ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 03/11/10 夕刊

2003/11/10

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  ┏━┓
  ┃ ┃         どうすればいいの?
  ┃株┃
  ┃ ┃                 『aqua☆彡スペシャル版』
  ┗━┛                http://www.aqua-inter.com/sp.htm


株式投資のPARTNER ━━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎       03/11/10 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・・


こんばんは、aquaです。

 昨日の選挙では、数の上では二大政党化が進みました。常識的な結果といえば
それまでですが、「政権選択選挙」との論戦が繰り広げられたわりには思ったほ
どではなかったという感じがしました。選挙の結果を受けて思いも様々かと思い
ますが、皆様はどのようにお感じになりましたでしょうか?

 ところで早くも2004年用お年玉付き年賀はがきの発売が始まりました。発
行枚数は過去最高の44億4780万枚になるそうです。

 電子メールの活用が急増した2000年用の年賀はがきは8200万枚売れ残り、
それを教訓に2001年用の発行枚数は料金改定のあった95年用以来初の減少と
なりました。それ以降も、02年用のものは前年比7%減の約39億枚、さらに0
3年用は前年比4%減の38億6500万枚(うちインクジェット用は14億枚)
と減少が続いていました。しかし、今回はインクジェット用の年賀はがきをいっき
に19億5000万枚まで増やしたことで全体の発行枚数も大幅増となったようで
す。

 パソコンの普及や、その気にさせる優秀な年賀状作成ソフトなどとともに、昨今
はデジタルカメラがかなり普及してきているということが年賀状発行枚数急増の背
景にあります。デジカメの売れ行きは相変わらず好調で、今年3月時点での内閣府
調査によるデジカメの世帯普及率は32%でありましたので今現在はさらに普及率
がアップしていると思われます。手軽に銀塩写真並みの画質が家庭で楽しめる高画
質のデジカメを手にしますと、やはりオリジナルな年賀状を作成してみたいとなる
のが普通です。また、今までの年末年始はフィルムのCMをよく目にしましたが、
これからはプリンターなどのCMが例年以上に増えそうです。

 いずれにいたしましても、今年はどのような年賀状が届くのか楽しみです。



………………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ mailto:aqua@cools.com ]
………………………………………………………………………………………………

 1.今日の相場
 2.今日の夕刊
 3.主な格付け情報
 4.移動平均線のお話2
 5.編集後記





―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                          **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

◎日経平均  10504.54(−124.44)▼1.17%
◎TOPIX  1033.37(− 11.78)▼1.13%

◎売買高概算   9億3953万株
◎売買代金概算    9860億円

◎値上り銘柄数  516   ◎(年初来)新高値 36
◎値下り銘柄数  893   ◎(年初来)新安値  6
◎変わらず    117

◎騰落レシオ(25日) 89.0%

◎サイコロ(日経平均) 8勝4敗 ○○○○○●●○●●○○ 66.6%

◎カイリ率(日経平均)25日線比−2.1% 75日線比+1.3%

◎為替     109.32―37(16:55)

◎東証1部出来高上位
 1.コマツ  <6301>  662円(+ 23円) 30,092千株
 2.りそな  <8308>  150円(−  7円) 28,284千株
 3.新日鐵  <5401>  214円(−  5円) 23,319千株
 4.シキボウ <3109>  144円(−  7円) 21,364千株
 5.住金   <5405>   99円(−  3円) 19,193千株

◎東証1部売買代金上位                      (円)
 1.みずほ  <8411> 237千円(−13千円) 51,079百万
 2.三井住友 <8316> 491千円(−36千円) 51.064百万
 3.ソフトBK<9984> 4810円(−580円) 40,611百万
 4.UFJ  <8307> 415千円(−42千円) 35,981百万
 5.武田薬  <4502> 4210円(+170円) 35,044百万


