ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 03/12/05 夕刊

2003/12/05

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ビギナーの方もどうぞ  ★ 『 aqua☆彡スペシャル版 』のご紹介 ★

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  貯蓄だけではお金を増やせません。これから始める方や自分でやってもうま
  くいかない方、株式投資を考えているすべての方へおすすめのメルマガです。
  「何を買っていいのかわからない」「いつ買ったらいいのかわからない」
 というあなたへ、具体的な個別銘柄情報や、一歩踏み込んだ相場観や投資手
 法に関する解説等お役立ち情報満載!aquaがお届けするメールマガジン
 無料版と有料スペシャル版をセットにて購読いただければ無敵の投資指南書
 となります。毎週1回水曜日好評配信中!

   ◆お申込み・詳細は・・・ http://www.aqua-inter.com/sp.htm ◆


株式投資のPARTNER ━━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/ 

              ◎ ハロー!株式 ◎        03/12/05 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・・


こんばんは、aquaです。

 寒い一日でした。比較的温暖な日が続き冬物衣料や暖房器具の売り上げが伸び
ていないようですが、そろそろ変化がでてくる頃ではないでしょうか・・。

 ところで今朝の新聞で、タイトーが往年の「スペースインベーダー」ゲームを
再度アメリカで販売することが報じられていました。以前、日本でこのゲームが
流行ったのは1979年のことですが、いたるところにテーブル型のゲームが置
かれ大人も子供もこのゲームに熱中していました。しかし、ブームはあっという
間に過ぎ去り、在庫品となったゲーム機が倉庫に山積みになったそうです。

 当時、この山積みになったゲーム機に目をつけ、一儲けした人がいます。その
頃のゲーム機は1台100万円でしたが、その人は、支払いは3ヵ月後になるが
1台5万円で譲ってほしいと持ちかけ、半ば強引に引き取り、10台程度をアメ
リカに持ち込んでいます。最終的にはアメリカに持ち込んだゲーム機は350台
にもなり、それがアメリカでのインベーダーゲームのブームにつながっていった
わけですが、半年間でその人は1億円を超える利益をあげています。

 前年には自身のアイディアをシャープに売り込み1億数千万円を手にしていま
す。その商品は現在の電子手帳ザウルスにつながっていきます。古臭い言葉です
が裸一貫、自分を信じ、倍々ゲームで事業を拡大していったのが、言わずと知れ
た孫正義氏です。

 この辺りのことは「起業の若き獅子」という本に詳しく書かれています。孫氏
が会社を立ち上げて間もない1982年、「会社の実績なし、担保なし、保証人
なし」で自らの情熱のみで、銀行に1億円の運転資金の融資を頼みにいった件(
くだり)も面白い話です。



………………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ mailto:aqua@cools.com ]
………………………………………………………………………………………………

 1.今日の相場
 2.今日の夕刊
 3.主な格付け情報
 4.その他の話題
 5.編集後記





―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                          **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

◎日経平均  10373.46(− 56.53)▼0.54%
◎TOPIX  1019.42(−  4.01)▼0.39%

◎売買高概算  10億0168万株
◎売買代金概算    7936億円

◎値上り銘柄数  628  ◎(年初来)新高値 14
◎値下り銘柄数  758  ◎(年初来)新安値  7
◎変わらず    145

◎騰落レシオ(25日) 87.0%

◎サイコロ(日経平均) 7勝5敗 ●○●○○○●○○●○● 58.3%

◎カイリ率(日経平均)25日線比+0.9% 75日線比−1.1%

◎為替     108.35―40(16:43)

◎東証1部出来高上位
 1.住金   <5405>  103円(+  3円) 40,914千株
 2.長谷工  <1808>  190円(+  4円) 34,023千株
 3.新日鐵  <5401>  215円(−  1円) 25,699千株
 4.りそな  <8308>  130円(±  0円) 20,553千株
 5.NEC  <6701>  780円(− 17円) 19,743千株

◎東証1部売買代金上位                      (円)
 1.みずほ  <8411> 288千円(− 1千円) 46,549百万
 2.UFJ  <8307> 491千円(− 5千円) 24,923百万
 3.ソフトBK<9984> 4290円(−110円) 22,998百万
 4.トヨタ  <7203> 3450円(±  0円) 21,174百万
 5.三井住友 <8316> 535千円(−10千円) 16,776百万


