政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【一新塾ニュース】第198号:講義ノート『アジアの松下村塾を創る!』

2005/07/12

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆
        一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!
           http://www.isshinjuku.com/
        【第198号】 発行日:2005年7月12日
☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

目次
 ■一新塾講義ノート
  片岡勝氏講義録『アジアの松下村塾を創る!』

 ■ 一新塾入門問題解決力養成ワークショップのお知らせ(8月7日)

======================================================================

 メルマガ読者の皆さま、こんにちは。事務局の森嶋です
 今回は、一新塾講義より6月29日に行われた片岡勝氏講義の様子をお届け
 いたします。ところで、政府レベルでは日韓関係のギクシャクが続いて
 おりますが、一新塾での草の根交流は前進しております。
 講義の翌日には、片岡さんと一緒に韓国へ行ってまいりました。
 2月の訪韓の時のメンバーを通じて、草の根プロジェクトの同志の輪が
 広がりました。

__________________

一新塾講義ノート(2005/6/29)
片岡勝氏 講義録 
テーマ「アジアの松下村塾を創る!」
__________________


■どうやって私はパラダイムシフトしてきたか

 タイで私の翻訳本が出版されました。
 「Change the track (人生のレールを乗り越えろ)」
 途上国、先進国、モスリム、キリスト教圏、
 ありとあらゆるところでパラダイムシフトがシンクロしています。

 何かをみつけられる、お役に立てる一新塾でありたいと思います。
 サラリーマンの方がほとんどだと思いますが、私も20年前は銀行員でした。
 もう忘却彼方ですが。その私が「ソーシャルアントレプレナー」という分野
 を結果として切り開いてきました。私がそう言ったわけではありませんが。

 ではどうやって私はパラダイムシフトしてきたのか。

 ずっと長いこと、私たちの世代は
 「偏差値は低いより高いほうがいい」
 「お金はないよりあったほうがいい」
 「英語はしゃべれないよりしゃべれたほうがいい」そう思っていました。

 だけど、それってほどんと役に立たないんだってあるときに気づいたんです。

 そういう価値観がまだ大切だと思っているなら、マイナスからのスタートに
 なります。そんなものは一切役に立たないと本気で思えた時にやっとスター
 トラインです。
 それがまだ大事だと思っている人がいるなら水面下からのスタートです。
 水面にあがるまでが一番大変です。


■思いっきり問題解決に向かってやれば、利益はついてくる

 努力なんてのは知れているんです。努力でなんかで事業がうまくいくほど
 変化の時代は甘くありません。結局流れだと思うんですよ。世の中の。
 これは色んな言い方ができると思えるんですが。予想通り、なんてまったく
 いかないんです。

 全部思いつきで、風の吹くままやってきたんです。僕、本当に考えてないん
 ですよ。「こういう風にしよう」なんて考えたことないんです。最初に
 「利益がでるか」なんて後からついてくることで、そんなこと考えるから
 根性が小さいと思うんです。

 思いっきり問題解決に向かってやってったらいいと思うんですよ。
 そしたら、ちょっと遅れてトロッコで利益がついてくる。なかなかついて
 来ないときは腹がへる。それでもがまんしてると、その後姿が美しくて
 みんなが応援する。


■サラリーマンと東京は感性が鈍くなる

 柔軟性を持っていない、ある型の中にはまったものの見方しかできない方は、
 これからのパラダイムの中でのビジネスには向いていない。

 ではどんな人が向いているのか。簡単に言うと、素で生きていく、思った
 とおり自分の感性を信じていく、社会の変化の風向き、社会のニーズを
 感じる力がある人。
 しかし、 これが、サラリーマンやると鈍くなる。結局、組織の壁しか、
 その中でしか見えない。それから社会を見てると勘違いしてしまう。

 感性が敏感になるのは、内戦などがある場所、ほとんど行っています。
 そういうところでは感性がピピっとはたらくんです。東京は一番感性が麻痺
 するところ。

 東京にいると表面的な小手先の変化をおっかけることになってしまう。
 私は、なるべく東京にはいないようにしています。


■私の成功イメージは社会変革です

 「何をもって社長として成功とするか」を事業を始める前に決めておいたら
 よいですね。

 私は「社会変革」が成功イメージなんです。
 今まで、新しい試みを形にすることをやってきています。地域の担い手を
 育てるファンドをつくったり、フェアトレードとか、市民バンクとか、
 誰でもできるカンパとボランティアの選挙、とか。

 で、これから何をやりたいか、というのは「アジア」なんです。
 ヨーロッパで驚かされたのは、「あなたのナショナリティはどこですか」と
 聞くと「ヨーロピアン」と答える層が確実にできてきたことです。

