ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 03/10/14 夕刊

2003/10/14

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ┏━━━━━━━━━━━━┓
 ┃aqua☆彡スペシャル版┃ 〜 全ての投資家の皆様へ 〜  (明日配信)
 ┗━━━━━━━━━━━━┛       


           <お申込み詳細> http://www.aqua-inter.com/sp.htm


株式投資のPARTNER ━━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎       03/10/14 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・・


こんばんは、aquaです。

 ライオンは、首都圏に住む40代夫婦56組112名を対象に今年8月に実施
した「若さと健康」についての意識調査をまとめています。

 調査対象の平均年齢は夫=45歳、妻=43歳となっており、夫は気持ちの上
では実際の年齢よりも8歳若いと感じ、妻が感じた夫の年齢は実年齢のマイナス
5歳程度となっています。一方、妻は気持ちの上では実際の年齢よりも7歳若い
と感じ、夫は妻に対し(妻の)実年齢よりも8歳若いと感じているとの結果とな
っており、夫の方が相手(妻)を若く評価する傾向があるようです。また、「変
化に気付く場面」や「衰え」についても調査を行っていますので、その結果を以
下にてご紹介してみます。

・夫が30代と比べて歳をとったと感じている項目
 「白髪が増えた」     66%
 「夜更かしの翌日がつらい」64%
 「体形が変わった」    61% 
 「目のかすみや老眼」   59%
 「髪の毛の量」      55%

 一方、妻から見て夫が歳をとったと感じる項目では、「肌のはり・つや」の変
化がトップとなっており、「口臭」や「お酒の量」などの項目を夫よりも敏感に
感じ取っているようです。

・妻が30代と比べて年をとったと感じている項目
 「肌のはり・つや」    93%
 「顔のしみ・そばかす」  89%
 「化粧ののり」      80%
 「体形が変わった」    75%
 「夜更かしの翌日がつらい」75%

 一方、夫から見て妻が歳をとったと感じる項目では、約半数の夫が「(妻の)
体形が変わった」ことをあげているものの、妻が年をとったことを積極的に認め
ている夫は少ないという調査結果になっています。

 こうしたことから、「男性は希望や願望を通してモノを見ようとし、女性は冷
静に現実を見る傾向がある」としてしまうのは乱暴すぎるでしょうか?



………………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ mailto:aqua@cools.com ]
………………………………………………………………………………………………

 1.今日の相場
 2.今日の夕刊
 3.主な格付け情報
 4.格付け情報について
 5.編集後記




―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                          **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

◎日経平均  10966.43(+180.39)△1.67%
◎TOPIX  1073.88(+ 13.43)△1.25%

◎売買高概算  14億3554万株
◎売買代金概算  1兆6120億円

◎値上り銘柄数  697   ◎(年初来)新高値 181
◎値下り銘柄数  716   ◎(年初来)新安値   1
◎変わらず    113

◎サイコロ(日経平均) 8勝4敗 ○●●○○○○○●●○○

◎カイリ率(日経平均)25日線比+2.9% 75日線比+8.7%

◎為替     109.79―84(15:35)

◎東証1部出来高上位
 1.りそな  <8308>  185円(+ 14円)183,960千株
 2.新日鐵  <5401>  222円(+  3円) 41,508千株
 3.住友信託 <8403>  718円(+ 45円) 34,095千株
 4.住金   <5405>  106円(+  3円) 26,613千株
 5.ソフトBK<9984> 5970円(+580円) 25,990千株

◎東証1部売買代金上位                      (円)
 1.ソフトBK<9984> 5970円(+580円)155,166百万
 2.三井住友 <8316> 658千円(+29千円)147,556百万
 3.みずほ  <8411> 323千円(+ 4千円) 95,103百万
 4.UFJ  <8307> 569千円(+21千円) 68,555百万
 5.三菱東京 <8306> 919千円(+51千円) 42,782百万


◆相場概況

 外国証券の寄付前の注文状況・・・売り3170万株 買い4960万株

 本日の東京マーケットは、日経平均株価は続伸し、前週末比180円高の1万
966円と1万1000円台目前まで迫っています。昨晩NYダウとナスダック
指数がともに年初来高値を更新したことを受けて朝方から幅広い銘柄に買いが先
行、また米携帯電話大手モトローラが発表した決算が市場予想を上回ったため、
ハイテク企業の収益に対する楽観的な見方が台頭してハイテク株などにも買い安
心感が広がったほか、国内要因では景況感の改善や不良債権処理の進展を背景に
内需銘柄への物色や銀行株物色の流れが継続し、相場全般の水準を押し上げてい
ます。後場からは、今晩の米半導体大手インテルの決算発表を控えて内容を見極
めたいとの見方から様子見ムードとなり、一進一退の展開となりました。尚、東
証株価指数(TOPIX)は3日連続高となり、年初来高値を更新です。売買代
金は概算1兆6120億円です。

