政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【一新塾ニュース】第154号:地方返権〜主体性のある地域づくりを目指して

2004/09/29

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆
         一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!
         【第154号】 発行日:2004年9月29日
☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

【目次】

 ●「地方返権〜主体性のある地域づくりを目指して」
                              中島源陽氏(14期生) 

  ●第15期説明会 【東京】10/2 10/6ほか 
     → http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

 ●【開催迫る!!】10月9日(土)
   10周年特別講演 田中康夫知事講演会
     → http://www.isshinjuku.com/04i_hassin/ev_mosikomi.html

 ●時代を創造するために、あなたはどう生きる?
  〜 学生向け『ライフワーク発見ワークショップ』(10/15)

 ●一新塾10周年記念 創設者大前研一講演会(10/30)
  「これからの10年!世界は、そして日本は?」
    → http://www.isshinjuku.com/04i_hassin/ev_mosikomi.html

    ◎最新パンフレット → http://www.isshinjuku.com/ ◎

======================================================================

メルマガ読者の皆さま、こんにちは。事務局の森嶋です。
一新塾の本科講義は東京タワーのすぐ側の港区芝の教室で行われていますが、
最近は地方から熱心に通われる方も増えています。

そして、地域の現場で切実な問題を抱えた方とビジネスの世界で培ってきた
スキルを社会貢献に役立てたいと思っている方々とのコラボレーションが
どんどん起こっています。

今回は第14期政策提言コースの中島源陽さんのメッセージをご紹介させて
いただきますが、中島さんは毎週、新幹線で宮城県から通われていらっしゃ
います。「都市と農村の仲人プロジェクト」のリーダーとして活動を開始。
先日は“稲刈り体験”で中島さんのご自宅に東京の一新塾メンバーが伺わせ
ていただきました。

      _________________________

       「地方返権〜主体性のある地域づくりを目指して」
       _________________________


                          中島 源陽(第14期生)


 「地方分権の時代」が叫ばれて久しい今日でありますが、私はあえて「地方
 返権の時代」と言いたいと思います。勿論“返権”は造語でありますが、
 私は“分権”よりも“返権”の方が本来のあり方を正確に表現しているので
 はないかと思っています。

 「権」は言うまでもなく権限・決定権であり、自分達のことを自分達で決め
 るということであり、遠く時代を遡れば、元々はそれぞれの地域の中にあっ
 たのではないでしょうか。

 有史以前より集落が存在し、徐々にいくつかの集落をまとめた大集落となり、
 そして武力的・知力的な能力等により、あるリーダーの下に「権」は存在し
 続けてきました。更に、日本としては大和朝廷が機能した段階で、その「権」
 は身近な地域から遠い中央政府へと奪い取られ続ける歴史が始まったのだと
 思います。

 私は「地方分権の時代」だからこそ、「分権」という発想から抜け出すこと
 が求められているのではないかと思っています。「分け与える」「分けても
 らう」という発想が付きまとう「分権」では、本当の意味での「主体性のあ
 る地域づくり」は出来ないのではないでしょうか。

 「それにしても、有史以前まで時計の針を戻さなくても」と思われるかもし
 れませんが、そもそも「権」はどこにあったのかという原点に立ち返ること
 が、全ての第一歩になると思うからであります。当然「返権」と共に、自己
 責任の範囲が拡大してくることは言うまでもないのですが、このこと自体が
 「主体性のある地域づくり」を確立していく上で、欠かせない要素と思うの
 です。そのような意味で私は「分権」ではなく、「返権」にこだわっていき
 たいのです。
 
 また、私は「主体性のある地域づくり」を考えたとき、最も大きな課題は
 「農村と都市の隔離」という構造的な問題が生じてきたことだと思っています。

 例えば農村と都市の関係において、食料一つをとっても、作ってもらわなけ
 れば食べられない、また食べてもらわなければ作れない、という因果関係が
 あり、農村と都市はお互いに存在しなければ、自分も存在できないような強
 固な相互依存関係にあると思うのです。

 そのような意味で、今や「地域づくり」は自己完結できるような時代ではな
 く、あくまでも「他」との関係性の上に成り立つ時代と考えます。勿論、そ
 のためにはオンリーワンとしての地域らしさをしっかりと地域の中で確立す
 ることが前提となるわけでありますが、そこから外に向かってどう発信し、
 繋がっていくのかということも同じように大切であります。

 このことを示す言葉として「交流人口」が叫ばれて久しいところであります
 が、私はその中身を問いたいと考えています。いわゆる単発的・大量的な概念
 による一時的観光型交流人口の段階を第一段階とすれば、これからは継続的・
 じっくりふれあい型というような概念による顔の見える心の交流人口の段階
 にシフトしていくべき時代と思うのです。

 正に、私が一新塾でテーマとしている「農村と都市の協働による日本再生」
 は、この心の交流人口が全国各地において定着したときにこそ、実現への道
 のりを歩むことができるものと思っています。

 私にとって一新塾はとても刺激的な非日常であり、異空間でありますが、何
 よりも自分自身が飛び出すこと・一歩踏み出すことの大切さを教えて頂きま
 した。これからも「地方返権の時代」をリードしていく主体性を磨いていき
 たいと思います。


      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        【新しい時代を拓く知恵をお伝えします!】
                   一新塾第15期説明会
         ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【説明会の主な内容】
  ●主体的市民になる方法?!(自律→切磋琢磨→協働)
  ●座学&チーム活動2本立ての行動実践型教育        
  ●主体的市民への9段階とは?
  ●ファシリテーター型リーダーシップとは?
  ●一新塾オリジナル問題解決フレームワーク
  ●OB/OGと語ろう!

