ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 03/12/01 夕刊

2003/12/01

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ┏━┓
  ┃ ┃         どうすればいいの?
  ┃株┃
  ┃ ┃                 『aqua☆彡スペシャル版』
   ┗━┛                http://www.aqua-inter.com/sp.htm


株式投資のPARTNER
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/
□■
■□    女性のための株式投資        2003/12/01 夕刊 vol.1618
□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


こんばんは、aquaです。

 アメリカのクリスマス商戦の動向が注目されています。クリスマス商戦が始ま
る感謝祭明けの11月第四金曜日は、消費者がセール品を求めて押し寄せるため
「ブラック・フライデー(黒字の金曜日)」と呼ばれていますが、当初予測では、
一部に悲観的なものがあったのの、好調なクリスマス商戦を予想する声が圧倒的
でした。
 
 実際に蓋を開けてみますと、開店前に値引き商品を求めて長蛇の列を作る消費
者の映像がテレビで流れ、小売最大手のウォルマートでは28日の売上高が過去
最高を記録、前年同日比でも6.3%増となる好調なスタートを切ったようです。
また、クレジットカード最大手ビザ・インターナショナルは、クリスマス商戦の
最初の2日間の米国でのカード利用額は前年に比べ12%増と発表しています。

 ただし、昨年の場合、多くの小売企業では感謝祭後の売上高がかなり強いと発
表していたものの、その後需要が後退、クリスマス商戦全体では売上高の伸び率
が30年ぶりの低水準に落ち込み、ダウも月末にかけて下げたという経緯があり
ます。もちろん小売企業各社は昨年の反省を踏まえ、特別セールス品を提供して
売上高の拡大を目指しているようです。

 アメリカでは、感謝祭からクリスマスまでの期間に株価上昇することを「クリ
スマス・ラリー」と呼びます。テロの広がりや対ユーロでのドル安懸念、雇用環
境の動向等がNY市場における留意事項としてあげられますが、今年はウォール
街にもサンタがやって来ることを期待したいと思います。



………………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ mailto:aqua@cools.com ]
………………………………………………………………………………………………

 1.今日の相場
 2.今日の夕刊
 3.主な格付け情報
 4.米株式投信動向
 5.編集後記





―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                          **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

◎日経平均  10403.27(+302.70)△3.00%
◎TOPIX  1020.52(+ 20.77)△2.08%

◎売買高概算   9億8018万株
◎売買代金概算  1兆1399億円

◎値上り銘柄数 1012  ◎(年初来)新高値 13
◎値下り銘柄数  415  ◎(年初来)新安値 27
◎変わらず    102

◎騰落レシオ(25日) 96.1%

◎サイコロ(日経平均) 7勝5敗 ○●●○●○●○○○●○ 58.3%

◎カイリ率(日経平均)25日線比+1.0% 75日線比−0.5%

◎為替     109.18―23(17:06)

◎東証1部出来高上位
 1.りそな  <8308>  138円(+  1円) 48,043千株
 2.東芝   <6502>  414円(+ 10円) 24,482千株
 3.新日鐵  <5401>  214円(+  4円) 21,105千株
 4.住金   <5405>   96円(+  2円) 17,451千株
 5.三菱重工 <7011>  291円(−  1円) 14,147千株

◎東証1部売買代金上位                      (円)
 1.みずほ  <8411> 294千円(+ 8千円)123,078百万
 2.三井住友 <8316> 532千円(− 3千円) 73,862百万
 3.UFJ  <8307> 480千円(+12千円) 48,298百万
 4.ソフトBK<9984> 4310円(+160円) 36,721百万
 5.ヤフー  <4689> 145万円(+ 1万円) 30,393百万

◆相場概況

 外国証券の寄付前の注文状況・・・売り2070万株 買い2270万株

 本日の東京マーケットは日経平均株価は急騰し、前週末比302円高の1万4
03円で取引終了です。上げ幅としては今年3番目です。朝方は足利銀行の一時
国有化やイラクでの邦人外交官殺害を受けて狼狽売りが出ましたが、下値での買
い意欲は強く徐々に買い優勢の展開となりました。米クリスマス商戦の好調観測
からアジアの主要市場の株価指数が軒並み上昇し、幅広い銘柄に買いが入ってい
ます。株価指数先物がヘッジファンドの買いを手掛かりに上昇したのも支援材料
となっています。足利銀行の一時国有化は金融システム不安につながるとの懸念
がありましたが、過剰な地方金融機関の統合が進み、構造改革が進展すると評価
する向きが増えています。また、公的資金による株買い観測も出ています。売買
代金は概算1兆1339億円です。

