政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【一新塾ニュース】第183号:一新塾で定年後の夢実現を目指す!

2005/04/26

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆
        一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!
       【第183号】 発行日:2005年4月26日
☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

▼目次

 ■『一新塾で定年後の夢実現を目指す』 浅野勝吾氏(第15期生)

 ■ 第16期説明会〜新しい時代を拓く知恵をお伝えします!
   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃ 東 京: 4月27日(水) 19:30〜21:30                   ┃
   ┃      5月 8日(日) 15:00〜17:00  ほか             ┃
   ┃  名古屋: 5月 6日(金) 19:00〜21:00                   ┃
     ┃  大 阪: 5月 7日(土) 15:00〜17:00                   ┃
   ┃  → http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html     ┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ■ 一般公開イベント
   5月10日(火) シンポジウム『商店街を元気にする!』
   5月13日(金) 映画『日本国憲法』上映会
   5月17日(火) ビデオ上映会『一新塾10周年記念大前研一講演』

  ◎お気軽にお問い合わせ下さい!【 特定非営利活動法人一新塾 】 
    E−mail iss@isshinjuku.com     電話:03-5765-2223 
   URL http://www.isshinjuku.com/
======================================================================

メルマガ読者の皆さま、こんにちは。事務局の森嶋です。

先日4月24日に一新塾のOBOG現役生交流会を開催いたしました。
「一縁一新」と題し、主体的市民元年のキックオフです!
“主体的市民”塾生・卒塾生がどう協働していくかについて、
起業で社会変革に挑戦されているOBOGをパネラーに議論を展開!
また、プロジェクトオークションでは、12チームのバトルが繰り広げられ、
90名の会場から、ヒト・モノ・カネ・情報の支援を募りあいました!
また、一新塾出身の国会議員、地方議員の方にも駆けつけていただきました。
本気の旗を揚げた人に相互に支援し会う風土が着々と根付いてきています。

今回は、第15期で社会起業のプロジェクト活動をスタートさせた浅野勝吾さん
にご登場いただきます。


        ______________________

          一新塾で定年後の夢実現を目指す
        ______________________


                         第15期社会起業コース
                              浅野 勝吾

 ●QOLが低い日本

  日本は世界第2位の経済大国でありながら、生き甲斐、健康、安心などの
 人間の本源的ウオンツが充足されておらず、西洋先進国に比べてQOL(Quality
 of Life:生活の質)が劣っているといわれて久しくなります。
  世界に例の無いスピードで″高齢化が進み、熟年世代が大幅に増加する社会
 が目前に迫っているだけに、熟年者が生き甲斐とゆとりの持てる施策、安全・
 安心で快適な生活を保証する施策の発動が喫緊の課題となっております。


 ●コンシェルジェサービス

  施策の一つとして、かゆいところに手が届く生活直結型のコンシェルジェ
 サービス産業を増やそうという試みがなされており、介護タクシー、癒し
 サービス、健康食品・飲料等の産業が伸びております。


 ●自然の活用

  私は、このような本源的ウオンツを充足するもう一つの方法として、
 「自然の活用」が有効ではないかと考えます。古来より、日本人は自然を崇拝
 し、常に自然と一体で、自然の恵みを多分に受けてきていたのですが、戦後
 は、半ば強制的に自然との関係を断ち切り、わき目もふらず経済活動に邁進
 してしまいました。
  社会が成熟した今こそ、「自然活用」の復活が人間の本源的ウオンツを充足
 させ、QOL向上を図り、日本の伝統文化を回復させる手段となり得るのではな
 いかと考えます。


