自然観察

里山を歩こう

自然の中で出会った昆虫や野草,花,野鳥,その他の生き物をリアルタイムに紹介。デジカメ写真を使って,ビジュアルに生き物たちの『今!』がわかります。里山で生き物たちとの出会いを楽しみましょう。

全て表示する >

里山を歩こう NO.529

2010/06/06

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
□■ 里山生きもの紀行                    2010.06.06 

           里 山 を 歩 こ う  第529号 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■ 

●はじめに 

 タウン誌から森の特集について協力依頼があり、
 いつものとおり気軽に了解しました。

 結局、予想どおりというか、
 17ページすべての文章を書き、
 写真もすべて撮影することになりました。

 ということで、体調不良の中、
 休日はほとんどこの作業に費やしました。

 先ほど、出版社に原稿と写真を持ち込み、
 とりあえず一安心しております。
  


◆◇ 森の魅力とは……  広島県呉市野呂山・深山の滝 --------  
◆◆ ----------------------------------------------------------------- 

 タウン誌の森の魅力を紹介する特集で、
 こんなことを書きました。

  森の中で目を閉じたまま空を見上げて、
  そっーと目を開ける。

  すると森の木々からの透視光が、
  まるで緑のシャワーのように降りそそいできます。

★森の木々からの透視光、心が和む瞬間です。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama2/529-1.html



 春から夏に向かって、
 森の緑はいっそう濃くなっています。

 このあたりにはコジイやシリブカガシが多く、
 その開花でいっそう森は彩りを増します。

★森の中で黄色く見えるのがシリブカガシなどの花です。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama2/529-2.html



 やや遅れ気味だったジャケツイバラの花も、
 今は盛りと咲いています。

★青空をバックに咲くジャケツイバラはとてもきれいです。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama2/529-3.html



 もう一つの森の魅力は水です。

 特に渓流や滝などは、
 その場にいるだけで心が落ち着きます。

★森の中を流れる滝、しばらく座り込んでいました。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama2/529-4.html



★涼しい風に吹かれながら、水しぶきを眺めていました。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama2/529-5.html



 滝のそばの砂地に、
 サツマシジミという蝶がとまっています。

★近づくと、サツマシジミはパッと飛び去っていきました。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama2/529-6.html



 この森特集のタウン誌は今月の21日発売です。




◆◇ 西中国山地の初夏の装い  広島県山県郡北広島町 --------  
◆◆ -----------------------------------------------------------------  

 西中国山地に遅い春が来た後、
 一気に季節が夏に向けて進んでいきます。

★この日は八幡湿原で観察会をしました。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama2/529-7.html



★ため池の中にはアカハライモリがたくさんいます。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama2/529-8.html



 ちょうどサナエトンボの仲間の発生期で、
 タベサナエ、コサナエ、ヒロシマサナエなどがいました。 

★山陰地方にいるコサナエ、このあたりが分布の南限です。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama2/529-9.html



 森の中を歩いていると、
 木々の中をシジュウカラが飛び交っています。

 子育て中のようで、
 餌を捕まえて巣の方に飛んでいきます。

★蛾の幼虫をくわえたシジュウカラです。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama2/529-10.html



 足音に驚いたのでしょうか、
 何事かといった感じでムササビが巣穴から顔を出しました。

★巣穴からのぞき込むムササビ、すぐに顔を引っ込めました。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama2/529-11.html



 巣箱をかけた電柱では、
 ちょうどブッポウソウが子育てを始める準備中です。

★今年も巣箱でブッポウソウが繁殖するようです。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama2/529-12.html



 夏色に染まりかけた西中国山地も、
 やがて梅雨になって雨に煙る日が続きます。


   
  
◆◇ 各地の里山・生きもの情報 --------------------------  
◆◆ -----------------------------------------------------------------  

●調布市のyasuさん(6月3日)

 お天気が良くなって、さて、山梨の新緑はどうなったか・・
 少し期待が膨らんで、とうとう出かけてきました。
 前回は5月10日、クリスタルライン経由の乙女高原(標高1,660m)は
 未だ冬の高原でした。
 あれから25日経過、新緑がどの程度見られるか楽しみに尋ねました。
 しかし、4月末の寒波は思いのほか春の息吹を傷めたらしく、
 瑞穡(みずがき)山麓の公園でも石楠花が蕾のまま落ちてしまったようです。

 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama2/529-13.html



●広島の草津のNさん(6月5日)