 業種別では、海運、証券、情報・通信、非鉄金属セクターの上げが目立ちます。

 個別銘柄では、松下、キヤノン、トヨタなど国際優良株が上昇し、アドテスト、
東エレク、TDKなど日経平均株価への影響度が高い値ガサ系銘柄が大幅高、N
TT、NTTドコモ、KDDIなど時価総額の大きい通信株も買われています。
イラクでの日本外交官の殺害を受けて地政学的リスクへの懸念の高まりから、重
松製作所や興研などの防衛関連株も買われています。

 本日の新高値銘柄は、山パン、アサヒ飲料、ワールド、ニチアス、CKD等で
す。


☆スペシャル版(有料版)通信

 「足利銀行の破綻処理」「イラクでの外交官殺害」等、本日は不安を持ってマ
ーケットを眺めていた人が多かったようです。朝方はそうしたろうばい売りが出
て一時9900円台まで下げる場面がありましたが、引けてみれば1万400円
台となり、本日の朝方の安値からは500円近くの上昇幅です。本来、そうした
問題が出れば下げても全くおかしくないのですが、ほとんど下げないという状況
をみますと、下値での買い意欲が相当旺盛であることの証しと推察できます。

 例年12月は外人買いも入りやすい月なので、期待したいところですね!

 尚、本日は川崎汽船、商船三井、日本郵船などの海運セクターの上げが業種別
で上昇率トップとなっています。商船三井が、鉄鉱石や石炭などの運搬に使う大
型ばら積み船を大量発注すると報じられたのがきっかけですが、これは中国を中
心とする旺盛な運搬需要に対応するためと考えられます。もちろん、足元の収益
動向の好調さもあってのことであり、今後も中国の粗鋼生産量は2008年まで
に現在より約5割増える見通しとなっており、北京オリンピックや上海万博が開
催される2010年までは鉄鉱石などの輸送需要が相当伸びると考えられます。
スペシャル版では本年、上記の銘柄・テーマともに一貫してご紹介してまいりま
したが、非常に腰の強い動きが続いていますね!



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
      誠意と信頼をお届けする株式投資有料メールマガジン
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
           『aqua☆彡スペシャル版』

 具体的な個別銘柄情報や、一歩踏み込んだ相場観や投資手法に関する解説等
 お役立ち情報満載! 株式投資を考えているすべての方へおすすめします。

   ◆お申込み・詳細は・・・ http://www.aqua-inter.com/sp.htm ◆

―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】今日の夕刊                          **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


・日経平均急反発、今年3番目の上げ幅
・日銀、金融市場に1兆円供給
・文科省が地方向け補助金削減「上積み」
・現金給与2カ月ぶりマイナス、10月0.1%減
・11月の新車登録、前年同月比6.6%減 3カ月ぶりにマイナス
・10月の工作機械受注24%増、13カ月連続のプラス
・11月の日本の製造業PMI(購買担当者指数)は過去最高
・11月中小企業の利益DI、バブル後最高に
・デジカメ出荷、10月は85%増 欧州がけん引 CIPA
・テレビの地上デジタル放送、スタート
・日本興亜損保、あしぎん株で最大38億円の評価損のおそれ
・オンワード樫山、チャコットを株式交換で完全子会社化
・サイバード、日本テレビなどに第三者割当増資を実施
・「来年の日本株は4割高へ」米ゴールドマン・サックス証券がリポート
・イラク駐留米軍に武装勢力が最大級攻撃
・米ディズニー副会長が辞意
・独ダイムラー社長、米で投資家が提訴
・米政府、鉄鋼セーフガード撤廃を今週発表へ 米紙
・米マクドナルド、プルデンシャルが収益予想を上方修正
・米のDVDソフト小売市場、映画興行収入を抜く



―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】主な格付け情報                        **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


[ドイツ証券](3段階評価)
 格上げ <8572> アコム  「HOLD」→「BUY」5,300→5,500円※
 格上げ <8574> プロミス 「HOLD」→「BUY」5,000→5,250円※
 据置き <4205> 日本ゼオン「BUY」1,000円※

[CSFB証券](3段階評価)
 格上げ <8234> 大丸「NEUTRAL」→「OUTPERFORM」700円※

[UFJつばさ証券](5段階評価)
 格上げ <5393> ニチアス「A」→「A+」400円※

[野村證券」(5段階評価)
 格上げ <1951> 協和エクシオ「3」→「2」
 格上げ <3865> 北越製紙  「3」→「2」
 格上げ <3877> 中越パルプ 「3」→「2」
 新 規 <6269> 三井海洋開発「2」