 業種別では、保険、銀行、海運、卸売りセクターの上げが目立ちます。

 個別銘柄では、業績予想の上方修正が続いており、不良債権処理の進展や収益
性の向上を期待した買いが続き、4大メガバンクが軒並み新高値を更新です。4
大メガバンクは4月28日に安値をつけているものが多く、信用期日を控えた買
い戻しの動きも出ています。総選挙接近を控えて出口調査などの特需発生期待か
ら、もしもしホットラインとベルシステムともにストップ高で年初来高値更新、
ロシア・サハリンの天然ガス開発の材料や日銀が追加金融緩和を決めたことを好
感して機関投資家からの物色意欲が高まり、三菱商事、伊藤忠が年初来の高値更
新、物産も高値接近となっています。機関投資家から金融株を物色する動きが強
まっており、オリックスなどの「その他金融株」にもこうした買いが波及してい
ます。品川駅開業効果が期待されてJR東海が上場来高値更新、ネット関連株が
買われる流れから機関投資家や個人投資家の買いが入って楽天がストップ高、ソ
フトバンクも大幅高で年初来高値更新です。ソフトバンク・インベストメントは
3日連続のストップ高です。

 本日の新高値銘柄は、三越、旭化成、ワールド、三菱化学、フジテレビ、もし
もし、同和鉱、西松屋チェ、トーメン、三菱商事、高島屋、三菱東京、UFJ、
三井住友、オリックス、東京建物、JR東海、ベル24、ソフトバンク等です。




====================================
      誠意と信頼をお届けする株式投資有料メールマガジン
====================================
            『aqua☆彡スペシャル版』

 具体的な個別銘柄情報や、一歩踏み込んだ相場観や投資手法に関する解説等
 お役立ち情報満載! 株式投資を考えているすべての方へおすすめします。

   ◆お申込み・詳細は・・・ http://www.aqua-inter.com/sp.htm ◆

―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】今日の夕刊                          **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


・日銀、2カ月連続で景気判断を上方修正
・無担保コール翌日物、過去最低に並ぶマイナス0.10%
・9月の企業物価、0.5%下落 3年ぶりの小幅にとどまる
・8月の投入物価指数、12カ月連続プラス
・8月国内携帯電話出荷、前年比22%増で11カ月連続プラス
・シーアンドエスとサンクス、サークルケイが来年9月合併
・ローソン:8月中間連結純利益は23%増
・西友の8月中間、連結最終赤字84億円
・東ソー、中間連結経常益35億円に下方修正
・スカパー:中間純利益37億円に上方修正
・リテラ・クレア証券、本店内に会員制の専用席を開設
・トヨタグループ企業に投資する新型投信を販売 トヨタFS証券
・小泉首相、年金国庫負担の段階的引き上げを示唆
・米フォード、タイに590億円投資



―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】主な格付け情報                        **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


[ドイツ証券](3段階評価)
 据置き <4044> セントラル硝子 「BUY」900円※
 据置き <9614> ベルシステム24「BUY」22,000→28,000円※

[UBSW証券](3段階評価)
 格上げ <1928> 積水ハウス「NEUTRAL」→「BUY」920→1,400円※

[モルガンS証券]
 据置き <4307> 野村総合研究所「OVERWEIGHT」
 据置き <8035> 東京エレクトロン「OVERWEIGHT」9,000円※

[ゴールドマンS証券](3段階評価)
 格下げ <6767> ミツミ電機 「IL」→「U」
 据置き <6752> 松下電気産業「OP」

[UFJつばさ証券](5段階評価)
 格下げ <6426> サミー「A+」→「B」

[野村證券](5段階評価)
 格下げ <4704> トレンドマイクロ「3」→「2」
 格下げ <6963> ローム     「3」→「2」
 据置き <3593> ホギメディカル 「1」

 上記※印は各証券会社が判断する妥当株価です。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】格付け情報について                      **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


 夕刊に掲載させて頂いている「格付け情報」とは、ご存知のように証券会社が
独自の調査・分析に基づいた個別銘柄に関する投資判断です。今、証券会社はど
のような銘柄に注目し、どのような銘柄に弱気なのかがわかり、参考になるかと
思います。投資の際に、格付けを重要指標として活用している方が多くいらっし
ゃるのも事実です。現在は格付け情報を基に相場が動くことも多々あり、早い時
間帯に格付け情報がほしいという要望も頂いております。ただ、現在は残念なが
らそこまでは手が回らないのが現状でありますので何卒ご容赦いただきたく思っ
ております。尚、格付けについて下記にて簡単に説明させていただきます。


 株価格付け(投資格付け、投資判断)と似たものに債券格付け(信用格付け)
というものがありますが、それはその企業が発行する社債などが、将来約束どお
り債務履行(償還)される確実性を評価するもので、「AAA」とか「BBB」
などで表示されます。その評価は専門の格付け機関が行ないますが、格付け機関
によって大きく違うことはあまりありません。

 それに対して株価格付けは、証券会社のアナリストが、近い将来、株価がどう
変動するかを予測したもので、評価方法は証券会社によって異なっています。そ
の点にはご注意ください。また、株価格付けの多くは株価指数との比較になって
おります。調査する側としては、個別企業をいくら調査して株価を予測しまして
も、政治・経済など投資環境が変化すれば大きく外れてしまいます。証券会社に
よってはズバリ価格を明示して「目標株価」を予想する場合もありますが、株価
格付けというのは基本的に株価指数(主にTOPIX)を基準(ベンチマーク)
にした相対的評価であり、絶対的評価ではないということを認識する必要があり
ます。

