政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【一新塾ニュース】第150号:民からの挑戦! 無認可保育所の可能性

2004/09/02

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆
         一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!
           【第150号】 発行日:2004年9月2日
☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

【目次】

 ●講義ノート「民からの挑戦! 無認可保育所の可能性」
             水澤佳寿子氏((株)コティ代表取締役社長)


            ≪ 第15期開講情報! ≫

  ●第15期説明会、9月4日よりスタート!!
  東京・大阪・名古屋・福岡にて開催。

 ●一般公開講座「米国ファンドレイズ先端事例報告」(9/11)

            ≪ 10周年記念情報! ≫

 【一新塾10周年記念 創設者大前研一講演会】(10/30)
  テーマ:『これからの10年!世界は、そして日本は?』
  講 演:大前研一(一新塾創設者)

 【10周年特別講演 田中康夫知事講演会】(10/9)
  テーマ:『地域主権の先端モデルづくり〜コモンズから始まる信州ルネッサンス』
  講 演:田中康夫長野県知事

   ◎最新パンフレット完成! → http://www.isshinjuku.com/ ◎

======================================================================

 皆さん、こんにちは。事務局の森嶋です。
 おかげさまで、一新塾ニュースも今回で150号を迎えます。
 これからも、一人でも多くの方に、一新塾のフロントに広がる新しい時代
 の風をお伝えしていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいた
 します!

 さて、お待たせしておりました第15期のパンフレットが完成いたしました。
 市民パワーが増大するこの10年間の一新塾の歩みも一目でわかる力作です。
 HPより資料請求をいただけますので、ぜひ、一度、手にとってご覧になっ
 てください! → http://www.isshinjuku.com/

 今回は7月14日(水)にお越しいただいた(株)コティ代表取締役社長の
 水澤佳寿子氏のご講義内容の一部をご紹介させていただきます。塾生の間で
 も活発に議論が展開している保育所の問題について、熱のこもったお話をい
 ただきました。なお、講義録の作成はサポーターの寺本克彦さん(12期)に
 ご協力をいただきました。

       ______________________

        一新塾講義ノート(2004/7/14)
           「民からの挑戦! 無認可保育所の可能性」
       ______________________

                           講師:水澤佳寿子氏
                     ((株)コティ代表取締役社長)

■ひとつずつ乗り越えていくうちに志も生まれた
 23歳で結婚し、フリーでテレビ局の仕事をしていたところ、その後クライ
 アントから「個人に依頼するより会社に依頼する方が仕事が頼みやすい」と
 言われました。そこでまず会社の作り方を勉強しようと本屋へ。「有限会社
 の作り方一切」700円を購入。夫のボーナス50万で会社を設立。順調に
 出発し、5年後には,企画から現場のオペレーションまでパッケージでやれ
 るノウハウを持ちました。女性380人の稼動率40%、売上140%、仕事っ
 てすごい簡単・・と。

 ところが,突如バブル崩壊、28歳、起業5年目でした。ふと気がつくと、
 会社の電話が全然鳴らなくなっていて、、、。会社は利益が出ないとモチベー
 ションも落ちることを実感。半年ぐらいして,バブルの崩壊だと気づきました。
 仕事は7割減になりました。

 ターニングポイントは私生活でもやってきました。きっかけは夫の起業した
 会社の倒産。自分は連帯保証人になっていました。5000万の負債。一緒
 に返済しようと思っていましたが、夫は自己破産を選択。「問題が起きた時
 にくるっと背中を向けるんだ、生きる道が違うんだ。」と思い、借金と子供
 を引き取って離婚。

■離婚、子供3人を抱え5000万返済へ
 財布の中に500円しかないこともありました。お金が無いと良い企画も出
 ません。悪循環なんですね。自分の食いぶちは会社と別にしようと、生活費
 を稼ぐため夜の皿洗いへ。時給700円、日払いでもらって食費にしました
 が1週間でくたくた。5年事業をしてきた自分なのに、何をやっているんだ
 ろうと考えました。今のままではいけない、事業じゃないと借金は返せない。
 食べていけないし、生きていけないと。

 そして今までの5年間の出会いを思い出したんです。バブルの時代でも会社
 を潰している人間はいました。ですから、その時その時代が必要なものを提
 供している会社は伸びるということなんです。自分の問題は「求められてい
 る商品を提供していないからだ」ということに気がつきました。

