自然観察

里山を歩こう

自然の中で出会った昆虫や野草,花,野鳥,その他の生き物をリアルタイムに紹介。デジカメ写真を使って,ビジュアルに生き物たちの『今!』がわかります。里山で生き物たちとの出会いを楽しみましょう。

全て表示する >

里山を歩こう NO.477

2009/06/07

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ 里山生きもの紀行                    2009.06.08

           里 山 を 歩 こ う  第477号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

●はじめに

 最近、プロポリス入りの飴がお気に入りです。

 実はこのプロポリス、
 天敵である花粉症によく効くんです。

 蜂がつくった天然のプロポリスは、
 体の免疫を正常に保つ作用もあるそうです。

 プロポリスは「敵の侵入を防ぐ城壁」という意味、
 まだまだ隠された多くの効能がありそうです。 
 


◆◇ 日本で一番美しいカメムシ  広島県神石高原町・帝釈峡 -------
◆◆ -----------------------------------------------------------------

 雨交じりの週末、日本で一番美しいカメムシを撮るため、
 石灰岩の渓谷・帝釈峡に出かけました。

★帝釈峡・神龍湖をすすむ遊覧船、森は静まりかえっています。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama5/477-1.html



 この時期、山を彩る白い花はヤマボウシです。

 ヤマボウシは庭木にも利用されていますが、
 野生のものは日本各地の山の谷筋などに生えています。

★ヤマボウシから白い頭巾をかぶった山法師が連想できますか?
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama5/477-2.html



 山道にはクワの実がたわわに実り、
 食べると素朴な甘さが口いっぱいに広がります。

★クワの熟した実は黒くなり、食べ頃が分かります。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama5/477-3.html



 石灰岩地帯にある帝釈峡は、
 カタツムリ類がたくさん見られることでも有名です。

 カタツムリの殻をつくるのに、
 石灰岩が大きな役割を果たすためです。

★苔の上を移動していたカタツムリの仲間です。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama5/477-4.html



 この時期、帝釈峡では珍しい蝶が姿を見せます。

 ベニモンカラスシジミといい、
 石灰岩の岩場に生えるクロウメモドキの仲間が食樹です。

★飛んでいるとハエに見えるほど小さいベニモンカラスシジミです。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama5/477-5.html



 もう一つ、珍しい生態を持っている
 ゴイシシジミという蝶を見つけました。

 ゴイシシジミは幼虫が日本の蝶の中では唯一の完全肉食性で、
 タケやササに付いているアブラムシを食べます。

 ササのまわりでは小さな白い蝶がチラチラ飛び、
 ときおり止まっては、また飛び立っています。

 産卵場所を探しているゴイシシジミです。

 しばらく飛んでいましたが、
 やっとお気に入りの場所を見つけたようです。

★アブラムシの集団の中に卵を産むゴイシシジミです。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama5/477-6.html



 ふ化したゴイシシジミの幼虫は、
 まわりのアブラムシを食べながら大きくなります。

 ところで今回の目的、日本で一番美しいカメムシといわれる
 ニシキキンカメムシはなかなか見つかりません。

 「やっぱりダメかな。」と思って見上げた枝先に、
 緑色に輝く塊が見えました。

★これが日本で一番カメムシといわれるニシキキンカメムシです。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama5/477-7.html


 ニシキキンカメムシは東京以西の限られた石灰岩地帯に分布し、
 見つけるのが難しい大型のカメムシです。

 それからニシキキンカメムシは、
 カメムシといってもほとんど臭いません。

★ニシキキンカメムシはまさに極彩色のカメムシですね。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama5/477-8.html



 今回はカメムシのお話しでしたが、
 苦手の方、ごめんなさい。
 
 


◆◇ 遙かなるアルタイ山脈の自然と生き物たち(1) ------------
◆◆ -----------------------------------------------------------------

 先日、ロシアの友人からDVDが送られてきました。

 DVDにはアルタイ山脈、南バイカル湖、極東ロシアなど、
 興味深い地域で撮影した画像がたくさん入っていました。

 そこで今回からシリーズで、
 その一部を順次紹介していきます。
  
 まずは西シベリアとモンゴルにまたがるアルタイ山脈、
 友人は昨年7月、約2週間滞在したそうです。

★友人たちがキャンプしたアルタイ山脈(ロシア)の草原です。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama5/477-9.html



★友人が青い花を見つけ、写真を撮っています。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama5/477-10.html



 青い花はまるでパンジーのようです。

 私は見たことがなかったのですが、
 アルタイスミレという大型のスミレがあります。

 アルタイスミレは園芸種・パンジーの原種の一つ、
 きっとこの青い花はアルタイスミレに違いないと思います。

★アルタイスミレの群落、やはりパンジーによく似ていますね。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama5/477-11.html



★白いアルタイスミレも咲いていました。
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama5/477-12.html


