ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 03/09/09 夕刊

2003/09/09

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ┏━━━━━━━━━━━━┓
 ┃aqua☆彡スペシャル版┃  〜 なるほど! 〜
 ┗━━━━━━━━━━━━┛     

                http://www.aqua-inter.com/sp.htm (詳細)
                ――――――――――――――――――――


株式投資のPARTNER ━━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎       03/09/09 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・・


こんばんは、aquaです。

 海の幸、山の幸、そろそろ秋の味覚が気になる頃です。

 秋の味覚といえばサンマを思い浮かべる人が多いかと思いますが、今年は例年
になく大漁で、すでにスーパーでは脂が乗って大型で安い秋刀魚が買い物客を誘
っています。サンマの他に戻りガツオも豊漁で、マサバやマアジなども豊漁が期
待できるとのこと。今年は海の幸を堪能できそうです。

 一方、今年の夏は今日のような暑い日が少なかったせいで、全般的に果物など
の生育にはかなり影響しているようです。果物が天候の悪影響を受けたのに対し、
シイタケやシメジなどのキノコ類は好調です。湿度が高い日が続いたおかげで、
特にマツタケは歯ざわりも香りも良く、出荷量も前年の倍以上になっています。
今年も山の幸を楽しめそうです。


 「初物を頂くときは東を向いて笑う」。そうすれば“寿命が延びる”“無病息
災”、あるいは“福が来る”という言い伝えがありますが、身近な人で実際にや
っている人を知りません。昔、実際にやってみた際に、しまいには大笑いになっ
てしまったことがあります。秋の味覚の初物で笑う機会がたくさんあるといいの
ですが、今年もどこかのタイミンングで皆でやってみたいものです。

 「笑う門には福来たる」。たぶんこれは本当のことだと思います。



………………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ mailto:aqua@cools.com ]
………………………………………………………………………………………………

 1.今日の相場
 2.今日の夕刊
 3.主な格付け情報
 4.金融政策2
 5.編集後記




―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                          **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

◎日経平均  10922.04(+238.28)△2.23%
◎TOPIX  1045.71(+ 17.77)△1.73%

◎売買高概算  14億5728万株
◎売買代金概算  1兆2977億円

◎値上り銘柄数 1033   ◎(年初来)新高値 126
◎値下り銘柄数  367   ◎(年初来)新安値   0
◎変わらず    127

◎サイコロ(日経平均) 8勝4敗 ●○●●○○○○●○○○

◎カイリ率(日経平均)25日線比+7.4% 75日線比+14.5%

◎為替     116.65―68(15:56)

◎東証1部出来高上位※100円未満の銘柄の除外と順位の修正をしています。
 1.新日鐵  <5401>  214円(+  6円) 83,379千株
 2.住金   <5405>  106円(+  4円) 52,743千株
 3.神戸鋼  <5406>  140円(+  5円) 28,896千株
 4.ソフトBK<9984> 4360円(+ 60円) 22,718千株
 5.レナウン <8021>  141円(+ 13円) 20,135千株

◎東証1部売買代金上位                      (円)
 1.ソフトBK<9984> 4360円(+ 60円) 99,050百万
 2.ソニー  <6758> 4370円(+170円) 74,103百万
 3.三井住友 <8316> 450千円(+ 8千円) 47,799百万
 4.ドコモ  <9437> 288千円(+ 7千円) 36,587百万
 5.ブリヂスト<5108> 1619円(− 44円) 28,896百万


◆相場概況

 本日の東京マーケットは、日経平均株価が大幅高となり、前日比238円高の
1万922円と年初来高値を更新して取引終了です。昨晩のNYマーケットでナ
スダック指数が年初来高値を更新したほか、IBMが一段高になったことが日本
のハイテク株にも買い安心感を誘い、寄り付きからハイテク・半導体関連株を中
心に買いが先行、大手銀グループも徐々に値を上げたことで幅広い業種・銘柄に
買いが波及しました。景況感の改善で物色意欲が旺盛なことに加え、米大手証券
モルガン・スタンレーが8日付(米国時間)で「日本株を市場平均より買い増す
べきだ」とのリポートを出して海外投資家の買いを呼び込んでいます。売買代金
は概算1兆2977億円と7日連続で1兆円を上回っています。

