ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 03/10/16 夕刊

2003/10/16

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ┏━━━━━━━━━━━━┓
 ┃aqua☆彡スペシャル版┃ 〜 全ての投資家の皆様へ 〜 
 ┗━━━━━━━━━━━━┛       


           <お申込み詳細> http://www.aqua-inter.com/sp.htm 


株式投資のPARTNER ━━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎       03/10/16 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・・


こんばんは、aquaです。

 思わず背伸びをしたくなってしまうような、すがすがしい青空に恵まれました。
通り過ぎる風が気持ちいい季節です。


 「天高く馬肥ゆる秋」

 実際に秋から冬にかけては、空が高く見えると言われています。この季節は、
空気が乾燥してくる時期でもあり、そして気温が低くなって上昇気流が起こりに
くくなってくるということが理由だそうです。どちらも、空気中の細かいチリや
ホコリを減らす働きをするため、空が高いところまで見通せて、高く感じるよう
です。

 頭上のチリやホコリを蹴散らして、「株高く懐肥ゆる秋」といきたいものです。



………………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ mailto:aqua@cools.com ]
………………………………………………………………………………………………

 1.今日の相場
 2.今日の夕刊
 3.主な格付け情報
 4.予想と手法について
 5.編集後記




―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                          **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

◎日経平均  11025.15(+125.15)△1.15%
◎TOPIX  1090.85(+ 10.55)△0.97%

◎売買高概算  17億6063万株
◎売買代金概算  1兆5478億円

◎値上り銘柄数  872   ◎(年初来)新高値 122
◎値下り銘柄数  522   ◎(年初来)新安値   2
◎変わらず    133

◎サイコロ(日経平均) 8勝4敗 ●○○○○○●●○○●○

◎カイリ率(日経平均)25日線比+2.2% 75日線比+7.8%

◎為替     109.73―76(16:04)

◎東証1部出来高上位
 1.新日鐵  <5401>  228円(+  3円)162,701千株
 2.住金   <5405>  108円(+  1円) 80,368千株
 3.りそな  <8308>  185円(−  1円) 66,459千株
 4.富士通  <6702>  690円(+ 47円) 50,276千株
 5.神戸鋼  <5406>  143円(+  2円) 42,379千株

◎東証1部売買代金上位                      (円)
 1.ソフトBK<9984> 7030円(+ 1千円)219,039百万
 2.三井住友 <8316> 648千円(+13千円) 72,338百万
 3.みずほ  <8411> 312千円(+ 2千円) 37,407百万
 4.新日鐵  <5401>  228円(+  3円) 37,096百万
 5.富士通  <6702>  690円(+ 47円) 34,690百万


◆相場概況

 外国証券の寄付前の注文状況・・・売り2820万株 買い3650万株

 本日の東京マーケットは、日経平均株価が前日比125円高の1万1025円
となり、9月18日以来ほぼ1ヶ月ぶりに1万1000円台に乗せて取引終了で
す。朝方は、昨晩のNY株式が下げたことや7―9月期決算を発表したIBMが
時間外取引で下落したことなどを受けて小安く始まりましたが、為替が1ドル=
109円台半ばで落ち着いた動きであったことから次第に主力銘柄に機関投資家
の買いが目立ち始めました。昼からソフトバンクが一段高して引けにかけてはス
トップ高となったことで市場心理が好転し、ハイテク・半導体関連、IT関連、
内需系大型株など幅広い銘柄が上げに転じました。売買代金は概算1兆5478
億円です。

 業種別では、証券、卸売り、空運セクターの上げが顕著です。

 個別銘柄では、ソフトバンクがストップ高比例配分、5%ルール報告(大株主
の保有状況を開示する大量保有報告)で外資系ゴールドマン・サックスの保有割
合がゼロから6.06%に上昇したことを材料視されています。ソフトバンクに
連れ高して、トランス・コスモス、トレンドマイクロ、光通信といったIT関連
株が大幅上昇、東エレク、アドテスト、TDKなど値ガサ系ハイテク銘柄も急速
に上げ幅を広げています。鉄鋼市況の好転を手がかりに外国人投資家が買ってい
るとの見方から、新日鉄、JFEが物色されて新高値を更新するなど鉄鋼セクタ
ーが大商いとなり、ロンドン金属取引所(LME)のニッケルの3カ月先物価格
が1990年以来の高値を付けたことを受けて、大平金が年初来高値を連日で更
新です。同社の売上高に占めるニッケル関連比率が96%を占め、収益を大きく
押し上げるとの連想が広がっています。素材関連では住友鉱も物色され年初来高
値更新です。 