◆相場概況

 外国証券の寄付前の注文状況・・・売り2950万株 買い2850万株

 本日の東京マーケットは、日経平均株価が反落し、前週末比124円安の1万
504円で取引終了です。昨日投開票された衆院選は、与党3党が絶対安定多数
を確保して小泉首相の続投が固まったことから、予想通りの結果と受け止める向
きが多く、特に材料視されていません。週末のNY株式市場が下落したことを嫌
気した売りが朝方から先行し、また大手銀行株やソフトバンク株の急落が投資家
心理を冷やし、散発的な見切り売りで下げ幅を拡大する銘柄が多くなっています。
売買代金は概算9860億円
です。

 業種別では、医薬品、繊維、輸送用機器セクターが堅調です。

 個別銘柄では、先週末に発表された中間好決算を受けてスズキが大幅続伸する
など総じて中間決算が好調なことからトヨタ、マツダ、日産自などの自動車セク
ターがしっかり、中間純利益が5倍に拡大したことや外資系証券の目標株価引き
上げを受けてコマツが値を上げています。また、好決算を評価した買いが先行し
て武田薬品がしっかり、三共、山之内、塩野義等の医薬品セクターが堅調です。
また、セイコーエプソン、カシオ、トプコン、ローランドなど電子部品関連の年
初来高値更新が目立ちます。一方、UFU、三井住友、三菱東京などメガバンク
が利益確定の売りから一段安、野村、大和、日興など証券セクターが売られてい
ます。

 本日の新高値銘柄は、アサヒ、三菱瓦斯化、三共、牧野フ、日立工機、ピジョ
ン等です。




――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃      こうしてみてはどう?      
 ┗━━━━┛     
                      『aqua☆彡スペシャル版』
                     http://www.aqua-inter.com/sp.htm


―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】今日の夕刊                          **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


・与党3党、連立政権の継続で一致 第2次小泉内閣、19日発足へ
・衆院選の投票率、史上2番目に低い59.86%
・10月の銀行貸出金残高、前年比4.3%減
・7―9月介入、過去最高の7兆5512億円
・10月末の外貨準備高、介入で過去最高更新
・10月東京都消費者態度指数45.0 前月比1.8ポイント上昇
・東芝タンガロイ、MBOで東芝グループ離脱へ
・ソフトバンクの中間連結、最終赤字773億円
・オリンパスの中間連結、デジカメ伸び営業益過去最高
・ヤマハの中間、携帯用半導体伸び純利益2.6倍
・塩野義製薬の中間、コスト削減奏功し経常益9%増
・大正製薬の中間、原価率上昇し経常益9%減
・キリンビバの1−9月、純利益13%減 通期売上高を下方修正
・損保ジャパンの中間、連結純利益320億円に上方修正
・WOWOWの中間連結、最終赤字幅が縮小
・村田製の中間連結、最終利益5%減の180億円
・三菱紙の中間連結、最終益16億円に下方修正
・フジクラの中間、連結経常損益が黒字転換
・イオン、ポスフールと業務提携
・日本オラクル子会社、リナックスで中国大手と提携
・中国、ノート型パソコンの輸出が急増



―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】主な格付け情報                        **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


[ドイツ証券](3段階評価)
 格下げ <7731> ニコン 「HOLD」→「SELL」1,030→1,200円※
 据置き <6976> 太陽誘電「SELL」900円※

[UBS証券](3段階評価)
 据置き <6976> 太陽誘電「BUY」1,800円※

[UFJつばさ証券](5段階評価)
 新 規 <7916> 光村印刷「A+」
 据置き <9101> 日本郵船「A」

[大和総研](5段階評価)
 格上げ <4799> アグレックス「2」→「1」
 格上げ <1379> ホクト   「3」→「2」
 格上げ <6764> 三洋電機  「3」→「2」
 格下げ <6770> アルプス電気「1」→「2」
 格下げ <7558> トーメンエレクトロニクス「2」→「3」
 新 規 <6769> ザインエレクトロニクス 「2」
 据置き <4835> インデックス「1」
 据置き <4661> OLC   「1」
 据置き <9737> CSK   「1」4,700円※

[野村證券](5段階評価)
 格上げ <6506> 安川電機「2」→「1」
 格上げ <4502> 武田薬品「3」→「2」
 据置き <7269> スズキ 「1」
 据置き <8001> 伊藤忠 「1」
 据置き <8752> 三井住友海上「1」