 【東京説明会】
  日 時:10月 2日(土)15:00〜17:00
      10月 6日(水)19:30〜21:30 
      10月12日 (火)19:30〜21:30
            10月16日(土)15:00〜17:00 ほか
    
  会 場:一新塾セミナールーム
     [住所]東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
      [地図]http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html



     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                    【 開催迫る!!】
         10周年特別講演 田中康夫知事講演会
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 長野県を舞台に、新しい地域主権の先端モデルづくりに果敢に挑戦し続ける
 田中康夫知事に新しい地方自治の潮流を存分に語っていただきます!

 先駆者の言葉から、私たちのフロントに広がる新しい時代の風を感じて
 いただきたいと思います。ふるってご参加ください。

 開催日が近づいてまいりました! 定員がございますので、
 お早めのお申込みをよろしくお願いいたします。
→ http://www.isshinjuku.com/04i_hassin/ev_mosikomi.html


    ■テーマ:『地域主権の先端モデルづくり
           〜コモンズから始まる信州ルネッサンス』

     講 演:田中康夫長野県知事

     日 時:10月 9日(土)13:30 開場
                  14:00 開演 〜 17:00 終了

     場 所:大田区産業プラザ 4F コンベンションホール「鶯」
         大田区南蒲田1−20−20(京急蒲田駅東口より徒歩4分)
         http://www.pio.or.jp/map/map.html

     参加費:2,000円

     申 込:末尾フォーマットにてiss@isshinjuku.com 宛にお送り下さい。



   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           時代を創造するために、あなたはどう生きる?
       〜 学生向け『ライフワーク発見ワークショップ』〜
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 自分の「軸」は見つかっていますか?

 皆さんはどのような基準で、仕事や会社を選びますか?
 また、両親や周りの友達、社会のトレンドなどに強く影響をされていませか?
 仕事や就職を考える時、そのようなトレンドに加え、会社の大きさや安定性、
 給料の良し悪しなどをつい重視してしまいがちです。
   
 『ライフワーク』とは、自分のミッションと重なる仕事のことです。
   
 自分が心からワクワクすること、純粋に楽しいと感じられること、
 そして、一生を懸けてでも取り組んでいきたいこと。
 それらを基準に仕事や会社選びができたら、とても素敵ですよね?
 そのためには、本当の自分と真正面から向き合い、その全てを受け入れるこ
 とから始まります。

 今回のワークショップでは、一新塾生が日々取り組んでいるどんな問題の解
 決にも使える「プランニングシート」を通して、自分の中にあるライフワーク
 を探し出すことで、「仕事をする、就職をする」ことの本当の意味を皆で
 もう一度考え直し、今後の就職活動へと臨んでいただきたいと思います。

 
   テーマ :時代を創造するために、あなたはどう生きる?
       〜学生向け『ライフワーク発見ワークショップ』〜

    日 時 :10月15日(金)19:00〜21:30

    会 場 :一新塾セミナールーム
             [住所] 東京都港区芝3―28―2カスターニ芝ビル2F
             [地図]http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html

   内 容 :3〜4人一組のグループでのワークショップを行います
       特別伝授 「一新塾プランニングシート」
       コーディネーター:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

  参加費 :500円(会場にて承ります)
    申  込 :下記のフォーマットよりお申込ください



      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               一新塾10周年記念 創設者大前研一講演会

      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 10周年の節目に創設者の大前研一が新しい時代の到来に向けてメッセージ
 を送ります。大きく転換している時代の潮流と市民パワーの可能性を存分に
 感じてください。後半は青山貞一 一新塾代表理事より主体的市民が向かう
 べき新たな10年に向けてのビジョンを語っていただく予定です。

    ■テーマ:『これからの10年!世界は、そして日本は?』
     講 演:大前研一(一新塾創設者)
     日 時:10月30日(土)13:30 開場
                  14:00 開演 〜 17:00 終了
     場 所:ニッショーホール
         東京都港区虎ノ門2丁目9番16号
         http://www.nissho.or.jp/kyoukai.html
     参加費:3,000円
     申 込:末尾フォーマットにてiss@isshinjuku.com 宛にお送り下さい。




-------------<申込フォーマット宛先:iss@isshinjuku.com>-----------------

※参加希望の日時の前のカッコにチェックを入れてください。

■第15期説明会
 【東京 会場】( )10月2日(土)15:00〜17:00
              ( )10月6日(水)19:30〜21:30 
        ( )10月12日 (火)19:30〜21:30
              ( )10月16日(土)15:00〜17:00


■一新塾10周年特別講演会 田中康夫長野県知事講演会
        (  )10月 9日(土)14:00〜17:00


■時代を創造するために、あなたはどう生きる?
 〜学生向け『ライフワーク発見ワークショップ』
        ( )10月15日(金)19:00〜21:30


■一新塾10周年記念 創設者大前研一講演会
        ( )10月30日(土)14:00〜17:00



氏 名:                       
ご住所:                         (〒    )
TEL:                          FAX:
E-mail:


---------------------------------------------------------------------------


---------------------------------------------------------------------
<編集・発行は>  特定非営利活動法人 一新塾 事務局    森嶋伸夫
●ご意見・ご感想はこちらへ  >>>  iss@isshinjuku.com
●一新塾ホームページはこちら >>>  http://www.isshinjuku.com/
●メールマガジン退会はこちら >>>  http://www.melma.com/taikai/
---------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。