ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 03/10/02 夕刊

2003/10/02

◇――――――――――――――――――――――――――――――――――◇

            成功する株式投資への必読版
                   ┏━――――――――――――━┓
                   ┃ aqua☆彡スペシャル版 ┃
                   ┗━――――――――――――━┛
   ◆お申込み・詳細は・・・ http://www.aqua-inter.com/sp.htm ◆
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<お願い>お手続き済みの方はお振込み名をお知らせくださいませ。

株式投資のPARTNER ━━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎       03/10/02 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・・


こんばんは、aquaです。

 来る10月4日(トーシ)は「証券投資の日」となっており、各地で株式講演
会が行われたり、都内では昨日から記念のイベントが催されています。

 また、投資の日に先立ち、個人投資家育成対策会議は標語を公募、その中から
以下の作品が入選作品として選定されていますのでご紹介いたします。

 「証券を 家計に生かす 新時代」(群馬県在住 吉岡さん)
 「毎日が ちょっと新鮮 証券投資」(東京都在住 長谷川さん)
 「株主は 日本企業の応援団」(愛媛県在住 小野さん)
 「世の中が 見えてくるかも 証券投資」(東京都在住 小池さん)


 自然体の作品に好感が持てますが、本誌読者の中にも同じような感覚をお持ち
の方が多いのではないかと推察します。ちなみに最優秀作品にはETF(上場投
資信託)が賞金として贈られたようです。

 

………………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ mailto:aqua@cools.com ]
………………………………………………………………………………………………

 1.今日の相場
 2.今日の夕刊
 3.主な格付け情報
 4.お金の流れ
 5.編集後記




―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                          **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

◎日経平均  10593.53(+232.29)△2.24%
◎TOPIX  1057.24(+ 27.30)△2.65%

◎売買高概算  16億8462万株
◎売買代金概算  1兆8046億円

◎値上り銘柄数 1182   ◎(年初来)新高値 153
◎値下り銘柄数  254   ◎(年初来)新安値   4
◎変わらず     90

◎サイコロ(日経平均) 7勝5敗 ○○○●●○●○●●○○

◎カイリ率(日経平均)25日線比+0.0% 75日線比+6.6%

◎為替     111.00―05(16:55)

◎東証1部出来高上位※百円未満の銘柄の省略と順位の修正をしております。
 1.りそな  <8308>  171円(+  5円)173,155千株
 2.新日鐵  <5401>  207円(+  9円) 46,040千株
 3.みずほ信託<8404>  239円(+ 12円) 31,417千株
 4.横浜銀  <8332>  481円(+ 40円) 30,955千株
 5.兼松   <8020>  190円(+ 17円) 30,329千株

◎東証1部売買代金上位                      (円)
 1.みずほ  <8411> 298千円(+ 8千円)219,104百万
 2.三井住友 <8316> 509千円(+ 9千円)127,983百万
 3.UFJ  <8307> 506千円(+17千円)108,828百万
 4.三菱東京 <8306> 810千円(+ 5千円)103,887百万
 5.りそな  <8308>  171円(+  5円) 29,610百万


◆相場概況

 外国証券の寄付前の注文状況・・・売り3050万株 買い4420万株

 本日の東京マーケットは、日経平均株価が前日比232円高の1万593円と
1万500円台を回復して取引終了です。朝方から大手銀行株に買いが入り、地
銀、保険、不動産、小売りなどの内需関連銘柄にも外人投資家を交えて機関投資
家の資金が向かっています。財務省・日銀による円売り介入観測が流れましたが、
1ドル=110円台と円高・ドル安水準での推移となっているため、値がさハイ
テク株や国際優良銘柄の一部は軟調な展開です。売買代金は概算1兆8046億
円と9月12日の1兆9098億円に次いで今年2番目の高水準です。