[日興シティG証券](3段階評価)
 格上げ <8001> 伊藤忠   「2H」→「1H」375→415円※
 格上げ <9433> KDDI  「2H」→「1H」69万→82万円※
 据置き <9437> NTTドコモ「1H」32万→30万円※

 上記※印は各証券会社が判断する妥当株価です。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】米株式投信動向                        **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


 世界的な株高と米経済の好調さに支えられ、米投資信託協会(ICI)が7月
に発表した世界主要38カ国・地域の6月末の投信残高は12兆3640億ドル
となり、四半期ベースで過去最高だった2000年3月末を上回り過去最高を更
新しています。

 その後も増加傾向が続き、米株式投信への資金流入額は10月まで8ヶ月連続
でプラスとなっています。11月のNY株式市場は投資信託の不正取引問題で揺
れ、名前があがった投資信託からは資金が流出したようですが、米株式投信に関
する最新の調査では11月13日から19日までの1週間が35億ドルの純流入、
20日から26日までが21億ドルの純流入となっています。

 証券業界の不正取引問題は、90年代はじめの日本における証券不祥事の問題
で投資家に与えた不信感がかなりの期間尾を引いたことを見れば、アメリカにお
けるこの問題も軽視はできないものの、現在のアメリカでは不信感よりも株価へ
の期待のほうが強いようです。

 米国の不正取引にからみ懸念された日本からの資金流出は実際には起こらず、
11月は多くのヘッジ・ファンドの決算月と重なり第3週はやや売り越しに転じ
たものの、本国での資金流入が継続していることを背景に総体的には買い越し基
調が続いていると見られています。



____________________________________
【5】編集後記                                  mailto:aqua@cools.com
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今日から地上デジタル放送が開始されました。当初は関東で690万、中京23
0万、近畿280万の世帯、さらにケーブルテレビ経由の約710万世帯、計1
910万世帯が視聴可能とされています。液晶やプラズマといった薄型テレビの
売れ行き好調は既に伝えられていますが、ハードメーカー及び放送局側のアピー
ルや消費者のデジタルへの対応はまだまだこれからです。期待も大きいだけに今
後の動向が注目されます。
____________________________________
   〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

< お願い >+++++++++++本誌HP: http://www.aqua-inter.com/

1.本メールマガジンを応援してくださる方は、ご友人・知人へのご紹介をお願
  い致します。

2.スペシャル版をお申し込み頂いた方で、当方からの返信が届かない方がいら
  っしゃいます。ご自身のメールアドレスをご確認の上、お申し込みメールの
  本文中にメールアドレスの記載をお願い致します。

3.個別銘柄に関するご相談は受けておりませんのでご遠慮お願い致します。

4.正確な情報を掲載するよう努めてはおりますが、誤字・脱字・誤記などが紛
  れ込むことを完全には防ぎきれてはおりません。お手数をお掛けして申し訳
  ありませんが、誤字・脱字・誤記などを発見された方はaquaまでご一報
  いただければ幸いです。

5.本メールマガジンや株式投資に関するご意見をお聞かせ下さい。

  全ての方に個別に返信することはできませんが、今後一層の充実した誌面作
  りに皆様のご意見を反映させていきたいと考えております。尚、頂戴したメ
  ールは当方の判断にて、情報の匿名性を確保したうえで本メールマガジンに
  体裁の変更・引用及び掲載させていただく場合がございますのでご了承くだ
  さい。

  広告に関するお問い合わせもお待ちしております。

                           mailto:aqua@cools.com


< お約束事 >++++++++++++++++++++++++++++

◆ 最終的な投資判断はご自身の責任でお願いします。

◆ 本メールマガジンは投資判断の参考として株式投資に関する情報や話題の提
  供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。

◆ メールマガジンの内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確
  性および安全性、利用者にとっての有用性を保証するものではありません。
  当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、aquaは一切の責任
  を負いかねますのでご了承下さい。

◆ 本メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。

◆ 本メールマガジンは、皆様ご自身の任意の申し込みにより各配信元(メルマ
  ガスタンド)から配信されております。従いまして、本メールマガジンの配
  信登録の解除及び配信先変更手続きは、ご登録の際と同様に、皆様ご自身に
  てお願い致します。

◎ 配信元(メルマガスタンド)一覧◎ http://www.aqua-inter.com/subs.htm


◎ 本メールマガジンご紹介◎ http://www.aqua-inter.com/mag.htm


注)このメルマガは固定ピッチフォントでの閲覧を想定してます。フォント設定
  を「MS ゴシック」等としていただければ綺麗にご覧いただけます。

                              ※本文終わり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。