 業種別では、不動産、空運、非鉄、証券、鉄鋼セクターの上げが目立ちます。

 個別銘柄では、業績見通しを上方修正した新日鉄が大商いで急伸し、同じく業
績見通しを上方修正した住金、日新鋼が一段高、三菱東京、JFJ、三井住友な
どの銀行株も買われ、東エレク、アドバンテスト、キャノンなどの値ガサ系半導
体関連銘柄が軒並み買われています。東レ、三菱レ、旭化成など繊維セクターの
一角が年初来の高値を更新し、世界最大級のコンテナ船4隻を受注したことを手
掛かりに石川島が物色され、その川崎汽船も新高値更新です。NTTドコモやト
ヨタなど時価総額上位銘柄も上げています。サミーが年間配当を70円予想から
80円に増配したことを好感し物色されています。

 本日の新高値銘柄は、大林組、日本粉、明菓、三越、東レ、太平洋セメ、三菱
電、ヤマハ発、大丸、中国銀、川崎汽船等です。




――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃      〜 風に乗れ 風をつかめ 〜
 ┗━━━━┛     

                      『aqua☆彡スペシャル版』
                    http://www.aqua-inter.com/sp.htm


―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】今日の夕刊                          **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


・長期金利上昇、一時1.555%に
・財務省、新発5年物国債の表面利率を0.8%に 2年7ヶ月ぶりの水準
・みずほコーポ銀、長プラ0.35%引き上げ
・7月の機械受注、3.1%減と3カ月ぶり減少
・神戸製鋼所、鋼材価格上昇などで中間業績上方修正 中間配は見送り
・新日鉄、中間見通しを上方修正 爆発事故影響は織り込まず 中間配は見送り
・住友金属、アジア輸出伸び中間純利益上方修正 中間配は見送り
・日新鋼、9月中間期2円配当を実施
・スカイマーク、45億円の第三者割当増資
・ファーストリテ、米アパレルのセオリーの経営権取得へ
・マツダ、米国で販売のRX−8を馬力過大表示で自主的に買い戻し通知
・概算要求、地方向け補助金7%増の18兆6823億円
・百歳以上が2万人突破、5年で倍増 過去40年で約134倍に
・天候不順、穀物など一次産品の国際価格上昇
・「座頭市」、米での配給権が争奪戦
・イラク復興追加予算で米財政赤字が拡大 GDP比率は過去最大
・米インテル、低コストの3G携帯電話用新型半導体を9日に発表



―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】主な格付け情報                        **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
 

[ゴールドマンS証券](3段階評価)
 格上げ <7731> ニコン「U」→「IL」
 据置き <4185> JSR「OP」
 据置き <4183> 三井化学「OP」
 据置き <6764> 三洋電機「IL」
 据置き <1951> 協和エクシオ「U」

[モルガンS証券](3段階評価)
 格下げ <4507> 塩野義製薬 「OVERWEIGHT」→「EQUAL-WEIGHT」2,000円※
 格下げ <4528> 小野薬品工業「EQUAL-WEIGHT」→「UNDERWEIGHT」

[メリルリンチ証券](3段階評価)
 据置き <4511> 藤沢薬品工業「1」3,600円※

[UBSW証券](3段階評価)
 格下げ <3401> 帝人 「NEUTRAL」→「REDUCE」270円※
 据置き <5411> JFE「BUY」3,000→3,200円※

[HSBC証券](3段階評価)
 新 規 <6751> 日本無線「BUY」

[三菱証券](5段階評価)
 格上げ <7272> ヤマハ発動機「B」→「A」1,100→1,600円※

 上記※印は各証券会社が判断する妥当株価です。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】金融政策2                          **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


 日銀の主な役割は景気や物価の安定であり、そのための金融政策を大きく分類
しますと「金利の調節」「お金の量の調節」の二つになります。現在は後者の政
策(量的緩和)に主眼が置かれています。

 通貨供給量(マネーサプライ)は日銀が“直接的”にコントロールできるもの
ではありません。低金利政策も限界に近く、そもそも金融機関が貸し渋りに追い
込まれている現状では、マネーサプライの増加自体が難しく、その効果も容易に
は現れてきません。

 そこで、日銀が直接コントロールできる度合いが高いマネタリーベースが操作
目標として金融調節が行われます。マネタリーベースとは「中央銀行が供給する
通貨」のことを意味し、マネーサプライには含まれない日銀当座預金や金融部門
の保有現金を含んでいます。つまり、マネーサプライは信用創造によって生み出
され経済に流通しているお金の量を示すのに対し、マネタリーベースは信用創造
の基となるお金の量を示しています。