 基本的には「1」とか「BUY」といった上位の格付けが証券会社の買い推奨
銘柄といえますが、証券会社によって評価が違う場合があります。例えばレーテ
ィング「1」や「BUY」の銘柄を調べ、継続して株価をウォッチすることによ
って、どのようなタイミングや企業内容で強気の判断をしているのか、あるいは
日経平均の動きとのパフォーマンス比較はどうなのかなど利用の仕方は多々ある
かと思われます。また、格付けは各社独自性があり、その証券会社の格付けの性
質も微妙に違うため、証券会社のスタンスを判断するのにも役立つのではないか
と思っています。ただ、アナリストも大勢に流されることがあるということも事
実ですので、その点については注意が必要です。

 優良企業だからといって必ずしも株価格付けが高いわけではなく、株価格付け
が高いからといって優良企業とは限りません。決して優良とはいえない企業でも、
株価が大きく上昇すると予想されれば上位の格付けが与えられます。本来、株価
格付けは、株を中長期保有することが多い機関投資家向けに行なっているものな
ので、中長期的な予測が主流となっています。毎日の値動きを追って売買する短
期型投資には本来は向いておりません。ただし、現在のように買い意欲が強い相
場つきとなっている場合、高い格付けが発表されるやいなや大きく上昇すること
も多く、環境がそうさせているという側面がありますので、冷静に対応されてく
ださい。理解した上で敢えてそれに乗るのも、乗らないのも皆様の投資判断です。

 上記のような格付けの性格を認識した上で、銘柄選定の材料の一つとして参考
程度にご利用されるのがよいと思います。格付けは相場に対する後追いも多く、
格付けの変更を待っていてはタイミングが遅れるかもしれませんし、特定の銘柄
の格付けをフォローするのは大変です。aquaとしましては、例えば、買いに
ついて自分なりのやり方を持たない人の場合、他人(アナリスト)の格付けに基
づいて買い付いた場合、何を根拠に売るのかということが気がかりです。格付け
は数ある情報の中の一つですが、まずは、相場に対する身の施し方を学ぶのが先
決かと思います。



____________________________________
【5】編集後記                                  mailto:aqua@cools.com
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
都内ではせっかくの3連休も昨日は集中豪雨にたたられ、本日は氷雨のような冷
たい雨に身を縮こめてしまいました。いずれ、天気に関する記憶とともに今年を
振り返ることになりそうです。
____________________________________
   〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

< お願い >+++++++++++本誌HP: http://www.aqua-inter.com/ 

1.本メールマガジンを応援してくださる方は、ご友人・知人へのご紹介をお願
  い致します。

2.スペシャル版をお申し込み頂いた方で、当方からの返信が届かない方がいら
  っしゃいます。ご自身のメールアドレスをご確認の上、お申し込みメールの
  本文中にメールアドレスの記載をお願い致します。

3.個別銘柄に関するご相談は受けておりませんのでご遠慮お願い致します。

4.正確な情報を掲載するよう努めてはおりますが、誤字・脱字・誤記などが紛
  れ込むことを完全には防ぎきれてはおりません。お手数をお掛けして申し訳
  ありませんが、誤字・脱字・誤記などを発見された方はaquaまでご一報
  いただければ幸いです。

5.本メールマガジンや株式投資に関するご意見をお聞かせ下さい。

  全ての方に個別に返信することはできませんが、今後一層の充実した誌面作
  りに皆様のご意見を反映させていきたいと考えております。尚、頂戴したメ
  ールは当方の判断にて、情報の匿名性を確保したうえで本メールマガジンに
  体裁の変更・引用及び掲載させていただく場合がございますのでご了承くだ
  さい。

  広告に関するお問い合わせもお待ちしております。

                           mailto:aqua@cools.com 


< お約束事 >++++++++++++++++++++++++++++

◆ 最終的な投資判断はご自身の責任でお願いします。

◆ 本メールマガジンは投資判断の参考として株式投資に関する情報や話題の提
  供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。

◆ メールマガジンの内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確
  性および安全性、利用者にとっての有用性を保証するものではありません。
  当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、aquaは一切の責任
  を負いかねますのでご了承下さい。

◆ 本メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。

◆ 本メールマガジンは、皆様ご自身の任意の申し込みにより各配信元(メルマ
  ガスタンド)から配信されております。従いまして、本メールマガジンの配
  信登録の解除及び配信先変更手続きは、ご登録の際と同様に、皆様ご自身に
  てお願い致します。

◎ 配信元(メルマガスタンド)一覧◎ http://www.aqua-inter.com/subs.htm 


◎ 本メールマガジンご紹介◎ http://www.aqua-inter.com/mag.htm 


注)このメルマガは固定ピッチフォントでの閲覧を想定してます。フォント設定
  を「MS ゴシック」等としていただければ綺麗にご覧いただけます。

                              ※本文終わり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。