 本日の新高値銘柄は、片倉、旭化成、フジテレビ、新日鉄、東京製鐵、住友鉱、
ユニデン、日立造船、TBS、ソフトバンク等です。         



☆スペシャル版(有料版)通信

 本日の日経平均株価の終値は1万1025円、終値ベースでの年初来高値は9
月18日の1万1033円ですので、いよいよあと8円と迫ってきました。もち
ろん、それに先立ちまして東証株価指数(TOPIX)は既に年初来高値を更新
していますので、実質的にはマーケットは高値更新中と見て差し支えありません。

 本日は、東京製鐵が49円高の1015円と1000円の大台乗せとなってき
ました。9月10日号でご紹介しました水準は870円前後でしたので値幅にし
て140円ほど、率にしますと15%超の上昇です。同日にご紹介しました東京
建物に至りましては既に40%超の上昇となっていますが、順番に物色の矛先が
回ってきています。いずれにしましても、目先の動きに惑わされず、高値を飛び
つかず、安いときに押し目を拾うことが何よりです。

 相場が良くなりますと、勢いで飛びつきたくなりますが、衝動買いは禁物です。
それで、儲かるときもありますが、トータルで見ますと「小さく儲けて大きく損
する」というパターンに陥りやすくなります。儲けるときはゴボウ抜きして、損
するときは小さくするというのが鉄則です。




====================================
      誠意と信頼をお届けする株式投資有料メールマガジン
====================================
            『aqua☆彡スペシャル版』

 具体的な個別銘柄情報や、一歩踏み込んだ相場観や投資手法に関する解説等
 お役立ち情報満載! 株式投資を考えているすべての方へおすすめします。

   ◆お申込み・詳細は・・・ http://www.aqua-inter.com/sp.htm ◆

―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】今日の夕刊                          **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


・財務官「円高一服、市場の自律的な動き出始めた」
・パソコンの世界出荷台数、7―9月期として過去最高の販売台数 
・日産自動車、欧米好調で中間営業益15%増に
・セガ、業務用ゲーム機器伸び純利益を上方修正
・「ユニクロ」の今期、純利益1.6倍の329億円見込む
・藤沢薬品と山之内、一般用医薬品事業を統合 
・三菱レの9月中間、連結最終益2.7倍
・丸三、中間連結最終黒字に
・エッジ、イーバンク銀の筆頭株主に
・阪神百貨店、日本シリーズ後に4日間感謝セール
・味の素、仏に「欧州味の素食品」を発足



―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】主な格付け情報                        **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


[CSFB証券](3段階評価)
 格上げ <2501> サッポロ「NEUTRAL」→「OUTPERFORM」230→370円※
 据置き <8515> アイフル「OUTPERFORM」6,900→8,200円※

[みずほ証券]
 格上げ <6839> 船井電機「2」→「1」16,500→20,000円※

[UFJつばさ証券](5段階評価)
 格上げ <3407> 旭化成  「B」→「A」
 格下げ <4509> 三菱ウェル「B」→「C」
 据置き <6976> 太陽誘電 「C」1,200円※

[野村證券](5段階評価)
 格下げ <8170> アデランス「2」→「3」
 据置き <7261> マツダ  「1」

[日興シティG証券]
 新 規 <8113> ユニ・チャーム「2M」6,000円※
 据置き <8888> クリード   「1H」 43万円※
 据置き <4321> ケネディ・ウィルソン「1H」40万→46万円※ 

 上記※印は各証券会社が判断する妥当株価です。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】予想と手法について                      **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