 業種別では、保険、不動産、証券、空運セクターの上げが顕著です。

 個別銘柄では、内需系銘柄に国内機関投資家の買いが集中し、三井不、地所、
東京建物、ダイビルなど不動産セクターが大幅に買われ、ミレアHD、損保ジャ
パン、太陽生命が一時ストップ高となるなど保険株が軒並み買われています。ジ
ャフコ、SFCGがストップ高となるなどその他金融セクターにも買いの手が入
り、これまで上値追いの大手銀行株の後を追うように横浜銀行、福岡銀行など優
良地銀株にも物色の矛先が向かっています。イトヨーカ、イオン、セブンイレブ
など小売株の上げも目立ちます。尚、充電時間を大幅に短縮でき、半永久的に使
用できる蓄電装置を開発したと報じられた日本電子はストップ高です。

 本日の新高値銘柄は、大成建設、日本粉、TOTO、住友鉱山、日本航空電子、
住商、高島屋、大丸、三菱東京、三井住友、オリックス、三井不、東京建物、ダ
イビル、三菱倉庫、西濃運輸等です。


☆スペシャル版(有料版)通信

 売買代金は今年2番目の水準に膨れ上がり、良い相場です。9月10日号にて
ご紹介の東京建物が41円高の427円、7月8日号ご紹介のダイビル(大証)
が39円高の659円と共にご紹介以来30%程度の値上がりとなってきました。
その他、「今誰も見向きもしないのが、建設。その中で、敢えて清水建設、麦わ
ら帽子は冬に買え」として何度も何度もご紹介してまいりましたが、本日は25
円高の441円と当初のご紹介水準270円前後からは60%超の上昇となって
きました。

 まだまだ他にもありますが、誰も見向きもしない時に静かに仕込み、じっとホ
ールドされてきた方、或いは既に大きく利喰われた方、本当におめでとうござい
ます。




====================================
      誠意と信頼をお届けする株式投資有料メールマガジン
====================================
            『aqua☆彡スペシャル版』

 具体的な個別銘柄情報や、一歩踏み込んだ相場観や投資手法に関する解説等
 お役立ち情報満載! 株式投資を考えているすべての方へおすすめします。

   ◆お申込み・詳細は・・・ http://www.aqua-inter.com/sp.htm ◆

―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】今日の夕刊                          **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


・9月マネタリーベースは前年比20.9%増
・外人投資家、9月第4週は24週ぶりの国内株売り越し 輸出株を処分か
・8月の新規貸出金利、過去最低水準
・4大銀に1659億円返還、銀行税訴訟で和解合意
・イオンの8月中間、冷夏響き連結経常益10%減
・「ユニクロ」の9月の既存店売上高、11.4%減
・藤三商会、民事再生法を申請
・もち米卸値、昨年の倍
・OPEC、12月の総会で追加減産も インドネシア・エネルギー相
・9の米自動車販売台数は前年比2.1%増、日本勢も引き続き好調
・テーラー米財務次官「日本のデフレは緩和し始めているようだ」
・米デジタルTV放送、不正コピー防止へ規制案



―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】主な格付け情報                        **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
 

[UFJつばさ証券](5段階評価)
 新 規 <6742> 京三製作所 「A+」500円※
 据置き <4202> ダイセル化学「A+」

[UBSW証券](3段階評価)
 据置き <4919> ミルボン「BUY」3,700円※

[ドイツ証券](3段階評価)
 据置き <4661> オリエンタルランド「HOLD」6,300円※

[大和総研](5段階評価)
 格下げ <8142> トーホー  「2」→「3」
 新 規 <8879> 東急リバブル「1」1,600円※

[野村証券](5段階評価)
 格上げ <6788> 日本トリム「3」→「2」
 据置き <7984> コクヨ  「1」
 据置き <2802> 味の素  「2」

[日興シティG証券]
 据置き <5713> 住友金属鉱山「1M]650→720円※

 上記※印は各証券会社が判断する妥当株価です。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】お金の流れ                          **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


 財務省は、円相場防衛のために為替市場に介入する際の資金枠を現行の79兆
円から最大で20兆円増額することを検討しています。今年1月から9月26日
まで間に13兆円超の資金が為替介入に投入され、累計ではすでに67兆円が為
替介入に使われていると見られています。

 一国の中央銀行の介入の影響は限定的なものにならざるをえませんが、さらに
“(介入のための)資金が枯渇しつつある”との見方が広がればそれこそ「足元
を見られてしまう」危険性があったため、資金枠の拡大が必要になってきたわけ
です。

