ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 03/09/05 夕刊

2003/09/05

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃       〜 静中に動あり 〜
 ┗━━━━┛     
                      『aqua☆彡スペシャル版』
                    http://www.aqua-inter.com/sp.htm
                    ――――――――――――――――

株式投資のPARTNER
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/
□■
■□    女性のための株式投資        2003/09/05 夕刊 vol.1493
□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


こんばんは、aquaです。

 西日本では厳しい残暑が続いているようですが、やはり30度を超えたものの
関東地方では初秋を感じさせるさわやかな陽気となりました。

 ほんの1週間前が8月だったことが嘘のように、すっかり秋めいてきたように
感じます。本日の開店に合わせ、ルイ・ヴィトン六本木ヒルズ店の前に徹夜で並
んだ人達もいくらかは過ごしやすかったのではないかと思います。

 ルイ・ヴィトンに限ったことではありませんが、これだけ模造品が氾濫する世
の中で(それ故ということもありますが)、揺るぎないブランド価値、本物の価
値を維持していることに敬服します。

 1932年からオイルライターの製造を続けている米ジッポー社では先日、生
産数が累計4億個に達しました。オイルライターなどはどこにでもジッポーの類
似品があるような気がしますが、やはり本物のみが持つ“輝き”のようなものが
あるのでしょう。70年以上も同じ仕様の商品を作り続け、それがまた人を惹き
つけるということは、同社のモノ造りへの信頼の賜物なのかもしれません。

 企業規模の大小を問わず、モノ造りへの“こだわり”が感じられる商品という
のはやはり魅力的です。




………………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ mailto:aqua@cools.com ]
………………………………………………………………………………………………

 1.今日の相場
 2.今日の夕刊
 3.主な格付け情報
 4.証券会社の参考銘柄の抽出条件
 5.編集後記




―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                          **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

◎日経平均  10650.77(+  3.82)△0.04%
◎TOPIX  1026.21(−  4.02)▼0.39%

◎売買高概算  11億7014万株
◎売買代金概算  1兆1353億円

◎値上り銘柄数  564   ◎(年初来)新高値 63
◎値下り銘柄数  841   ◎(年初来)新安値  2
◎変わらず    121

◎サイコロ(日経平均) 7勝5敗 ○●●○●●○○○○●○

◎カイリ率(日経平均)25日線比+5.9% 75日線比+12.4%

◎為替     116.89―94(16:20)

◎東証1部出来高上位
 1.新日鐵  <5401>  207円(−  6円) 49,983千株
 2.りそな  <8308>  102円(+  2円) 28,109千株
 3.住金   <5405>  101円(−  2円) 23,807千株
 4.富士通  <6702>  568円(− 18円) 16,713千株
 5.三菱重工 <7011>  359円(+  3円) 15,832千株

◎東証1部売買代金上位                      (円)
 1.三井住友 <8316> 422千円(−22千円) 54,700百万
 2.トヨタ  <7203> 3480円(+ 40円) 45,044百万
 3.みずほ  <8411> 164千円(− 3千円) 43,956百万
 4.ソフトBK<9984> 3950円(− 20円) 43,783百万
 5.UFJ  <8307> 349千円(− 7千円) 41,590百万


◆相場概況

 外国証券の寄付前の注文状況・・・売り4370万株 買い3010万株

 本日の東京マーケットは、小幅ながら上昇し、前日比3円高の10650円で
取引終了です。朝方はNY株高や米国インテルが7―9月期の収益予想を上方修
正したことを受けて値ガサ系半導体銘柄が買われるなど高く始まりましたが、最
近の急激な上げによる高値警戒感や週末ということもあり見送りムードが強く、
引けにかけては伸び悩んでいます。鉄鋼株や一部のハイテク株などが利食い売り
に押されたほか、銀行株が軟調に推移したため、一時はマイナスに転じる局面も
ありましたが、下値では押し目買い意欲も強く、再び切り返しています。売買代
金は概算1兆1353億円です。