 では、何が提供できるだろうかと考えていたら、新聞記事に『特殊出生率、
 少子化、1.46ショック』が出ていました。自分はそこに解説されている内容
 は違うと思いました。「ここに私が提供するものがある!」と。皿洗いを止
 めて、1週間で事業計画書を作成。4つの視点でチェックをしました。
  1) のめりこめる仕事か
  2)世の中の人は本当に求めているか
  3)パートナーにやりがいや楽しさを感じてもらえるか
  4)採算に合うか
  →全部イエスだったので、やることにしました。

■新しい事業を開始→アメリカ視察へ
 まずは、固定費のかからないベビーシッターから開始。マスコミ関係のお客
 さんが口コミでつきました。でも、いつまでもこのままじゃ・・と思ってい
 た頃、他の国ってどうだろうと思いつき、格安チケットでアメリカヘ。3つ
 の驚きがありました。
  1)アメリカ,公立(福祉)と民間(サービス)が共存している。
  2)大学の中に託児所があり,地域住民も利用できる。
  3)企業内託児所も10社に1社はある。

 そして、自分は、どれを事業化したらいいんだろうと考えました。
 イベント業が企業がお客様だったので、企業内保育を選択し、2つのサービ
 スを考えました。ひとつは、企業の従業員の福利厚生。もう一つは、企業の
 顧客に対するサービス。

■起業家として、主婦として
 人、モノ、お金、悩みはつきません。問題は1つ終わったら1つ出てくるよ
 うなもの。イメージとしては、歩きながら前に進みながらモグラタタキをやっ
 ているようなものですね。それが経営者。事業はリスクもリターンも高い。
 だからしかたないと思います。
 お金を稼ぐのにはすごく才能が必要だし、能力もいります。普通はお金を使
 うことが話題になるでしょう?でも、お金を稼げることで盛り上がることは
 ないですよね。事業は自分の短所をつぶして、長所をのばす作業。だからと
 ても楽しいと思います。

 主婦、母として高3(女),中3(男),中2(女)の3人を育てています。
 難しいけれど、子育てって楽しい。いつ楽になるのかなと思っていたけど、
 親と子である以上,楽になることはないことがわかりました。今は子供の成
 長が楽しみです。「親じゃなきゃ出来ないことって何だろう?」と考えてみ
 ましたが、あまりできることはないんだなあと。環境をつくることぐらいか
 なと思います。社会に出た時に貢献できる人に、将来の社会人をつくること
 が子育てだと思うんですね。それじゃあ親としては、子どものヘルプサイン
 を見逃さないことぐらい。

★水澤のこれからの夢★
 子育て支援を通して社会貢献、ももちゃんナーサリーのさらなる展開へ。
 別の事業体で教育や母子家庭の支援もやりたい。

★みんなへおねがい★
 可能性のある人は,どんどん子どもを産んで欲しい。
 大変だけど,子育ては楽しい。子どもは私達を育ててくれる。

  ※水澤氏講義の様子をHPでもアップしました、ぜひご覧下さい!
    → http://www.isshinjuku.com/04i_hassin/kogiroku/kk_040714.html


      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   一新塾第15期説明会
        〜新しい時代を拓く知恵をお伝えします〜
         ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 11月9日に第15期が開講いたします。
 一新塾で取り組んでいる主体的市民教育について、映像をまじえて、
 詳しく紹介させていただく機会を設けています。OB、OGの方にも
 お越しいただき、交流する機会もあります。
 いよいよ9月4日より説明会がスタートします。
 ぜひご参加ください!

 【説明会の主な内容】
  ●主体的市民になる方法?!(自律→切磋琢磨→協働)
  ●座学&チーム活動2本立ての行動実践型教育        
  ●主体的市民への9段階とは?
  ●ファシリテーター型リーダーシップとは?
  ●一新塾オリジナル問題解決フレームワーク
  ●OB/OGと語ろう!

 【東京説明会】

  日 時:9月4日(土)15:00〜17:00
           9月7日(火)19:30〜21:30
      9月11日(土)16:30〜18:30
      9月15日(水)19:30〜21:30

  会 場:一新塾セミナールーム
     [住所]東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
      [地図]http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html

 【名古屋説明会】
    日 時:9月17日(金)19:00〜21:00

  会 場:なごやボランティア・NPOセンター
     [住所]名古屋市中区栄1-23-13 伏見ライフプラザ12階
      [地図]http://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/center1.html

 【大阪説明会】
    日 時:9月 18日(土)14:00〜17:00
   会 場:豊中インキュベーションセンターMOMO
     [住所]豊中市蛍池中町3−9−20
      [地図]http://www.lets.gr.jp/momo/info.htm

 【福岡説明会】
     日 時:9月19日(日)14:00〜17:00
   会 場:福岡建設会館
      [住所]福岡市博多区博多駅東3-14-18
       [地図]http://www.fukukenkyo.or.jp/profile/main05.html



