政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【一新塾ニュース】第196号:私のPlan Do See 〜一新塾での1年を振り返って

2005/06/24

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆
        一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!
           http://www.isshinjuku.com/
        【第196号】 発行日:2005年6月24日
☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

目次
 ■『私のPlan Do See 〜 一新塾での1年を振り返って』
                    岡村義久氏(第14・16期生)

 ■ 一新塾入門問題解決力養成ワークショップのお知らせ(8月7日)

======================================================================

 メルマガ読者の皆さま、こんにちは。森嶋です。
 さる5月末に卒塾を迎えた第14期生の岡村義久さんより一新塾での1年を
 振り返りメッセージをいただきました。 Plan Do See を回しているうちに
 次々と新しいチャレンジの舞台がひらかれていく様子がいきいきと伝わって
 まいります。なお岡村さんは第16期でも継続受講され、地元富士市での
 更なる活動の飛躍を目指しています。


         ___________________

             私のPlan Do See 
          〜一新塾での1年を振り返って〜
         ___________________


                       第14・16期政策提言コース
                               岡村 義久


   この1年は、今までと全く違った角度から社会を見ることが出来ました。
 生活者主権という切り口、問題意識の啓蒙、新しい人との出会い、そして
 体験。


 ●選挙とのかかわり

 前半は、選挙とのかかわりでした。市長選にチャレンジする仲間との出会い
 に始まり4ヶ月間、政治を外野で語っていたところから、主体的にかかわっ
 ていくことの体験。

 今思い起こすと様々な思いが錯綜します。純粋に政治を目指したいと思って
 も、いろいろな人の思い、駆け引きがあり、ぐるぐると翻弄されるような、
 そして、どろどろとしたものを感じました。ゆえに、 政治家になって「何
 をやりたいのか」ということが重要であることを感じます。

   漠然と政治家になりたいと思っていましたが、その程度の思いで市民の
 代表になることはおこがましいと感じました。それまでの間に社会のために
 何をやってきたかということが最終的に問われる、そんな気がします。

   そして、選挙を通し熱い連中に出会いました。日本も捨てたものではない。
 それも現場に飛び込んだから出会えたのだと思います。結果は残念でしたが、
 そんな出会いの場を与えてくれた仲間に感謝しています。


 ●外国人・多文化共生チームへの参加

  さて、自分はどの角度から社会を見ていくのか、ということが重要だと
 感じたのは8月のチーム編成の頃からでした。そんな中で、「外国人・
 多文化共生チーム」にコミットしました。

   清水聖義市長の講義、群馬県太田市での取り組みに感動し、太田市を視察
 する機会に恵まれました。その向かう道中で郷里の街が群馬県太田市のよう
 に外国人問題に取り組んでいることを知りました。視察から戻ると、そこに
 はいきなり郷里である静岡県富士市の市長にメールをしている自分がいました。
 市長から返事が来ました。そんなことをしたのは生まれて初めてでした。
 政治・行政が身近に感じてきました。


 ●郷里富士市の街づくり、そして環境問題

  次に興味を持ったのは、「街づくり」でした。政策投資銀行の藻谷講師に
 郷里富士市の街づくりを批判されたからです。確かに商店街はシャッター通り
 でした。痛いところをつかれたと思いました。市民として漠然と感じていた
 ことを痛烈に批判して頂きました。またしても市長にメールしてしまいました。
 審議会でいろいろ考えていることを知りました。行政の仕組みが少しずつ
 わかって来ました。今は、審議会の答申待ちです。

  更に興味を持ったのは「環境問題」でした。特に「ゴミ」問題でした。
 青山代表理事の講義で語られる利権の構図。郷里富士市ではごみ焼却施設の
 新設問題が持ち上がっていました。調べました。青山理事のおっしゃるとおり
 利権の構図がありそうでした。富士市は焼却主義を脱却できていませんでした。
 必要以上の施設を造ろうとしていました。心ある市民が立ち上がっていました。
 「富士市のごみを考える会」というNPOでした。その代表に会いました。
 いっしょに活動してほしいと頼まれました。コミットすることにしました。
 ゴミ分別の教育をいっしょにしていきたいと思っています。


 ●講義の司会に挑戦

   「環境問題」といえば、3月に原科幸彦教授の講義の司会に挑戦しました。
「環境政策と道州制」というテーマでした。講義の準備のために2ヶ月くらい
 環境関係の本が手放せませんでした。おかげさまで、環境問題の概略を知る
 ことが出来ました。ひとえに環境問題と言っても大気から、水から、公害から、
 いろいろな切り口があることを知り、そのどれもがみな深刻であることを知
 りました。司会は、大変緊張しましたが、いい経験をさせていただきました。
 
   それから、2月に韓国に行ったこと。おりしも韓流ブームの真っ只中、文化
 交流が出来、人生のこの時期に韓国の息吹を感じることが出来たのは貴重な
 体験でした。政治的に考え方が日本より進んでいるところや、思い切りのよさ、
 学ぶべきことはいろいろありました。その訪韓メンバーに加わっていたことが
 今でも信じられません。早く心から近くて近い国になるように祈る限りです。