 業種別では、鉱業、石油・石炭、空運、輸送用機器セクターの上げが目立ちま
す。

 個別銘柄では、米国市場での販売好調をはやしてトヨタ、日産自が新高値を更
新するなど自動車株が買われ、その他自動車部品関連銘柄が堅調です。小型旅客
機用エンジン部品の増産をすると報じられた石川島が大幅高、100%子会社の
マイトリップ・ネットの全株式を楽天に全株売却することで業績上方修正となる
ことが好感されて日立造船が買われています。また、その楽天も報道を好感して
買われています。円高や景気回復に伴う旅客数回復期待と出遅れ感からJALが
しっかりで新高値更新、UBS証券のレーティング引き上げを手掛かりにヤマハ
発が新高値更新です。

 本日の新高値銘柄は、日本粉、豊田織機、ブラザー、日産自、トヨタ、スズキ、
ヤマハ発、JAL等です。




◇――――――――――――――――――――――――――――――――――◇

            成功する株式投資への必読版
                   ┏━――――――――――――━┓
                   ┃ aqua☆彡スペシャル版 ┃
                   ┗━――――――――――――━┛
   ◆ お申込み・詳細は→ http://www.aqua-inter.com/sp.htm  ◆



―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】今日の夕刊                          **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


・7月景気一致指数は77.8%、3カ月連続50%超え
・7月の全世帯消費支出、実質3.9%減
・8月の銀行貸出金残高、前年同月比4.8%減少
・8月の携帯電話純増数、auが再び首位に
・富士火災、保有株式700億円を今期中に売却へ
・トヨタ、一部ラインの残業停止へ 新日鐵向上火災の影響で事実上の減産
・ローランド、イタリアの製造子会社をTOBで完全子会社化
・コメ卸値急騰、古米にも波及 1ヶ月で2―4割高
・文科相、幼稚園と高校で公設民営方式を検討
・「南証券」30億円横領、手配の元社長を逮捕
・南極上空に大オゾンホール 過去最大に迫る勢い 気象庁
・ブラジル国営石油、大型天然ガス田発見
・西ナイル・ウイルスによる死者、米コロラド州で増加
・米政府、新ラウンド農業分野で日本に譲歩迫る
・世界のパソコン出荷予測を8.4%増に上方修正 米調査会社
・世界の携帯電話販売、04年は8%成長 米調査会社
・台湾積体電路製造(TSMC)、7─9月出荷見通しを上方修正



―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】主な格付け情報                        **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
 

[UFJつばさ証券](5段階評価)
 据置き <2593> 伊藤園「A+」5,100円※

[CSFB証券]
 格下げ <1878> 大東建託「NEUTRAL」→「UNDERWEIGHT」2,700円※

[ゴールドマンS証券]
 据置き <1947> 日本コムシス「U」
 据置き <8515> アイフル「OP」
 据置き <7974> 任天堂「OP」

[UBSW証券]
  据置き <7912> 大日本印刷「BUY」1,620→1,900円※

[大和総研]
 据置き <2802> 味の素「1」1,300円※
 
[日興シティG証券]
 格上げ <6730> アクセル 「3H」→「2H」62万→67万円※
 格上げ <9070> トナミ運輸「3H」→「1H」275→360円※
 格上げ <9075> 福山通運 「3H」→「2H」355→440円※
 格上げ <9076> 西濃運輸 「2H」→「1H」720→940円※

 上記※印は各証券会社が判断する妥当株価です。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】証券会社の参考銘柄の抽出条件                 **
―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


 9月相場は下げることの多いNY株式市場では、予想以上の底堅い展開に今年
は陽線(月初よりも月末が高い)となることへの期待が高まっています。

(予断ですが、ブッシュ大統領は、2年前に同時テロ事件が起こった9月11日
を「愛国の日」とすることを決定。相応の警戒態勢が敷かれるとは思いますが休
日扱いとはしないそうです。)

 東京株式市場におきましても、過去6年間陰線(月初よりも月末が安い)が続
いてきましたが、今年は例年恒例のごとく言われ続けてきた“解消売りへの懸念”
が聞かれなくなってきました。持ち合い解消や代行返上の進展などから需給関係
が好転、4月以降の反騰相場を「歴史的な転換点」とする見方が増えています。

