政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【一新塾ニュース】第192号:市川市1%条例の行政視察

2005/05/24


☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆
        一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!
        【第192号】 発行日:2005年5月24日
☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

 メルマガ読者の皆さま、こんにちは。事務局の森嶋です。
 私たちが支払った税金が無駄遣いされていないか、どんな風に役に立って
 いるのか、わかりにくいといった声をよく聞きます。
 そこで、納税者にわかりやすく税金の使われ方を示すとともに、住民の意見
 を予算へ反映する仕組みを確立することを目的に、名古屋の一新塾
 メンバーと加部理事が協働して「納税者の権利プロジェクト」を立ち上げま
 した!
 今回は、プロジェクトの立ち上げ段階からリーダーの近藤さんとともに
 活動に取り組んでいる12期生の宮田久司さんより、市川市の1%条例に
 ついての現場視察レポートが届きましたので、ご紹介させていただきます!

         ___________________
 
            市川市1%条例の行政視察
         ___________________

                         第12期政策提言コース
                               宮田 久司

 一新塾の「納税者の権利プロジェクト」の関連で9期生の近藤裕己さんと
 ともに市川市の1%条例の視察として市川市市民生活部、ボランティア・
 NPO活動推進課に行ってきました。
 我々の質問にご回答をいただいた方は、実際の実行部隊として中心的に
 旗を振ってきただけあり回答も明快なものでした。
 内容は以下のとおりです。


(1)市川市基礎データ
   人  口:約46万人
   納税者:約22万人
 歳入総額:約300億円(1%は約3億円)
 平成17年度1%条例による補助予算:3,000万円
 平成17年度市民基金準備金:1,000万円
 1%条例の実行にかかったコスト:回答不可


(2)1%条例概要と流れ
 目的は、
   1)地域住民の税の使われ方に関する関心を高め、地域住民の行政参画度
     を高める。
   2) 市民活動の活性化
  という2点。

 条例制定までの運びとしては、市民発ではなく行政内部からハンガリーの
  1%法に触発され企画は立ち上がった。そこに平成16年度から行われて
 いるNPO支援の補助金制度を結合させてできたのが今回の制度である。

 成果として、申請しノミネートされた市民活動事業は83団体、5月10日
 までに集まった納税者からの使途選択は5,091件(10日締め切りだか、
 10日付けの郵送分は訪問時未計算)、目標値を納税者の1割、約2万人
 としており、目標を下回っているが税の使い道というテーマに関していえば
 これは頑張った数字だと思われる。というのも、我々が愛知県小牧市で
 開催している勉強会に関していえば参加者は5人にも満たないからだ。
 これも市川市のPRの努力と、市民が実際の財源配分を決める事ができると
 いう魅力のおかげであろう。

(3)PRに関して

 事前のPRとして、説明会の開催、シンポジウムの開催、広報、ビラ配り、
 ポスター、候補事業のプレゼンテーション、ケーブルテレビでの事業説明
 放送(1団体30秒!)など行ったという。ここには多くの労力と資金(税金)
 が必要とされたことと考えられ、むしろ行政への負担は増している。準備の
 ためのコストがいくらかかったかをお聞きしたところ、そのことに関する
 回答は得ることができなかった。

 ただ、今回全国初の条例導入ということもあり、全国や市民の関心を引く
 ことになったことは間違いないだろう。
 PRの過程で1%増税と勘違いし、苦情を言ってきた市民が結構いたと
 いう話もあった。

(4)感想
  一応制度として上手くまとまっており、全国初の試みということで素晴ら
 しいと感じた。
 今後、総合的な政策の立案と意思決定ということに関しても、このような
 発想を取り入れ、より有効に市民や議員を包括的に動機づけしていくことで
 お任せ民主主義からの脱却の糸口が見つかるのではないかとも思われる。
 我々名古屋勉強会においてもこのような観点からPLAN⇒DO⇒SEE⇒の流れで
 いろいろと実験している最中である。

 なお、今後の変化に関しては市川市のHP
 ⇒ http://www.city.ichikawa.chiba.jp/
 市川市納税者が選択する市民活動団体への支援に関する条例の詳細に関しては
 ⇒ http://mama.city.ichikawa.chiba.jp/reiki/Li05_Hon_Main_Frame.exe?UTDIR=D:\EFServ2\ss000000BC\GUEST&TID=1&SYSID=637
 をご参照ください。



     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       一新塾第16期説明会
              〜新しい時代を拓く知恵をお伝えします!〜
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 いよいよ5月28日の第16期開講が迫ってまいりました。
 説明会はのこり1回です。
 2005年を人生の転機としたい方
 NPOを設立したい方
 市民からの政策提言に関心のある方
 ぜひ、説明会にご参加下さい!

 日 時:5月25日(水) 19:30〜21:30【最終回】

     ※どうしても都合のつかない方は、別途、個別説明会を
      調整させていただきます。ご希望の方はご相談ください。

  会 場:一新塾セミナールーム
          [住所]東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
         [地図]http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html

  主な内容: ●主体的市民になる方法?!(自律→切磋琢磨→協働)
            ●座学&チーム活動2本立ての行動実践型教育 
       ●主体的市民への5段階とは?
           ●ファシリテーター型リーダーシップとは?
           ●一新塾オリジナル問題解決フレームワーク
           ●OB/OGと語ろう!

  申 込:末尾フォーマットにてiss@isshinjuku.com 宛にお申込下さい。

 問合先:特定非営利法人 一新塾
     URL http://www.isshinjuku.com/
     Tel 03-5765-2223  Fax 03-5476-2722 
     E-Mail iss@isshinjuku.com



----------------<申込フォーマット宛先:iss@isshinjuku.com>-----------------

■一新塾第16期説明会 
   ( )5月25日(水) 19:30〜21:30 

氏 名:                     
ご住所:                       (〒    )
TEL:                          FAX:
E-mail:

------------------------------------------------------------------------


---------------------------------------------------------------------
<編集・発行は>  特定非営利活動法人 一新塾 事務局    森嶋伸夫
●ご意見・ご感想はこちらへ  >>>  iss@isshinjuku.com
●一新塾ホームページはこちら >>>  http://www.isshinjuku.com/
●メールマガジン退会はこちら >>>  http://www.melma.com/taikai/
---------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。