政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【一新塾ニュース】第186号:韓国の政治文化から学ぶこと

2005/05/14

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆
        一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!
        【第186号】 発行日:2005年5月14日
☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

▼目次

 ■『韓国の政治文化から学ぶこと』       井ノ部航太氏(第13・15期生)

 ■ のこり3回!〜第16期説明会
   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ┃       5月18日(水) 19:30〜21:30 【追加決定】        ┃
     ┃       5月21日(土) 15:00〜17:00 【追加決定】        ┃
     ┃       5月25日(水) 19:30〜21:30 【 最終回 】        ┃
   ┃  → http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html     ┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ■ 一般公開イベント
   5月17日(火) ビデオ上映会『一新塾10周年記念大前研一講演』
   5月19日(木)「今が転機!ライフワーク発見ワークショップ」

  ◎お気軽にお問い合わせ下さい!【 特定非営利活動法人一新塾 】 
    E−mail iss@isshinjuku.com     電話:03-5765-2223 
   URL http://www.isshinjuku.com/
======================================================================

皆さま、こんにちは。事務局の森嶋です。
昨日は一新塾講師のジャン・ユンカーマン氏が監督を務められたドキュメン
タリーの最新作『映画 日本国憲法』の上映会を開催いたしました。
日本という国と世界の関わりをこの映画を通してそれぞれの方が感じられ、
あらためて、現在私たちが置かれている状況を考える機会となりました。

ジャン・ユンカーマン氏が以前2003年12月に一新塾の講師に来られた時
「映画は長い間、どういうものを作るか、協同で磨きながら大勢の方の時間を
つかってやる。そしてできあがったものを、みんなで見て話し合いができる。」
と言われました。ディスカッションの場がもたれることも考えて映画づくりを
されているのです。

一新塾創設者の大前氏も、世界を舞台に仕事をするようになったことから日本の
蛸壺状態を意識され、未来を予測して、日本人がそこから脱皮し自ら考え行動す
るよう願って、一新塾創設に至りました。今まさに一新塾の塾生はさまざまな
テーマで講義を受け、自らを再構築し続け、新たなアクションを生み出してい
ます。そのことも、創設当時からビジョンに見据えていたからこそ実現された
のです。

一新塾は、情報に埋もれることなく、自らの軸を見つけられる貴重な場です。
ビジョン探求の講義+ディスカッション+実践のチームプロジェクトがその
近道だと考えています。

さて、今回は13・15期生の井ノ部航太さんに、2月の一新塾韓国視察団への
参加を通じて感じた「日本という国との世界の関わり」についてレポートを
いただきましたのでご紹介させていただきます。


        ______________________

            韓国現地視察報告第5弾
           「韓国の政治文化から学ぶこと」
        ______________________


                                                      第13・15期生
                                                        井ノ部航太


 みなさん、こんにちは。一新塾13期&15期に学ぶ井ノ部航太です。

 早いもので、一新塾と関わりを持ち始めてから1年半あまり。
 様々なプロジェクトにも参加させていただき、主体的市民としての鍛錬を
 積む毎日を送っています。

 さて、2月17日から20日まで、一新塾の有志と韓国視察に行ってまいり
 ました。この視察は、韓国の政治家や政治家秘書、ベンチャー企業家等に
 よって組織されてる(韓日政経文化フォーラム)の招きで訪問が実現した
 ものです。今日はこのご報告をしたいと思います。

 今回の視察日程は、政権与党であるウリ党(日本でいえば民主党)と
 ハンナラ党(同じく自民党)の有力議員、ソウル市、京畿道など行政府、
 2000年、2004年の選挙で落選運動を行い世界で注目された「参与連帯」など
 の市民団体など、4日の間、非常に多くのプログラムをこなしてきました。
 全ての行程については、わたくしのホームページ(http://nml.seesaa.net
 に譲るとして、特にご紹介したいプログラムについて書いて行きます。


