ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 03/10/23 夕刊

2003/10/23

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ┏━━━━━━━━━━━━┓
 ┃aqua☆彡スペシャル版┃  〜 なるほど! 〜
 ┗━━━━━━━━━━━━┛     

                http://www.aqua-inter.com/sp.htm (詳細)



株式投資のPARTNER ━━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎       03/10/23 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・・


こんばんは、aquaです。

 日経平均株価で見た場合、前回(9月19日)も今回も、高寄りしたあと前日
の陽線に深く食い込む“カブセ線”が出現、よく似た状況での目先的なトップ形
成となりました。

 また、昨年の3月と5月にダブル・トップを形成した際、日経平均株価はほぼ
等しく1万2000円程度でしたが、今回はその水準からはまだいくらかの値幅
があります。その一方で、TOPIX(時価総額を基準にした東証株価平均)の
昨年の高値は3月と5月がそれぞれ1100ポイント台、一昨年10月の戻り高
値も1100ポイント台となっており、昨日、一昨日の高値もほぼ同水準となっ
ており、そのあたりも上値を意識させる一因となったようです。

 ところで注目のソニーとNECの決算は、ソニーの四半期決算は大方の予想通
り減益なおかつ通期見通しを下方修正、一方のNECは通期見通しを引き上げる
好調な内容となっています。

 日経平均株価が5月以来はじめて13週移動平均値を下回ったことは留意点と
して、今晩の米マイクロソフトの決算発表も絡み明日の市場の反応が注目されま
す。「安く買うのが儲けの近道」※相場概況の追記に続く



………………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ mailto:aqua@cools.com ]
………………………………………………………………………………………………

 1.今日の相場
 2.今日の夕刊
 3.主な格付け情報
 4.その他の話題
 5.編集後記




―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                          **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

◎日経平均  10335.16(−554.46)▼5.09%
◎TOPIX  1017.03(− 56.72)▼5.28%

◎売買高概算  15億1250万株
◎売買代金概算  1兆5522億円

◎値上り銘柄数   23   ◎(年初来)新高値  5
◎値下り銘柄数 1496   ◎(年初来)新安値 31
◎変わらず      7

◎サイコロ(日経平均) 6勝6敗 ○●●○○●○○○●●●

◎カイリ率(日経平均)25日線比−3.4% 75日線比+0.9%

◎為替     109.71―76(16:35)

◎東証1部出来高上位
 1.りそな  <8308>  152円(− 14円) 55,546千株
 2.新日鐵  <5401>  222円(− 12円) 47,828千株
 3.住金   <5405>  100円(−  7円) 32,935千株
 4.丸紅   <8002>  199円(− 20円) 27,056千株
 5.大和証券 <8601>  785円(− 80円) 25,925千株

◎東証1部売買代金上位                      (円)
 1.ソフトBK<9984> 5120円(− 1千円)100,253百万
 2.みずほ  <8411> 238千円(−40千円) 89,707百万
 3.三井住友 <8316> 525千円(−60千円) 84,490百万
 4.UFJ  <8307> 439千円(−50千円) 55,230百万
 5.三菱東京 <8306> 726千円(−76千円) 41,990百万


◆相場概況

 外国証券の寄付前の注文状況・・・売り4310万株 買い2410万株

 本日の東京マーケットは、日経平均株価が今年最大の下げ幅を記録し、前日比
554円安の1万335円で取引終了です。水準としては9月30日以来の水準
となり、東証1部の値下がり銘柄数が1496と全体の約98%を占めるほぼ全
面安となっています。主要企業の9月中間決算発表を見極めたいとのムードが強
く買い手控え模様の中、昨晩のNY株安を受けて、このところ相場をリードして
いたIT関連銘柄や銀行株を中心に幅広い銘柄に利益確定の売りが膨らみました。
日本道路公団の藤井総裁が石原国土交通相との会談時にイニシャルを挙げたとさ
れる政治家の実名が、本日発売の週刊誌に掲載されたことが政権不安に繋がるこ
とへの警戒感が出ています。売買代金は概算1兆5522億円です。

 業種別では、銀行、証券、情報通信等の下げが顕著です。

 個別銘柄では、ソフトバンクがストップ安、楽天も一時ストップ安をつけ、ヤ
フー、トレンドマイクロ、光通信といったIT関連銘柄が軒並み急落、アドバン
テスト、東京エレク、TDK、京セラといった半導体関連も大幅に売られていま
す。みずほFG、UFJがストップ安するなどメガバンクが連日の急落、トヨタ、
日産、ホンダなどの自動車関連も売られています。一方で、総務省消防庁が一般
住宅に火災報知器の設置を段階的に義務付ける法制化を検討との報道を受けて、
能美防災やホーチキなどが大幅高となっています。火災警報器関連は10月上旬
にもに上昇してその後一服状態でしたが、今回は義務化の範囲が東京都内から全
国に広がる可能性が出てきたことで、収益拡大期待が一段と膨らんでいます。

