自然観察

里山を歩こう

自然の中で出会った昆虫や野草,花,野鳥,その他の生き物をリアルタイムに紹介。デジカメ写真を使って,ビジュアルに生き物たちの『今!』がわかります。里山で生き物たちとの出会いを楽しみましょう。

全て表示する >

里山を歩こう NO.497

2009/10/25


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ 里山生きもの紀行                    2009.10.25

           里 山 を 歩 こ う  第497号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

●はじめに

 哺乳類用の超・簡単な巣箱をつくるため、
 ホームセンターに出かけました。

 メジャーで安い材木を測りながら、
 どんな形にしようかと頭の中で考えます。

 久しぶりの工作で、出来上がりが心配なんですが、
 まあ何とかなるでしょう。

 来週あたり、山に持って行きたいと思っています。
 

 

◆◇ ヒメネズミをめぐる物語  広島県・北広島町、呉市 -------
◆◆ -----------------------------------------------------------------

★西中国山地は秋真っ盛りです。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama5/497-1.html



 今年はドングリが豊作のようで、
 山を歩くと道ばたにたくさんのドングリが落ちています。

 クヌギ・アベマキ・コナラ・ミズナラなどで、
 これほどドングリが目立つ年も珍しい気がします。

★山道に落ちていたコナラのドングリです。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama5/497-2.html



 このドングリを待って繁殖を始めるのが、
 森に棲むネズミたちです。

 特に木登りが上手なヒメネズミは、
 野鳥用の巣箱を使って子育てをすることがあります。

★今年も巣箱で繁殖しているヒメネズミを見つけました。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama5/497-3.html



★ヒメネズミは落ち葉を大量に運んで巣を作ります。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama5/497-4.html



 巣箱を開けて中の落ち葉をさわると、
 巣箱から1匹のヒメネズミが飛び出していきました。

 警戒していた親ネズミが、
 堪らず逃げ出してしまったようです。

 センサーカメラを巣箱の前に置いて、
 この巣箱の様子を観察しました。

★5時間後の午後6時頃、やっと親ネズミが帰ってきました。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama5/497-5.html



 最初に写った親ネズミより、 
 一回り大きなヒメネズミも巣箱に来ました。
 
 ヒメネズミはつがいで子育てをするそうなので、
 大きな方が雄のヒメネズミかもしれません。

★雄親と思われる大型のヒメネズミです。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama5/497-6.html



 ヒメネズミは野ネズミの中でも抜群に木登りがうまく、
 器用に地上と木の上を行き来します。

★しっかりと後ろ足を踏ん張りながら木を降りていきます。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama5/497-7.html



 ヒメネズミが子育てをしている巣箱には、
 きっとあの動物もやってくると予想していましたが…。

★予想どおり、巣箱にあの動物がやってきました。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama5/497-8.html



 それにしても、何故ヒメネズミの巣にやってくるのか、
 理由がよく分かりません。

 雑食性なので、ヒメネズミの仔を狙っているのか、
 それとも巣穴を利用したいのか。

★興味深そうに、巣穴の中を覗いています。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama5/497-9.html



 センサーカメラを設置した一週間後に、
 ヒメネズミの仔が巣立ちました。

★親ネズミと比べて、一回り小さいヒメネズミの仔です。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama5/497-10.html



 一方、地元のフィールドで森の中に座り込んでいると、
 頭の上から、ドサッと何かが落ちてきました。 

 落ちてきたのは2匹のヒメネズミ、
 大きさの違いから、親と仔のようです。

 落ちてきたヒメネズミがあわてて森の奥に逃げ込みました。

 ヒメネズミが落ちてきた上を見ると、
 木の枝にたくさんの落ち葉が積み重なっています。

 その中に何か光るものがあります。

★望遠レンズを付けたカメラで撮ってきました。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama5/497-11.html



 アオダイショウは木登りが上手なヘビで、
 樹の上にある野鳥の巣をよく襲います。

 秋、木の上にあるヒメネズミの巣も、
 アオダイショウの餌食になっているようです。

 しばらく見ていると、
 アオダイショウはヒメネズミの巣穴から全身を出しました。

 体が膨れていないので、
 ヒメネズミを襲うのは失敗したようです。

★アオダイショウの幼蛇はマムシのような模様をしています。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama5/497-12.html



