ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 増刊号

2003/06/07

株式投資のPARTNER >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

              ◎ ハロー!株式 ◎       増刊号
                                                
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< 


全国及び海外の皆様、こんにちは。aquaです。

 紫陽花の色が日ごとに深まり、楽しませてくれます。週末の貴重なひと時、皆
様いかがお過ごしでしょうか。

 さて、東京株式マーケットは非常に足腰の強い相場展開となってきています。
ここにきまして主力ハイテク銘柄が動き出し、さらに大型の鉄鋼株・造船株、さ
らに銀行株も動意づき、これまでの中低位の個別銘柄だけの動きから明らかに変
化が生じてきています。出来高に至りましては7日連続で10億株を超え、その
背景には東京マーケットでのビッグプレーヤー、すなわち外人が買い越しに転じ
てきていることがあります。

 既に何度も申し上げていますが、テクニカル面では主要な節目を抜いてきてお
り、新値3本足は陽転、需給面におきましても、そろそろ機関投資家の間では、
「株式を持たざるリスク」から買い参戦してくる可能性が出てきています。いよ
いよ、外人・機関投資家・それに加えて個人投資家等々の全員参加型の相場展開
になってきそうです。

 ここで重要なのは、株式が上がってきますと、必ず「景気が回復していないの
に何故上がるのか?」といった議論が出てくるということです。こうした議論は
株式が上がってきますと特にエコノミスト、ストラテジスト等々と称される人た
ちから必ず出てくるものですが、景気が回復していると明らかに判明した時は、
時(とき)既に遅しで、その時には株価はかなり高くなってしまっています。「
もう日本経済は何の問題も無い、ばら色です」となった時は、そうした人たちは
株式に強気になるものですが、その時はほぼピーク圏に位置しているのが相場の
常です。

 毎年末にエコノミスト、ストラテジスト、財界人といった人たちの新年の相場
見通しが新聞紙上に掲載されますが、ご存知の通り当たった試しがありません。
「横断歩道みんなで渡れば恐くない」と言いますが、株式投資の世界では、「み
んなが強気になった時が一番恐い」のです。逆に「みんなが弱気の時がチャンス
」なのです。

 先人からの言い伝えで、『幽霊と相場師はさみしい方に出る』と言いますが、
明るくなった時(上がった時)に出てくるのは証券会社のセールスマンというの
がお決まりのパターンです。株式投資の経験豊富な方はご存知かと思いますが、
その時が最も恐いのです。特にビギナーの方はそうした点に特に気をつけて頂き
たいと思います


 不思議と思われるかもしれませんが、株式投資では多数決で上がるという答え
が多い銘柄はまず上がりません。多数決と逆になるケースが非常に多いものです
。相場とはそういうものなのです。そこに株式投資の魅力、醍醐味があるわけで
す。

 さて、来週の株式マーケットは、引き続きNY株式動向がカギを握ってきそう
です。上記でも申し上げましたが、外人投資家の買いを契機に市場心理が大きく
好転しており、国内の機関投資家は「持たざるリスク」を意識し始めています。
物色対象もハイテク株から鉄鋼株などへと広がりを見せており、さらに中低位材
料銘柄を含めまして、いい意味でのセクター間での循環物色が予想されます。た
だし、マーケットの動きに振り回されてはいい成果に結びつきません。得てして
忘れがちになりますが、銘柄選択をする場合に最も重要なのは、いずれのセクタ
ーにありましても業績が向上する銘柄を選ぶということが基本であり、ここだけ
はきっちり押さえておく必要があります。


 ところで、本誌及びスペシャル版読者の方々から多くのお便りを頂いています
が、最近次のようなお便りを頂いていますのでご紹介させて頂きます。

A様からのお便り

「aqua様のメールマガジンのおかげで、本格的に株式投資をはじめて半年も
経っていないのに、大いに儲けさせていただいております。当初は、銀行の利率
よりも良ければ、良しとしようと考えていましたが、それ以上の成果が得られそ
うです。(まだほとんど保有しており、利益確定をしていないため)たまに、よ
くある株式投資における初歩的なミスにより、悔しい思いもしますが、傷も浅い
のでいい勉強と思っています。今後とも、楽しい、それとためになるメールマガ
ジンをよろしくお願いします。

B様からのお便り

「いつも有益な情報をありがとうございます。株式のテクニックはもちろん、時
候の挨拶や出来事の紹介など星の数ほどあるメールマガジンやポータルサイトを
見る暇など無いビジネスマンの私にとっては情報の取捨選択に非常に役立ってお
ります。また一見株式に関係の無さそうなこれらの情報が実はトレンドを表して
いたりして捨てるところが無いと言う感じですね。

