ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 03/12/22 夕刊

2003/12/22

__________________________________

        ★  『 aqua☆彡スペシャル版 』 ★
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ビギナーの方も、なかなか上手くいかないという方もどうぞご活用ください。

             (水曜日配信) http://www.aqua-inter.com/sp.htm


株式投資のPARTNER ━━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/ 

              ◎ ハロー!株式 ◎        03/12/22 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・・


こんばんは、aquaです。

 今日は二十四節気に言う「冬至」となります。「冬至に天気が良ければ翌年は
豊作」。今日の関東地方は来年の豊作を思わせるような青空が広がりましたが、
皆様のところはいかがでしたでしょうか?

 現在ほど医療(対処療法)が進んでいなかった昔は、当然ながら“予防”に重
点が置かれていたものと想像できます。西洋医学と東洋医学の違いは、「病気や
怪我を治す」という発想と「健康を保つ」といういう発想の違いであると言われ
ますが、野菜が不足しがちなこの時期に栄養価の高い南瓜を食すのも、精油成分
や有機酸類が多く含まれ香りのよい柚子湯につかるのも、無病息災への祈りとと
もに科学的効用があるからこそです。どのくらいの効用があるかどうかというよ
りも、こうした暦の効果は今は何に気をつけ心がけるべきかを教えてくれるとこ
ろが有難いところです。

 ところで、冬至は年間を通して夜が一番長く昼が最も短い日でもあります。つ
まり、この日以降は太陽が出ている時間がしだいに長くなり、「一陽来復」と言
われますように“陰極まりて陽再び生じ始める日”でもあります。

 「一陽来復」は、“悪いことが長く続いたあとで,ようやく良い方へ向かうこ
と”という意味でも使われます。一陽来復、季節が巡るように、たぶんきっと昔
から誰にとってもそうだったのに違いありません。



………………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ mailto:aqua@cools.com ]
………………………………………………………………………………………………

 1.今日の相場
 2.今日の夕刊
 3.主な格付け情報
 4.様々な考え方
 5.編集後記



   【新春お年玉号】 お申込みはお済みですか?
   
            ご案内: http://www.aqua-inter.com/shinshun.htm


―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                          **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

◎日経平均  10372.51(+ 87.97)△0.86%
◎TOPIX  1015.26(+  6.65)△0.66%

◎売買高概算   9億6895万株
◎売買代金概算    7697億円

◎値上り銘柄数  771  ◎(年初来)新高値 35
◎値下り銘柄数  608  ◎(年初来)新安値 20
◎変わらず    152

◎騰落レシオ(25日) 96.5%

◎サイコロ(日経平均) 7勝5敗 ●●○●○○○●●○○○ 58.3%

◎カイリ率(日経平均)25日線比+2.4% 75日線比−1.0%

◎為替     107.60―65(16:49)

◎東証1部出来高上位
 1.新日鐵  <5401>  216円(±  0円) 23,815千株
 2.りそな  <8308>  124円(−  1円) 17,806千株
 3.住金   <5405>  100円(±  0円) 17,643千株
 4.ソフトBK<9984> 2995円(+105円) 16,902千株
 5.三菱重工 <7011>  282円(−  4円) 15,468千株

◎東証1部売買代金上位                      (円)
 1.ソフトBK<9984> 2995円(+105円) 50,622百万
 2.ドコモ  <9437> 240千円(+10千円) 30,942百万
 3.キヤノン <7751> 4940円(+140円) 30,351百万
 4.トヨタ  <7203> 3690円(+ 50円) 20,613百万
 5.みずほ  <8411> 290千円(− 2千円) 18,890百万


◆相場概況

 外国証券の寄付前の注文状況・・・売り2270万株 買い2220万株

 本日の東京マーケットは、日経平均株価が3日連続高となり、前週末比87円
高の1万372円で取引終了です。投資信託の設定が今週相次ぐことに伴う需給
好転の思惑や景気回復期待からアドテストや東エレク、信越化など日経平均への
影響度が大きい主力銘柄の一角に買いが入りました。朝方は安い場面もありまし
たが、先物にまとまった買い注文が入ったことを手掛かりに相場の地合いが好転、
年末を控えた連休の谷間で積極的な買い主体が見当たらない中にあってしっかり
した展開となっています。東証一部の時価総額は300兆円台乗せとなり、売買
代金は概算7697億円です。

