政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【一新塾ニュース】第123号:主体的市民活動応援記〜グリーンピア土佐横浪の閉鎖について

2004/03/24

  第14期最新プログラムUP!→ http://www.isshinjuku.com/
☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆
        一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!
        【第123号】 発行日:2004年3月24日
☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

【目次】
 ●「主体的市民活動応援記〜グリーンピア土佐横波の閉鎖について〜」
                     三上裕之氏(第12期生)

 ●第14期説明会(3/25、3/29、4/3)のご案内

 ●入門ワークショップ(3/27)のご案内

 ●一新塾生が企画したワークショップ
  「みんなで支える理想の保育システムを作ろう!!」(4/3)

 ●開催まであと一ヶ月!
  10周年記念“プレ”イベント「市民が変える!社会が変わる!」(4/24)

======================================================================

 一新塾ニュース読者の皆様こんにちは。事務局の森嶋です。
 年金保養施設「グリーンピア」の不可解な閉鎖や叩き売りで国民の支払ってい
る年金原資が大切に扱われていないことに対する疑問もメディアや国会でも頻繁
に取り上げられるようになってきました。

 権力は腐敗します。その背後にある利権・癒着談合構造に呑みこまれないため
に今こそ、しがらみのない主体的市民が政治・行政に対して十分なチェック機能
を担っていくことが大切ではないでしょうか?

 今回は3月14・15日とグリーンピア土佐横浪を訪れた一新塾12期生の
三上裕之さんからのレポートをお届けします。


  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   主体的市民活動応援記〜グリーンピア土佐横浪の閉鎖について〜
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                        三上裕之(第12期生)

  グリーンピア土佐横浪が今年3月末をもって閉鎖されるという。今期は黒字
 化されると聞いていたのに何故?という思いから、一新塾内で今までの経緯
 及び現状把握のための勉強会を数回開催した。是非地元の方々の意見も聞き
 たいということで、3/14・15と塾生7名で現地を視察した。

  東京・羽田空港から高知龍馬空港まで約1時間強、空港から海岸線沿いの黒
 潮ラインを車で太平洋・浦ノ内湾(横浪三里)を左手に見ながら一路西に。
 道路沿いにはグリーンピア土佐へのきれいな案内板がいたるところにある。
 約1時間もするとグリーンピア土佐横浪に到着する。

  到着して敷地内を見学する。山頂から見た浦ノ内湾は内海であることから波
 穏やかで、全国でも珍しい東西にわたるリアス式海岸とのこと、昔見た日本の
 エーゲ海といわれる岡山県の牛窓を彷彿とさせる光景でまさに絶景である。さ
 らに敷地内を見てまわると使われていないなんとリフトまである広大なグラス
 スキー場、ゴーカート場・・・もったいない!なんでこんなものまで作ったの
 か?!という思いがこみ上げてくる。
 
  さて、ひととおり敷地内を見てまわると、ホテル内で開かれる「『GP土佐横浪』
 署名活動の報告と関連問題勉強会」に参加した。地元の方々を中心に約50名の
 参加者であった。「GP土佐横浪」は、平成13年12月に公募により民間会社に運
 営委託されてから、今まで東京から仕入れていたホテルの食材を地元の新鮮な
 魚介類、農作物を中心にしたり、地元とタイアップしてのポンカン狩り、
 ホエールウォッチング等の漁・農業、田舎暮らしといった自然体験を前面に押
 し出すことによる長期滞在プラン(30泊12万円より)等により、収支改善を図っ
 てきた。これら地元の方々は総て「GP土佐横浪」のホテルとしての継続を願っ
 ており、その署名は4日間で浦ノ内地区有権者数2,600人中1,800人にものぼり、
 その他にも500人弱から署名が集まったのである。同会では、今後どのように
 活動していくかが議論され、その後、懇親会で夜が更けるまでさまざまな議論
 が繰り広げられた。

  翌日は朝のまぶしい光とともに起床し、別館のトロン温泉で浦ノ内湾を臨み
 ながらゆったりとした気分に浸る。朝食ののち、地元の方の家に連れていって
 いただき、庭になっているレモンとキンカン狩りをする。都会育ちの私にとっ
 て初めての経験である。レモンも木になっているんだ!短い間でもこのような
 経験が出来たらいいなと我が子供たちと今度の夏休みに来てみたいと思ったが、
 それも叶わぬ夢であるのは悲しいかぎりである。

