政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【一新塾ニュース】第176号:英語取り入れた幼児教育の実践について

2005/03/04


☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆
        一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!
       【第176号】 発行日:2005年3月4日
☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

▼目次

 ■『英語取り入れた幼児教育の実践について 』 中山進氏 (15期通信科)
 ■ 第16期説明会がいよいよスタート!!
  (1)3月29日(火) 19:30〜21:30
  (2)4月  2日 (土) 15:00〜17:00 ほか
 ■ イベントのお知らせ
  (1)「一新塾入門ワークショップ〜新しい社会の問題解決手法を体験!」
  (2)「『政策担当秘書』へのご招待!」
           4月15日(金)19:30〜21:30
   → http://www.isshinjuku.com/04i_hassin/ev_mosikomi.html

======================================================================

メルマガ読者の皆さま、こんにちは。事務局の森嶋です。
今回は、通信科生の中山進さんに英語取り入れた幼児教育の実践についてご紹介
をいただきます。中山さんがPlan→Do→Seeを繰り返しながらビジョン
実現に向かわれている様子が伝わってまいります。

中山さんは、北九州で日韓英語草の根交流を展開したいとの思いで、
先の一新塾韓国視察団にご参加くださいました。

       ______________________

        英語取り入れた幼児教育の実践について
       ______________________

  はじめまして15期通信科生の中山進です。
  北九州で英語取り入れた幼児教育を実践しています。2005年1月には
 NPO法人化いたしました。今回は、私の活動について“英語教育”から
 “幼児英語教育”へ、そして、“これからのミッション”の3つのステージ
 に分けて述べていきたいと思います。

 ●英語教育
  
  簡単にCIC英語学園の歴史に触れたい。
  1983年に満を持して、福岡県中間市の父の実家の1室で英語教室設立した。
 設立目的は学校英語ではなく、実用英語を効率的に、分かりやすく適切な
 価格で提供することであった。

  最初は考えた通り上手く行っていたように思えたが、だんだん思ったよ
 うな成果が出なくなった。外国語の習得には努力、根気、やる気、時間が
 ないと最終的には成功しない。適切な動機も必要だ。
 しかし全ての人にこれらを期待するわけにもいかない。

  そこで解決策として考えたのが、より柔軟な頭脳を持った幼児を対象に
 することだった。言語習得に関して年齢は低いほど、習得目標の言語に触
 れる時間が多ければ多いほど良い。この2点だけを考慮すればよい。努力、
 根気、やる気、動機、英語教授法などあまり考えなくても良く、英語習得
 に適した環境さえ提供すれば良いのだ。

  出来るだけ理想的な環境を提供するため、1995年若松区で3〜5歳児を
 対象にした英語幼児園がスタート。毎日4時間英語で生活。講師はもちろ
 ん英語を母国語とする外国人講師に担っていただいた。

 ●幼児教育

  この時点では、英語幼児園は英語教育の延長線であり、幼児教育について
 は考えていなかった。子供は自然に育つものと思っていた。園生活を楽しく
 送り、英語が自然に身に付けばそれで良いと単純に思っていた。

  正直なところ、今から思うと、1〜3年目はいろんな面で準備不足であった。
 特に問題だったのが、保護者への対応のまずさだった。いわゆる顧客(特に
 母親)の気持ちを理解していなかった。職員間の連携も悪かった。
 全て経営者としての私の現状認識の甘さ、能力不足だった。

  確かに世の中は劇的に変化していた。少子化、核家族化、父親不在、孤立
 した母親、個人主義の発達、コミュニテイの崩壊等、子供や家庭を取り巻く
 環境は大きく変わっていた。子供が犠牲者に、または加害者になる悲惨な事件
 が起き、幼児教育の重要性が議論された。

  私は立ち戻って設立目標を明確にした。
  保護者や入園希望者に対する説明、経験豊富な日本人保育士の採用、バラン
 スの取れた幼児教育の導入等改善を進めた。幼児教育理念の導入に当たっては、
 故井深大(ソニーの創設者)の井深アピールを基本とした。

 「幼児教育の基本は心の教育であり、英才教育ではない。
           幼児は幼児期にしかない大きな可能性を持っている。」


 ●これからのミッション

  2005年度より幼児園はNPO法人として活動することになった。
  認可外ではあるが、より公益性を意識して活動していく方針だ。幼児教育
 に関しては保護者のとのコミュニケーションを大事にする。他のNPO法人
 との連携を図り、楽しい子育てのお手伝いをする。