●一日目 李成櫂ハンナラ党国会議員との面談

 早稲田大学の大学院で学ばれて、日本語が堪能な方でした。
 緊張高まる北朝鮮に関する発言の要旨を紹介します。

(北朝鮮問題について)
 韓半島の統一は、永続的なテーマである。しかし、97年のIMF危機以降、
 依然として韓国経済は厳しく、党としては、経済回復をまず成し遂げるべき
 だと考えている。
 そもそも、韓半島はさまざまな思惑が交錯する場所である。特に、地政学的
 にも中国の意思に左右されがちである。ハンナラ党としては、中国の意思を
 確認したいと思っているが、どうやら分断維持が中国の考えであるようだ。
 覇権主義をとる中国への説得や説明は難しく、ともすると経済的な面で圧力
 をかける必要があるかもしれない。オリンピック、万博を控えている中国は、
 しばらく経済成長を続けたいであろうから、これは有効な手段ではないだろ
 うか。
 しかしながら、北朝鮮が核武装することで、日本・台湾に核武装の口実を与
 えることにもなり、中国は苦悩しているだろう。
 北朝鮮問題は、ハードランディングする可能性が高い。昨年の列車爆発事故
 は金正日暗殺の試み。国内事情も変化しており、中国による進駐政権が誕生
 するのではないかと危惧している。

 アジアにおける中国の存在感をひしひしと感じました。


●二日目 参与連帯訪問 金ミンヨン市民監視局長、孫赫載運営委員長(聖公
 会大学NGO大学院教授)

 参与連帯は、国会、司法、行政の監視、社会的弱者に対する援助、朝鮮半島の
 平和に向けての調査・行動を活動の軸としています。彼らは特定領域の専門
 団体ではなく、総合市民運動として自らを定義し、幅広い活動を行ってきま
 した。特に日本では、国会議員選挙での「落選運動」が有名です。

 「落選運動」が始まった背景としては、韓国では政治家による腐敗・汚職が
 非常に多かったことが挙げられます。そもそも国会は国政監査権をもってい
 るが、国会を監査する機能はなく、政治家の国会活動の実態がつかめず、
 政治家の腐敗が極まった状況がありました。そこで、1990年代に40
 ほどの市民団体が団結して、国会監査を目的に活動をはじめたのです。

 「落選運動」は、党による推薦の段階からチェックを始めます。
 そのポイントは、(1)腐敗政治家であるか、(2)選挙違反行為を行って
 いるか、(3)人権軽視の姿勢はないか、(4)議会政治活動に不誠実では
 ないか、というところであり、判断には司法処理された事実を用い、また文書
 による事実確認、釈明、調査という段階を踏むなど、客観的な判断を心がけ
 ているということです。

 2004年の例では、落選運動の対象となった86名のうち、59名が落選
 しました。

 日本でも、落選運動したくなるような政治家はたくさんいますが、その運動
 が選挙時に行われている候補者間の誹謗・中傷合戦と同じ性質のものととら
 れるのは、避けたいものです。あくまで客観性・公平性を持って、特定の
 政党・候補者からフリーな運動であれば、日本でも成立する可能性があると
 感じました。


 視察を通じて印象的だったのは、市民団体がうまくIT技術を使いこなし、
 自分たちの主義・主張を実現していることです。
 反面、政党とはいえば、韓国での政治文化の変容の度合いがあまりにも
 スピーディーなため、その変化に対応できなくなっているようです。特に、
 特定の支援組織に依拠する政党は、その限界を露呈しているような印象でした。
 日本も近い将来に同じ現象が起こるでしょう。
 わたくしもその日に備えて、主体的市民としてのスキルを高めておきたいと
 思います。




                開講迫る! 
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       一新塾第16期説明会
              〜新しい時代を拓く知恵をお伝えします!〜
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 一新塾で取り組んでいる「カリキュラム」や「プログラムの詳細」や
「OB・OGの方の活躍」「 講師の方との関わり」など映像を交えて事務局長から
 紹介させていただきます。また、現役生、卒塾生の方にもお越しいただき、
 多様な視点から一新塾の教育プログラムをご紹介させていただきます。

 以下に一つでも思いたあたる方は、一新塾説明会にぜひお越し下さい。
 道が拓けるヒントが必ず見つかります。

  □ 仲間を得たい。
  □ 仕事のかたわら、地域の活動をしたい。
   □ 市民の立場で政策提言をしてみたい。
  □ 将来的には議員に立候補を考えている。
   □ 将来的には起業を考えている。(NPOやコミュニティビジネスなど)
  □ 現在活動をしているが、壁にぶつかっている。
   □ 一新塾の講師に興味がある。


 日 時:(1)5月18日(水) 19:30〜21:30 【追加決定】  
      (2)5月21日(土) 15:00〜17:00 【追加決定】 
      (3)5月25日(水) 19:30〜21:30 【 最終回 】

 会 場:一新塾セミナールーム
          [住所]東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
         [地図]http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html

 主な内容: ●主体的市民になる方法?!(自律→切磋琢磨→協働)
           ●座学&チーム活動2本立ての行動実践型教育 
      ●主体的市民への5段階とは?
          ●ファシリテーター型リーダーシップとは?
          ●一新塾オリジナル問題解決フレームワーク
          ●OB/OGと語ろう!


