ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 03/09/26 夕刊

2003/09/26

━━━  これまで株でうまくいかない方・ビギナーの方へ毎週お届け  ━━━

       a┃q┃u┃a┃☆┃ス┃ペ┃シ┃ャ┃ル┃版┃
       ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 「いつ、どの銘柄を買えばいいの?」「現在の相場をどう見ればいいの?」
       独自の観点でaquaがやさしく解説します。
         株価チャート活用の仕方も随時掲載中!

■■■ お申込み・詳細は・・・ http://www.aqua-inter.com/sp.htm  ■■■


株式投資のPARTNER ━━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎       03/09/26 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・・


こんばんは、aquaです。

 何事かが新しく創り出される時期というのは、ダイナミック(躍動的)で情熱
的で、多くのタレント(才能)が集まり脚光を浴びるものです。戦国時代や明治
維新の頃などもそうであり、久原房之介の下に集まった技術者達と日立創業の頃、
松下幸之助と井植歳男がソケットを作っていた松下電器創業の頃などもそうかと
思います。

 日本においてパソコン時代が到来する直前の時期もまたそういった時期だった
かと思います。日本のパソコン史においては、西氏と孫正義氏は“天才”と“神
童”と並び称されますが、西和彦氏が立ち上げたアスキーはマイクロソフト社の
販売代理店であった時期、一時はマイクロソフト社の売上げの4割を占め、西氏
は米マイクロソフトの副社長でもありました。結局、西氏とゲイツ氏は袂を分か
つことになるわけですが、当時のマイクロソフト社はある意味、西氏とゲイツ氏
の二人三脚であったようです。その後、ゲイツ氏は孫氏と連携することになりま
す。

 西和彦氏と孫正義氏という全くタイプの違う二人を題材にした本がいくつか出
版されていますが、二人の行動力、そして目指した方向性や歩んだ道の違いなど
は大変興味深いものがあります。

 創業当時のアスキーには、現インプレス社長の塚本氏やコンサルタント会社を
興した郡司氏などの他に、古川氏や成毛氏などがいました。先日、マイクロソフ
ト社の副社長として「TRON(トロン)」との提携の記者会見に臨んだ古川氏
は、マイクロコンピューター好きの学生の一人に過ぎなかった頃に西氏に見出さ
れています。その後、西氏と袂を分かちマイクロソフトの日本法人を立ち上げる
際、ゲイツ氏がアスキーから引く抜いたのが古川氏や成毛氏などの面々です。

 目の前で起こっている様々な事象には、当然様々な経緯(いきさつ)がありま
すが、そういったことを踏まえて改めて見てみるとさらにおもしろく感じられま
す。



………………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ mailto:aqua@cools.com ]
………………………………………………………………………………………………

 1.今日の相場
 2.今日の夕刊
 3.主な格付け情報
 4.すぐに役立つ相場格言
 5.編集後記




―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                          **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

◎日経平均  10318.44(+  8.40)△0.08%
◎TOPIX  1021.06(+  3.67)△0.36%

◎売買高概算  11億2678万株
◎売買代金概算  1兆0408億円

◎値上り銘柄数  681   ◎(年初来)新高値 24
◎値下り銘柄数  712   ◎(年初来)新安値  3
◎変わらず    125

◎サイコロ(日経平均) 7勝5敗 ○●●○○○○●●○●○

◎カイリ率(日経平均)25日線比−2.5% 75日線比+4.7%

◎為替     112.10―15(16:18)

◎東証1部出来高上位※百円未満の銘柄の省略と順位の修正をしております。
 1.りそな  <8308>  154円(+  3円) 99,181千株
 2.新日鐵  <5401>  202円(+  6円) 32,865千株
 3.いすゞ  <7202>  184円(+ 10円) 24,010千株
 4.三井住友建<1821>  119円(+  2円) 19,528千株
 5.東芝   <6502>  482円(+ 30円) 17,701千株

◎東証1部売買代金上位                      (円)
 1.みずほ  <8411> 227千円(+17千円) 85,989百万
 2.UFJ  <8307> 430千円(+19千円) 58,273百万
 3.三井住友 <8316> 452千円(+21千円) 45,451百万
 4.武田薬  <4502> 4040円(−220円) 36,879百万
 5.ソフトBK<9984> 4550円(+230円) 31,342百万


