ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 03/12/09 夕刊

2003/12/09

◇――――――――――――――――――――――――――――――――――◇

            さらに詳しい株式投資ガイド
                   ┏━――――――――――――━┓
                   ┃ aqua☆彡スペシャル版 ┃
                   ┗━――――――――――――━┛
    ◆お申込みは・・・ http://www.aqua-inter.com/sp.htm ◆


株式投資のPARTNER ━━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/ 

              ◎ ハロー!株式 ◎        03/12/09 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・・


こんばんは、aquaです。

 今朝は多くの地域で今冬一番の冷え込みとなり、最低気温が0℃を下回るとこ
ろも増えてきたようです。たしかに今朝は一段と寒さを感じましたが、それでも
東京の最低気温は6℃前後ですからまだ暖かいほうです。

 ニューヨークは東京より寒く、昨日今日の最低気温は氷点下となっています。
先週末、アメリカ北東部ではこの季節初の吹雪に見舞われ、ニューヨークでは3
0センチ程の積雪となり、天然ガス等の商品市況にも影響を与えています。

 吹雪や寒波到来のような、外出を手控えさせるような悪天候は小売売上高にも
響きますが、適度の気温低下は冬物衣料や暖房機器等の売り上げを伸ばし、消費
に好影響となります。

 天気と相場は自分の都合のいいようにはならないものですが、天気は巡り巡っ
て相場に影響を与えますので相場変動要因の一つとなります。



………………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ mailto:aqua@cools.com ]
………………………………………………………………………………………………

 1.今日の相場
 2.今日の夕刊
 3.主な格付け情報
 4.目立たないながらも
 5.編集後記





―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                          **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

◎日経平均  10124.28(+ 78.94)△0.79%
◎TOPIX   997.39(+  2.11)△0.21%

◎売買高概算  11億9588万株
◎売買代金概算    8969億円

◎値上り銘柄数  777  ◎(年初来)新高値 10
◎値下り銘柄数  586  ◎(年初来)新安値 10
◎変わらず    160

◎騰落レシオ(25日) 86.8%

◎サイコロ(日経平均) 7勝5敗 ●○○○●○○●○●●○ 58.3%

◎カイリ率(日経平均)25日線比−1.0% 75日線比−3.5%

◎為替     107.19―24(15:28)

◎東証1部出来高上位
 1.NEC  <6701>  726円(±  0円) 46,986千株
 2.新日鐵  <5401>  207円(−  1円) 24,245千株
 3.りそな  <8308>  125円(−  1円) 22,795千株
 4.住金   <5405>  100円(−  1円) 18,949千株
 5.三菱重工 <7011>  297円(+  4円) 13,243千株

◎東証1部売買代金上位                      (円)
 1.みずほ  <8411> 280千円(− 3千円) 41,657百万
 2.ソフトBK<9984> 4010円(+ 30円) 36,396百万
 3.NEC  <6701>  726円(±  0円) 34,112百万
 4.UFJ  <8307> 459千円(−10千円) 32,162百万
 5.キヤノン <7751> 4840円(−100円) 30,308百万


◆相場概況

 外国証券の寄付前の注文状況・・・売り2650万株 買い1810万株

 本日の東京マーケットは、日経平均株価が前日比78円高の1万124円で取
引終了です。14時に発表された10月の機械受注統計が市場の予想を大きく上
回ったことを好感し、その後上げ幅を広げました。国内の機関投資家から主力株
に断続的な買い注文が入ったことも押し上げ要因となっています。ただ、円相場
の高止まりもあって上値は限定的となり、また、日本時間の今晩開かれる米連邦
公開市場委員会(FOMC)の結果を見極めたいとして様子見ムードも強くなっ
ています。売買代金は概算8969億円です。