 実は私は他にも株式関係のメールマガジンをいくつかとっており、それらのメ
ールマガジンの推奨銘柄も購入しておりますが、パフォーマンスは貴誌がダント
ツです。早く自分で銘柄を選び、売買のタイミングを図れるくらいの力量を持ち
たいと思いメルマガを読んでおります。これからもよろしくお願いいたします」


 まずは、お便りを頂きましたA様とB様にこの場をお借りして御礼申し上げる
と同時に心からエールを送らせて頂きたいと思います。今後も油断することなく
頑張って下さいませ。

 日経平均株価がバブル以降の安値圏に位置する中、巷では多くの人が損をして
おり、そうした環境下で上記のようなお便りを頂き、大変うれしく思います。以
前から申し上げています通り、株式マーケットは上がる銘柄と下げる銘柄が著し
く二極化しており、その下がるグループの銘柄に投資した場合はなかなか浮かば
れません。日経平均株価が下げていますのは、その下がるグループの銘柄が日経
平均株価の算出上大きく影響するためであり、上がるグループの銘柄はほとんど
日経平均株価の動きに反映されていません。日経平均株価という指数の仕組み上
、そうした現象が生じる訳ですが、株式マーケットを見る際にはその辺りをしっ
かり頭に入れておく必要があります。


 読者の方から多くのお便りを頂きますが、そのお便りを拝見していますと皆様
が非常に勉強されている様子が伝わってまいります。実は、これは非常に有意義
で大切なことであり、株式を含めた投資、資産形成の勉強はただ単にそれだけで
終わるのではなく、確実に今まで見えなかった社会の動き、世間の見方等視野が
広がってまいります。

 儲かる商品、銘柄、有利な商品という結果だけを教えてもらうという短絡的な
方法は長続きせず、場合によっては、だまされたという結果に終わり、他人に責
任を転嫁して自分自身をひとまずおさめるということに終わってしまいます。そ
れは、自身の成長になんらプラスとなりません。

 『魚を与えるより、釣り方を教える』

という名言がありますが、魚をもらっても生きていけませんが、釣り方を覚えれ
ば一生自分で生きていけます。本誌を読んでいただいているビギナーの皆様方、
ぜひ頑張ってください。


 上記でご紹介した以外にも、「スペシャル版銘柄で儲けさせていただいていま
す。御礼申しあげます。」「アクアさんの紹介銘柄を購入(損をしない為の購入
)して、利益が出ています。スペシャル版で利益が出るのは、何故だろうと考え
ています。案外、この謎が解ければ、自分なりの投資方法が開眼できる・・・」
「aquaさんの教えに従って最小単位株を買ってみました。お陰さまで この
半年間で元金の30%の利益を得ることが 出来ました。これからも勉強してい
きたいと思いますので よろしくお願い致します。」といったお便りをたくさん
頂いていますが、何度も申し上げています通り、「総悲観の中で買いの種を蒔く
」、これが株式投資で勝利者となるための秘訣です。

 スペシャル版(有料版)にてご紹介した銘柄の中から既に多くの大幅上昇銘柄
が出てきています。先日も申し上げましたが、新高値を更新した日本水産が35
%超、日本電産コパルが40%超、日本リテールファンドが25%超、カヤバ工
・ニチアスが30%超、さらにゼネラルの40%超、日本航空電子の25%超、
その他川崎汽船、日本光電工、三和シャッター等々数え上げたらキリがありませ
ん。また、昨年600円台で何度かご紹介しましたクリナップ、最近では100
0円の大台乗せを達成し、もちろん新高値更新となりました。値幅にして350
円超の上昇、率にして60%超の上昇です。

 今後も多くの銘柄が上昇してくると思いますが、多くの方は上がってくると強
気になって株式を買い始め、そして高値掴みをするのが常です。今、株式マーケ
ットをよく分析しますと、美味しい銘柄がたくさんあります。エコノミスト、経
済評論家が強気になった時は、必ずと言っていいほど天井です。悲観が蔓延する
今こそ、株式投資に真剣に取り組んでみてはいかがでしょうか。

 私aquaが配信していますスペシャル版は、多くの方に大変好評を頂いてい
ます。ただ単に銘柄紹介だけではなく、株式投資をする際に役立つことを分かり
やすくお届けしています。これまで株式投資でうまくいかなかった方、またビギ
ナーの方でまだスペシャル版をお申込みでない方は、この機会に是非お気軽にお
申込み下さいませ。


 6ヶ月1万円(毎週1回水曜日配信)という極めて低料金で誠意と信頼をお届
けしています。これは、1000株を10円高く売ったり、また安く買ったりす
ればペイできる金額であり、必ずやお役に立てると確信しています。


 なお『スペシャル版』(有料版)購読ご希望の方はaquaまで「申し込み」
と書いたメールをお気軽にお送りくださいませ。

                   メールアドレス→ aqua@cools.com


    《スペシャル版詳細》  http://womenaqua.tripod.co.jp/sp.htm 


 それでは皆様、楽しい週末をお過ごしくださいませ。
                             aquaより


Have a nice weekend!