 申 込:末尾フォーマットにてiss@isshinjuku.com 宛にお申込下さい。



            ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                               ビデオ上映会
              『 一新塾10周年記念 創設者大前研一講演』
            ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 昨年10月、一新塾の10周年を記念して開催された創設者大前研一講演会。
 「これからの10年!世界は、そして日本は?」をテーマに、大きく転換して
  いる時代の潮流と市民パワーの可能性を存分にお話いただきました。

 主体的市民として先駆的に挑戦を続ける大前さんの言葉から、一人でも多くの
 方に、私たちのフロントに広がる新しい時代の風をぜひ感じていただきたいと
 思い、この度、ビデオ上映会を企画いたしました。
 ぜひ、ご参加下さい。

  日 時 :5月17日(火) 19:00〜21:30

  会 場 :一新塾セミナールーム
       [住所] 東京都港区芝3―28―2カスターニ芝ビル2F
       [地図]http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html

  内 容 :●オープニング
       ●大前研一氏講演
       ●青山貞一氏講演
       ●主体的市民憲章
       ●エンディング
       ※時間の都合上、一部編集させていただきます。

  参加費 :1000円(会場にて承ります)

  申 込 :下記のフォーマットよりお申込ください




        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               時代を創造するために、あなたはどう生きる?
            〜『今が転機!ライフワーク発見ワークショップ』〜
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   
「自分軸」は見つかっていますか?
 あなたが本当にやりたいことは何ですか?
   
自分が心からワクワクする、そして、人生を賭けて挑戦したい仕事。
こうした仕事に出会えることで、私たちの生活は全く違う質のものに
転換するでしょう。
   
今回のワークショップでは、一新塾生が日々取り組んでいるどんな問題の解決
にも使える「プランニングシート」を通して、自分のミッションを明確にして
いくことで、ライフワークを探求していきます。「仕事をする、就職をする」
ことの本当の意味をじっくり考える機会になると思います。

  
   日 時 : 5月19日(木) 19:00〜21:30

    会 場 : 一新塾セミナールーム
               [住所] 東京都港区芝3―28―2カスターニ芝ビル2F
              [地図]http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html

   内 容 : 定員20名(対象年齢19歳〜34歳、先着順)

   コーディネーター:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

   参加費 : 1000円(会場にて承ります)

   申  込 : 下記のフォーマットよりお申込ください


 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃ ●全てのイベントの詳細・お問い合わせはこちらへお願いします!  ┃
  ┃                【特定非営利法人 一新塾】                     ┃
 ┃            URL http://www.isshinjuku.com/                   ┃
 ┃          Tel 03-5765-2223   Fax 03-5476-2722               ┃
 ┃               E-Mail iss@isshinjuku.com                     ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


----------------<申込フォーマット宛先:iss@isshinjuku.com>-----------------

■一新塾第16期説明会 
   ( )5月18日(水) 19:30〜21:30   
   ( )5月21日(土) 15:00〜17:00  
   ( )5月25日(水) 19:30〜21:30 

■ビデオ上映会『一新塾10周年記念大前研一講演』
  ( )5月17日(火)  19:00〜21:30

■時代を創造するために、あなたはどう生きる?
  〜『今が転機!ライフワーク発見ワークショップ』〜
  ( )5月19日(木)  19:00〜21:30


氏 名:                     
ご住所:                       (〒    )
TEL:                          FAX:
E-mail:

------------------------------------------------------------------------


---------------------------------------------------------------------
<編集・発行は>  特定非営利活動法人 一新塾 事務局    森嶋伸夫
●ご意見・ご感想はこちらへ  >>>  iss@isshinjuku.com
●一新塾ホームページはこちら >>>  http://www.isshinjuku.com/
●メールマガジン退会はこちら >>>  http://www.melma.com/taikai/
---------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。