自然観察

里山を歩こう

自然の中で出会った昆虫や野草,花,野鳥,その他の生き物をリアルタイムに紹介。デジカメ写真を使って,ビジュアルに生き物たちの『今!』がわかります。里山で生き物たちとの出会いを楽しみましょう。

全て表示する >

里山を歩こう NO.1824

2018/06/19

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
 自然・生きもの紀行                      2018.06.19
           
           里 山 を 歩 こ う  第1824号  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

◆◇ゼフィルスの宝庫・草間台地を訪ねて(1)  岡山県新見市 
 
-------------------------------------------------------------------- 

 草間台地は岡山県新見市の南部に位置し、
 標高400〜500mのカルスト台地です。

 また、希少な動植物が多く分布することから、
 環境省により「生物多様性保全上重要な里地里山」に指定されています。

 私もかつて蝶を熱心に調べていた頃には、
 年に数回は草間台地を訪れていました。

 今回、8年ぶりに草間台地を散策しましたが、
 そのときの様子を今回と次回の2号に分けて紹介します。

★草間台地では、以前に比べて岡山名産の桃畑が増えていました。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama2/1824-1.html



★台地のあちらこちらに大きな石灰岩が露出しています。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama2/1824-2.html



★ナラガシワを主体とする雑木林には多くの蝶が生息しています。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama2/1824-3.html



★台風の影響でしょうか、強い風が吹いて木の葉が大きく揺れます。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama2/1824-4.html



 この日、撮影できたゼフィルス類は7種類、
 今号ではそのうち5種類を紹介します。

★栗の花で吸蜜していたアカシジミ、最も早く発生するゼフィルスです。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama2/1824-5.html



★観察したゼフィルスで最も数が多かったのはミスイロオナガシジミです。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama2/1824-6.html



★羽化して翅を伸ばしたばかりのミズイロオナガシジミもいました。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama2/1824-7.html



★ミズイロオナガシジミが後翅をすり合わせるような行動をしています。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama2/1824-8.html



 シジミチョウなどが後翅をすり合わせる行動は、
 天敵の鳥などに尾状突起(しっぽ)を触角と勘違いさせて、
 天敵が頭部と間違えて尾状突起を襲ったとき、
 反対側に逃げる「そらし型」の擬態といわれています。
  
★近縁種のウスイロオナガシジミも草間台地では多く生息しています。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama2/1824-9.html



★ウスイロオナガシジミの翅表は雄雌ともに地味な色合いです。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama2/1824-10.html



★ウスイロオナガシジミの翅表も角度によって色合いが異なります。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama2/1824-11.html



★ウラキンシジミです。そういえば8年前も同じところで見ていました。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama2/1824-12.html



★この雑木林では希少種のダイセンシジミも多く生息しています。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama2/1824-13.html



 ダイセンシジミは通常ウラミスジシジミと呼ばれていますが、
 中学生の頃から「ダイセン」と呼んできたので、
 個人的には今でもダイセンシジミの名前を使っています。

★ダイセンシジミが少しだけ開翅、翅表の斑紋はコバルトブルーです。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama2/1824-14.html



 この日は風が強く、乾燥して天気も良かったため、
 早朝からゼフィルスは飛び回り、
 撮影にはあまり適した日ではなかったです。



--------------------------------------------------------------------- 

◆◇各地の里山・生きもの情報  

---------------------------------------------------------------------  

●大阪の井上さん(6月17日)

 前回は奈良県田原本〜石見下ツ道を歩き 鍵遺跡を散策しましたが
 6月17日 聖徳太子が通われたと言われる三宅町太子道(筋違い道)を散策
 田植えが終わった綺麗な広い田園と万葉の花あざさ
 昼前だったのですが咲いていました
 添付します  あざさ地元の方のお世話が伺えました

http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama2/1824-15.html



■皆さんがお住まいの地域の情報をお待ちしています。  

  生きものの写真だけではなく、  
  身近な風景などの画像、絵・スケッチも大歓迎です。  

  コメントとともに下記に送ってください。  

  画像は添付ファイルでお願いします。  

  quercus@mx4.tiki.ne.jp  


 -------------------------------------------------------------------- 

 ◆◇読者からの質問コーナー   

---------------------------------------------------------------------  

■過去の質問や答えなどをまとめています。  

  質問された方もこちらで確認をお願いします。  

  http://www14.plala.or.jp/quercus/situmon/index.html  


 ◎「質問メール」と質問に関する回答のメールを  
 お待ちしています。  
  質問は原則として1問1件でお願いします。  

  quercus@mx4.tiki.ne.jp 


 ─────────────────────────────────────  

 ■このメールマガジンに対するご意見,ご感想,ご質問などは  
 quercus@mx4.tiki.ne.jp 宛にお気軽にご連絡ください。  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

 発 行 者    マルタン2号   

  『里山を歩こう』は,以下のメールマガジンから配信しています。  

  読者登録の解除は,それぞれの配信システムからお願いします。  
  配信先変更は,廃止・新規登録で処理してください。  
    
  まぐまぐ      http://www.mag2.com/m/0000057970.htm  

  melma        http://www.melma.com/backnumber_29165/  


  関連ホームページ 

  『広島の自然と昆虫』   http://ww4.tiki.ne.jp/~quercus/  

  『里山を歩こう』     http://www14.plala.or.jp/quercus/  

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-22  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。