  英語教育に関しては、小学生になっても英語学習が継続できるように、
 北九州市が計画している小中高の英語による一貫教育実現に協力する。
 小中学生対象の“日韓英語草の根交流”を実現化する。これは英語を学習する
 両国の子供たちが英語で相互理解を高めることを目的としたプログラムである。

  主体的市民として、行政の力を借りずに、または行政と協働しながら、自分
 たちで出来ることは自分たちでやっていく必要がある。この点ではNPO法人
 の協動が起こりつつあると感じているし、私も積極的にかかわって行きたい。

  一新塾も同じ目標で、塾生として動いている。通信科生なので、主にビデオ
 での学習になるが、いろいろ刺激をもらっている。日韓草の根交流にも参加さ
 せて頂き感謝している。字数の制限でなかなか言い表せなかったが、興味の
 ある方は、ぜひ、CIC英語学園のHPをご参照下さい。
 http://www.geocities.jp/cicsusumu

 CIC英語学園 学園長
 特定非営利活動法人 CIC英語幼児園 理事長 
 中山 進



                      ◆一新塾第16期 5月開講◆
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            説明会いよいよスタート!!
        〜新しい時代を拓く知恵をお伝えします〜
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  5月開講の第16期の塾生募集を3月より開始いたします!
 下記のとおり、いよいよ説明会を開催いたします。
 一新塾で取り組んでいる主体的市民教育について、映像をまじえて、
 詳しく紹介させていただく機会を設けています。OB、OGの方にも
 お越しいただき、交流する機会もあります。ぜひお気軽にご参加ください。

  【説明会の主な内容】
   ●主体的市民になる方法?!(自律→切磋琢磨→協働)
   ●座学&チーム活動2本立ての行動実践型教育 
   ●主体的市民への9段階とは?
   ●ファシリテーター型リーダーシップとは?
   ●一新塾オリジナル問題解決フレームワーク
   ●OB/OGと語ろう!

        日 時:(1)3月29日(火) 19:30〜21:30
            (2)4月  2日 (土) 15:00〜17:00 ほか

        会 場:一新塾セミナールーム
           [住所]東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
           [地図]http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html



         ◆社会問題解決の体験をしてみませんか?◆
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                一新塾入門
           問題解決力養成ワークショップ
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 国の問題、地域の問題、企業の問題・・・と、どこを見ても問題が先行して
 いる今、一人一人が具体的に解決していく力。創造していく力が問われてい
 ます。私たちのパワーこそが従来の社会システムに変革をもたらすエネルギー
 源であり、「政策」「市民プロジェクト」「社会起業」はそのためのツール
 です。「一新塾入門ワークショップ」では、政策立案・社会起業の経験のない
 方でもビジョンを描き、その実現に向けて市民参加で社会の問題解決をする
 スキルを学びます。

 一新塾オリジナルの問題解決フレームワークをワーク形式で体験できる絶好の
 機会です。“誰もが新しい国づくり・地域づくりに参加する時代”を切り拓く
 知恵とスキルをお伝えさせていただきます。
 ぜひ、ご参加下さい!


【名古屋会場】日時:2005年3月19日(土)13:30〜18:00
           会場:名古屋芸術創造センター大会議室
            [住所] 名古屋市東区葵一丁目3番27号
            [地図] 地下鉄東山線「新栄町」下車1番出口を北へ徒歩3分

 【大阪会場】 日時:2005年3月20日(日)13:30〜18:00
           会場:エール学園1号館109号室
            [住所] 大阪市浪速区難波中3-9-3 
            [地図] http://www.ehle.ac.jp/so.html 

 【東京会場】 日時:2005年3月26日(土)13:30〜18:00
         会場:一新塾セミナールーム
            [住所]東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
            [地図]http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html

 
  内  容:仮説思考・ゼロベース思考・ファシリテータースキルなど、
      社会の問題解決をするために必要なスキルをワークを通じて学びます。

      ●自分の強みはなんだろう?自分はどんな力が発揮できるか?
      ●問題解決のフレームワークとは?
      ●ロジカルシンキング は問題解決に欠かせない。
      ●21世紀はどんなリーダーが求められているか?
      ●21世紀のメンバーは今まで全く違う?

