自然観察

里山を歩こう

自然の中で出会った昆虫や野草,花,野鳥,その他の生き物をリアルタイムに紹介。デジカメ写真を使って,ビジュアルに生き物たちの『今!』がわかります。里山で生き物たちとの出会いを楽しみましょう。

全て表示する >

里山を歩こう NO.525

2010/05/09


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ 里山生きもの紀行                    2010.05.09

           里 山 を 歩 こ う  第525号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

●はじめに

 連休中、大阪の箕面公園に行ってきました。

 さすが大都会の有名景勝地で、
 まるでお祭りの時のような賑わいでした。

 自然の中でマイナスイオンをいっぱい浴びると、
 体の中まできれいになったような気がします。

 
 
◆◇ 緑のカーテンの中を歩く  大阪府箕面市・箕面公園 ----------
◆◆ -----------------------------------------------------------------

 快晴のゴールデンウィーク、
 大阪の箕面公園を散策しました。

 箕面公園では新緑がまぶしく、
 たくさんの人が自然を求めて訪れていました。

★箕面大滝は日本の滝百選の一つに選ばれています。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama3/525-1.html



★ところどころにはモチツツジがきれいに咲いています。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama3/525-2.html



★フジの花の紫色も鮮やかです。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama3/525-3.html



 箕面公園といえば何と言ってもモミジ、
 新緑のモミジも素晴らしく美しいです。

★モミジの緑色が折り重なるように続いています。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama3/525-4.html



 鳥たちの声も聞こえてきますが、
 なかなか姿を見せません。

★やっと姿を見せたシジュウカラとヒヨドリです。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama3/525-5.html



 きれいな清流にはたくさんの魚がいて、
 子どもたちは網を持って魚を追いかけています。

★清流を泳いでいたのはカワムツでした。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama3/525-6.html



 ちょうどアサヒナカワトンボの最盛期で、
 川のあちらこちらでなわばりを張っています。

★かつてニシカワトンボと呼ばれていたアサヒナカワトンボです。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama3/525-7.html



 箕面公園ではいたるところで、
 名産の「もみじの天ぷら」が売られていました。

 興味があったので、買って食べてみました。

 食べてびっくり、想像とは全く違った味で、
 熱々のかりんとうの味がします。

★箕面の名産・もみじの天ぷらは癖になるほどの美味しさでした。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama3/525-8.html



 緑のカーテンの中を歩きながら、
 のんびりとした気持ちの良い散策ができました。



◆◇ 森の小さな水場では  広島県山県郡北広島町 ---------------
◆◆ -----------------------------------------------------------------

 継続的に観察を続けている西中国山地の水場、
 4月まではカケスのつがいが毎日のように来ていましたが、
 5月になるとぱったりと姿を消しました。

 一方、カメラの前が獣道になっているようで、
 タヌキは頻繁に姿を見せます。

★冬眠明けのアナグマも姿を見せるようになりました。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama3/525-9.html



 カケスに変わって水場を頻繁に利用しているのは、
 夏鳥のキビタキです。

★毎日のようにキビタキはカップルで姿を見せます。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama3/525-10.html



 水場の中を見ていると、
 底にある枯れ葉が動いていました。

 トビケラの巣でした。

 よく見ると、この水場にはトビケラやカワゲラなど、
 たくさんの水生昆虫がすんでいます。

★筒状になった枯れ葉の巣から少し顔を出したトビケラです。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama3/525-11.html



 いよいよ初夏を迎え、
 水場を訪れるメンバーも賑やかになってきます。



‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

■「里山を歩こう・増刊号」

 メルマガで紹介できなかった生きものなどをアップします。

 http://blog.livedoor.jp/quercus77/


■マルタン2号のブログ「週末ナチュラリストの独り言」です。

 http://satoyama5.exblog.jp/



■「里山を歩こう」のメーリングリストです(現在301人)。

 http://www14.plala.or.jp/quercus/mail-list.html



◆◇ 各地の里山・生きもの情報 -------------------------- 
◆◆ ----------------------------------------------------------------- 

●東京の黒目川太郎さん(5月2日)

 もう初夏の気配が感じられます。
 しばらく、暖かい日が続いたせいか
 こんな草花がいっせいに咲き始めました。

 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama3/525-12.html



●調布市のyasuさん(5月2日)

 春らしい陽射しに誘われて歩いて行ける野川方面に出かけました。
 野川は菜の花が一面に黄色い川になっていました。
 川を越えて坂を上ると深大寺です。
 ここはGWと「ゲゲゲの女房」のせいかどこの深大寺そば店でも
 大勢の人が並んで待っているようです。
 道路を挟んで手前に小高い丘があり、ここは戦国時代に
 上杉側が対北条のために整備したと伝えられる城址跡です。
 この下の湿地・水生植物園を歩いて見ました。

 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama3/525-13.html



●東京のpikaさん(5月5日)

