ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 03/12/04 夕刊

2003/12/04

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ビギナーの方もどうぞ  ★ 『 aqua☆彡スペシャル版 』のご紹介 ★

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  貯蓄だけではお金を増やせません。これから始める方や自分でやってもうま
  くいかない方、株式投資を考えているすべての方へおすすめのメルマガです。
  「何を買っていいのかわからない」「いつ買ったらいいのかわからない」
 というあなたへ、具体的な個別銘柄情報や、一歩踏み込んだ相場観や投資手
 法に関する解説等お役立ち情報満載!aquaがお届けするメールマガジン
 無料版と有料スペシャル版をセットにて購読いただければ無敵の投資指南書
 となります。毎週1回水曜日好評配信中!

   ◆お申込み・詳細は・・・ http://www.aqua-inter.com/sp.htm ◆


株式投資のPARTNER ━━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/ 

              ◎ ハロー!株式 ◎        03/12/04 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・・


こんばんは、aquaです。

 朝刊にてご紹介いたしました今年のベストセラー・ランキングもそうですが、
この時期発表される様々な年間ベストは、その年の世相の断面を切り取って見せ
てくれます。

 年間ヒット商品番付もその一つでり、SMBCコンサルティングと日経新聞社
がそれぞれ独自に番付をまとめておりますので下記にて一部をご紹介したいと思
います。(両社ともに東西の形で同番付に複数あげておりますので、比較のため
上下に並び替えています。)

  <SMBC>        <日経>
             
  星野阪神     【横綱】 デジタルAV機器
   ―            「昭和」 
         ……………………

   ―       【大関】 六本木ヒルズ
  六本木ヒルズ        阪神タイガース
         ……………………

  薄型テレビ    【関脇】 ヘルシア緑茶(花王)
  「DIGA」(松下)    都市型温泉
                駅ナカ
         ……………………

  ジャパネットたかた【小結】 「踊る大走査線 THE MOVIE2」
  「キューブ」(日産)    黒い食品(黒ゴマや黒酢など)


 SMBCコンサルティングは「今、この瞬間の感動を共有できる商品」、日経
は「高機能」と「大人」が今年の傾向と捉えています。それぞれにユニークな番
付ではありますが、「DIGA」などのデジタルAV機器、阪神タイガース、六
本木ヒルズ等、下位を見ればどちらの番付にも顔を出している商品が他にもあり
ます。ランキングされているモノが何なのか、どうしてランキングされているの
かについて不明な点がもしあれば、調べてみれば世の中の流れがより一層鮮明に
見えてくるのではないでしょうか。尚、詳細はSMBCコンサルティングのサイ
ト、日経新聞4日付朝刊あるいは日経MJに掲載されています。

 ところで、4月以降の相場の動きで東証1部の出来高が様変わりとなりました。
個人投資家がインターネットを利用して活発に動いた結果でもありますが、個人
的には今年は「オンライン・トレード」がヒット番付上位にランクされてもいい
のではないかと考えます。



………………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ mailto:aqua@cools.com ]
………………………………………………………………………………………………

 1.今日の相場
 2.今日の夕刊
 3.主な格付け情報
 4.
 5.編集後記





―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                          **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

◎日経平均  10429.99(+103.60)△1.00%
◎TOPIX  1023.43(+  7.36)△0.72%

◎売買高概算  13億3763万株
◎売買代金概算    9076億円

◎値上り銘柄数  750  ◎(年初来)新高値 20
◎値下り銘柄数  636  ◎(年初来)新安値  5
◎変わらず    146

◎騰落レシオ(25日) 91.2%

◎サイコロ(日経平均) 8勝4敗 ○●○●○○○●○○●○ 66.6%

◎カイリ率(日経平均)25日線比+1.3% 75日線比−0.5%

◎為替     108.13―18(17:36)

◎東証1部出来高上位
 1.住金   <5405>  100円(+  1円) 52,362千株
 2.新日鐵  <5401>  216円(+  2円) 48,180千株
 3.りそな  <8308>  130円(−  5円) 30,565千株
 4.蛇の目  <6445>  119円(+  7円) 23,919千株
 5.長谷工  <1808>  186円(+ 28円) 23,455千株

◎東証1部売買代金上位                      (円)
 1.ソフトBK<9984> 4400円(− 20円) 54,134百万
 2.みずほ  <8411> 289千円(+ 2千円) 36,386百万
 3.トヨタ  <7203> 3450円(+ 70円) 22,477百万
 4.UFJ  <8307> 496千円(+ 5千円) 19,905百万
 5.ドコモ  <9437> 243千円(+ 3千円) 19,006百万