 ●炭焼きキット

  そこで、自然活用のツールとして、極めてローテクである炭焼窯と雪室を
 地域活性化の手段として活用できないかと考えました。燃料としての炭焼き
 であれば多分、中国などの安い炭にかなわないでしょう。しかし燃料として
 の炭焼きではなく、炭を焼くための窯を皆で作る→その窯を使って皆で炭焼き
 をする→自分たちの作った炭でコミュニティ・ビジネスを立ち上げ炭製品を
 製作するというサイクルが回せれば、地域資源を有効に活用した地域おこし
 のツールになるのではないかと思います。
  又、炭を焼くということは山の木を切る(間伐)という行為を伴いますか
 ら、人の意識は自ずと地域の森林再生・里山再生の方に向き、循環型社会
 構築にも繋がります。


 ●雪室キット

  雪室も同様です。雪という自然エネルギを活用して貯蔵庫を作り、夏場ま
 で融けない工夫を安価に出来れば、地域野菜や特産物を貯蔵し、コミュニティ
 ・ビジネスを立ち上げて加工することによって地域ブランド品を生み出す
 ことも可能です。何より地域の人々がコミュニティを作って共同で作業を行
 うことが、地域内での人の結びつきや生き甲斐創出につながると思います。
  北海道、新潟などの雪の多い地域では町ぐるみ、村ぐるみで大きな雪室を
 設置している所もありますが、私は、数人規模の小型の雪室を使ってコミュ
 ニティの再生が出来ないかと考えております。


 ●炭焼きはノウハウのカタマリ

  このような仮説の成否のカギは、炭焼窯、雪室を誰でも扱えるようなキット
 として開発できるかです。特に炭焼きは大変なノウハウのカタマリであり、
 玄人でもその日によって出来、不出来があるといわれるほどです。投入する
 原木の種類、乾燥度合い、気温、風量、風向きなどがその時々によって全て
 異なることがその理由だと思われます。


 ●キットの開発

  私は炭焼き、雪室ということに関しては全くの素人です。38年間の会社
 生活ではどちらかというと新規の分野を担当することが多く、新しいことに
 挑戦するのが苦にならないたちではありますが、何しろ企業のエンジニアで
 あった私に炭焼きキットや雪室キットが本当に設計できるのかは不安でした。


 ●一新塾とのつながり

  定年まで3ヶ月余り残してこのような定年後の構想を考えていた時に、
 たまたまインターネットで一新塾創立10周年記念での大前研一氏の講演会
 を知ったのです。大前研一氏のことは以前から興味を持ち、氏の著書はほと
 んど読んでおり、同感する事が多かったものですからすぐ講演会に申し込み
 ました。これが一新塾との最初の繋がりです。


 ●一新塾入塾

  私は、定年後のささやかな生き甲斐にしようと考えていたこのアイデアが
 実現可能なものかどうか、多様な視点からたたいてもらう目的で入塾しました。
 当初は炭焼き、雪室という、若者にとってはほとんど馴染みの無いテーマだけ
 に戸惑いも大きく、共感者は少なかったのですが、何回かのプレゼンテー
 ションを実施しているうちに一緒に実行したいというメンバーが現れ、活動
 チームが結成されるに至りました。自然、自然エネルギー、QOL、日本文化、
 スローライフなどに興味を示している若者達(大学生含む)ばかりで、自治体
 へのプレゼンテーション、炭焼き体験など積極的に活動を推進しております。


 ●一新塾での問題解決法

  一新塾では問題解決に当り、「ゼロベース思考」、「仮説思考」、「現場
 主義」という一新塾特有の方法を駆使し、「タコ壺思考からの脱却」を目指
 します。又、チーム活動を重視し、チーム内での異質がぶつかり合う切磋琢磨
 の中から新たな創造を生み出します。仮説思考で“壁”を先に予測し、チーム
 のコラボレーションによってPLAN・DO・SEEサイクルを絶え間なく回して解決
 を図る姿勢が貫かれておりますので、常に背中を押される感じでプロジェクト
 が推進されるのが何とも心強く感じられます。