 今回の円高は、米国の赤字拡大とともに日本の(輸出主導の)景気回復基調が
大きな要因となっており、そのことは外人投資家による日本株買いの呼び水とな
っています。また、日本が介入により保有するすることになった邦貨換算で60
兆円を超える[ドル]は主に米国国債で運用されています。つまりここで大きな
お金の流れが見えてくることになります。

 米国の赤字の一部は、日本の黒字拡大に寄与、さらに米国から投資資金も流入
して東京株式市場が活況に。そして、政府・日銀による為替介入により資金が米
国に還流、具体的には米国の債券相場を支える構図になっています。結果として
政府・日銀の動向は米国の債券市場にとって大きなインパクトを持つことになり
ます。

 「金利上昇を懸念」「金利の落ち着きを好感」などと相場解説にも登場します
ように、株式相場は金利動向と密接な関係を持っています。現に昨日のNY株式
市場では債券相場が持ち直したことが上昇の一因となっています。上記の流れを
単純化すれば、(貿易収支上)黒字超過となった日本の資金が為替介入により米
債市場に還流、米国においては債券相場の落ち着きが債券から株式への転換を容
易にし株高を演出、相対的に日本株の魅力が増し一部の資金が再度日本に流入す
るという構図になっています。



____________________________________
【5】編集後記                                  mailto:aqua@cools.com
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
どのようなときでも株式市場には強気派と弱気派がいます。それぞれに悲観(下
落)、楽観(上昇)のシナリオを胸に秘めているわけですが、株価チャートに表
れた“結果・事実”は一つしかありません。“株価チャートは絶対”などと言う
つもりはありませんが、株価チャ−トはつくづく雄弁だなと再確認する今日この
頃です。
____________________________________
   〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

< お願い >+++++++++++本誌HP: http://www.aqua-inter.com/ 

1.本メールマガジンを応援してくださる方は、ご友人・知人へのご紹介をお願
  い致します。

2.スペシャル版をお申し込み頂いた方で、当方からの返信が届かない方がいら
  っしゃいます。ご自身のメールアドレスをご確認の上、お申し込みメールの
  本文中にメールアドレスの記載をお願い致します。

3.個別銘柄に関するご相談は受けておりませんのでご遠慮お願い致します。

4.正確な情報を掲載するよう努めてはおりますが、誤字・脱字・誤記などが紛
  れ込むことを完全には防ぎきれてはおりません。お手数をお掛けして申し訳
  ありませんが、誤字・脱字・誤記などを発見された方はaquaまでご一報
  いただければ幸いです。

5.本メールマガジンや株式投資に関するご意見をお聞かせ下さい。

  全ての方に個別に返信することはできませんが、今後一層の充実した誌面作
  りに皆様のご意見を反映させていきたいと考えております。尚、頂戴したメ
  ールは当方の判断にて、情報の匿名性を確保したうえで本メールマガジンに
  体裁の変更・引用及び掲載させていただく場合がございますのでご了承くだ
  さい。

  広告に関するお問い合わせもお待ちしております。

                           mailto:aqua@cools.com 


< お約束事 >++++++++++++++++++++++++++++

◆ 最終的な投資判断はご自身の責任でお願いします。

◆ 本メールマガジンは投資判断の参考として株式投資に関する情報や話題の提
  供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。

◆ メールマガジンの内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確
  性および安全性、利用者にとっての有用性を保証するものではありません。
  当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、aquaは一切の責任
  を負いかねますのでご了承下さい。

◆ 本メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。

◆ 本メールマガジンは、皆様ご自身の任意の申し込みにより各配信元(メルマ
  ガスタンド)から配信されております。従いまして、本メールマガジンの配
  信登録の解除及び配信先変更手続きは、ご登録の際と同様に、皆様ご自身に
  てお願い致します。

◎ 配信元(メルマガスタンド)一覧◎ http://www.aqua-inter.com/subs.htm 


◎ 本メールマガジンご紹介◎ http://www.aqua-inter.com/mag.htm 


注)このメルマガは固定ピッチフォントでの閲覧を想定してます。フォント設定
  を「MS ゴシック」等としていただければ綺麗にご覧いただけます。

                              ※本文終わり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。