◆相場概況

 外国証券の寄付前の注文状況・・・売り1680万株 買い2910万株

 本日の東京マーケットは、日経平均株価が前日比56円安の1万373円で取
引終了です。昨晩発表された米半導体大手インテルの収益見通しが予想の範囲内
にとどまったため材料出尽くし感を誘い、主力ハイテク株が終日軟調、海運株や
造船株などの低位株には海外投資家からの買いが入っていますが、相場全体を押
し上げるまでには至っていません。そのインテルの発表を受け、朝方からアドテ
ストや東エレクといった値ガサ系ハイテク株に利益確定売りが広がり、機関投資
家からとみられる戻り待ち売りが散見されたことも、上値の重さにつながりまし
た。週末に加え、日本時間5日夜に米雇用統計の発表を控えており、総じて模様
眺め気分が強い展開となっています。売買代金は概算7936億です。

 業種別では、鉱業、紙・パ、保険、海運セクターがしっかりです。

 個別銘柄では、業種別東証株価指数(TOPIX)の値上がり率ランキング(
全33業種)で「紙・パルプ」セクターが上位に入り、王子紙、日本ユニパック
などが高くなっています。菓子や洗剤などの紙器に使う白板紙の値上げ交渉がほ
ぼ決着し、卸値が約3年ぶりに上昇したと報じられ、収益改善期待で買いを集め
ました。王子紙などメーカーは10―15%の引き上げを7月末から求めていま
したが、ほぼ満額が浸透しています。日本郵船、商船三井、川崎汽船などの海運
株がしっかり、業績が好調で買い安心感があることからジリ高の展開です。強化
プラスチックの開発が報じられたGSIクレオスは大幅高です。

 本日の新高値銘柄は、奥村組、レンゴー、昭和電工、西濃運輸、日本リテール
F等です。


☆追伸☆

 本日は小甘い相場展開となりましたが、そうした中、寄り前の外資系証券経由
の注文状況は1200万株超の大幅買い越しとなっています。今週は連日買い越
しとなっているだけに、来週以降の相場展開に繋がってきそうです。来週は、日
銀短観、FOMC、SQが要注目となります。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ┏━┓
  ┃ ┃         どうすればいいの?
  ┃株┃
  ┃ ┃                 『aqua☆彡スペシャル版』
   ┗━┛                http://www.aqua-inter.com/sp.htm


―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】今日の夕刊                          **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


・11月の銀行貸出金残高、前年比4.2%減
・10月の全世帯消費支出、実質0.8%減
・10月の景気一致指数は100.0%
・11月外貨準備高、過去最大の6445億ドル
・大企業製造業DI、プラス7に上向き 日銀12月短観で民間10社予測
・日本からゴーン氏ら3人、米誌の「影響力ある20人」
・「サービス残業ある」が半数、連合の労組調査
・日産、新型マーチを英国で継続生産
・米鉄鋼輸入制限撤廃、日本の鉄鋼業界は歓迎
・米鉄鋼業界は失望感表明、輸入制限撤廃で
・2004年の世界IT投資予測、6―8%増に上方修正
・米財務長官、「強いドル」政策改めて強調



―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】主な格付け情報                        **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


[ドイツ証券]
 据置き <7599> ガリバーインターナショナル「BUY」

[ゴールドマンS証券]
 据置き <1721> コムシスホールディングス「U」
 据置き <4519> 中外製薬「U」
 据置き <6764> 三洋電機「OP」
 据置き <7974> 任天堂 「OP」

[クレディスイスFB証券]
 据置き <3865> 北越製紙「OUTPERFORM」825→700円※
 据置き <9107> 川崎汽船「OUTPERFORM」490→590円※

[UBS証券]
 据置き <7269> スズキ 「BUY」
 据置き <4555> 沢井製薬「BUY」4,500円※
 据置き <9020> 東日本旅客鉄道)「BUY」

[UFJつばさ証券]
 新 規 <4919> ミルボ 「A」 3,400円※
 据置き <4403> 日本油脂「A+」
 据置き <2593> 伊藤園 「A+」5,760円※

 上記※印は各証券会社が判断する妥当株価です。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】その他の話題                         **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


 下げる場面でも上げる場面でも、買う人と売る人がいます。考えることは様々
ですが、投資行動は売りか買いかではっきり二分されます。一つのニュースに接
しましても、どちらが多いかの違いはありますが、買いを入れる人と売りにまわ
る人が存在し、どの時点におきましても“割高”と“割安”の正反対の評価が存
在します。だからこそ収益機会があるわけで、皆が皆おなじ考えでは収益機会は
ありません。

 一つの事象に対しどのような投資行動が正しいのか、それは一概にこうだとは
いえません。例えば、“金利上昇”という現象は経済の成長を阻害する悪材料と
考えられますが、状況によりましては“金利上昇”するくらい経済が好調である
と捉えたりすることもあるわけです。

