自然観察

里山を歩こう

自然の中で出会った昆虫や野草,花,野鳥,その他の生き物をリアルタイムに紹介。デジカメ写真を使って,ビジュアルに生き物たちの『今!』がわかります。里山で生き物たちとの出会いを楽しみましょう。

全て表示する >

里山を歩こう NO.1577

2017/04/28

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 里山生きもの紀行                       2017.04.28

           里 山 を 歩 こ う  第1577号 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

◆◇ギフチョウが舞う里山にて(3)    広島県呉市・灰ヶ峰    
  
--------------------------------------------------------------------

 ギフチョウを撮影して1週間後、
 再び灰ヶ峰を訪れました。

★新緑が萌える里山、日増しに緑が濃くなってきます。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama6/1577-1.html



★二つ折りのラブレターが花の所番地をさがしています。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama6/1577-2.html



★春の蝶・コツバメも目立つようになってきました。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama6/1577-3.html



★成虫で越冬したクロコノマチョウも姿を見せます。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama6/1577-4.html



 クロコノマチョウは南方系の種で、
 かつては呉市の平地でも大変稀な種でした。

 ところが今では標高が700m以上ある灰ヶ峰の
 山頂付近でも観察できます。

 温暖化が進んだ証のひとつかもしれません。

 舗装道路を横切る大型の虫がいました。

★体内に猛毒を持つため鳥が食べないツチハンミョウです。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama6/1577-5.html



★足元からニホンアマガエルも飛び出してきました。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama6/1577-6.html



★虫や蛙を狙うカナヘビも活発に動き出します。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama6/1577-7.html



 春本番、生き物たちは躍動しています。

★コバノミツバツツジの花にはギフチョウが訪れます。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama6/1577-8.html



 ギフチョウが姿を見せる期間としては、
 もう後半に入っています。

★まだギフチョウの雄は小高い場所で縄張りを張っていました。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama6/1577-9.html



★ギフチョウ雄が別の雄を雌と間違えて押え込んだりもします。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama6/1577-10.html



 ギフチョウは産卵の時期です。

★ギフチョウの食草・サンヨウアオイが生育する雑木林です。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama6/1577-11.html



 しばらく雑木林で待っていると、
 地面近くを飛ぶギフチョウを見つけました。

 そっと追いかけていくと、
 サンヨウアオイの新葉にとまりました。

★ギフチョウはサンヨウアオイの葉裏に卵を産み始めます。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama6/1577-12.html



 5分ほどかけてゆっくりと産卵したギフチョウは、
 雑木林の奥に飛び去りました。

★ギフチョウの卵はまるで真珠のように輝いていました。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama6/1577-13.html



 新緑の森を歩いていると、
 木々に隠れるように飛ぶ鳥がいました。

★夏鳥のセンダイムシクイではないでしょうか?
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama6/1577-14.html



 頭の上を何かが飛び去りました。

★この森で子育てをしているフクロウです。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama6/1577-15.html



 フクロウは離れた場所に飛び去り、
 再びこちらを見つめています。

 繁殖期のフクロウ雌は卵を地肌で温めるため、
 腹部の羽根が抜けて地肌が見えるようになります。

 これを抱卵斑といい、
 繁殖期のフクロウの雌だけに見られます。

★このフクロウには抱卵斑があるので雌です。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama6/1577-16.html



 フクロウは子育ての真っ最中、
 やがて雛の賑やかな声が森に響くでしょう。



---------------------------------------------------------------------

◆◇各地の里山・生きもの情報 

--------------------------------------------------------------------- 

●武蔵野市のtommyさん(4月26日)

 4月20日桜の見納めをするため、高尾山(599m)から裏高尾へ、
 その足で城山(670m)に行き、日影沢林道を日影に下り、
 バスで高尾の駅に至りました。

http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama6/1577-17.html



■皆さんがお住まいの地域の情報をお待ちしています。 

  生きものの写真だけではなく、 
  身近な風景などの画像、絵・スケッチも大歓迎です。 

 コメントとともに下記に送ってください。 

  画像は添付ファイルでお願いします。 

  quercus@mx4.tiki.ne.jp 


 --------------------------------------------------------------------

 ◆◇読者からの質問コーナー  

--------------------------------------------------------------------- 

■過去の質問や答えなどをまとめています。 

  質問された方もこちらで確認をお願いします。 

  http://www14.plala.or.jp/quercus/situmon/index.html 


 ◎「質問メール」と質問に関する回答のメールを 
 お待ちしています。 
  質問は原則として1問1件でお願いします。 

  quercus@mx4.tiki.ne.jp


 ───────────────────────────────────── 

 ■このメールマガジンに対するご意見,ご感想,ご質問などは 
 quercus@mx4.tiki.ne.jp 宛にお気軽にご連絡ください。 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

 発  行    ふくろうの森  

  『里山を歩こう』は,以下のメールマガジンから配信しています。 

  読者登録の解除は,それぞれの配信システムからお願いします。 
  配信先変更は,廃止・新規登録で処理してください。 
   
  まぐまぐ      http://www.mag2.com/m/0000057970.htm 

 melma        http://www.melma.com/backnumber_29165/ 


 関連ホームページ

 『広島の自然と昆虫』   http://ww4.tiki.ne.jp/~quercus/ 

 『里山を歩こう』     http://www14.plala.or.jp/quercus/ 

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-22  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。