政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【一新塾ニュース】第199号:新一次産業創造プロジェクト みやじ豚.com 本格始動

2005/08/03

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆
        一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!
           http://www.isshinjuku.com/
        【第199号】 発行日:2005年8月3日
☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

目次
 ■『新一次産業創造プロジェクト みやじ豚.com 本格始動』
                          宮治勇輔氏(第13期生)

 ■ 一新塾入門問題解決力養成ワークショップのお知らせ(8月7日)

======================================================================

 メルマガ読者の皆さま、こんにちは。事務局の森嶋です。
 本日の日経新聞によると、民間企業の農業参入が相次いでいるとのこと。
 2003年春に始まった構造改革特区と受けて参入した株式会社やNPO法人は
 農水省の調べによると107法人に達したそうです。
 
 さて、農業分野では、新しい動きが芽生え始めておりますが、一新塾でも、
 農業に新風を巻き起こすべくチャレンジを開始された方がいらっしゃいます。
 そこで今回は、『新一次産業創造プロジェクト』で起業準備中の宮治勇輔さん
 のメッセージをご紹介いたします。

     _____________________________
 
           新一次産業創造プロジェクト みやじ豚.com 本格始動
     _____________________________


                           第13期社会起業家コース
                                                          宮治 勇輔

  6月末に勤めていた会社を辞めた。

  新一次産業創造プロジェクトを本格的に開始するためだ。新一次産業とは
  川上(生産)から川下(お客さんの口に届ける)まで農家が一貫してプロ
 デュースする一次産業のことで、僕の造語だ。


●原体験

  実家は神奈川県の藤沢市で養豚農業を営んでいる。年に2回養豚農家の間
 で豚肉の品質を競う大会がある。大会には生きたまま豚を出すが戻ってくる
 ときには肉になっている。とても、うちだけでは食べきれないので、友人を
 呼んでバーベキューをしたことがあった。

  すると、「こんなに美味しい豚肉は食べたことがない。」と大絶賛。
 どこに行けば買えるのか教えてほしいと聞かれる。でも、親父に尋ねると、
 うちの豚はどこで買えるのかわからないという。

  うちで自信を持ってつくったものを、みんなに食べてもらう。みんなは
 本当に喜んでくれる。これは本当に嬉しいことだ。自分でつくったものを
 自分で売ることが、僕はビジネスの原点だと思う。そういう意味では農業
 は非常に魅力的なビジネスではないか、と本当に感動した。
 
  でも、現状は自分で作ったものを自分で売ることができていない。
 売ることができていないばかりではなく、うちの豚はどう流通してどこの
 お店で売られているのか、どこのレストランで使ってもらっているのか全く
 わからない。

   バーベキューをきっかけに、僕は農業に深い関心を抱くようになった。 


●日本の農業をとりまく現状

  農業従事者の平均年齢が60歳。若い世代が農業をやりたがらない。
 この理由は一体何だろうか?

  きつい・きたない・かっこ悪い・おまけに金にならないの4K産業という
 イメージが農業にはあるからだろうか?

  食に関するGDPは約80兆円、そのうち一次産業におけるGDPは9兆円
 らしい。あれだけ苦労して作物を作ってわずか10%。納得がいかない。

  日本には金があるから、世界中から美味いものを輸入できる。だから、
 日本で農業をする必要はないという人がいる。本当に日本で農業をする必要は
 ないのだろうか。外国から、「うちの国で食べるので精一杯だから、日本には
 輸出したくてもできません。」と言われることが将来にわたって本当にないと
 言えるだろうか?

  消費者は見た目のきれいな野菜に目を奪われて、本当に美味しい野菜は
 どういうものかわからなくなっていないだろうか。

   日本農業が抱えている問題というのは、農業従事者だけでは解決できない。

  日本人全体が、自分の食べるもの及び農業にもっと関心を持つことがこと
 が非常に重要であると考えている。また、農家自身ももっと積極的に情報発信
 をするべきであると考えている。

  そして、若くて優秀な人材が、「俺も将来は農業を志す!」と思えるような
 産業であることを力強くアピールしていかなければならない。


●大切なのは、はじめの一歩。

  少しずつ考え続けることで、新一次産業創造プロジェクトに本気で取り組
 もうと決心がついた。新一次産業創造プロジェクトでは、川上から川下まで
 一貫してプロデュースする「みやじ豚.com」や、農業従事者を増加させるため
 のプロモーション活動や、地域活性化の取り組みなどを考えている。
 
  プロジェクトを少しでも前に進めるためにビジネススクールに通うことを
 考えた。しかし、ビジネススクールは基本的にファイナンスやマーケティング
 などを座学で教えるものでピンとこなかった。そういったものは自分で色々と
 勉強し実践で体得していくものなのではと考えた。