 マネタリーベースの具体的な調節手段は日銀券(お札)の発行増と、日銀当座
預金残高枠の拡大などです。金融機関が日銀に保有している当座預金には金利が
つかないため、金融機関は余分な資金を貸し出しや投資に回わす可能性が高くな
ります。その効果としてマネーサプライ(通貨供給量)の増加、デフレからの脱
却などが期待され、最終的には消費者や企業の懐具合に反映され経済が活性化さ
れることを狙っているわけです。

 ちなみに、1980年代後半のバブル期におけるマネタリーベースの伸び率は
10%そこそこであったのに対し、8月のマネタリーベースの前年比伸び率は、
勢いは鈍ったものの3ヶ月連続で20%増となっており、郵政公社の増加分を差
し引いた実質値でも15%増の高水準が続いています。

 このように、日銀は資金(経済の血液)をジャブジャブ供給しているのですが、
不良債権問題や資金需要の低迷などの“経済の動脈硬化”が解消されないため、
実態経済や景気に対する効果がはっきりとわかる形で現れていないのが現状です。
ただし、好転を思わせる経済指標も散見されますので、総合的に見ていくことが
必要かと思われます。



____________________________________
【5】編集後記                                  mailto:aqua@cools.com
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
上記にもありますように、MSCI全世界株式指数における日本株の比重を9%
から11%に引き上げたモルガンスタンレーのレポートが注目されました。レポ
ートでは、改革進展が見込まれれば年内にTOPIXの1400ポイントもあり
得るとしています。ただそれ以前に、昨日のローソク足の型が完全な形ではない
もののいわゆる「押さえ込み線」に準じた形になったことが気になっていました。
「押さえ込みは翌日上放れの前提なり、買いを可とす」その通りの展開です。
____________________________________
   〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

< お願い >+++++++++++本誌HP: http://www.aqua-inter.com/ 

1.本メールマガジンを応援してくださる方は、ご友人・知人へのご紹介をお願
  い致します。

2.スペシャル版をお申し込み頂いた方で、当方からの返信が届かない方がいら
  っしゃいます。ご自身のメールアドレスをご確認の上、お申し込みメールの
  本文中にメールアドレスの記載をお願い致します。

3.個別銘柄に関するご相談は受けておりませんのでご遠慮お願い致します。

4.正確な情報を掲載するよう努めてはおりますが、誤字・脱字・誤記などが紛
  れ込むことを完全には防ぎきれてはおりません。お手数をお掛けして申し訳
  ありませんが、誤字・脱字・誤記などを発見された方はaquaまでご一報
  いただければ幸いです。

5.本メールマガジンや株式投資に関するご意見をお聞かせ下さい。

  全ての方に個別に返信することはできませんが、今後一層の充実した誌面作
  りに皆様のご意見を反映させていきたいと考えております。尚、頂戴したメ
  ールは当方の判断にて、情報の匿名性を確保したうえで本メールマガジンに
  体裁の変更・引用及び掲載させていただく場合がございますのでご了承くだ
  さい。

  広告に関するお問い合わせもお待ちしております。

                           mailto:aqua@cools.com 


< お約束事 >++++++++++++++++++++++++++++

◆ 最終的な投資判断はご自身の責任でお願いします。

◆ 本メールマガジンは投資判断の参考として株式投資に関する情報や話題の提
  供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。

◆ メールマガジンの内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確
  性および安全性、利用者にとっての有用性を保証するものではありません。
  当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、aquaは一切の責任
  を負いかねますのでご了承下さい。

◆ 本メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。

◆ 本メールマガジンは、皆様ご自身の任意の申し込みにより各配信元(メルマ
  ガスタンド)から配信されております。従いまして、本メールマガジンの配
  信登録の解除及び配信先変更手続きは、ご登録の際と同様に、皆様ご自身に
  てお願い致します。

◎ 配信元(メルマガスタンド)一覧◎ http://www.aqua-inter.com/subs.htm 


◎ 本メールマガジンご紹介◎ http://www.aqua-inter.com/mag.htm 


注)このメルマガは固定ピッチフォントでの閲覧を想定してます。フォント設定
  を「MS ゴシック」等としていただければ綺麗にご覧いただけます。

                              ※本文終わり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。