        Thank you for reading
   
                  my mail magazine.


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇多くのご友人に、このメルマガを下記リンクより、ご紹介して下さいませ!

              http://womenaqua.tripod.co.jp/h_p.htm
              -------------------------------------

◆本誌ホームページ: http://womenaqua.tripod.co.jp/index.htm

◆↓下記もご一読お願いいたします。

〓特記事項〓
1.有料版をお申し込み頂いた方で、当方からの返信が届かない方がいらっしゃい
 ます。ご自身のメールアドレスをご確認の上、お申し込みの本文中にメールア
 ドレスの記載をお願いいたします。
2.ご購読の登録と解除はご自身で行ってください。
3.個別銘柄に関するご相談は受けておりませんのでご遠慮お願いいたします。


◆株式投資は自己責任が原則です。
 最終的な投資判断はご自身の責任でお願いします。

◆本メールマガジンや株式投資に関するご意見をお聞かせ下さい。
 全ての方に個別に返信することはできませんが、今後一層の充実した誌面作り
 に皆さまのご意見を反映させていきたいと考えております。

※頂戴したメールは当方の判断にて、情報の匿名性を確保したうえで本メールマ
 ガジンに引用・体裁の変更・掲載させていただく場合がございますのでご了承
 ください。

 お気軽に、ご意見や広告掲載に関するお問い合わせ等をお送り下さい。
 皆さまからのメールをお待ちしております。

                                 編集者:aqua[ aqua@cools.com ]
====================================================================
◆本誌『ハロー!株式』紹介
 編集者:aqua
 発刊 :平日 月〜金(相場がある日)朝・夕
 購読料:無料
 内容 ※メールマガジン「女性のための株式投資」と同内容となっております。
  朝刊(07:00頃)NY市況、新聞朝刊、相場心得・ヒント、格言など
  夕刊(19:00頃)相場概況と投資のヒント、用語解説など
※特に朝刊のNY市況は当日の東京市場に大きく影響しますので、毎朝チェック
 して頂ければと思います。

URL : http://womenaqua.tripod.co.jp/
  ( http://members.tripod.co.jp/womenaqua/ )
MAIL: aqua@cools.com               末永いご愛顧の程を・・ aqua。
====================================================================

◆注意事項◆
・メールマガジン『ハロー!株式』(「ハロー株式」含む)は投資判断の参考と
 して株式投資に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的と
 したものではありません。
・メールマガジン『ハロー!株式』(「ハロー株式」含む)の記事の内容に関し
 ましては万全を期しておりますが、記事には観測も含まれており、その内容の
 正確性および安全性、利用者にとりましての有用性を保証するものではありま
 せん。当該情報に基づいて被ったいかなる損害につきましても、発行者である
 aquaは一切の賠償責任を免れます。
・掲載情報のご利用に当りましては、皆様ご自身の責任で行って下さい。
・メールマガジン『ハロー!株式』(「ハロー株式」含む)は、皆様ご自身の任
 意の申し込みにより各メルマガスタンドから配信されております。従いまして、
 皆様方のメールの受信に関する一切の責任、それに関わるすべての損害に関し
 まして、発行者であるaquaはその一切の賠償責任を免れます。
・本メールマガジン『ハロー!株式』(「ハロー株式」含む)に掲載された記事
 を許可なく転載することを禁じます。

◆メルマガスタンド◆購読登録の変更・解除は下記URLからお願いいたします。
《メルマガ天国》 http://melten.com/m/3753.html
《melma!》 http://www.melma.com/ (ID m00029201)
《Pubzine》 http://www.pubzine.com/ (ID 11529)
《E-Magazine》 http://www.emaga.com/info/aqua1.html
《ティアラ》 http://www.tiaraonline.com/index.htm (ID m102033)
《Macky!》 http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=116205
《カプライト》 http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/1986.html
《めろんぱん》 http://www.melonpan.net/index.html (ID 000820)
《まぐまぐ》 http://www.mag2.com/ (ID 59907) 
《MAG Bee》 http://magbee.ad-j.com/mlm/index.php (ID 133)

注)このメルマガは固定ピッチフォントでの閲覧を想定してます。フォント設定
  を「MS ゴシック」等としていただければ綺麗にご覧いただけます。

                              ※本文終わり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。