政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【一新塾ニュース】第140号:一新塾を舞台に夢の実現に向かっている女性からのメッセージ

2004/05/21

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆
         一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!
          【第140号】 発行日:2004年5月21日
☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

【目次】

 ●「一新塾を舞台に夢の実現に向かっている女性からのメッセージ」

 ●開講迫る!お急ぎください〜一新塾第14期説明会
  ・5月22日(土)16:00〜18:00
  ・5月25日(火)19:30〜21:30 【最終回】

======================================================================

皆さん、こんにちは。事務局の森嶋です。
本日、先ほど「学生向けキャリアプランニングセミナー」を終えました。
自分の強みと弱みを個人取組みでつかんでから、今回特別伝授をさせていた
だいた「一新塾プランニングシート」を活用して、チームで一人一人の
ビジョンに向かう道筋を考えあうワークに取り組みました。
その中で漠然としたことが明確になってゆき、今、自分が取り組むべきこと
について具体的な意見や知恵を交換する場となってゆきました。

最後には一人一人、自分のキャリアプランニングを発表していただき、
それぞれ「新しい発見がありました」「来てよかった」とのお声をいただき
駆けつけていただいた現役生、卒塾生の方と共にお役に立てたことを嬉しく
思いました。

さて、今回は、一新塾を舞台に夢の実現に向かっている女性からのメッセージです。
はじけるエネルギーで社会変革に挑んでいます。


   ______________________________

        一新塾を舞台に夢の実現に向かっている女性からのメッセージ
   ______________________________


学生時代はそれなりに、自分と社会との関わり方について
友人と夜遅くまで論じる人間だった。その延長上で会社も
選んだつもりだった。それがどうだ。ルーティンワークと目標ノルマ。
一新塾のチラシを見て、昔の気持ちが蘇ったのは必然だったと思う。

私が入塾したのは2002年の11月。9・11事件から、日本でも
「危機管理」の意識が巷で大いに話題になっていた。
最初は「日本人の危機意識を考える」というのがテーマでグループ
活動を行っていたが、本を読み、様々な人にヒアリングする内に、
最後のテーマは「死なない街づくりを目指して」となり、防災に焦点
をあてた、「危機を迎え撃つ姿勢作り」を最終提言としてまとめた。
…とは言え、そんなにエラソーでオリジナルな提言ができた訳ではない。
1年学ぶ中で、一番私の感情に合う活動を紹介しただけに過ぎない。
 
一新塾は、机上の空論は通じない。
むしろ、エライ人の理論を勉強しすぎるのは、
自分の感情や信念背くことになるのではないかとさえ思う。
最終的には
「じゃぁ、あなたは何がしたいの? 社会をどうしたいの?」
という自分自身の志に戻ってくるから。
一新塾では、「議員になる方法」や「起業家になる方法」は教えてくれない。
だけど、「夢の実現は自分自身の志と行動に起因する」ことを
実感させてくれる場所だと思う。
 
使い古された言葉だが、結局何事も「人」だと思う。
一新塾には私がこれまで出会ってきた中でも極上の「いい男」と
「いい女」が揃ってると思う。講師にしても、塾生にしても。
その極上の人達と一緒に、私は卒塾した今でもボランティアスタッフ
として様々なプロジェクト・イベントに関わっている。
 
今私は、一新塾と出会い、私の目の前に広がる様々な可能性に
ワクワクしている。
そんなワクワク感を、14期の皆さんと共有し、極上の市民社会作りを
目指していきたいと思う。

                                     藤川 祥子(11期生)

*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** 

今の日本を変えなければ。」そう思ってはいても、何を、どう変えればよい
のか、暗中模索している人が多いのでは?自分に何ができるのか、自分はど
うあるべきかと“自分探し“を続けている人もたくさんいるはずです。

一新塾では、決断・実行の勇気を得ることができます。あなたの考え・提案
を真剣に話し合い、それを形あるものにしていける場なのです。時には人生
における大きな決断をしなければならないかもしれません。私自身、海外か
ら帰国後8ヶ月目にして、直接市政に携わることとなりました。

今、私たち一人一人が『主体的市民』となることが、日本の健全な未来を構
築する上で、最も大切なことでしょう。自分の人生は自分で作るもの、そし
て日本の未来は私たち皆で作るものです。一緒にやってみませんか?年齢・
性別を超え、支え合い、共に成長していける素晴らしい同志が、一新塾で
待っています。

                        片桐 のり子(9期生)

*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** 

私のライフワークは教育の現場からハッピーな社会変革を図ること。
そしてたまたまそれを職業としている。何というしあわせ!ところが。。。

世間には若者の夢を潰すような問題がい〜っぱい。私自身もいっぱいいっ
ぱい(通勤4時間、激務、家事、介護、子育て。。。)で潰れそう。。。

このままじゃいかんぜよ!!そんな時「一新塾」と巡りあって、毎日がなん
だかキラキラと輝きはじめたのです。「よりよく生きたい」と思うだけでな
く自ら考え行動できる人達と分け合う時間、生まれる知恵、迸る情熱!!!
社会起業家、政治家、ゴール設定は様々だけどずっと高め合っていける仲間
に囲まれて今、こわいくらい幸せ。なのに欲張りな私はもっともっと多くの
みなさんと一新塾で繋がりたいのでした! 

                                               一條 美奈子(12期生)




                           ≪転送歓迎!≫
     ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
           5月29日開講迫る!お急ぎ下さい!
          第14期説明会&ミニワークショップ
     ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

一新塾で取り組んでいる主体的市民教育について、映像をまじえて、詳しく
紹介させていただく機会を設けています。OB、OGの方にもお越しいただき、
交流する機会もあります。ぜひお気軽にご参加ください。

【説明会の主な内容】
 ●「急げ!主体的市民への道〜あなたはどうする?」
   → 自分に必要な力は? 自分の強みは?
 ●座学&チーム活動2本立て行動実践型教育の底知れない力とは?
 ●同志と「自律→協働→切磋琢磨」それが最短距離だ!
 ●誰でも歩める!主体的市民への9段階とは?
   →自分バージョンの道が必ず見つかるのは一新塾だから。
 ●ファシリテータ−リーダー型リーダーシップとは?
 ●一新塾オリジナル問題解決フレームワークを体験
   →これを体得すれば、どんな道も開く?!

 ------------
  東京説明会
 ------------
   会場:一新塾教室(東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F)
   地図: http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html
   日時:5月22日(土)16:00〜18:00 
      5月25日(火)19:30〜21:30 【最終回】


*************<申込フォーマット宛先:iss@isshinjuku.com>****************

■東京説明会に申し込みます
( )5月22日(土)16:00〜18:00
( )5月25日(火)19:30〜21:30 


氏 名:                       
ご住所:                         (〒    )
TEL:                          FAX:
E-mail:

**************************************************************************


---------------------------------------------------------------------
<編集・発行は>  特定非営利活動法人 一新塾 事務局    森嶋伸夫
●ご意見・ご感想はこちらへ  >>>  iss@isshinjuku.com
●一新塾ホームページはこちら >>>  http://www.isshinjuku.com/
●メールマガジン退会はこちら >>>  http://www.melma.com/taikai/
---------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。