  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                    NPO法人一新塾 一般公開講座
         『米国ファンドレイズ先端事例報告』
   〜アカウンタビリティからプロフェッショナル・サービスまで〜
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このたび、全米公共テレビ放送でファンドレイザーとして活躍中の
 大西たまきさんをお招きいたします。

 アメリカでは、NPOが個人寄付をどのように開拓しているか、
 実際のファンドレイズにおける成功の秘訣をうかがうとともに、
 皆さんと一緒に考えていけたらと思っています。

 また、「ドナー センタード ファンドレイズ」から「コーポレート
 ギビングの再台頭」、「ドナーアドバイズド ファンド」等、
 アメリカの最新寄付事情や、最近の流れを多岐にわたってご紹介
 いただく予定です。

    テーマ:『米国ファンドレイズ先端事例報告』
        〜アカウンタビリティからプロフェッショナル・サービスまで

    日 時:9月11日(土)13:30〜15:30

    会 場:一新塾セミナールーム
         [住所]東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
         [地図]http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html

    講 師:大西 たまき氏(PBS全米公共テレビ放送NY局資金調達部 )
       定 員:30名

       参加費:1000円(当日受付にて承ります)

    申 込:末尾フォーマットにて iss@isshinjuku.com 宛にお送り下さい。



      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               一新塾10周年記念 創設者大前研一講演会

      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 10周年の節目に創設者の大前研一が新しい時代の到来に向けてメッセージ
 を送ります。大きく転換している時代の潮流と市民パワーの可能性を存分に
 感じてください。後半は青山貞一 一新塾代表理事より主体的市民が向かう
 べき新たな10年に向けてのビジョンを語っていただく予定です。

    ■テーマ:『これからの10年!世界は、そして日本は?』
     講 演:大前研一(一新塾創設者)
     日 時:10月30日(土)13:30 開場
                  14:00 開演 〜 17:00 終了
     場 所:ニッショーホール
         東京都港区虎ノ門2丁目9番16号
         http://www.nissho.or.jp/kyoukai.html
     参加費:3,000円
     申 込:末尾フォーマットにてiss@isshinjuku.com 宛にお送り下さい。



      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         10周年特別講演 田中康夫知事講演会

      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 長野県を舞台に、新しい地域主権の先端モデルづくりに果敢に挑戦し続ける
 田中康夫知事に新しい地方自治の潮流を語っていただきます。
  後半は、長野県環境保全研究所所長を務め知事をサポートする青山貞一 
  一新塾代表理事と田中知事との対談も企画中です。

    ■テーマ:『地域主権の先端モデルづくり
           〜コモンズから始まる信州ルネッサンス』
     講 演:田中康夫長野県知事
     日 時:10月 9日(土)13:30 開場
                  14:00 開演 〜 17:00 終了
     場 所:大田区産業プラザ 4F コンベンションホール「鶯」
         大田区南蒲田1−20−20(京急蒲田駅東口より徒歩4分)
         http://www.pio.or.jp/map/map.html
     参加費:2,000円
     申 込:末尾フォーマットにてiss@isshinjuku.com 宛にお送り下さい。


-------------<申込フォーマット宛先:iss@isshinjuku.com>-----------------

※参加希望の日時の前のカッコにチェックを入れてください。

■第15期説明会
 【東京 会場】( )9月 4日(土)15:00〜17:00
        ( )9月 7日(火)19:30〜21:30
        ( )9月11日(土)16:30〜18:30
         ( )9月15日(水)19:30〜21:30

 【名古屋会場】( )9月17日(金)19:00〜21:00

 【大阪 会場】( )9月18日(土)14:00〜17:00

 【福岡 会場】( )9月19日(日)14:00〜17:00


■一般公開講座『米国ファンドレイズ先端事例報告』
        ( )9月11日(土)13:30〜15:30

■一新塾10周年記念 創設者大前研一講演会
        ( )10月30日(土)14:00〜17:00

■一新塾10周年特別講演会 田中康夫長野県知事講演会
        (  )10月 9日(土)14:00〜17:00


氏 名:                       
ご住所:                         (〒    )
TEL:                          FAX:
E-mail:


---------------------------------------------------------------------------


---------------------------------------------------------------------
<編集・発行は>  特定非営利活動法人 一新塾 事務局    森嶋伸夫
●ご意見・ご感想はこちらへ  >>>  iss@isshinjuku.com
●一新塾ホームページはこちら >>>  http://www.isshinjuku.com/
●メールマガジン退会はこちら >>>  http://www.melma.com/taikai/
---------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。