 草原一面に咲き乱れるアルタイスミレ、
 ぜひ一度見てみたいものです。 



‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

■マルタン2号のブログ「週末ナチュラリストの独り言」です。

 http://satoyama5.exblog.jp/



■「里山を歩こう」のメーリングリストです(現在264人)。

 http://www14.plala.or.jp/quercus/mail-list.html



◆◇ 各地の里山・生きもの情報 -------------------------- 
◆◆ ----------------------------------------------------------------- 

●神奈川県伊勢原市の長谷部さん(6月3日)

 我が家の軒先にいつの間にかとっくり蜂が巣作りを始めました
 最初は巣の泥も濡れた様な状態でしたが今では乾いたようで
 時々蜂が出入りしてます
 巣の大きさは約縦15センチ横8センチくらいと思われます
 蜂は小型のスズメバチですね、
 パソコンで調べるといたずらをしなければ人を襲うことも
 ないとのことなので静かに見守っています



●三重県の浦山さん(6月3日)

 5月24日は、三重県菰野町にある森林公園、
 三重県民の森を散策してきました。
 5メートル程の「ヒメウツギ」が白い可憐な花を満開させており、
 初夏を謳歌するように一頭のクマバチが花から花へと
 せわしなく移動していました。
 その光景を見て、私自身も初夏を謳歌させてもらいました(^^;
 「使用機材」Canon EOS 10D + EF 75-300mm 4-5.6 IS

 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama5/477-13.html



●和歌山のKanabunさん(6月7日)

 昨日(6月6日)車で20分ほどのところにある里山へ行ってきました。
 ここは一部耕作放棄された谷津田の環境を守ろうと、地元の方が中心となって
 保全に取り組んでいる所です。
 私は昨年夏に初めてここを訪れ、お気に入りの場所のひとつとなりました。
 ちなみに今年は先週に続いて2度目の訪問です。

 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama5/477-14.html



●広島・賀茂台地のそよごさん(6月3日)

 枯れ木にあった卵から、カマキリが出てきました。 
 
 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama5/477-15.html



■皆さんがお住まいの地域の情報をお待ちしています。

 生きものの写真だけではなく,
 身近な風景などの画像、絵・スケッチも大歓迎です。

 簡単なコメントとともに下記に送ってください。

 画像は添付ファイルとしてください。
 もちろん携帯の画像でも大丈夫です。

 quercus@mx4.tiki.ne.jp



◆◇読者からの質問コーナー  --------------------
◆◆ -----------------------------------------------------------------

[質問497]黒トンボ401さん

 道を歩けば見つかる「これなあに...」で
 今回は「蜘蛛のネット」です.
 取敢えず3枚添付します. 
 同じ種と思いますが 宜しく教えて下さい.

 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama5/477-16.html



[質問498]春日井市のモリゾウさん

 先日岐阜県と長野県の県境にある野麦峠を散策中に
 散策路で添付写真のようなものを拾いました。
 この不思議な物体は 聞いたところ「サルオガセ」とのことでした。
 空気のきれいなところの木つくものとのこと。
 なんともこの不思議な物体どのようにできるものか
 教えていただきたくおねがいします。
 (無理かも分かりませんが成分なども分かれば尚幸いです。)

 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama5/477-17.html



[質問499]五條のようさん

 奈良県の大台ケ原で見かけた花ですが、
 標高1000m位のドライブウエイの道端にいくつかあったきれいな花でした。
 草丈は5〜10センチ位でした。撮影日は5月26日でした。
 どなたか名前をお願いします。

 http://www14.plala.or.jp/quercus/satoyama5/477-18.html



■過去の質問や答えなどをまとめています。
 質問された方もこちらで確認をお願いします。

 http://www14.plala.or.jp/quercus/situmon/index.html


◎「質問メール」と質問に関する回答のメールを
 お待ちしています。

 quercus@mx4.tiki.ne.jp

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

■ メールマガジン「いつも心に花物語」

  花にまつわる物語や神話・詩・歌などを,
  花の画像とともに配信しています。
  興味にある方は登録してみてください(すべて無料です)。


  http://www14.plala.or.jp/quercus/mailmagazine-top.html


■このメールマガジンに対するご意見,ご感想,ご質問などは
 quercus@mx4.tiki.ne.jp 宛にお気軽にご連絡ください。


************************************

 発 行     ブボの森 

 文・写真    マルタン2号 

『里山を歩こう』は,以下のメールマガジンから配信しています。

 読者登録の解除は,それぞれの配信システムからお願いします。
 配信先変更は,廃止・新規登録で処理してください。
 
 まぐまぐ      http://www.mag2.com/m/0000057970.htm
 melma        http://www.melma.com/mag/65/m00029165/
 E-Magazine      http://www.emaga.com/info/19590119.html
 めろんぱん     
 http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=000579 
 カプライト     http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/1752.html


『広島の自然と昆虫』   http://ww4.tiki.ne.jp/~quercus/

『里山を歩こう』     http://www14.plala.or.jp/quercus/

『東南アジアの蝶と自然』 http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/
 
************************************

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-22  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。