 業種別では、海運、情報・通信、鉱業、機械セクターの上げが顕著です。

 個別銘柄では、川崎汽船が年初来高値を更新して一時は12年ぶりとなる50
0円台を回復、運賃市況の改善や、コンテナ船事業強化を進めるなど収益構造改
革の進展を評価する買いが続いています。また、商船三井も年初来高値更新、日
本郵船も3日連続高です。米バイオベンチャーと組んで、ほぼ全身のがんを一度
の血液検査で早期発見できる試薬を開発、06年までに検査受託サービスを始め
ると報じられたSRLがストップ高比例配分、松下電工は松下によるTOB実施
の発表を受けて、TOB価格1040円にサヤ寄せする動きが続いて年初来高値
更新です。

 本日の新高値銘柄は、旭化成、東ソー、グローリー工業、松下電工、豊田織機、
日産車体、川崎汽船、商船三井等です。


☆スペシャル版(有料版)通信

 本日は、新紙幣関連として何度かご紹介しましたグローリー工業(100株単
位)が年初来の高値を更新、240円高の3680円となっています。2004
年1月31日の株主に対して1対2の株式分割を実施すると発表したことや増配
計画を好感して一時はストップ高まで買われる場面もありました。また、海運株
の動きも止まりませんね。本日は川崎汽船と商船三井が年初来高値更新、非常に
力強い動きです。安く仕込んでいた人は、本当におめでとうございます!



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
      誠意と信頼をお届けする株式投資有料メールマガジン
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
           『aqua☆彡スペシャル版』

 具体的な個別銘柄情報や、一歩踏み込んだ相場観や投資手法に関する解説等
 お役立ち情報満載! 株式投資を考えているすべての方へおすすめします。

   ◆お申込み・詳細は・・・ http://www.aqua-inter.com/sp.htm ◆

―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】今日の夕刊                          **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


・現行基準で最高、10月の第三次産業活動指数
・11月のコンビニ売上高、暖冬で減少幅縮小
・11月の貿易黒字、5カ月連続増
・企業交際費、3兆7000億円 6年連続減 国税庁まとめ
・トヨタ、全面改良した新型高級セダン「クラウン」を発売
・富士写、シンガポール社と共同で街頭プリント機開発
・カネボウ、花王との化粧品事業統合の契約調印を来年1月に延期
・ハノイのキヤノン・ベトナムと住友べークライト・ベトナムでストライキ
・横浜市営バス、2007年度民営化へ
・「ロード・オブ・ザ・リング」完結編、5日間で266億円 興収新記録
・米自動車15社、SUV事故防止で新基準適用へ
・米フォード、約260億円かけ北米生産を再編



―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】主な格付け情報                        **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


[ドイツ証券]
 据置き <4502> 武田薬品工業「BUY」5,000円※

[UBS証券]
 据置き <5706> 三井金属鉱業「BUY」590円※

[みずほ証券]
 格上げ <6502> 東芝「3」→「2」550円※

[UFJつばさ証券]
 格上げ <7718> スター精密  「B」→「A」
 格上げ <6477> ツバキナカシマ「A」→「A+」1,800円※

[大和総研]
 格上げ <4536> 参天製薬  「4」→「3」
 新 規 <6975> 住友特殊金属「1」2,000円※

[日興シティG証券]
 格上げ <9427> イーアクセス「2S」→「1S」30万→33万円※
 新 規 <5214> 日本電気硝子「2M」2,200円※
 据置き <8053> 住友商事「1M」930円※

 上記※印は各証券会社が判断する妥当株価です。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】様々な考え方                         **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


 相場格言に「タマゴは一つの籠にを盛るな」というのがあります。籠を持った
まま転んでしまえば全ての卵が割れてしまうことを例え、分散投資の必要性を説
いています。

 特に株式投資を考える際には儲かることばかり考えがちで、儲かるのであれば
全資金をつぎ込んで効率よく利益をあげようという考え方をしがちです。ところ
が、相場は投資家の思惑どおりに動くとは限りません。全資金をつぎ込んだ後に、
思惑と反対の方向に進んでしまえば、最悪の場合、破滅につながります。もちろ
ん、思惑と反対の方向へ進んだ場合にどうするかを、予め計算と計画を立て実行
できれば全く問題はないのですが・・・。

 上記の格言のように、タマゴ(資金)をいくつかの籠に分けて盛れば(分散投
資)、被害は最小限度にとどめることが可能となります。実際には、価格変動の
の仕方や仕組みの違う金融商品に資金を分散配分すれば、一部の商品の値動きが
思惑どおりにいかなくとも、他の商品は思惑どおりであったり、それほど悪化し
ないようであれば、全体のリスクは低減します。ちなみに『アセット・アロケー
ション』とは、上記のような投資先ごとの資金配分のことを言い、この場合、投
資先を日本とヨーロッパに分けるだとか、投資対象を土地と金と株式に三分割に
するといった、大きな分類になります。