 沖縄の那覇市から車で1時間くらいのところに
 沖縄コンベンションセンターがあります。
 そこのイベントに参加するために、
 隣接するラグナガールホテルに宿泊しました。
 そこの庭で撮った写真などです。
 今回の沖縄訪問は私にとって30年ぶりくらいです。
 久しぶりに訪問するにあたり、沖縄県内の地理について
 自分が何も知らないことに気づきました。
 今、問題になっている普天間、名護など、調べてみると、
 私が宿泊したラグーナホテルは宜野湾市にあり、
 道を隔てた向こうが普天間基地でした。
 この自分の無知は驚愕とともに、
 沖縄の方に申し訳ない気持ちをおこしました。
 まず、地図で沖縄の地名を覚えることから、
 基地の問題にも近づけると思いました。

 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama3/525-14.html



●千葉県のロクさん(5月8日)

 今日は好天で、
 庭の柿の若葉が日差しに映えてうまそうです。
 早速虫が来て食べていました。

 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama3/525-15.html



●静岡県のSubaru6さん(5月6日)

 GWに長野県の大鹿村というところに行ってきたときの
 写真を投稿したいと思います。
 大鹿村は、本当に自然がいっぱいで(携帯が圏外になるくらい)
 心が洗われるような気分になりました。
 生活にはいろいろと苦労しそうですが
 また天気の良い時に訪れてみたいと思いました。
 今回は、昼食に、地元で採れた山菜や自家製のそば等の
 料理を出してくれる店での待ち時間に
 (店内があまりに寒かったため、冷房ではなくて自然に涼しくて…
 外の方が暖かかったです)周囲を散策して撮った写真を投稿します。
 使わなくなった前の携帯のカメラ機能が、今使ってる携帯よりも高性能なので
 デジカメかわりにしているのですが、本物のデジカメに比べれば性能は劣るので
 この程度の写真で申し訳ないですが、投稿したいと思います。

 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama3/525-16.html



●長野のとむてんさん(5月3日)

 ハンターに打たれたのではないかと心配していたカモシカは無事でした。
 まだ食事時刻前なのか、杉林の落ち葉の上で休んでいました。
 そこが寝床なのかもしれません。
 5mくらいの距離から撮影しましたが、人慣れしているせいか、
 逃げる気配は見せませんでした。生存確認できたのは安心なのですが、
 この人慣れが、逆に心配になってきます。

 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama3/525-17.html



●広島の草津のNさん(5月6日)

 連休の最終日、夏日が三日連続して
 廿日市(津田)の週末園地もうらうらと暖まり、
 いろいろなチョウがやってきました。
 ゆっくり見ていると、おなじ白いチョウでも
 ツマキチョウ、モンキチョウ、スジグロシロチョウなど変化があり、
 サカハチチョウなど個性の強いものも来ました。
 ベニシジミもいつになく数が多いようでした。

 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama3/525-18.html



■皆さんがお住まいの地域の情報をお待ちしています。

 生きものの写真だけではなく,
 身近な風景などの画像、絵・スケッチも大歓迎です。

 簡単なコメントとともに下記に送ってください。

 画像は添付ファイルとしてください。
 もちろん携帯の画像でも大丈夫です。

 quercus@mx4.tiki.ne.jp



◆◇読者からの質問コーナー  --------------------
◆◆ -----------------------------------------------------------------

[質問552(追加)]柴田さん

 質問552を提示した柴田です。
 たいへんお世話になっております。
 その後、4月6日と5月1日に撮影した写真を添付します。
 4月6日に撮影したものは、前回の株の近くに生えている別の株です。
 いずれも大きさの成長はありません。
 テンナンショウやウラシマソウらしさがどこか欠けており、
 知人はツリバナの仲間の実生ではないかと言いますが、
 それもまだ確証が得られません。
 さらにご助言をお願いいたします。

 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama3/525-19.html



[質問556]内門さん

 先日近所の花壇で撮った花の写真ですが、持ち主も名前が判らず
 いろいろ検索してみましたが見当がつきません。
 ご存知の方いらっしゃったら教えて下さい。

 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama3/525-20.html



■過去の質問や答えなどをまとめています。
 質問された方もこちらで確認をお願いします。

 http://www14.plala.or.jp/quercus/situmon/index.html


◎「質問メール」と質問に関する回答のメールを
 お待ちしています。
 質問は原則として1問1件でお願いします。

 quercus@mx4.tiki.ne.jp

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

■このメールマガジンに対するご意見,ご感想,ご質問などは
 quercus@mx4.tiki.ne.jp 宛にお気軽にご連絡ください。


************************************

 発 行     ブボの森 

 文・写真    マルタン2号 

『里山を歩こう』は,以下のメールマガジンから配信しています。

 読者登録の解除は,それぞれの配信システムからお願いします。
 配信先変更は,廃止・新規登録で処理してください。
 
 まぐまぐ      http://www.mag2.com/m/0000057970.htm
 melma        http://www.melma.com/backnumber_29165/
 E-Magazine      http://www.emaga.com/info/19590119.html
 めろんぱん     
 http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=000579 


『広島の自然と昆虫』   http://ww4.tiki.ne.jp/~quercus/

『里山を歩こう』     http://www14.plala.or.jp/quercus/

『東南アジアの蝶と自然』 http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/
 
************************************

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-22  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。