◆相場概況

 外国証券の寄付前の注文状況・・・売り2380万株 買い3360万株

 本日の東京マーケットは、日経平均株価が前日比103円高の1万429円で
取引終了です。円高傾向にもかかわらず主力株が堅調に推移したほか、取引開始
前に発表された11月25―28日の対内対外証券投資(約定ベース)で外国人
投資家が再び買い越しに転じたことなどが買い安心感につながっています。外人
投資家や投資信託とみられる買いが自動車や通信、ハイテク等の主力銘柄に入り、
また個別材料銘柄を物色する動きも続いています。米国市場で4日に半導体大手
インテルやIBMの説明会、5日に11月の雇用統計などといった材料を控えて
いることで様子見気分から上値を買う動きは限定的です。売買代金は9076億
円です。 

 業種別では、保険、ゴム、輸送用機器、海運セクターの上げが目立ちます。

 個別銘柄では、住金、新日鉄が売買代金で1位、2位(監理銘柄のあしぎんF
Gを除く)となり、買い優勢の展開です。ノルウェー沖と英国を結ぶガス用海底
パイプラインの鋼管を計40万トン納入すると報じられたことが買い材料となっ
ています。淀川鋼が大幅高、鉄、銅、ニッケルなど金属素材の需給が世界的に逼
迫感が出る中、今後の収益上振れを期待した買いを集めています。ニッケル大手
の大平金も物色されていますが、米国や中国を中心とした素材需要の盛り上がり
は格好の手がかりとなっており、素材関連の幅広い銘柄に買いが入っています。

 本日の新高値銘柄は、山パン、宝HD、ワールド、昭和電工、関西ペイント、
グローリー、オプテックス等です。


☆スペシャル版(有料版)通信

 本日はグローリー工業(100株単位)が新高値を更新し、終値は70円高の
3490円となってきました。来年の新紙幣発行に伴う貨幣処理機の特需発生期
待という観点から、それを先取りしてご紹介してきた訳ですが、取り敢えずはこ
れで20%超の上昇です。先ずは、安く仕込んだ方、本当におめでとうございま
す!

 また、監視カメラなどの防犯関連ということでつい最近ご紹介しましたオプテ
ックス、本日は170円高の3900円と勢いがついてきました。これも既に2
0%程度の上昇となっていますが、今後楽しみな展開ですね!




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ┏━┓
  ┃ ┃         どうすればいいの?
  ┃株┃
  ┃ ┃                 『aqua☆彡スペシャル版』
   ┗━┛                http://www.aqua-inter.com/sp.htm


―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】今日の夕刊                          **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


・先週の対内株式投資は約定ベースで2857億円の取得超
・7―9月期設備投資は全産業で前年比+0.4% 法人企業統計
・02年度GDP確報、実質1.2%増・名目0.7%減に下方修正
・金融相「足利銀処理、株主対策あらゆる手段」
・10―12月の大企業景況判断、11期ぶりプラスに 
・7―9月の設備投資0.4%増 法人企業統計
・トヨタ「カローラ」、新車販売で年間トップ確実に
・松竹、1300万株の公募増資
・タカラバイオ、SARS遺伝子検出キットを発売
・スパークス、11月末の運用資産残高は前月比2.7%減
・中国の精密機械大手、米国の機械メーカーを買収へ
・米ルーセント会長、賞与80%増
・米企業幹部による自社株売却額が急増
・マイクロソフトの知的財産戦略、原則開放に転換
・米ナノテク促進法が成立、4年間で37億ドル投入
・米SEC、投信の事後取引を全面禁止へ
・NY州司法長官「投信不正、厳しく追及」



―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】主な格付け情報                        **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


[ゴールドマンS証券]
 格上げ <2670> ABCマート「IL」→「OP」
 据置き <2593> 伊藤園「IL」
 据置き <4324> 電通 「OP」

[クレディリヨネ証券]
 格下げ <7240> NOK「BUY」→「UNDERPERFORM」4,500円※

[モルガンS証券]
 据置き <5802> 住友電気工業「OVERWEIGHT」1,340円※

[UFJつばさ証券]
 格上げ <6310> 井関農機「A」→「A+」390円※
 据置き <6457> グローリー工業「A+」4,580円※

[大和総研](5段階評価)
 新 規 <7556> 住商エレクトロニクス「2」
 据置き <2802> 味の素「1」

[日興シティG証券](3段階評価)
 格上げ <4324> 電通「2M」→「1M」56.1万円※

 上記※印は各証券会社が判断する妥当株価です。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】テンプルトンの哲学                      **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


