自然観察

里山を歩こう

自然の中で出会った昆虫や野草,花,野鳥,その他の生き物をリアルタイムに紹介。デジカメ写真を使って,ビジュアルに生き物たちの『今!』がわかります。里山で生き物たちとの出会いを楽しみましょう。

全て表示する >

里山を歩こう NO.1690

2017/11/15

■『まぐまぐ大賞 2017』推薦のお願い

 応援していただける方、よろしくお願いします。

 タイトル:里山を歩こう  マガジンID:0000057970 

http://www.mag2.com/events/mag2year/2017/form.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
 里山生きもの紀行                       2017.11.15 

           里 山 を 歩 こ う  第1689号  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

 ◆◇初冬の西中国山地から(2)  〜 広島県山県郡北広島町大朝 〜
   
-------------------------------------------------------------------- 

 ゴギはイワナの仲間で、
 中国山地の標高700m以上の渓流に生息しています。

 数年前まで、大朝町の渓流でゴギを観察していましたが、
 林道工事のため水が汚れてしまい、
 現在では姿を消したといわれています。

★かつて大朝町の渓流に生息していたゴギです。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama3/1690-1.html



★11月初旬、ゴギはつがいで産卵の準備を始めます。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama3/1690-2.html



 確認の意味で大朝の渓流に行ってみると、
 以前の渓流とはすっかり様子が変わっていました。

 予想どおり、ゴギの姿もありませんでした。

★近くには樹高30mを超える「大朝の大アベマキ」があります。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama3/1690-3.html



★大アベマキの根元付近にはツルリンドウの実がたくさんありました。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama3/1690-4.html



 渓流を離れて、里に下りてきました。
 
★大朝の山里には江の川(ごうのかわ)が流れています。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama3/1690-5.html



★川を見下ろすと、数匹のヤマメが泳いでいました。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama3/1690-6.html



 西中国山地の河川は日本海に注ぐ江の川水系と、
 瀬戸内海に注ぐ太田川水系に別けられます。

 江の川水系に生息するサケ科の魚はヤマメ、
 海に降って成長するとサクラマスになります。

 一方、太田川水系に生息するサケ科の魚はアマゴ、
 海に降って成長するとサツキマスになります。

 ヤマメとアマゴはよく似ていますが、
 体の斑紋で区別することができます。

★アマゴの脇腹には赤い斑点があります。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama3/1690-7.html



★一方、ヤマメの脇腹には赤い斑点がありません。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama3/1690-8.html



 ゴギが観察できなかったので、
 ここでヤマメを観察することにしました。

★ヤマメは水面を流れてくる虫を食べます。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama3/1690-9.html



 今回は水中の動画も撮影しました。

 ただ、胴長を持ってこなかったのです、
 ヤマメがたくさん集まる川の中央までは行けずに、
 川の縁からの撮影になってしまいました。

★ヤマメは川の中でこのような景色を見ているんですね。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama3/1690-10.html



 それにしても、水が冷たかったです。



--------------------------------------------------------------------- 

◆◇懐かしの写真フィルムから(46)

--------------------------------------------------------------------- 

 現在、かつて撮影した大量の写真フィルムをデジタル処理中、 
 そのうちのいくつかをランダムに紹介していきます。

○樹洞からフクロウが持ち出したもの

 フクロウの写真が大量にあるので、
 どうしてもフクロウを紹介することが多くなります。

 今回はフクロウが樹洞から持ち出した物です。

★フクロウの雌が樹洞からネズミを持ち出しました。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama3/1690-11.html



 フクロウの雌は樹洞の中でネズミを食べるのではなく、
 樹洞から出て、近くの木にとまってゆっくりと食べます。

 雛の近くで、急かされて食べる気にはならないのでしょう。


★樹洞から出てきたフクロウの足先に赤い物があります。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama3/1690-12.html



 この赤い物は何でしょう?

 持ち出したのではなく、
 足の先にくっついているようにも見えます。



--------------------------------------------------------------------- 

◆◇各地の里山・生きもの情報  

---------------------------------------------------------------------  

●東京多摩のKAさん(11月15日)

 11月2日、埼玉県秩父市のミューズパークへ。
 目的は雲海が発生するという市内を高台から眺めること。
 前日夕刻連絡が入り急遽支度するという飛び入り計画でした。

http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama3/1690-13.html


http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama3/1690-14.html



■皆さんがお住まいの地域の情報をお待ちしています。  

  生きものの写真だけではなく、  
  身近な風景などの画像、絵・スケッチも大歓迎です。  

  コメントとともに下記に送ってください。  

  画像は添付ファイルでお願いします。  

  quercus@mx4.tiki.ne.jp  


 -------------------------------------------------------------------- 

 ◆◇読者からの質問コーナー   

---------------------------------------------------------------------  

■過去の質問や答えなどをまとめています。  

  質問された方もこちらで確認をお願いします。  

  http://www14.plala.or.jp/quercus/situmon/index.html  


 ◎「質問メール」と質問に関する回答のメールを  
 お待ちしています。  
  質問は原則として1問1件でお願いします。  

  quercus@mx4.tiki.ne.jp 


 ─────────────────────────────────────  

 ■このメールマガジンに対するご意見,ご感想,ご質問などは  
 quercus@mx4.tiki.ne.jp 宛にお気軽にご連絡ください。  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

 発  行    ふくろうの森   

  『里山を歩こう』は,以下のメールマガジンから配信しています。  

  読者登録の解除は,それぞれの配信システムからお願いします。  
  配信先変更は,廃止・新規登録で処理してください。  
    
  まぐまぐ      http://www.mag2.com/m/0000057970.htm  

 melma        http://www.melma.com/backnumber_29165/  


 関連ホームページ 

 『広島の自然と昆虫』   http://ww4.tiki.ne.jp/~quercus/  

 『里山を歩こう』     http://www14.plala.or.jp/quercus/  

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-22  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。