政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【一新塾ニュース】号外:映画「あしがらさん」上映会(5/5)

2004/05/02

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆
         一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!
          【号外】 発行日:2004年5月2日
☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

 皆さま

 “路上発、希望のドキュメンタリー映画”「あしがらさん」を
 5月5日(水・祝)14時より上映いたします。

 一新塾では塾生が、日ごろ5〜6名程度のチームを編成してプロジェクト
 活動をしていますが、あるチームは、「ホームレス問題に対して市民とし
 て何か出来ないか?」とホームレス問題に取り組み始めています。先日は
 ホームレス支援(炊き出し)のNPO活動をされている方へのヒアリング
 を行っていました。

 映画「あしがらさん」は、監督の飯田基晴氏が3年に渡って新宿で路上生
 活をしてきたあしがらさんを撮り続けたドキュメンタリー映画です。ホーム
 レス問題に現場主義で飛び込まれた飯田さんの作品を見て、小グループに分
 かれて皆さんと一緒に意見や感想を交換する時間を持てればと思います。

 ハラハラ 切なく
 ドキドキ 可笑しい

 映画「あしがらさん」をぜひご覧下さい!

 また、一般の方も参加していただけますので、ぜひ、お友だちやお知り合い
 の方にも上映会をご紹介いただければ幸いです。
 
 森嶋伸夫

                            《転載歓迎!》
 ======================================================================
            一新塾映画上映会「あしがらさん」
           2004年5月5日(水・祝)14:00〜15:30
 =======================================================================

       だれもが一度は見かけたことのある路上で生活しているひとたち
        でも、立ち止まって気にかけたことはないでしょう。

               この映画はそんな“あしがらさん”を
              ひとりの若者が見つめ続けて生まれた物語です。


 あしがらさんは20年以上も新宿の路上で生きてきた。
 残飯で飢えをしのぎ、心を閉ざして誰とも付き合わない。 あるときあしがら
 さんの笑顔に触れた作者は「このひとをもっと知りたい」そんな気持ちでカメ
 ラを回し始める。

 ポツポツと語られる言葉に耳を傾け、二転三転する状況に寄り添う。 撮る者と
 撮られる者、3年におよぶ撮影でいつしか生まれた信頼が、思いもかけない変
 化をもたらす。 新たな人生を歩み出したあしがらさんの姿は、私たちに微笑み
 と希望を与えてくれる。

 それは「人生とは?希望とは?人とのつながりとは?」と静かに問いかけてい
 るのかもしれない。


  ■映 画 「あしがらさん」
   日 時 :5月5日(水・祝) 14:00〜15:30
   会 場 :一新塾セミナールーム
        [住所] 東京都港区芝3―28―2カスターニ芝ビル2F
        [地図] http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html

   内 容 :【映画上映】「あしがらさん」
       監督/制作/撮影/編集 飯田基晴
                       音楽  梅津和時 他
       2002年制作/73分
               配給:『あしがらさん』上映ネットワーク

   参加費 :1000円(会場にて承ります)
   申 込 :下記のフォーマットよりお申込ください
   問合先 :特定非営利法人 一新塾
        URL http://www.isshinjuku.com/
        Tel 03-5765-2223  Fax 03-5476-2722 
        E-Mail iss@isshinjuku.com

   【お知らせ】
    映画上映会終了後、16:00より一新塾第14期説明会を行いますので
    ご関心ある方はぜひ引き続きご参加下さい(説明会は無料です)
    → http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html


   ------------------------------------------------------------
           監督のことば(ホームページより)
   ------------------------------------------------------------

  撮影を始めるまでぼくは、ボランティアとして新宿で野宿生活を送る人々の
 もとを訪問していた。

  あしがらさんは野宿者の多いこの街でも1、2を争うほどに厳しい生活状態
 だった。 精神的な疾患があるようで何度訪れてもこちらの顔すら覚えず、
 会話もままならない。

  そんな印象が変わったのは、年末にとん汁を配っていたとき。あしがらさん
 は一気に平らげて 「うまかったー!」 と笑顔をくれた。言葉で伝わらなかっ
 た気持ちが、一杯のとん汁を介して伝わったようだった。

 そのときから彼にもっと近づきたいと思うようになった。
 そしてこれまでの関わりの延長で、今度はカメラを持って通うようになった。ス
 タッフなどほかにいない。ひとりであしがらさんのところに通い、とにかく記録
 を始めた。

  発表のあてがあるわけでもないし、何が撮れるのか検討もつかない。 だから
 こそ、ゆっくりと見つめていこうと最初から決めていた。

  1年ほど撮りためたところで、99年の暮れに仲間と共同の上映会を開いた。
 そこで流した最初の「あしがらさん」は路上での厳しい暮らしぶりが中心で、
 見ているお客さんからも重苦しい空気が伝わってきた。

 誰だって目を背けたいのだ。
 でも、だからこそ見てほしかった。

  しかし撮影が2年3年と経つなかで、入院、施設入所、再び路上へ、と様々
 な出来事があしがらさんの身に起こる。 その都度できる限り撮影をした。 
 ひとりを追うことから社会の様々な様相が露になる気がした。

  また、そうした変化に付き合うなかで、あしがらさんが僕にたいして心を開
 くことが生まれてきた。

  そしてあしがらさんの生活は大きな変化を遂げた。 それはお互いに予想も
 しないものだった。

  作り手として作品を多くの方に見てもらいたいのはもちろんだが、中でも
 10代の若い子たちに観てもらえたらいいと思っている。ムズカシイ言葉はなし
 に気軽に誘ってみたい、「オモシロイからちょっと観てよ!」と。

       ◎参考HP:http://www5f.biglobe.ne.jp/~ashigara/index.html


*********************<申込フォーマット>********************************

●5月5日「あしがらさん」映画上映会(14:00〜15:30)に申し込みます。
   宛先:iss@isshinjuku.com

氏 名                       
ご住所                          (〒    )
TEL                            FAX
Eメール

************************************************************************

---------------------------------------------------------------------
<編集・発行は>  特定非営利活動法人 一新塾 事務局    森嶋伸夫
●ご意見・ご感想はこちらへ  >>>  iss@isshinjuku.com
●一新塾ホームページはこちら >>>  http://www.isshinjuku.com/
●メールマガジン退会はこちら >>>  http://www.melma.com/taikai/
---------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。