  その後、先の署名による請願書について市議会の建設経済委員会で審議さ
 れるとのことで、市役所に向かった。先の署名による請願書は、1.「GP土
 佐横浪」の現有施設をホテル等として残し、専門の業者に経営を任せること、
 2.「GP土佐横浪」の広大な敷地を地域の振興に活用すること、というもの
 である。結果は、「本請願は不採択」ということであった。不採択に至る主
 な審議内容は、平成15年度は赤字なのか黒字なのかという事実の確認と地方
 自治法第234条による競争入札の進行中に係る請願書を審議するのは適切で
 ない、というものであった。

  大規模年金保養基地グリーンピアは、昭和50〜60年代にかけて全国13ヵ所
 に建設されたが(約2,000億円、1ヵ所平均約150億円)、その太宗は不採算
 な状況で、平成13年の閣議により平成17年度中に廃止することが決定されて
 いる。その建設、運営には私ども一般国民の貴重な年金資金が充当されてい
 る。廃止に当たっては、地元自治体が優先されているが、譲渡価額は数億円
 と微々たるものである。その差額は総て私どもの貴重な資産が費やされてい
 るのである。若し、民間会社が購入・運営すれば、その価値は数億円を上回
 るものと考えられる。

  「GP土佐横浪」は、民間会社が運営することにより地域との交流も深まり、
 地域の方々もその影響の大きさを実感しての今回の現行によるホテル運営継
 続に向けての署名活動であったと考えられる。その思いが市という一番身近
 な行政に繋がらなかったことは非常に残念なことであり、あらためて運営委
 託を辞退した高知県及び年金資金運用基金の更なる当事者意識を持った対応
 を切に望むものである。               

                               以 上



     ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
              お待たせしました!
        一新塾第14期説明会&ミニワークショップ
     ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 一新塾第14期が5月に開講いたします。
“21世紀を主体的市民として生きる”ということがテーマです。
 一新塾で取り組んでいる主体的市民教育について、映像をまじえて、詳しく紹介
 させて頂きます。OB、OGの方にもお越し頂き、交流する機会もあります。
 ぜひ、ご参加下さい。

    日 時:(1)3月25日(木)19:30〜21:30
        (2)3月29日(月)19:30〜21:30
        (3)4月 3日(土)17:30〜19:00
    会 場:一新塾教室
        [住所]東京都港区芝3-28-2 カスターニ芝ビル2F
         [地図]http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html
    申 込:末尾フォーマットにてiss@isshinjuku.com 宛にお申込下さい。
    参加費:無料
    内 容:●適性判断シート
        ●主体的市民になる方法?!(自律→協働→切磋琢磨)
        ●座学&チーム活動2本立ての行動実践型教育
        ●主体的市民への9段階とは?
        ●ファシリテーター型リーダーシップとは?
        ●一新塾オリジナル問題解決フレームワーク
        ●OB/OGとワークショップで語ろう!



         ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
            一新塾入門ワークショップ
            2004年3月27日(土)
        ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 国の問題、地域の問題、会社の問題・・・と、どこを見ても問題が先行して
 いる今、一人一人が具体的に解決していく力。創造していく力が問われてい
 ます。私たちのパワーこそが従来の社会システムに変革をもたらすエネルギー
 源であり、「政策」「社会起業」はそのためのツールです。
「一新塾入門ワークショップ」では、政策立案・社会起業の経験のない方で
 もビジョンを描き、その実現に向けて市民参加で社会の問題解決をするスキル
 を学びます。

 (1)日時:2004年3月27日(土)13:30〜18:00
 (2)会場:一新塾セミナールーム
      [住所]東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
      [地図]http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html
 (3)内容:仮説思考・ゼロベース思考・ファシリテータースキルなど、社会
       の問題解決をするために必要なスキルをワークを通じて学びます。

      【前半30分で前提の解説】重要
       ●自分の強みはなんだろう?自分はどんな力が発揮できるか?
       ●問題解決のフレームワークとは?
       ●ロジカルシンキング は問題解決に欠かせない。
       ●21世紀はどんなリーダーが求められているか?
       ●21世紀のメンバーは今まで全く違う?