◆相場概況

 外国証券の寄付前の注文状況・・・売り3730万株、買い2760万株

 本日の東京マーケットは、日経平均株価が小幅上昇し、前日比8円高の1万3
18円で取引終了です。昨晩のNY株式が下落したことを嫌気して朝方は売り先
行で始まりましたが、下値での押し目買い意欲は強く、下値を売り込む動きも見
られないことから昼からは上げに転じました。今週は円高加速をきっかけに急ピ
ッチの下げが続いていたため、値ごろ感からの押し目買いや売り方の買い戻しな
どが入り、昼から大手銀行株が上げに転じたことがマーケット全体の買い安心感
を誘っています。来週は年度下期入りで国内機関投資家の買いが膨らみそうな上、
10月1日の日銀の企業短期経済観測調査(短観)で国内景気の回復基調が改め
て確認されるとの思惑も追い風になっています。ただ、9月中間期末を控え、ま
た週末ということもあり積極的な売買は見送られています。売買代金は概算1兆
408億円です。

 業種別では、銀行、証券、電気、鉄鋼セクターの上げが目立ちます。

 個別銘柄では、本日早朝北海道東部で強い地震がありましたが、北海道電力や
札幌北洋HD、北海道銀行などは軟調な展開となっている中、北海道基盤の建機
レンタル最大手カナモトが急騰し、同じく北海道基盤の建機レンタルの共成レン
テムが急動意してきています。三菱東京、UFJ、三井住友など大手銀行株が上
げに転じ、日立、東芝、富士通などハイテク銘柄に買い戻しが先行しています。
昨日1対2の株式分割をしたバンダイが、これまでの5000円を超えていた株
価が約半値に下がったことで個人投資家の買いやすさが強まったことや業績の上
方修正見通しを好感して大幅高、ソフトバンクは5日ぶりの反発上昇です。

 本日の新高値銘柄は、日本電設、日揮、秀英、ドウシシャ、バンダイ、パルコ、
コナミ等です。



====================================
      誠意と信頼をお届けする株式投資有料メールマガジン
====================================
            『aqua☆彡スペシャル版』

 具体的な個別銘柄情報や、一歩踏み込んだ相場観や投資手法に関する解説等
 お役立ち情報満載! 株式投資を考えているすべての方へおすすめします。

   ◆お申込み・詳細は・・・ http://www.aqua-inter.com/sp.htm ◆

―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】今日の夕刊                          **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


・首相所信表明演説、日本再生へ改革推進
・9月第3週の主体別動向、外国人の買いが再び増加
・4―6月期年金市場運用利回り6.25% 5四半期ぶりのプラス利回り
・内閣府、名目0.1%成長に見通し改定へ
・日銀総裁「量的緩和、絶対に堅持する」
・8月の小売業販売額、29カ月連続減少
・9月の都区部消費者物価、4年連続のマイナス
・松下電工・クボタ、外装建材事業を松下電工外装に統合
・アドバンテスト、今期連結純利益を上方修正
・エプソン、今期連結純利益を上方修正
・三菱マ、中間連結経常益を下方修正
・住友化、通期連結最終益330億円に下方修正
・日電施設、9月中間期予想を大幅上方修正
・東急、東急観光の完全子会社化を正式発表
・東京ゲームショウ開幕、過去最多の111社が出展
・生コン関西最大手、北浦商事が民事再生法を申請
・ノキア、第3世代携帯電話を強化
・米上院、3680億ドルの国防予算案を可決



―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】主な格付け情報                        **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
 

[ドイツ証券](3段階評価)
 据置き <4205> 日本ゼオン「BUY」900→1,000円※

[リーマンB証券](3段階評価)
 据置き <7201> 日産自動車「OVERWEIGHT」1,450→1,600円※

[UBSW証券](3段階評価)
 据置き <3402> 東レ    「BUY」      520円※
 据置き <4535> 大正製薬  「REDUCE」 1,400円※
 据置き <4774> NECソフト「NEUTRAL」3,550円※
 据置き <5016> 新日鉱HD 「BUY」     350円※

[ゴールドマンS証券](3段階評価)
 格下げ <4502> 武田薬品「OP」→「IL」

[野村證券](5段階評価)
 格下げ <4502> 武田薬品 「2」→「3」
 新 規 <6724> セイコーエプソン「3」
 据置き <4813> ACCESS  「2」
 据置き <5332> TOTO    「2」
 据置き <6855> 日本電子材料  「2」
 据置き <7545> 西松屋チェーン 「2」

 上記※印は各証券会社が判断する妥当株価です。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】すぐに役立つ相場格言                    **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