 ●自由演技

  入塾から5ヶ月経過し、活動もまだ緒に就いたばかりで本格的活動はこれか
 らということになりますが、私にとりましては、今までの会社生活が「規定
 演技」だとすれば、これからは規則に縛られずに自由に伸び伸びと演技できる
 「自由演技」の期間ではないかと勝手に考え、これからはサラリーマンでは
 なく個人事業を、企業への貢献ではなく地域への貢献をしたいと考えており
 ます。



        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  第16期説明会
        〜新しい時代を拓く知恵をお伝えします〜
                    http://www.isshinjuku.com/
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 一新塾は不思議なところです。
 社会が八方塞がりで追い込まれれば追い込まれるほど、塾生たちはどんどん
エネルギッシュになって問題解決に嬉々として打ち込みます。
 問題が山積している日本だからチャレンジしたいテーマがゴロゴロしていて
やる気がどんどん湧いてくるのです。

 今まで、なぜ気づかなかったのでしょうか?
 最もエキサイティングで楽しいテーマである“国づくり・地域づくり”を
政治家や官僚任せにしてきてしまいました。自分のお金儲けに没頭しすぎて
最も楽しいやりがいのあることを人任せにしてしまっていたのです。

 さあ、皆さん、現在の仕事や家庭以外にもう一つの顔を持ちませんか?
 それは“新しい国づくり・地域づくり”のプレイヤーとしての顔です。地域
に存在する知恵を最大限に活用し、一緒に問題を解決し、新しいシステムの
創造に取り組みませんか?
 もう一つの顔を皆が持てば、日本は変ります。

 さて、以下に一つでも思いたあたる方は、一新塾説明会にぜひお越し下さい。
 道が拓けるヒントが必ず見つかります。

  □ 最近、ニュースを見ていると納得いかないことだらけ!
  □ 仕事の仲間とは社会問題をじっくり議論できない
  □ さまざまなバックグラウンドの方と出会いたい
  □ ふと、生き方を変えてみたいと思うことがある
  □ 人とのコミュニケーションがうまくいかず悩むことがある
  □ このまま行けば日本の行く末が心配だ
  □ 本当の自分を知りたい
  □ 議論だけではなく行動が大事だと思うことがある
  □ 自分の中にある依存心を克服したい
  □ 建前ばかりじゃ、やってられない


 【説明会の主な内容】
   ●主体的市民になる方法?!(自律→切磋琢磨→協働)
   ●座学&チーム活動2本立ての行動実践型教育 
   ●主体的市民への5段階とは?
   ●ファシリテーター型リーダーシップとは?
   ●一新塾オリジナル問題解決フレームワーク
   ●OB/OGと語ろう!

━━━━━━━
■ 東京会場■
━━━━━━━
   日 時:(1)4月27日(水) 19:30〜21:30
      (2)5月3日(火・祝)15:00〜17:00
      (3)5月 8日(日) 15:00〜17:00 
      (4)5月11日(水) 19:30〜21:30
      (5)5月14日(土) 15:00〜17:00  ほか

   会 場:一新塾セミナールーム
         [住所]東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
         [地図]http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html

━━━━━━━
■名古屋会場■
━━━━━━━
  日 時:5月 6日(金)19:00〜21:00 
  会 場:名古屋国際センター4階 第3研修室
      [住所] 名古屋市中村区那古野一丁目47番1号
      [地図] http://www.nic-nagoya.or.jp/access.htm
  交 通:地下鉄桜通線「国際センター」駅下車すぐ 


━━━━━━━
 ■大阪会場■
━━━━━━━
  日 時:5月 7日(土) 15:00〜17:00
  会 場:エール学園1号館109号室
      [住所] 大阪市浪速区難波中3-9-3
      [地図]http://www.ehle.ac.jp/so.html 
  交 通:JRなんば駅・四ツ橋なんば・御堂筋なんば・
      南海なんば・近鉄なんばより徒歩で約3分

  ※以下は共通

   申 込:末尾フォーマットにてiss@isshinjuku.com 宛にお申込下さい。

  問合先:特定非営利活動法人一新塾
       東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
           Tel 03-5765-2223     Fax 03-5476-2722
           E-Mail: iss@isshinjuku.com
           URL: http://www.isshinjuku.com/



       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         一新塾主催 地域変革シンポジウム
           『商店街を元気にする!』
        〜商店街に身を投じた二人の奮闘記!〜
       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 あなたのまちの商店街は元気ですか?