 予想と手法についての名言をいくつかご紹介いたします。


『証券価値がいくらになるかということについて、答えなどあるものではない。
 まさに十人十色であって、専門家でも10人寄れば10の違った答えが出る。

 しかも、2、3分後にもう一度考えるチャンスを与えると、条件が変わったと
 いう理由で、10人が10人とも先の意見を変更することも珍しくない。

 ごく一部については、証券の市場価値が貸借対照表と損益計算書とで決まると
 もいえる。しかし実際には、株価は人間の期待と恐れによるところが大きい。』


・故に、しっかりとした自分の投資観と投資ルールを持つ必要があります。



『相場は見込みの適不中如何にかかわらず、

  商いの方法だに宜しきを得ば、必ず利益を博するを得るべし』


・利益を得ようとするならば、相場を当てようとするよりも、商いの方法による
べきだということを言っています。相場の当たり外れについては、「それ思惑を
立てて売買するに、あたることは十にニ、三、たがうことは十に七、八なり」で
ありますから、十のうちニか三の確率を最終的にトータルで利益にするのは“商
いの方法”です。



『相場に勝つには自分の性質や長所短所を知り、
 
      それに合うように商いの方法を工夫することである』


・上段にもありますが、相場を当てようと努力してもそう簡単に当るものではあ
りません。思い通りにならない相場を当てようとしたのでは一生かかっても成功
するはずがありません。相場の研究とは、当て方の研究ではなく、やり方の研究
であるとしています。



____________________________________
【5】編集後記                                  mailto:aqua@cools.com
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
帝国データバンクが、倒産した企業の株価を調査したレポートによりますと、企
業が倒産する直前の株価は4社に3社が100円割れ、平均で105円という結
果になっています。倒産直前の株価は倒産の1カ月前と比べるとほとんど変化が
なく、ほぼ1ヶ月前までに“倒産”を織り込んでいるとのこと。皆様の実感と今
回の調査結果に隔たりはありますでしょうか?
____________________________________
   〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

< お願い >+++++++++++本誌HP: http://www.aqua-inter.com/ 

1.本メールマガジンを応援してくださる方は、ご友人・知人へのご紹介をお願
  い致します。

2.スペシャル版をお申し込み頂いた方で、当方からの返信が届かない方がいら
  っしゃいます。ご自身のメールアドレスをご確認の上、お申し込みメールの
  本文中にメールアドレスの記載をお願い致します。

3.個別銘柄に関するご相談は受けておりませんのでご遠慮お願い致します。

4.正確な情報を掲載するよう努めてはおりますが、誤字・脱字・誤記などが紛
  れ込むことを完全には防ぎきれてはおりません。お手数をお掛けして申し訳
  ありませんが、誤字・脱字・誤記などを発見された方はaquaまでご一報
  いただければ幸いです。

5.本メールマガジンや株式投資に関するご意見をお聞かせ下さい。

  全ての方に個別に返信することはできませんが、今後一層の充実した誌面作
  りに皆様のご意見を反映させていきたいと考えております。尚、頂戴したメ
  ールは当方の判断にて、情報の匿名性を確保したうえで本メールマガジンに
  体裁の変更・引用及び掲載させていただく場合がございますのでご了承くだ
  さい。

  広告に関するお問い合わせもお待ちしております。

                           mailto:aqua@cools.com 


< お約束事 >++++++++++++++++++++++++++++

◆ 最終的な投資判断はご自身の責任でお願いします。

◆ 本メールマガジンは投資判断の参考として株式投資に関する情報や話題の提
  供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。

◆ メールマガジンの内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確
  性および安全性、利用者にとっての有用性を保証するものではありません。
  当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、aquaは一切の責任
  を負いかねますのでご了承下さい。

◆ 本メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。

◆ 本メールマガジンは、皆様ご自身の任意の申し込みにより各配信元(メルマ
  ガスタンド)から配信されております。従いまして、本メールマガジンの配
  信登録の解除及び配信先変更手続きは、ご登録の際と同様に、皆様ご自身に
  てお願い致します。

◎ 配信元(メルマガスタンド)一覧◎ http://www.aqua-inter.com/subs.htm 


◎ 本メールマガジンご紹介◎ http://www.aqua-inter.com/mag.htm 


注)このメルマガは固定ピッチフォントでの閲覧を想定してます。フォント設定
  を「MS ゴシック」等としていただければ綺麗にご覧いただけます。

                              ※本文終わり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。