 借り入れの一形態で転換社債発行という資金調達方法があります。転換社債に
はある価格で株式に転換できるという条項が付いているため、300億円の転換
社債発行は、特定の価格の株式を300億円分発行したのと同様の効果がありま
す。株価が転転価格を上回ってくれば転換社債を株式に転換して売却すれば利益
が出るわけですから、転換価格の水準で上値が重くなるというケースも考えられ
ます。さらに株式に転換する人が増えるということは株式価値の希薄化につなが
ります。本誌朝刊のNY市況の解説にて“転換社債の発行を嫌気して下げた”と
時々あるのはそういったことが背景にあります。しかし、実際には下がったとこ
ろで買いにまわっている投資家もいるわけです。

 増資といった話の場合もそうです。増資におきましても、経営不振からの再建、
バランスシートの改善、新しい事業への積極投資のため、買収を避けるため等々、
企業ごとにその目的も様々です。相場への影響としては株式価値の希薄が懸念さ
れますが、それによって下がれば安いところを買っておこうという投資家も現れ
ます。ちなみにある企業の最近の増資についての評価も分かれており、あるアナ
リストは“増資自体は必要であったと評価しているものの、成長路線へ転じると
考えるのは時期尚早である”とし、別のアナリストは“(増資によって)構造改
革から中期成長ステージへの移行”を指摘しています。

 どちらの勢力が強いかは、内容にもよりますが、その時々の相場環境に影響さ
れたりします。また、短期的にみるのか中長期で見るのかでも評価が変ってくる
こともあります。どちらの投資行動が正解かはその時点では分かりませんし、ど
のくらいの期間で捉えるかによっても結果が変ってくるでしょう。いぜれにしま
しても、相場環境や投資スタンス、その企業の今後の展開等を綜合的に素早く勘
案する必要があります。そういう意味からも本誌の相場概況などで相場全体の流
れや傾向に気を配っていただきたいと思います。



____________________________________
【5】編集後記                                  mailto:aqua@cools.com
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
本誌無料版におきましてもスペシャル版におきましても単に“回答”を授ける内
容にはしたくありません。「証券マンに騙された」とするのは、自分で考えるこ
とを怠ったということに他ありません。やるからには自分で考え、努力すること
が必要です。このマガジンはその際のヒントになれればと考えています。皆様か
らのお便りを読ませていただきますと、自分で考え努力していこうとする意思が
伝わってきます。そんな皆様のお役にたちたいと考えています。時に、まわりく
どい表現の仕方があるかとは思いますが何卒ご容赦ください。
____________________________________
   〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

< お願い >+++++++++++本誌HP: http://www.aqua-inter.com/ 

1.本メールマガジンを応援してくださる方は、ご友人・知人へのご紹介をお願
  い致します。

2.スペシャル版をお申し込み頂いた方で、当方からの返信が届かない方がいら
  っしゃいます。ご自身のメールアドレスをご確認の上、お申し込みメールの
  本文中にメールアドレスの記載をお願い致します。

3.個別銘柄に関するご相談は受けておりませんのでご遠慮お願い致します。

4.正確な情報を掲載するよう努めてはおりますが、誤字・脱字・誤記などが紛
  れ込むことを完全には防ぎきれてはおりません。お手数をお掛けして申し訳
  ありませんが、誤字・脱字・誤記などを発見された方はaquaまでご一報
  いただければ幸いです。

5.本メールマガジンや株式投資に関するご意見をお聞かせ下さい。

  全ての方に個別に返信することはできませんが、今後一層の充実した誌面作
  りに皆様のご意見を反映させていきたいと考えております。尚、頂戴したメ
  ールは当方の判断にて、情報の匿名性を確保したうえで本メールマガジンに
  体裁の変更・引用及び掲載させていただく場合がございますのでご了承くだ
  さい。

  広告に関するお問い合わせもお待ちしております。

                           mailto:aqua@cools.com 


< お約束事 >++++++++++++++++++++++++++++

◆ 最終的な投資判断はご自身の責任でお願いします。

◆ 本メールマガジンは投資判断の参考として株式投資に関する情報や話題の提
  供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。

◆ メールマガジンの内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確
  性および安全性、利用者にとっての有用性を保証するものではありません。
  当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、aquaは一切の責任
  を負いかねますのでご了承下さい。

◆ 本メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。

◆ 本メールマガジンは、皆様ご自身の任意の申し込みにより各配信元(メルマ
  ガスタンド)から配信されております。従いまして、本メールマガジンの配
  信登録の解除及び配信先変更手続きは、ご登録の際と同様に、皆様ご自身に
  てお願い致します。

◎ 配信元(メルマガスタンド)一覧◎ http://www.aqua-inter.com/subs.htm 


◎ 本メールマガジンご紹介◎ http://www.aqua-inter.com/mag.htm 


注)このメルマガは固定ピッチフォントでの閲覧を想定してます。フォント設定
  を「MS ゴシック」等としていただければ綺麗にご覧いただけます。

                              ※本文終わり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。