 森の豊かな恵みを利用して子育てをするヒメネズミ、
 その子育てをじっと待っているものたち、
 ヒメネズミをめぐる森の営みを知ると、
 森の物語がより興味深く読み解けるようになります。
 


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

■マルタン2号のブログ「週末ナチュラリストの独り言」です。

 http://satoyama5.exblog.jp/



■「里山を歩こう」のメーリングリストです(現在286人)。

 http://www14.plala.or.jp/quercus/mail-list.html



◆◇ 各地の里山・生きもの情報 -------------------------- 
◆◆ ----------------------------------------------------------------- 

●調布市のyasuさん(10月23日)

 何時ものことながらスケジュールの合間に
 お天気が良いとちょつと出掛けたくなります。
 今回は家から中央道で河口湖ICを出て
 富士吉田市にある杓子山へ秋の様子を見に出掛けました。
 
 標高1000mの鳥居地峠の小さな駐車場に車を止め、
 尾根伝いに急坂を300mほど登ると
 高座山山頂でススキの斜面が綺麗です。
 天候は晴れですが目的の富士山は顔を隠しています。
 高座山から尾根道を下ると再度杓子山への急な尾根道が続きます。
 紅葉には少し早く葉や野草も台風の影響が出ているようです。
 1600mと高さは低いのですが侮れない斜度で
 赤土が露出した登山道は下りがとても危険でした。
 又、途中でパトロール員から山頂近くで熊が下ったので
 注意をするようにと指示を受け、
 後から来るパーティと同伴させて頂き登りました。
 秋は獣の動きが活発で要注意ですね。
 淡々とした尾根道で草花も終えて少し収穫のない探訪でしたが、
 変化のある尾根道はなかなか楽しいものでした。

 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama5/497-13.html



●愛知県瀬戸市のこもれびさん(10月19日)

 18日に、海上の森に隣接する山路の
 いつものところに行ってきました。
 そしたらアサギマダラが10頭以上いました。

 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama5/497-14.html



■皆さんがお住まいの地域の情報をお待ちしています。

 生きものの写真だけではなく,
 身近な風景などの画像、絵・スケッチも大歓迎です。

 簡単なコメントとともに下記に送ってください。

 画像は添付ファイルとしてください。
 もちろん携帯の画像でも大丈夫です。

 quercus@mx4.tiki.ne.jp



◆◇読者からの質問コーナー  --------------------
◆◆ -----------------------------------------------------------------

[質問530]広島市の絵下山さん

 近くの畑に写真のような樹があり、今(10月中旬)、
 赤い実が沢山結実しています。クコかと思って調べたら、
 何となく実の着き方が違うようですし、分かりません。
 開花時期やどんな花だったかは確認していません。
 近年は、グイミ(通称・ブイブイ)、ユスラウメなどは、
 色づき始めたらすぐにヒヨ鳥が集中して全然口にする
 ことがきません。しかし、この完熟した実には、ヒヨ鳥
 も見向きもしないようです。何か特別な成分でも含ん
 でいるのか、と試食も敬遠しています。
 はっきりさせたいのでよろしくお願いします。

 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama5/497-15.html



■過去の質問や答えなどをまとめています。
 質問された方もこちらで確認をお願いします。

 http://www14.plala.or.jp/quercus/situmon/index.html


◎「質問メール」と質問に関する回答のメールを
 お待ちしています。
 質問は原則として1問1件でお願いします。

 quercus@mx4.tiki.ne.jp

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


■このメールマガジンに対するご意見,ご感想,ご質問などは
 quercus@mx4.tiki.ne.jp 宛にお気軽にご連絡ください。


************************************

 発 行     ブボの森 

 文・写真    マルタン2号 

『里山を歩こう』は,以下のメールマガジンから配信しています。

 読者登録の解除は,それぞれの配信システムからお願いします。
 配信先変更は,廃止・新規登録で処理してください。
 
 まぐまぐ      http://www.mag2.com/m/0000057970.htm
 melma        http://www.melma.com/mag/65/m00029165/
 E-Magazine      http://www.emaga.com/info/19590119.html
 めろんぱん     
 http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=000579 
 カプライト     http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/1752.html


『広島の自然と昆虫』   http://ww4.tiki.ne.jp/~quercus/

『里山を歩こう』     http://www14.plala.or.jp/quercus/

『東南アジアの蝶と自然』 http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/
 
************************************

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-22  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。