  そんな中で一新塾が僕の目にとまった。これはちょっと普通のビジネス
 スクールとは違うなと思った。

  一新塾は現場主義を掲げている。各界の第一線で活躍している講師の話を
 聞き、一方で自分で関心のあるテーマを掘り下げるために、実際に現場に足
 を運ぶ。そこでは、実際に汗を流して活動している方の生の声、生の空気に
 触れることができる。

  夢を叶えることや目標を達成するためには、まずは一歩でも前に進まなけ
 ればならない。歩き始めればあきらめない限り、いつか目的地に辿り着く。

 大切なのは、はじめの一歩。
 一新塾は、僕にとってのはじめの一歩だった。





        ◆新しい問題解決の体験をしてみませんか?◆
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        一新塾入門 問題解決力養成ワークショップ
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                    2005年8月7日(日)


 国の問題、地域の問題、企業の問題・・・と、どこを見ても問題が先行して
 いる今、一人一人が具体的に解決していく力。創造していく力が問われてい
 ます。私たちのパワーこそが従来の社会システムに変革をもたらすエネルギー
 源であり、「政策」「市民プロジェクト」「社会起業」はそのためのツール
 です。「一新塾入門ワークショップ」では、政策立案・社会起業の経験のない
 方でもビジョンを描き、その実現に向けて市民参加で社会の問題解決をする
 スキルを学びます。

 一新塾オリジナルの問題解決フレームワークをワーク形式で体験できる絶好の
 機会です。“誰もが新しい国づくり・地域づくりに参加する時代”を切り拓く
 知恵とスキルをお伝えさせていただきます。
 ぜひ、ご参加下さい!

  日 時:2005年8月7日(日)13:30〜18:00
  会 場:一新塾セミナールーム
      [住所]東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
      [地図]http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html

    内 容:仮説思考・ゼロベース思考・ファシリテータースキルなど、社会
      の問題解決をするために必要なスキルをワークを通じて学びます。

      ●自分の強みはなんだろう?自分はどんな力が発揮できるか?
      ●問題解決のフレームワークとは?
      ●ロジカルシンキング は問題解決に欠かせない。
      ●21世紀はどんなリーダーが求められているか?
      ●21世紀のメンバーは今まで全く違う?

      [課題1]:組織の落とし穴を考える
            某メーカーの例を取り上げ、個人の資質が最も発揮さ
            れるシステムを提案していただきます。
            問題解決のフレームワークをじっくり習得できます。

      [課題2]:現在もっとも社会に必要とされている切実な課題を
            ワーク。本気で取り組みます。チームでビジョンを
            設定して、短時間でプレゼンテーションまでしてい
            ただきます。限られた時間の中でチームワークを発
            揮してどこまでできるか。挑戦していただきます。
            ワークの内容はいくつかご用意指せていただいていま
            すが、メンバーによって決定させていただきます。


   講  師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

  参加費:3000円(当日、受付にて承ります)

    定  員:25名(先着順)

    申  込:末尾フォーマットにてiss@isshinjuku.com 宛にお申込下さい。

  問合先:特定非営利活動法人一新塾
       東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
             Tel 03-5765-2223     Fax 03-5476-2722
             E-Mail: iss@isshinjuku.com
             URL: http://www.isshinjuku.com/


 ≪参加者から寄せられた感想≫
  ・自由に学んでいける雰囲気が非常によかったです。
  ・利害関係のないところでの議論は楽しかった。
  ・普段なかなか触れ合えない世代、職業の方とひとつの課題に
   取り組むことができとても刺激になりました。
  ・チームづくり、意見集約のプロセスを全く異なるフィールド
   にいる人たちで短時間に行えた事は大きい。
  ・現状把握から解決策の提案までの手順が実践的に学べた。
   一番重要なことはVisionを持ち行動することだと感じた。
  ・普段、日常業務をこなすのに精一杯でしたが、問題の本質を
   存分に考えることができ、ためになりました。
  ・地元の町おこしをするのに、大いにヒントを得ることができた。
  ・抽象的ですが、自分が今まで歩んだ道からは得られない「何か」がありました。
  ・安定に甘んじている自分が覚醒した。



-------------<申込フォーマット宛先:iss@isshinjuku.com>-----------------

■一新塾入門 問題解決力養成ワークショップ
 8月7日(日)13:30〜18:00

氏 名:                       
ご住所:                         (〒    )
TEL:                          FAX:
E-mail:


---------------------------------------------------------------------------


---------------------------------------------------------------------
<編集・発行は>  特定非営利活動法人 一新塾 事務局    森嶋伸夫
●ご意見・ご感想はこちらへ  >>>  iss@isshinjuku.com
●一新塾ホームページはこちら >>>  http://www.isshinjuku.com/
●メールマガジン退会はこちら >>>  http://www.melma.com/taikai/
---------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。