 毎年6月になると、ササユリが咲き始める。今年もきれいに咲いた(6月4日)。
 野のものとしては格別に存在感のある姿である。
 園地の洋花も咲き始めた。バーバスカムは和名をモウズイカ(毛蕊花)といい、
 大型の葉に白い毛が密生して黄色い花が咲く品種(ビロードモウズイカ)が
 野生化している。花茎は背丈を越えるサイズに育ち、山中の崖地などで
 出会うとびっくりとする(写真は園芸品種でやや小ぶり)。

 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama2/529-14.html



●Kiyoさん(6がつ2日)

 昨日、6月1日に雛達が巣立ちました。
 今日、他の三羽はどこにも見あたらないのですが、
 一羽だけが地面にずっと居ます。
 夕方5時を過ぎた今も、うろちょろと動き回っています。
 少しは飛んでいるのですが、羽を痛めたているのでしょうか?
 このままだと猫にやられてしまわないかと心配で、
 捕獲して巣に戻してやりたい気持ちが有る反面、
 自然に任せておくのが良いのかなとも思います。
 何とか無事に飛び回れる様になって欲しいです。

 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama2/529-15.html



■皆さんがお住まいの地域の情報をお待ちしています。 

 生きものの写真だけではなく, 
 身近な風景などの画像、絵・スケッチも大歓迎です。 

 簡単なコメントとともに下記に送ってください。 

 画像は添付ファイルとしてください。 
 もちろん携帯の画像でも大丈夫です。 

 quercus@mx4.tiki.ne.jp 



◆◇読者からの質問コーナー  -------------------- 
◆◆ ----------------------------------------------------------------- 

[質問561]五條市の吉岡さん

 大峰山脈の標高1000m位のところで5月13日に見かけた花ですが
 どなたか名前をお願いします。

 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama2/529-16.html



[質問562]福島県いわき市のまへりあさん

 5月下旬、いわき市内のやや湿りがちの河川敷で撮影したものです。
 穂が青いうちは、高さ50cm前後の茎がじくっとしていて、
 色も鮮やかな緑で、株になって生えています。
 穂が赤らんでくると、大きな株となって、
 クサヨシの群生の中に点々と生えている光景はきれいです。
 花が開くと、草丈は約1mになります。

 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama2/529-17.html



[質問563]神奈川のTomasさん

 昨日、6月1日、箱根湿生花園に行きました。
 ここには、人工の小さな滝があり、ミニ渓流の環境が造られています。
 ここで、ナワバリを主張しているらしいイトトンボを撮りました。
 名前が分らないので、教えて頂ければ幸いです。よろしくお願いします。
 なお、このトンボは羽の色が茶色ですが、
 別のトンボ(体型はほぼ同じだが、羽は透明)が、たびたび接近し、
 その度に、茶色の方が追い払う仕草を繰り返していました。
 あれは、縄張り争いなのか、♀♂の関係があるのか、
 どのように考えれば良いのでしょうか? 

 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama2/529-18.html



[質問564]せいざんさん

 伊東に住んでいますが、近所の山に多いシダで、
 長い茎の先から二股に葉が分かれます。

 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama2/529-19.html



■過去の質問や答えなどをまとめています。 
 質問された方もこちらで確認をお願いします。 

 http://www14.plala.or.jp/quercus/situmon/index.html 


◎「質問メール」と質問に関する回答のメールを 
 お待ちしています。 
 質問は原則として1問1件でお願いします。 

 quercus@mx4.tiki.ne.jp 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 

■このメールマガジンに対するご意見,ご感想,ご質問などは 
 quercus@mx4.tiki.ne.jp 宛にお気軽にご連絡ください。 


************************************ 

 発 行     ブボの森  

 文・写真    マルタン2号  

『里山を歩こう』は,以下のメールマガジンから配信しています。 

 読者登録の解除は,それぞれの配信システムからお願いします。 
 配信先変更は,廃止・新規登録で処理してください。 
  
 まぐまぐ      http://www.mag2.com/m/0000057970.htm 
 melma        http://www.melma.com/backnumber_29165/ 
 E-Magazine      http://www.emaga.com/info/19590119.html 
 めろんぱん      
 http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=000579  


『広島の自然と昆虫』   http://ww4.tiki.ne.jp/~quercus/ 

『里山を歩こう』     http://www14.plala.or.jp/quercus/ 

『東南アジアの蝶と自然』 http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/ 
  
************************************ 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-22  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。