 ●PTA会長になる

   この4月、息子・娘の通う小学校のPTA会長のお鉢が廻って来ました。
 一新塾に籍を置く以上、地域にコミットしていかねば。と思い引き受けました。
「コミュニティスクール」構想に感動している自分がいましたから、学校から
 地域を元気にして行こうと思いました。子供たちのためになる、そして大人
 たちのためになる、そんな企画をPTAを通じて発信して行こうと思います。

 5月には早速第一弾の企画をはじめたところです。校長先生や、他のPTA
 役員と話し合いながら進めているところです。企画の最終的な夢は、東大宇宙
 研究所所長であり、あのノーベル賞を受賞された小柴教授の第一弟子であり
 次期ノーベル賞候補とも言われ、富士市の名誉市民である「戸塚洋二先生」
 の講演を企画したいと考えています。こんな思いになったのも、「一新一縁
 企画」で多少なりともイベントの企画に携わったことがいい経験でした。

   また、PTA活動は、その上位団体に富士市PTA連合会というものがあり
 ます。市内小中学校の各PTA会長および校長先生が自動的に所属になります
 が、その組織の中でも副会長という役を引き受けてしまいました。これは
 ちょっと冒険でしたが、一新塾での学びが風化しないうちに新しいことに飛び
 込まなければならないと思いチャレンジを決意しました。
 一新塾での学びがなければ断っていたと思います。


 ●おわりに〜つなぎ屋

   5月の講義で、一新塾の先輩である、愛知県刈谷市ご出身の真保さんの講演
 で「つなぎ屋」というフレーズに出会いました。
 とても共鳴するものを感じました。私も富士市のつなぎ屋になろうと思います。
 いずれにしましても、思いは郷里富士市を良くしたいというところからです。
 新しい活動のベースを郷里に徐々に広げていきたいと思っています。そんな
 思いを持てたのも一新塾に出会えたからだと思っています。




        ◆新しい問題解決の体験をしてみませんか?◆
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        一新塾入門 問題解決力養成ワークショップ
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                    2005年8月7日(日)


 国の問題、地域の問題、企業の問題・・・と、どこを見ても問題が先行して
 いる今、一人一人が具体的に解決していく力。創造していく力が問われてい
 ます。私たちのパワーこそが従来の社会システムに変革をもたらすエネルギー
 源であり、「政策」「市民プロジェクト」「社会起業」はそのためのツール
 です。「一新塾入門ワークショップ」では、政策立案・社会起業の経験のない
 方でもビジョンを描き、その実現に向けて市民参加で社会の問題解決をする
 スキルを学びます。

 一新塾オリジナルの問題解決フレームワークをワーク形式で体験できる絶好の
 機会です。“誰もが新しい国づくり・地域づくりに参加する時代”を切り拓く
 知恵とスキルをお伝えさせていただきます。
 ぜひ、ご参加下さい!

  日 時:2005年8月7日(日)13:30〜18:00
  会 場:一新塾セミナールーム
      [住所]東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
      [地図]http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html

    内 容:仮説思考・ゼロベース思考・ファシリテータースキルなど、社会
      の問題解決をするために必要なスキルをワークを通じて学びます。

      ●自分の強みはなんだろう?自分はどんな力が発揮できるか?
      ●問題解決のフレームワークとは?
      ●ロジカルシンキング は問題解決に欠かせない。
      ●21世紀はどんなリーダーが求められているか?
      ●21世紀のメンバーは今まで全く違う?

      [課題1]:組織の落とし穴を考える
            某メーカーの例を取り上げ、個人の資質が最も発揮さ
            れるシステムを提案していただきます。
            問題解決のフレームワークをじっくり習得できます。

      [課題2]:現在もっとも社会に必要とされている切実な課題を
            ワーク。本気で取り組みます。チームでビジョンを
            設定して、短時間でプレゼンテーションまでしてい
            ただきます。限られた時間の中でチームワークを発
            揮してどこまでできるか。挑戦していただきます。
            ワークの内容はいくつかご用意指せていただいていま
            すが、メンバーによって決定させていただきます。


   講  師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

  参加費:3000円(当日、受付にて承ります)

    定  員:25名(先着順)

    申  込:末尾フォーマットにてiss@isshinjuku.com 宛にお申込下さい。

  問合先:特定非営利活動法人一新塾
       東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
             Tel 03-5765-2223     Fax 03-5476-2722
             E-Mail: iss@isshinjuku.com
             URL: http://www.isshinjuku.com/



-------------<申込フォーマット宛先:iss@isshinjuku.com>-----------------

■一新塾入門 問題解決力養成ワークショップ
 8月7日(日)13:30〜18:00

氏 名:                       
ご住所:                         (〒    )
TEL:                          FAX:
E-mail:


---------------------------------------------------------------------------


---------------------------------------------------------------------
<編集・発行は>  特定非営利活動法人 一新塾 事務局    森嶋伸夫
●ご意見・ご感想はこちらへ  >>>  iss@isshinjuku.com
●一新塾ホームページはこちら >>>  http://www.isshinjuku.com/
●メールマガジン退会はこちら >>>  http://www.melma.com/taikai/
---------------------------------------------------------------------






規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。