 私が次のやりたいのは「あなたの国籍どこですか?」と聞かれた時に
 「中国」だ「日本」だ「韓国」だ、とかではなく、「 We are Asian. 」
 と言うような、そういう世代をつくりたいんです。アジアという枠組みの中
 で国境国益があるゆえの様々な無駄を極力なくして、アジアの問題をアジア
 の問題だと考える、そんな社会をつくってゆく、それが次の課題です。

 若者を鍛える場も用意したい。アジアのハングリーな自己主張する若たち
 ともまれる、そして鍛えて、次の時代を担う若者をつくりたいと思ってい
 ます。

 ◎片岡勝氏の講義の様子を写真や塾生作成の授業計画書と併せて
  HPでもアップしました、ぜひご覧下さい!
  http://www.isshinjuku.com/04i_hassin/kogiroku/kk_050629.htm





        ◆新しい問題解決の体験をしてみませんか?◆
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        一新塾入門 問題解決力養成ワークショップ
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                    2005年8月7日(日)


 国の問題、地域の問題、企業の問題・・・と、どこを見ても問題が先行して
 いる今、一人一人が具体的に解決していく力。創造していく力が問われてい
 ます。私たちのパワーこそが従来の社会システムに変革をもたらすエネルギー
 源であり、「政策」「市民プロジェクト」「社会起業」はそのためのツール
 です。「一新塾入門ワークショップ」では、政策立案・社会起業の経験のない
 方でもビジョンを描き、その実現に向けて市民参加で社会の問題解決をする
 スキルを学びます。

 一新塾オリジナルの問題解決フレームワークをワーク形式で体験できる絶好の
 機会です。“誰もが新しい国づくり・地域づくりに参加する時代”を切り拓く
 知恵とスキルをお伝えさせていただきます。
 ぜひ、ご参加下さい!

  日 時:2005年8月7日(日)13:30〜18:00
  会 場:一新塾セミナールーム
      [住所]東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
      [地図]http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html

    内 容:仮説思考・ゼロベース思考・ファシリテータースキルなど、社会
      の問題解決をするために必要なスキルをワークを通じて学びます。

      ●自分の強みはなんだろう?自分はどんな力が発揮できるか?
      ●問題解決のフレームワークとは?
      ●ロジカルシンキング は問題解決に欠かせない。
      ●21世紀はどんなリーダーが求められているか?
      ●21世紀のメンバーは今まで全く違う?

      [課題1]:組織の落とし穴を考える
            某メーカーの例を取り上げ、個人の資質が最も発揮さ
            れるシステムを提案していただきます。
            問題解決のフレームワークをじっくり習得できます。

      [課題2]:現在もっとも社会に必要とされている切実な課題を
            ワーク。本気で取り組みます。チームでビジョンを
            設定して、短時間でプレゼンテーションまでしてい
            ただきます。限られた時間の中でチームワークを発
            揮してどこまでできるか。挑戦していただきます。
            ワークの内容はいくつかご用意指せていただいていま
            すが、メンバーによって決定させていただきます。


   講  師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

  参加費:3000円(当日、受付にて承ります)

    定  員:25名(先着順)

    申  込:末尾フォーマットにてiss@isshinjuku.com 宛にお申込下さい。

  問合先:特定非営利活動法人一新塾
       東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
             Tel 03-5765-2223     Fax 03-5476-2722
             E-Mail: iss@isshinjuku.com
             URL: http://www.isshinjuku.com/


 ≪参加者から寄せられた感想≫
  ・自由に学んでいける雰囲気が非常によかったです。
  ・利害関係のないところでの議論は楽しかった。
  ・普段なかなか触れ合えない世代、職業の方とひとつの課題に
   取り組むことができとても刺激になりました。
  ・チームづくり、意見集約のプロセスを全く異なるフィールド
   にいる人たちで短時間に行えた事は大きい。
  ・現状把握から解決策の提案までの手順が実践的に学べた。
   一番重要なことはVisionを持ち行動することだと感じた。
  ・普段、日常業務をこなすのに精一杯でしたが、問題の本質を
   存分に考えることができ、ためになりました。
  ・地元の町おこしをするのに、大いにヒントを得ることができた。
  ・抽象的ですが、自分が今まで歩んだ道からは得られない「何か」がありました。
  ・安定に甘んじている自分が覚醒した。




-------------<申込フォーマット宛先:iss@isshinjuku.com>-----------------

■一新塾入門 問題解決力養成ワークショップ
 8月7日(日)13:30〜18:00

氏 名:                       
ご住所:                         (〒    )
TEL:                          FAX:
E-mail:


---------------------------------------------------------------------------


---------------------------------------------------------------------
<編集・発行は>  特定非営利活動法人 一新塾 事務局    森嶋伸夫
●ご意見・ご感想はこちらへ  >>>  iss@isshinjuku.com
●一新塾ホームページはこちら >>>  http://www.isshinjuku.com/
●メールマガジン退会はこちら >>>  http://www.melma.com/taikai/
---------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。