 ------------------------------------------------------------------
 サラリーマンのあなたへ!
 商店街なんて関係が薄い!なんて思ったら大間違い!!!
 これからは、サラリーマンが商店街を!そして地域社会!を変えるのです。
 ------------------------------------------------------------------

 全国各地で、「シャッター街」と呼ばれる商店街が激増しています。
 昔ながらの商店街ですが、シャッターが下りた店目立ち、人通りも寂しくなっ
 ています。

 そんな中、会社を辞め地域へ身を投じることを選択したお二人。
 一人は社会起業家として、一人は地方議員として、商店街の再生に挑みました。

 二人の突き抜けるようなアイディアと常識破りの行動力に、閉塞日本を打破
 する生き方を感じていただけると思います。

 また、「沖縄タウン」「投票率アッププロジェクト」「花いっぱい運動」など、
 あなたのまちの“商店街再生”のヒントがきっと得られます!

 ぜひ、ご参加下さい!

 ----------------------------------------
 ■シンポジウム『商店街を元気にする!』
    〜商店街に身を投じた二人の奮闘記!
 ----------------------------------------
  日 時:2005年5月10日(火)19:30〜21:30

   パネリスト:とかしきなおみ氏(杉並区議・一新塾1期OG)
        真保俊治氏(エコラボSTATION代表・一新塾11・13期OB)

  場 所:一新塾会場
      東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
      [地図] →  http://www.isshinjuku.net/map2.html

  タイムテーブル予定:
   19:30〜20:00 講演「自分と商店街の元気を引き出す
                   〜愛知県刈谷市商店街」真保俊治氏
     20:00〜20:15  講演についての質疑応答
   20:15〜20:45 講演「沖縄タウンプロジェクト
                 〜杉並区和泉商店街」とかしきなおみ氏
   20:45〜21:00 講演についての質疑応答
   21:00〜21:30 真保さん&とかしきさんと会場と双方向でシンポジウム

  参加費:1,000円(当日、受付にて承ります)

   定 員:80名(先着順)

   申 込:末尾フォーマットにてiss@isshinjuku.com 宛にお申込下さい。

  問合先:特定非営利活動法人一新塾
       東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
           Tel 03-5765-2223     Fax 03-5476-2722
           E-Mail: iss@isshinjuku.com
           URL: http://www.isshinjuku.com/




        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ジャン・ユンカーマン監督最新作
           映画「日本国憲法」上映会
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 5月13日の一新塾映画上映会のお知らせです。
 一昨年はジャン・ユンカーマン監督の「チョムスキー9・11」を上映し、
 大好評でしたが今回は同監督の最新作「映画 日本国憲法」を上映いたします。

 憲法議論は国の行く末を決める重要なものですが、与党も野党も活発な議論が
 されながら、主権者である“国民”の声が聞こえてきません。
 今だからこそ、皆さんと一緒に憲法を考えてみたいと思います。

 なお、監督のジャン・ユンカーマン氏は5月28日開講の第16期講師として
 一新塾にお越しいただく予定です(講義日程は未定です)。

 皆さまのご参加をお待ちしております。

 -----------------------------
 ■映画「日本国憲法」上映会
 -----------------------------
  日 時 :5月13日(金) 19:30〜21:30

  会 場 :一新塾セミナールーム
       [住所] 東京都港区芝3―28―2カスターニ芝ビル2F
       [地図]http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html