 本日の新高値銘柄は、太平洋工業、愛知時計等です。


☆追記☆

 本日で3日連続となった株式マーケット、日本道路公団の藤井総裁が本日発売
の週刊文春で3人の実名を挙げたことが、にわかに政権不安に繋がるのではない
かという警戒感を高めています。さて、最も気になりますのは、「一体、下値メ
ドはいくらなのか?」といったことと思いますが、テクニカル面から見ますと1
万100円を中心に上下100円どころに、9月29日の瞬間安値1万148円
や8月18日と19日の間にあけたマド埋め水準1万48円等の主要な節目があ
ります。従いまして1万円〜1万200円どころのゾーンを下値サポートゾーン、
すなわち下値の目安として考えてみてはいかがでしょうか。

 目先はパニック的な売りに急落していますが、急落の後は急騰というケースも
あり、むしろここからオーバーシュート気味に売り込まれた所は、打診買いの好
機と考えます。相場に上げ下げはつきものとは言え、得てしてこうした局面では
下げへの恐怖感から及び越しになりがちです。「果実は恐怖の報酬」と申します
が、目先の売買(デイトレード)なのか、中長期スタンスなのかを再確認し、冷
静に臨みたい局面です。



━━━  これまで株でうまくいかない方・ビギナーの方へ毎週お届け  ━━━

       a┃q┃u┃a┃☆┃ス┃ペ┃シ┃ャ┃ル┃版┃
       ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 「いつ、どの銘柄を買えばいいの?」「現在の相場をどう見ればいいの?」
       独自の観点でaquaがやさしく解説します。
         株価チャート活用の仕方も随時掲載中!

■■■ お申込み・詳細は・・・ http://www.aqua-inter.com/sp.htm   ■■■

―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】今日の夕刊                          **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


・9月の貿易黒字、前年同月比9.2%増 半期での輸出額は過去最高を更新
・9月の消費者態度指数、2期連続改善
・内閣府、単身世帯の消費マインドの判断を上方修正
・9月のサービス価格、前年比0.5%下落
・8月の第3次産業活動指数、前月比1.0%上昇
・石油連盟 新消火機材導入検討
・一般住宅 火災警報器義務化へ 総務省消防庁
・ソニーの7―9月期、連結営業益34%減
・NECの中間、パソコン採算改善などで2期ぶり復配
・カネボウと花王、化粧品事業の統合で基本合意
・ジャストの9月中間連結経常損益、赤字幅が縮小
・日東電工の9月中間決算、純利益は51%増
・大成建、中間連結最終黒字に上方修正
・トヨタとダイハツ、インドネシアで共同開発車生産
・みずほ銀と新光が共同店舗を開設
・富士電の中間連結、制御機器改善などで営業赤字縮小
・積水化、中間連結最終益50億円に上方修正
・深夜・早朝の医薬品販売、TV電話利用容認へ 厚労省
・横浜市、隠れ借金1兆8000億円を市税で処理
・「日の丸は壇上正面」都教委が新通達
・米、海外留学生から登録料100ドル徴収を検討
・米航空大手、業績底打ち鮮明



―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】主な格付け情報                        **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


[CSFB証券]
 据置き <4503> 山之内製薬「OUTPERFORM」3,900円※

[メリルリンチ証券](4段階評価)
 新 規 <2897> 日清食品「A-1」3,200円※

[ドイツ証券](3段階評価)
 格下げ <4689> ヤフー「HOLD」→「SELL」88万円※
 据置き <7599> ガリバーインターナショナル「BUY」8,000円※

[モルガンS証券](3段階評価)
 格上げ <9433> KDDI「EQUAL-WEIGHT」→「OVERWEIGHT」76.7万円※

[ゴールドマンS証券]
 格上げ <4203> 住友ベークライト「U」→「IL」 
 据置き <6764> 三洋電機「OP」 
 据置き <7974> 任天堂 「OP」 
 据置き <6758> ソニー 「U」

[日興シティG証券]
 新 規 <6701> NEC「2H」1,100円※
 据置き <7230> 日信工業「1H」3,300円※

 上記※印は各証券会社が判断する妥当株価です。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】その他の話題                         **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