[日興シティG証券](3段階評価)
 据置き <5401> 新日本製鐵「1M」250円※
 格上げ <8113> ユニチャーム「2M」→「1M」6,000円※

 上記※印は各証券会社が判断する妥当株価です。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】移動平均線のお話2                      **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


 投資家の一般的特質としまして、買った株が上昇しますと「もっと買っておけ
ば良かった」あるいは「買い付けた時くらいの株価であればまた買いたい」と思
うものです。反対に、買った株が下がってしまいますと「買値近辺に戻れば処分
したい」と思う傾向があります。

 前回お話いたしましたように、移動平均線は一定期間の売買コストを表してい
ると捉えることができます。こういった投資家の一般的特質と移動平均線の特質
から、結果的に移動平均線が下値を支える支持線あるいは上値を押さえる抵抗線
となる場合があります。このことのため、株価が移動平均線を下から上に突き抜
けた、あるいは上位にあった株価が移動平均線を下回った時、またはトライして
も上抜けたり下抜けたりできなかった時などは、移動平均線と株価の関係が注目
されることになります。

 もちろん結果的にそうなるケースがあるということであり、移動平均線との関
係が株価を決定するものではありませんのでご注意ください。

 さらに、次回お話させていただきますが、短期の移動平均線との関係のみなら
ず、中長期の移動平均線との関係も必ず確認することも重要です。



____________________________________
【5】編集後記                                  mailto:aqua@cools.com
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
一雨ごとに寒くなってきているような気がいたします。皆様におかれましてもく
れぐれも風邪などひかぬようご自愛くださいませ。
____________________________________
   〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

< お願い >+++++++++++本誌HP: http://www.aqua-inter.com/ 

1.本メールマガジンを応援してくださる方は、ご友人・知人へのご紹介をお願
  い致します。

2.スペシャル版をお申し込み頂いた方で、当方からの返信が届かない方がいら
  っしゃいます。ご自身のメールアドレスをご確認の上、お申し込みメールの
  本文中にメールアドレスの記載をお願い致します。

3.個別銘柄に関するご相談は受けておりませんのでご遠慮お願い致します。

4.正確な情報を掲載するよう努めてはおりますが、誤字・脱字・誤記などが紛
  れ込むことを完全には防ぎきれてはおりません。お手数をお掛けして申し訳
  ありませんが、誤字・脱字・誤記などを発見された方はaquaまでご一報
  いただければ幸いです。

5.本メールマガジンや株式投資に関するご意見をお聞かせ下さい。

  全ての方に個別に返信することはできませんが、今後一層の充実した誌面作
  りに皆様のご意見を反映させていきたいと考えております。尚、頂戴したメ
  ールは当方の判断にて、情報の匿名性を確保したうえで本メールマガジンに
  体裁の変更・引用及び掲載させていただく場合がございますのでご了承くだ
  さい。

  広告に関するお問い合わせもお待ちしております。

                           mailto:aqua@cools.com 


< お約束事 >++++++++++++++++++++++++++++

◆ 最終的な投資判断はご自身の責任でお願いします。

◆ 本メールマガジンは投資判断の参考として株式投資に関する情報や話題の提
  供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。

◆ メールマガジンの内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確
  性および安全性、利用者にとっての有用性を保証するものではありません。
  当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、aquaは一切の責任
  を負いかねますのでご了承下さい。

◆ 本メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。

◆ 本メールマガジンは、皆様ご自身の任意の申し込みにより各配信元(メルマ
  ガスタンド)から配信されております。従いまして、本メールマガジンの配
  信登録の解除及び配信先変更手続きは、ご登録の際と同様に、皆様ご自身に
  てお願い致します。

◎ 配信元(メルマガスタンド)一覧◎ http://www.aqua-inter.com/subs.htm 


◎ 本メールマガジンご紹介◎ http://www.aqua-inter.com/mag.htm 


注)このメルマガは固定ピッチフォントでの閲覧を想定してます。フォント設定
  を「MS ゴシック」等としていただければ綺麗にご覧いただけます。

                              ※本文終わり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。