  内 容 :【映画上映】「日本国憲法」
              監督 ジャン・ユンカーマン
          音楽 ソウル・フラワー・ユニオン
              2005年シグロ作品

  参加費 :1000円(会場にて承ります)

  申 込 :下記のフォーマットよりお申込ください

  問合先 :特定非営利法人 一新塾
       URL http://www.isshinjuku.com/
       Tel 03-5765-2223  Fax 03-5476-2722 
       E-Mail iss@isshinjuku.com

 【作品紹介】
  戦後60年を迎えた2005年、自衛隊のイラク派兵をきっかけに憲法につい
  ての踏み込んだ議論がはじまりました。国内のあまりに性急な改憲への
  動きを、世界に視野を広げて見つめ直す、それがこの映画の出発点です。
  憲法とは誰のためのものか、戦争放棄を誓った前文や第9条をどう考える
  のか。本作品は、憲法制定の経緯や平和憲法の意義について、世界的な
  知の巨人たちが語った貴重なインタビュー集です。(HPより)



           ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       ビデオ上映会
              『 一新塾10周年記念 創設者大前研一講演』

      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 昨年10月、一新塾の10周年を記念して開催された創設者大前研一講演会。
 「これからの10年!世界は、そして日本は?」をテーマに、大きく転換している
 時代の潮流と市民パワーの可能性を存分にお話いただきました。

 主体的市民として先駆的に挑戦を続ける大前さんの言葉から、一人でも多くの
 方に、私たちのフロントに広がる新しい時代の風をぜひ感じていただきたいと
 思い、この度、ビデオ上映会を企画いたしました。
 ぜひ、皆さまご参加下さい。

 -------------------------------------------------------
 ■ビデオ上映会『 一新塾10周年記念 創設者大前研一講演 』
 -------------------------------------------------------
  日 時 :5月17日(火) 19:00〜21:30

  会 場 :一新塾セミナールーム
       [住所] 東京都港区芝3―28―2カスターニ芝ビル2F
       [地図]http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html

  内 容 :●オープニング
       ●大前研一氏講演
       ●青山貞一氏講演
       ●主体的市民憲章
       ●エンディング
       ※時間の都合上、一部編集させていただきます。

  参加費 :1000円(会場にて承ります)

  申 込 :下記のフォーマットよりお申込ください

  問合先 :特定非営利法人 一新塾
       URL http://www.isshinjuku.com/
       Tel 03-5765-2223  Fax 03-5476-2722 
       E-Mail iss@isshinjuku.com


----------------<申込フォーマット宛先:iss@isshinjuku.com>-----------------

■一新塾第16期説明会
  ◎東京会場
  ( )4月27日(水) 19:30〜21:30
  ( )5月3日(火・祝)15:00〜17:00
  ( )5月 8日(日) 15:00〜17:00 
  ( )5月11日(水) 19:30〜21:30
  ( )5月14日(土) 15:00〜17:00

 ◎名古屋会場
  ( )5月 6日(金) 19:00〜21:00 

 ◎大阪会場
  ( )5月 7日(土) 15:00〜17:00

■シンポジウム『商店街を元気にする!』
  ( )5月10日(火) 19:30〜21:30

■映画『日本国憲法』上映会
  ( )5月13日(金)   19:30〜21:30

■ビデオ上映会『一新塾10周年記念大前研一講演』
  ( )5月17日(火)  19:00〜21:30


氏 名:                     
ご住所:                       (〒    )
TEL:                          FAX:
E-mail:

------------------------------------------------------------------------


---------------------------------------------------------------------
<編集・発行は>  特定非営利活動法人 一新塾 事務局    森嶋伸夫
●ご意見・ご感想はこちらへ  >>>  iss@isshinjuku.com
●一新塾ホームページはこちら >>>  http://www.isshinjuku.com/
●メールマガジン退会はこちら >>>  http://www.melma.com/taikai/
---------------------------------------------------------------------


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。