 『相場は変幻自在である。潮流の急変、転換点に注目せよ』 

  固定観や拘りがあっては何も見えません。 

 ---------------- 
 
 『相場の本流に就け』 
 
  相場は本流につくのが常道。

 ---------------- 

 『相場は幾多の経験と反省、研究に裏付けされた
           信念に基づく孤独と忍耐の哲学である』

 「万人東に走れど一人西に向かう」「人の行く裏に道あり花の山」
 「麦藁帽子は冬に買え」「蕾は寒気に堪えつつふくらむ」

 ---------------- 

 『相場は自己自身の主観との斗いである』 

  単なる後追い主義、盲従主義では迷いのみが多くなります。結果は自己の責
  任と甘受しなければなりません。

 ----------------

 『相場は活物である』 

  獅子は眠れる内にうなぎは動き出す前につかまえること。

 ---------------- 
 
 『相場は自然循環の論理である』 

  小回り三ヵ月大回り三年、ひと相場七十五日とも言われます。周期的波動に
  注目して見るのも方策です。生死盛衰再生は自然の法理。

 ---------------- 
 
 『相場は冷酷無残な吸血鬼である反面、妖しき魅力豊かな魔女でもある』 

  相場を決して侮ってはいけません。「慢は損を招き謙は得を受く」

 ---------------- 
 
 『相場は過去、現在の姿より未来の夢と
          可能性を追求して止まない将来哲学である』

  資産価値も重要ですが、技術開発には夢があります。「泰山も座して喰えば
  後三年」

 ----------------

 『不断の研究を基に不安に挑戦し、決して好況に安住する勿れ』

 「リスクなくして利得なし」
 「玄人は不安を覚悟して進み、素人は安全を確知してようやく歩む」 



____________________________________
【5】編集後記                                  mailto:aqua@cools.com
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
年初に行われた建設関係のある賀詞交歓会に出席したある政治家が今年は高い確
率で大地震が起きると挨拶してたことが以前話題になっていました。政府の地震
調査委員会は今年3月に、今後30年間に十勝沖で大きな地震が起こる可能性は
60%の確率と発表しています。本日早朝の北海道でのM8の地震がそれなのか
どうかは分かりませんが、最近は地震に関する記事やテレビ番組を目にすること
が非常に多くなっています。先ほど富士山では噴煙が確認されたとのこと(気象
庁は噴火に直結するものではないとコメント)。否が応でも東海あるいは関東地
区での大地震の発生を意識せざるを得ません。
____________________________________
   〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

< お願い >+++++++++++本誌HP: http://www.aqua-inter.com/ 

1.本メールマガジンを応援してくださる方は、ご友人・知人へのご紹介をお願
  い致します。

2.スペシャル版をお申し込み頂いた方で、当方からの返信が届かない方がいら
  っしゃいます。ご自身のメールアドレスをご確認の上、お申し込みメールの
  本文中にメールアドレスの記載をお願い致します。

3.個別銘柄に関するご相談は受けておりませんのでご遠慮お願い致します。

4.正確な情報を掲載するよう努めてはおりますが、誤字・脱字・誤記などが紛
  れ込むことを完全には防ぎきれてはおりません。お手数をお掛けして申し訳
  ありませんが、誤字・脱字・誤記などを発見された方はaquaまでご一報
  いただければ幸いです。

5.本メールマガジンや株式投資に関するご意見をお聞かせ下さい。

  全ての方に個別に返信することはできませんが、今後一層の充実した誌面作
  りに皆様のご意見を反映させていきたいと考えております。尚、頂戴したメ
  ールは当方の判断にて、情報の匿名性を確保したうえで本メールマガジンに
  体裁の変更・引用及び掲載させていただく場合がございますのでご了承くだ
  さい。

  広告に関するお問い合わせもお待ちしております。

                           mailto:aqua@cools.com 


< お約束事 >++++++++++++++++++++++++++++

◆ 最終的な投資判断はご自身の責任でお願いします。

◆ 本メールマガジンは投資判断の参考として株式投資に関する情報や話題の提
  供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。

◆ メールマガジンの内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確
  性および安全性、利用者にとっての有用性を保証するものではありません。
  当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、aquaは一切の責任
  を負いかねますのでご了承下さい。

◆ 本メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。

◆ 本メールマガジンは、皆様ご自身の任意の申し込みにより各配信元(メルマ
  ガスタンド)から配信されております。従いまして、本メールマガジンの配
  信登録の解除及び配信先変更手続きは、ご登録の際と同様に、皆様ご自身に
  てお願い致します。

◎ 配信元(メルマガスタンド)一覧◎ http://www.aqua-inter.com/subs.htm 


◎ 本メールマガジンご紹介◎ http://www.aqua-inter.com/mag.htm 


注)このメルマガは固定ピッチフォントでの閲覧を想定してます。フォント設定
  を「MS ゴシック」等としていただければ綺麗にご覧いただけます。

                              ※本文終わり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。