      [課題1]:組織の落とし穴を考える
            某メーカーの例を取り上げ、個人の資質が最も発揮され
                     るシステムを提案していただきます。
            問題解決のフレームワークをじっくり習得できます。

      [課題2]:現在もっとも社会に必要とされている切実な課題を
                     ワーク。本気で取り組みます。チームでビジョンを定め
                     て、短時間でプレゼンテーションまでしていただきます。
                     限られた時間の中でチームワークを発揮してどこまで
           できるか。挑戦していただきます。
            ワークの内容はいくつかご用意指せていただいています
                     が、メンバーによって決定させていただきます。


   講  師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

  参加費:3000円(当日、受付にて承ります)

   定  員:25名(先着順)

   申  込:末尾フォーマットにてiss@isshinjuku.com 宛にお申込下さい。

  問合先:特定非営利活動法人一新塾
         東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
                 Tel 03-5765-2223     Fax 03-5476-2722
                 E-Mail: iss@isshinjuku.com
                 URL: http://www.isshinjuku.com/




     ◆永田町は自分とは遠い別世界だとは思っていませんか◆
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           『政策担当秘書』へのご招待!
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   2005年4月15日(金)

 皆さま「政策担当秘書制度」をご存知でしょうか?
 政策担当秘書資格試験は、広く開かれた試験によって、社会人経験を経た方が
  公共政策形成にゼネラリストとして携わることのできる数少ないルートです。
 優秀な資格試験合格者を政策担当秘書として採用する国会議員も増え、資格試
 験合格者から6名の国会議員を輩出する等、試験合格者の活躍の場はますます
 広がりつつあります。

 そこで前半は、現在政策担当秘書として活躍されている方々から、試験を目指
 した動機と採用に至るまでの経緯、実際に政策立案に携わった際の経験等に
 ついて聴き、政策担当秘書制度への理解を深めていただきます。

 後半の座談会では、今後の政策担当秘書のあるべき姿について議論を深めて
 いただきます。参加者の方からも日頃の疑問や資格試験について分からない
 ことを適宜質問していただく予定です。
 ぜひ、ご参加をお待ちしております!


 日 時:2005年4月15日(金)19:30〜21:30
 会 場:一新塾セミナールーム
     [住所]東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
     [地図]http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html

  内  容:政策担当秘書制度への理解を深めていただくとともに、
     政策担当秘書の将来像や可能性についてパネル形式で議論する。

     ●政策担当秘書資格試験はどのような試験か?
     ●どのようにして合格し、政策担当秘書として採用されたか?
     ●合格後に広がる活躍の場。

     [第1部]:私が政策担当秘書になった理由
                   
     [第2部]:政策担当秘書制度の課題
       
 モデレーター:大西 健介 氏(衆議院・馬淵澄夫事務所)
 パネラー    :佐々木孝明 氏(参議院・松井孝治事務所)
       :川口 良治 氏(参議院・白 眞勲事務所)
                        ほか3名程度 以上予定

  参加費:一新塾生・卒塾生/無料
      一般/500円(当日、受付にて承ります)

   定 員:70名(先着順)

  参 考:参議院ホームページ
     http://www.sangiin.go.jp/japanese/jimukyok/hisho/hisho.htm 

   申 込:末尾フォーマットにてiss@isshinjuku.com 宛にお申込下さい。

  問合先:特定非営利活動法人一新塾
      東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
           Tel 03-5765-2223     Fax 03-5476-2722
           E-Mail: iss@isshinjuku.com
           URL: http://www.isshinjuku.com/


----------------<申込フォーマット宛先:iss@isshinjuku.com>-----------------

■一新塾第16期説明会
 ( )3月29日(火) 19:30〜21:30
 ( )4月  2日 (土) 15:00〜17:00

■一新塾入門問題解決力養成ワークショップ
 ( )名古屋会場・・3月19日(土)13:30〜18:00
 ( )大阪会場・・・3月20日(日)13:30〜18:00
 ( )東京会場・・・3月26日(土)13:30〜18:00

■『政策担当秘書』へのご招待! 
 ( )4月15日(金)19:30〜21:30


氏 名:                     
ご住所:                       (〒    )
TEL:                          FAX:
E-mail:
卒塾期:第   期(卒塾生のみご記入ください)

当日聞いてみたい質問等がありましたら、お書きください。




------------------------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------------------
<編集・発行は>  特定非営利活動法人 一新塾 事務局    森嶋伸夫
●ご意見・ご感想はこちらへ  >>>  iss@isshinjuku.com
●一新塾ホームページはこちら >>>  http://www.isshinjuku.com/
●メールマガジン退会はこちら >>>  http://www.melma.com/taikai/
---------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。