 さらに、株式投資におきましても、ハイテク銘柄と内需関連の銘柄とを持つ場
合のように、値動きの違う銘柄に分散投資することの有効性もよく言われます。
そうすることでリスクを抑えるという考え方です。こういった場合の銘柄構成を
『ポートフォリオ』と呼びます。

 このような話はよく耳にし、確かに正しいやり方です。しかし、多くの個人投
資家にとり、このようなことが本当に可能かどうか疑問にも思います。実際には
ほとんどの個人投資家は、(資産家からみれば)わずかな資金を株式に投入しま
す。その資金の中で余裕資金を残しながらの分散投資など・・・難しいだろうと
想像できます。

 たとえばですが、分散した結果、五つの籠を見守り・管理することに労力を注
ぎ込むよりも、一つの籠を見守り・管理するほうが容易であり、効率的であり、
機敏に対応できるということも一つの考え方です。マーク・トウェインに言わせ
ますと、「愚か者は言う、全部の卵を一つの籠に入れるな、と。しかし、賢者は
言う、全部の卵を一つの籠に入れ、そして、その籠を監視せよ」となります。も
ちろん、一つの銘柄への集中投資の場合、動きが異なる銘柄への分散投資よりも、
リスクは増大しますので注意が必要です。また、集中投資のリスクを軽減するた
めには、売買のタイミングを数回に分けるなどの“時間分散”が有効になってき
ます。

 どのようなプロでも100戦100勝することはありえません。相場で利益を
あげるには、損失をコントロールする必要があります。“分散”や“集中”など、
やり方はいろいろありますが、自分の投資スタイルに適した方法を見つけていく
ことが大切です。



____________________________________
【5】編集後記                                  mailto:aqua@cools.com
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
アメリカはテロ警戒レベルを引き上げ、「9.11」以降最高度の危険度と説明
しています。折しもドル安の進行でアメリカからの資金引き上げが危惧されてい
る最中でもあります。東京市場ではこの話題に株も為替も反応薄でしたが、“テ
ロへの警戒”にも慣れっこになった感があるものの、今晩のNY市場はどのよう
な反応を見せるのでしょうか。
____________________________________
   〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

< お願い >+++++++++++本誌HP: http://www.aqua-inter.com/ 

1.本メールマガジンを応援してくださる方は、ご友人・知人へのご紹介をお願
  い致します。

2.スペシャル版をお申し込み頂いた方で、当方からの返信が届かない方がいら
  っしゃいます。ご自身のメールアドレスをご確認の上、お申し込みメールの
  本文中にメールアドレスの記載をお願い致します。

3.個別銘柄に関するご相談は受けておりませんのでご遠慮お願い致します。

4.正確な情報を掲載するよう努めてはおりますが、誤字・脱字・誤記などが紛
  れ込むことを完全には防ぎきれてはおりません。お手数をお掛けして申し訳
  ありませんが、誤字・脱字・誤記などを発見された方はaquaまでご一報
  いただければ幸いです。

5.本メールマガジンや株式投資に関するご意見をお聞かせ下さい。

  全ての方に個別に返信することはできませんが、今後一層の充実した誌面作
  りに皆様のご意見を反映させていきたいと考えております。尚、頂戴したメ
  ールは当方の判断にて、情報の匿名性を確保したうえで本メールマガジンに
  体裁の変更・引用及び掲載させていただく場合がございますのでご了承くだ
  さい。

  広告に関するお問い合わせもお待ちしております。

                           mailto:aqua@cools.com 


< お約束事 >++++++++++++++++++++++++++++

◆ 最終的な投資判断はご自身の責任でお願いします。

◆ 本メールマガジンは投資判断の参考として株式投資に関する情報や話題の提
  供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。

◆ メールマガジンの内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確
  性および安全性、利用者にとっての有用性を保証するものではありません。
  当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、aquaは一切の責任
  を負いかねますのでご了承下さい。

◆ 本メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。

◆ 本メールマガジンは、皆様ご自身の任意の申し込みにより各配信元(メルマ
  ガスタンド)から配信されております。従いまして、本メールマガジンの配
  信登録の解除及び配信先変更手続きは、ご登録の際と同様に、皆様ご自身に
  てお願い致します。

◎ 配信元(メルマガスタンド)一覧◎ http://www.aqua-inter.com/subs.htm 


◎ 本メールマガジンご紹介◎ http://www.aqua-inter.com/mag.htm 


注)このメルマガは固定ピッチフォントでの閲覧を想定してます。フォント設定
  を「MS ゴシック」等としていただければ綺麗にご覧いただけます。

                              ※本文終わり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。