほど、徹底してビジネスデザインにこだわりま
す。デザインができるまでは人に相談しない。“相談すると、自分のイメージが
壊れてしまうから”だそうです。「一人で沈思黙考し、脳が高速回転を始めてピ
ークに達してから、さらに5分考える」。この方法によって、次々と新しいアイ
デアを生み出してきました。ちなみに“ガードマン”というのも飯田氏の造語で
す。

 創業時、ゼロから考えることによって、料金の3カ月前払い制度という、当時
の常識では考えられないビジネス条件を成立させています。「有益なサービスを
してあげるのに、なぜ後払いでなければならないのか」という素朴な考えが基本
にあります。「料金後払い制なんて、どうせ、どこかの頭の悪い商売人が客に押
し切られて、それが習慣化してしまったにすぎないのではないか」と飯田氏は思
い、どんなに苦しくても、顧客に媚びることなく、前払いの方針を曲げなかった
そうです。

 「顧客におもねるのは、自社の商品・サービスに自信がないからです。本当に
いい仕事をしているなら、顧客におもねる必要はないはずです」とは飯田氏の弁
です。“安全を買う”といった考え方などなかった昭和30年代の日本において、
日本警備保障株式会社(現セコム)などいう聞いたこともない会社の商品やサー
ビスを前払いで購入してもらうには、かなりのエネルギーを必要としたのではな
いかと推測されます。

 飯田氏は間違いなく日本を代表する起業家の一人です。ちなみに、飯田亮氏の
実兄は居酒屋「天狗」チェーンで知られるテンアライドの飯田保会長です。

 余談ですが、飯田氏は湘南ボーイとして石原慎太郎、裕次郎兄弟らと青春を謳
歌し、石原慎太郎氏の芥川賞受賞作『太陽の季節』のモデルではないかとも言わ
れています。

 尚、上記は銘柄として取り上げたものでもありません。念のため。


____________________________________
【5】編集後記                                  mailto:aqua@cools.com
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
そろそろ大掃除の時期ですが、その前にやっておくことが多くて実際にはそれど
ころではありません。それでも“忙しい”というのはいいことだとしみじみ思う
今日この頃です。 
____________________________________
   〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

< お願い >+++++++++++本誌HP: http://www.aqua-inter.com/ 

1.本メールマガジンを応援してくださる方は、ご友人・知人へのご紹介をお願
  い致します。

2.スペシャル版をお申し込み頂いた方で、当方からの返信が届かない方がいら
  っしゃいます。ご自身のメールアドレスをご確認の上、お申し込みメールの
  本文中にメールアドレスの記載をお願い致します。

3.個別銘柄に関するご相談は受けておりませんのでご遠慮お願い致します。

4.正確な情報を掲載するよう努めてはおりますが、誤字・脱字・誤記などが紛
  れ込むことを完全には防ぎきれてはおりません。お手数をお掛けして申し訳
  ありませんが、誤字・脱字・誤記などを発見された方はaquaまでご一報
  いただければ幸いです。

5.本メールマガジンや株式投資に関するご意見をお聞かせ下さい。

  全ての方に個別に返信することはできませんが、今後一層の充実した誌面作
  りに皆様のご意見を反映させていきたいと考えております。尚、頂戴したメ
  ールは当方の判断にて、情報の匿名性を確保したうえで本メールマガジンに
  体裁の変更・引用及び掲載させていただく場合がございますのでご了承くだ
  さい。

  広告に関するお問い合わせもお待ちしております。

                           mailto:aqua@cools.com 


< お約束事 >++++++++++++++++++++++++++++

◆ 最終的な投資判断はご自身の責任でお願いします。

◆ 本メールマガジンは投資判断の参考として株式投資に関する情報や話題の提
  供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。

◆ メールマガジンの内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確
  性および安全性、利用者にとっての有用性を保証するものではありません。
  当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、aquaは一切の責任
  を負いかねますのでご了承下さい。

◆ 本メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。

◆ 本メールマガジンは、皆様ご自身の任意の申し込みにより各配信元(メルマ
  ガスタンド)から配信されております。従いまして、本メールマガジンの配
  信登録の解除及び配信先変更手続きは、ご登録の際と同様に、皆様ご自身に
  てお願い致します。

◎ 配信元(メルマガスタンド)一覧◎ http://www.aqua-inter.com/subs.htm 


◎ 本メールマガジンご紹介◎ http://www.aqua-inter.com/mag.htm 


注)このメルマガは固定ピッチフォントでの閲覧を想定してます。フォント設定
  を「MS ゴシック」等としていただければ綺麗にご覧いただけます。

                              ※本文終わり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。