 何かモノを買う際には店まで出向き、店員さんとやり取りしながらその商品へ
の理解を深めそして購入を決断する、というのが何か購入する際の一般的なプロ
セスです。当然その商品の価格には店員さんの給料や店舗の賃貸料などが含まれ
ています。

 ところがインターネットの普及で最近は店舗に出向かなくても商品を手に入れ
ることができるようになりました。さらにインターネットの普及は情報や知識の
共有化を促し、ほとんどの場合は指定買いとなります。そういった状況が進みや
すい業界では店舗や店員さんを削減して価格を安くしますが、それでも店舗や店
員さんを多く抱え売上げも多い同業他社よりも利益率が抜群に高くなります。

 株の世界でもこのような状況が顕著になっています。株式の場合、株価はどこ
で売買しても一緒であり、総合証券やそこの営業マンと付き合うメリットを特別
感じなければ、わざわざ高い手数料を払う必然性は薄れてきます。知識や判断力
があり頻繁に売買する投資家が、手数料が安く使い勝手が良いオンライン証券に
流れるのは当然の成り行きです。

 オンライン証券の9月中間期決算がほぼ出揃いましたが、松井証券は売上げに
相当する営業収益に対して経常利益率が5割に近い数字となっており、今年度上
半期の利益が昨年度通年の利益を上回るという状況になっています。先日ご紹介
したとおり、松井証券の口座数は他のオンライン証券と比べましても決して多い
ほうではありません。証券会社の場合、通常は預かり資産の何割かは未稼働資産
のはずですが、オンライン証券会社の場合はその比率が極端に低く、特に松井証
券の顧客の資産回転率は他を圧倒しているということが言えます。

 ちなみに明日は日興コーディアル、三菱証券、新光証券、UFJつばさ証券等、
証券各社の決算発表です。

※上記の記事は銘柄をすすめるものではありません。念のため



____________________________________
【5】編集後記                                  mailto:aqua@cools.com
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
首相に引退を促された中曽根氏と宮沢氏。両氏のコメントは非常に対照的です。
中曽根氏や田中前外相の今後の動向や道路公団総裁などの問題も政局に大きく影
響する可能性がありますが、衆院選の試金石となる今度の日曜日の埼玉県の参議
院の補選も要注目です。
____________________________________
   〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

< お願い >+++++++++++本誌HP: http://www.aqua-inter.com/ 

1.本メールマガジンを応援してくださる方は、ご友人・知人へのご紹介をお願
  い致します。

2.スペシャル版をお申し込み頂いた方で、当方からの返信が届かない方がいら
  っしゃいます。ご自身のメールアドレスをご確認の上、お申し込みメールの
  本文中にメールアドレスの記載をお願い致します。

3.個別銘柄に関するご相談は受けておりませんのでご遠慮お願い致します。

4.正確な情報を掲載するよう努めてはおりますが、誤字・脱字・誤記などが紛
  れ込むことを完全には防ぎきれてはおりません。お手数をお掛けして申し訳
  ありませんが、誤字・脱字・誤記などを発見された方はaquaまでご一報
  いただければ幸いです。

5.本メールマガジンや株式投資に関するご意見をお聞かせ下さい。

  全ての方に個別に返信することはできませんが、今後一層の充実した誌面作
  りに皆様のご意見を反映させていきたいと考えております。尚、頂戴したメ
  ールは当方の判断にて、情報の匿名性を確保したうえで本メールマガジンに
  体裁の変更・引用及び掲載させていただく場合がございますのでご了承くだ
  さい。

  広告に関するお問い合わせもお待ちしております。

                           mailto:aqua@cools.com 


< お約束事 >++++++++++++++++++++++++++++

◆ 最終的な投資判断はご自身の責任でお願いします。

◆ 本メールマガジンは投資判断の参考として株式投資に関する情報や話題の提
  供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。

◆ メールマガジンの内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確
  性および安全性、利用者にとっての有用性を保証するものではありません。
  当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、aquaは一切の責任
  を負いかねますのでご了承下さい。

◆ 本メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。

◆ 本メールマガジンは、皆様ご自身の任意の申し込みにより各配信元(メルマ
  ガスタンド)から配信されております。従いまして、本メールマガジンの配
  信登録の解除及び配信先変更手続きは、ご登録の際と同様に、皆様ご自身に
  てお願い致します。

◎ 配信元(メルマガスタンド)一覧◎ http://www.aqua-inter.com/subs.htm 


◎ 本メールマガジンご紹介◎ http://www.aqua-inter.com/mag.htm 


注)このメルマガは固定ピッチフォントでの閲覧を想定してます。フォント設定
  を「MS ゴシック」等としていただければ綺麗にご覧いただけます。

                              ※本文終わり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。