 ジョン・マークス・テンプルトンは株式投資で最も成功した投資家の一人です。
1912年生まれのテンプルトンは、26歳で1万ドルを元手に、大不況下にあ
った当時、1株1ドル以下にまで下落していた104社の株をそれぞれ100ド
ルずつ購入し、4年後には元手の1万ドルは4万ドルに膨らみ、そこから投資家
の道を歩みはじめています。テンプルトン投資信託グループの創立者でもあり、
世界的に有名な投資家です。テンプルトンは戦後の日本の将来性にも早くから注
目し、1950年代から日本株投資を始め、バブル絶頂期の1980年代末にか
けて全て売却したということでも知られています。

 テンプルトンの名前は知らなくとも、下記にあげる彼の言葉は皆様もよくご存
知のことと思います。

 「相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、
         楽観と共に成熟し、幸福感とともに消えてゆく」

 次のような言葉もあります。

 「悲観の極は買いの好機、楽観の極は売りの好機」
 「最良の割安株は、人々からまったく無視されている株式で、
  自分以外の投資家たちが調べてみようとすら思わない株式の中にあるものだ」


 こういった言葉からもお分かりのように、テンプルトンは逆バリ的投資手法で
大成功をおさめた投資家ですが、その投資哲学は多くの投資家にとりましても有
益であると思いますので、テンプルトンの投資哲学の一部を下記にてご紹介した
いと思います。


・高いリターンを上げるには、多くの努力と研究が必要である。

・皆と同じ行動をしていても皆より高いパフォーマンスは得られない。
(大多数と違うことをしなければ高いパフォーマンスを上げることはできない。)

・大多数と違うことをするには強靭な精神力を必要とする。

・現在の資産よりもはるかに割安なものに買い換えるのでなければ、買い換える
 意味がない。

・特定の手法が脚光を浴びたら、それ以外の手法に変更すべきである。

・投資家は常に柔軟でなければならず、固定観念に囚われてはいけない。

・失敗は有効に活用する。

・タダ飯などない。

・入念に下調べをし、常に前向きな姿勢で投資にのぞむこと。



____________________________________
【5】編集後記                                  mailto:aqua@cools.com
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
肩から提げて持ち歩くタイプの車のバッテリーのような“移動電話”を自慢げに
持ち歩く人がいたのは十数年前の話です。本日の日経朝刊には「au」の新機種
がカラーでいくつか紹介されていましたが、機能もさることながら技術の進歩に
あらためて驚かされます。
____________________________________
   〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

< お願い >+++++++++++本誌HP: http://www.aqua-inter.com/ 

1.本メールマガジンを応援してくださる方は、ご友人・知人へのご紹介をお願
  い致します。

2.スペシャル版をお申し込み頂いた方で、当方からの返信が届かない方がいら
  っしゃいます。ご自身のメールアドレスをご確認の上、お申し込みメールの
  本文中にメールアドレスの記載をお願い致します。

3.個別銘柄に関するご相談は受けておりませんのでご遠慮お願い致します。

4.正確な情報を掲載するよう努めてはおりますが、誤字・脱字・誤記などが紛
  れ込むことを完全には防ぎきれてはおりません。お手数をお掛けして申し訳
  ありませんが、誤字・脱字・誤記などを発見された方はaquaまでご一報
  いただければ幸いです。

5.本メールマガジンや株式投資に関するご意見をお聞かせ下さい。

  全ての方に個別に返信することはできませんが、今後一層の充実した誌面作
  りに皆様のご意見を反映させていきたいと考えております。尚、頂戴したメ
  ールは当方の判断にて、情報の匿名性を確保したうえで本メールマガジンに
  体裁の変更・引用及び掲載させていただく場合がございますのでご了承くだ
  さい。

  広告に関するお問い合わせもお待ちしております。

                           mailto:aqua@cools.com 


< お約束事 >++++++++++++++++++++++++++++

◆ 最終的な投資判断はご自身の責任でお願いします。

◆ 本メールマガジンは投資判断の参考として株式投資に関する情報や話題の提
  供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。

◆ メールマガジンの内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確
  性および安全性、利用者にとっての有用性を保証するものではありません。
  当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、aquaは一切の責任
  を負いかねますのでご了承下さい。

◆ 本メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。

◆ 本メールマガジンは、皆様ご自身の任意の申し込みにより各配信元(メルマ
  ガスタンド)から配信されております。従いまして、本メールマガジンの配
  信登録の解除及び配信先変更手続きは、ご登録の際と同様に、皆様ご自身に
  てお願い致します。

◎ 配信元(メルマガスタンド)一覧◎ http://www.aqua-inter.com/subs.htm 


◎ 本メールマガジンご紹介◎ http://www.aqua-inter.com/mag.htm 


注)このメルマガは固定ピッチフォントでの閲覧を想定してます。フォント設定
  を「MS ゴシック」等としていただければ綺麗にご覧いただけます。

                              ※本文終わり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。