 リストラの進展・生産性の向上で、2003年3月期における企業の損益分岐
点売上高は大幅に改善(日経)、2004年度の金融を除く主要企業300社の
連結経常益も15.2%増を見込める(大和総研)状況となっています。9月中
間期における冷夏の影響が心配されるものの、株高、中国関連事業の伸長、米国
の景気回復などがマイナス要因を補うことが期待されています。

 このような状況を踏まえ大和総研では、株価が500円未満で尚且つ時価総額
200億円以上の銘柄(金融を除く)を対象に、今期予想と来期予想の営業増益
率がともに2桁以上の伸びとなっており、来期予想PERが20倍未満という条
件でスクリーニング、業績が大きく好転し物色されやすい銘柄として紹介してい
ます。

 一方、ドイツ証券では拡大する米国の赤字と期待先行のNY株式市場を懸念し
つつも相対的な日本株の魅力は高まるとの見方を示し、売上げに占める海外比率
が20%未満、外人持株比率が低い内需株をスクリーニングし紹介しています。


※「スクリーニング」
 “ふるいわけ”“適格審査”といった意味で、ある条件にあった銘柄を探すこ
  とを言います。




____________________________________
【5】編集後記                                  mailto:aqua@cools.com
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
先日発表された8月の米国内自動車販売台数で、トヨタ自動車がクライスラーを
抜き、ビッグ3の牙城をはじめて崩しました。クライスラーは独ダイムラーに、
ビッグ3の一角には日本メーカーが・・・、米国民の国民感情も気になるところ
ですが、今後もトヨタはクライスラーの上位を維持し、新しいビッグ3として定
着するのではないかとの見方もあるようです。
____________________________________
   〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


< お願い >+++++++++++本誌HP: http://www.aqua-inter.com/

1.本メールマガジンを応援してくださる方は、ご友人・知人へのご紹介をお願
  い致します。

2.スペシャル版をお申し込み頂いた方で、当方からの返信が届かない方がいら
  っしゃいます。ご自身のメールアドレスをご確認の上、お申し込みメールの
  本文中にメールアドレスの記載をお願い致します。

3.個別銘柄に関するご相談は受けておりませんのでご遠慮お願い致します。

4.正確な情報を掲載するよう努めてはおりますが、誤字・脱字・誤記などが紛
  れ込むことを完全には防ぎきれてはおりません。お手数をお掛けして申し訳
  ありませんが、誤字・脱字・誤記などを発見された方はaquaまでご一報
  いただければ幸いです。

5.本メールマガジンや株式投資に関するご意見をお聞かせ下さい。

  全ての方に個別に返信することはできませんが、今後一層の充実した誌面作
  りに皆様のご意見を反映させていきたいと考えております。尚、頂戴したメ
  ールは当方の判断にて、情報の匿名性を確保したうえで本メールマガジンに
  体裁の変更・引用及び掲載させていただく場合がございますのでご了承くだ
  さい。

  広告に関するお問い合わせもお待ちしております。

                           mailto:aqua@cools.com


< お約束事 >++++++++++++++++++++++++++++

◆ 最終的な投資判断はご自身の責任でお願いします。

◆ 本メールマガジンは投資判断の参考として株式投資に関する情報や話題の提
  供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。

◆ メールマガジンの内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確
  性および安全性、利用者にとっての有用性を保証するものではありません。
  当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、aquaは一切の責任
  を負いかねますのでご了承下さい。

◆ 本メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。

◆ 本メールマガジンは、皆様ご自身の任意の申し込みにより各配信元(メルマ
  ガスタンド)から配信されております。従いまして、本メールマガジンの配
  信登録の解除及び配信先変更手続きは、ご登録の際と同様に、皆様ご自身に
  てお願い致します。

◎ 配信元(メルマガスタンド)一覧◎ http://www.aqua-inter.com/subs.htm


◎ 本メールマガジンご紹介◎ http://www.aqua-inter.com/mag.htm


注)このメルマガは固定ピッチフォントでの閲覧を想定してます。フォント設定
  を「MS ゴシック」等としていただければ綺麗にご覧いただけます。

                              ※本文終わり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。