 業種別では、鉱業、建設、医薬品、食料品等の上げが目立ちます。

 個別銘柄では、機械受注が大幅に上回ったことを受けて、ファナック、牧野フ
ライスなどの機械株が堅調、三共、武田など医薬品株や大成建、清水建など建設
株が上げています。日清粉や明菓、アサヒなど食品関連、電力・ガスもしっかり
です。西濃運輸が年初来高値を更新、陸運株など内需関連を物色する流れに乗っ
ていることに加え、UBS証券が投資判断を引き上げたことが好感されています。
また、従来製品と比べて明るさが三倍の高輝度発光ダイオード(LED)素子を
開発したと報じられた昭和電工が物色されています。ランプに組み込んだ段階で
世界最高の明るさになるという新LED素子は、自動車用ランプなどへの利用が
見込まれ、業績拡大期待からの買いが入っています。

 本日の新高値銘柄は、近畿コカ、レンゴー、日野自動車、トヨタ車体、西濃運
輸等です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ┏━┓
  ┃ ┃         どうすればいいの?
  ┃株┃
  ┃ ┃                 『aqua☆彡スペシャル版』
   ┗━┛                http://www.aqua-inter.com/sp.htm


―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】今日の夕刊                          **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


・10月の機械受注17.4%増、2000年8月以来の伸び
・7―9月実質GDP、年率1.4%成長に下方修正
・経財相「デフレはマイルドになった」
・財務相、円高に懸念表明
・野村金融研の企業収益見通し、今・来期ともに上方修正
・長プラ、2カ月ぶりに引き下げ 年1.7%に
・都の新銀行、信用保証最大2000億円
・三菱自動車、三菱ふそう株全株売却 ダイムラーなどに1000億円
・広田証券が10月から開始の1株のネット取引が好調
・バンダイ、「へぇボタン」の 類似商品を差し止め申請
・「ファインディング・ニモ」公開2日で「千と千尋」抜く
・石原都知事、戸倉ダムからの撤退を表明
・「自衛隊派遣を閣議決定」首相
・IT普及度、日本は20位から12位に浮上 世界経済フォーラム報告書
・米タイム・ワーナー、IP電話に参入



―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】主な格付け情報                        **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


[ドイツ証券]
 据置き <8564> 武富士「SELL」5,000→3,500円※

[ゴールドマンS証券]
 据置き <4503> 山之内製薬「OP」
 据置き <8574> プロミス「U」
 据置き <7964> セガ  「U」

[モルガンS証券]
 据置き <1801> 大成建設「OVERWEIGHT」430→490円※
 据置き <1802> 大林組 「OVERWEIGHT」420→530円※
 据置き <1803> 清水建設「OVERWEIGHT」400→440円※
 据置き <1812> 鹿島  「OVERWEIGHT」330→380円※

[クレディスイスFB証券]
 据置き <4958> 長谷川香料「OUTPERFORM」1,600円※

[UBS証券]
 格上げ <9076> 西濃運輸「REDUCE」→「BUY」720→1,000円※

[UFJつばさ証券]
 据置き <2593> 伊藤園「A+」

[大和総研]
 新 規 <3941> レンゴー「1」
 新 規 <9682> DTS 「2」

[野村證券](5段階評価)
 格上げ <5007> コスモ石油「4」→「3」
 据置き <7964> セガ   「3」

 上記※印は各証券会社が判断する妥当株価です。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】目立たないながらも                      **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


 東証1部における売買金額のシェアが50%前後を占める外人投資家は、相場
に与える影響が最も大きい投資主体であり、その動向は常に注目されています。
次いでシェアが高いのが個人投資家で、東証1部全体に占める売買金額の比率は
20〜30%程度となっています。

 外人投資家が一旦売り越しに転じた10月第4週は、個人投資家はまだ信用で
買い向かう余裕を見せましたが、春以降の相場上昇で積み上がった信用残は11
月の下げ過程でいくらか減少しました。しかし、増刊号でも触れましたように、
11月第2週・第3週の下げで個人投資家の追証に絡む投売りが相場下押し要因
として懸念されていましたが、現金取引も含めた個人全体では11月第2週・第
3週は買い越しとなっています。実際に投売りが出たものの、現金での買いが吸
収した格好となっています。

 一方、持ち合い解消などで売り手として登場することが多かった事業法人は金
額ベースでのシャアは高くはないものの、最近は違った意味でその動向が注目さ
れています。

 11月の株式相場は前月末比で高寄りしたものの、第1週、第2週、第3週と
下落を続けました。その間、事業法人は第2週から買い越しに転じ、最新の集計
の11月第4週までそれが継続しています。事業法人の“買い”とは主に自社株
買いになりますが、2週以上連続で買い越しになるのは相場が下値堅めをしてい
た4月第1週から5月第3週までの7週連続以来のことです。その後、上昇の過
程では再度売りが優勢となりますが、8月第1週のように上昇が一服した段階で
は再び買いに転じています。

 つまり事業法人は、上昇する相場を追いかけないかわりに、下げ止まりあるい
は上昇一服と見られる場面では、割安と見て自社株買いに積極的になっているの
が最近の傾向です。

 個人の信用取引は目先の動きを追いかけますが、個人の現金取引や事業法人の
自社株買いといった“買い”は中長期の資金と見られます。つまり、短期指向の
投資家が売っている(あるいる売らされている)時に、中長期的資金が買い向か
う構図が見て取れます。

 先に触れた売買金額シェアからも、事業法人の買いが相場を押し上げるとは思
いませんが、今年は事業法人が買い越しに転じた後、いずれも平均株価が弾みを
つけて上昇に転じていることは興味深い現象です。



____________________________________
【5】編集後記                                  mailto:aqua@cools.com
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
既にキャラクターグッズの関連銘柄が話題なっていますが、ディズニーの長編ア
ニメ映画「ファインディング・ニモ」の好調さが伝えられています。日本におけ
る公開2日間の興行収入はそれまでの最高だった「千と千尋の神隠し」を抜いて
おり、「千と千尋」同様に息の長いブームが続くのかどうか純粋に今後の展開が
気になります。
____________________________________
   〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

< お願い >+++++++++++本誌HP: http://www.aqua-inter.com/ 

1.本メールマガジンを応援してくださる方は、ご友人・知人へのご紹介をお願
  い致します。

2.スペシャル版をお申し込み頂いた方で、当方からの返信が届かない方がいら
  っしゃいます。ご自身のメールアドレスをご確認の上、お申し込みメールの
  本文中にメールアドレスの記載をお願い致します。

3.個別銘柄に関するご相談は受けておりませんのでご遠慮お願い致します。

4.正確な情報を掲載するよう努めてはおりますが、誤字・脱字・誤記などが紛
  れ込むことを完全には防ぎきれてはおりません。お手数をお掛けして申し訳
  ありませんが、誤字・脱字・誤記などを発見された方はaquaまでご一報
  いただければ幸いです。

5.本メールマガジンや株式投資に関するご意見をお聞かせ下さい。

  全ての方に個別に返信することはできませんが、今後一層の充実した誌面作
  りに皆様のご意見を反映させていきたいと考えております。尚、頂戴したメ
  ールは当方の判断にて、情報の匿名性を確保したうえで本メールマガジンに
  体裁の変更・引用及び掲載させていただく場合がございますのでご了承くだ
  さい。

  広告に関するお問い合わせもお待ちしております。

                           mailto:aqua@cools.com 


< お約束事 >++++++++++++++++++++++++++++

◆ 最終的な投資判断はご自身の責任でお願いします。

◆ 本メールマガジンは投資判断の参考として株式投資に関する情報や話題の提
  供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。

◆ メールマガジンの内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確
  性および安全性、利用者にとっての有用性を保証するものではありません。
  当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、aquaは一切の責任
  を負いかねますのでご了承下さい。

◆ 本メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。

◆ 本メールマガジンは、皆様ご自身の任意の申し込みにより各配信元(メルマ
  ガスタンド)から配信されております。従いまして、本メールマガジンの配
  信登録の解除及び配信先変更手続きは、ご登録の際と同様に、皆様ご自身に
  てお願い致します。

◎ 配信元(メルマガスタンド)一覧◎ http://www.aqua-inter.com/subs.htm 


◎ 本メールマガジンご紹介◎ http://www.aqua-inter.com/mag.htm 


注)このメルマガは固定ピッチフォントでの閲覧を想定してます。フォント設定
  を「MS ゴシック」等としていただければ綺麗にご覧いただけます。

                              ※本文終わり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。