      [課題1]:組織の落とし穴を考える
            某メーカーの例を取り上げ、個人の資質が最も発揮さ
            れるシステムを提案していただきます。
            問題解決のフレームワークをじっくり習得できます。

      [課題2]:現在もっとも社会に必要とされている切実な課題を
            ワーク。本気で取り組みます。チームでビジョンを
            設定して、短時間でプレゼンテーションまでしてい
            ただきます。限られた時間の中でチームワークを発
            揮してどこまでできるか。挑戦していただきます。
            ワークの内容はいくつかご用意指せていただいていま
            すが、メンバーによって決定させていただきます。

 (4)講師:森嶋伸夫(特定非営利活動法人一新塾代表理事・事務局長)
 (5)参加費:2000円(当日、受付にて承ります)
 (6)定員:20名(先着順)
 (7)申込:末尾フォーマットにてiss@isshinjuku.com 宛にお申込下さい。



         ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
           一新塾が企画したワークショップ
       「みんなで支える理想の保育システムを作ろう!!」
           〜 育児と仕事の両立を目指して 〜
              2004年4月3日(土)
        ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●


 一新塾生の「育児と仕事の両立支援チーム」がワークショップを企画しました。

 子育てには自信がある方、
 子育てに不安を感じている方、
 これからの保育システムに関心のある方、
 男女のより良い関係を築きたいと考えている方、
 福祉で事業を興したいと考えている方        などなど

 皆様のご参加をお待ちしております!!

                   「育児と仕事の両立支援チーム」
                           メンバー一同


 (1)日時:2004年4月3日(土) 13:30〜16:30
       ※当日17:30より第14期説明会を併せて開催いたします。
 (2)場所:一新塾セミナールーム
      [住所]東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
      [地図]http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html
 (3)募集人数:30名
 (4)参加費:無料
 (5)申込:末尾フォーマットにてiss@isshinjuku.com 宛にお申込下さい。

 (6)目的:育児と仕事の両立を、みんなで支えることのできる社会システム
       を目指し、第一線で活躍している方の意見を交えつつ、具体的な
       提言・計画立案を行う。
 (7)内容:[1]基調講演(40分:質問タイム含む)
         佐藤敦子氏((株)パソナフォスター代表取締役社長)
       [2]保育システムに関するプレゼンby
         一新塾13期「育児と仕事の両立支援チーム」(15分)
       [3]グループワーク(約60分)
         テーマ:みんなで支える保育システムを作ろう!
             生活者の様々な視点から。

         …いくつかのテーマに沿ったシステムの立案をして頂きます。
          全部が揃うと社会全体を網羅する理想の保育システムがで
          きる…かも?基調講演講師の佐藤さんにも、アドバイザー
          としてご参加頂きますので、実践の場での様々な疑問や課
          題について聞いてみましょう!!

       [4]グループ発表(約20分)
       [5]総括(3分)
       [6]意思表明タイム(3分)


  【基調講演者紹介】
   佐藤敦子氏((株)パソナフォスター代表取締役社長)

   東京都生まれ。大妻女子大学卒業後、大手食品会社入社。社内結婚、男児
   を出産するが生後355日目に小児ガンで喪う。大手商社を経て、
   1990年(株)テンポラリーセンター(現(株)パソナ)入社。
   1991年(株)チャイルドケアインターナショナル設立、1996年高
   齢者介護を行う(株)パソナフォスター設立。両者併合後現職。難病の子
   どもの支援や女性起業家、カンボジアへの支援などに取り組む。2000
   年育児保険研究会研究委員。2001年中小商業革新ビジネスモデル策定
   事業委員会理事。2002年東京都認証保育所協会副会長。
   著書に『喪服は私のビジネススーツ』(実業之日本社、2003)。
   ◎参考URL:http://www.pasonafoster.co.jp



     ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
               【 一新塾10周年記念“プレ”イベント】
            市民が変える!社会が変わる!
           〜2005年生活者主権元年に向けて〜
     ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 2004年10月、いよいよ一新塾は設立10周年を迎えます。 
 これまでに2200名を越える塾生が共に議論し、切磋琢磨し、活動してき
 ました。 今こそ、市民パワーの可能性を肌身で感じてみてください!

 (1)テーマ:「市民が変える!社会が変わる!
         〜2005年生活者主権元年に向けて〜」

 (2)日 時:2004年4月24日(土)13:00−17:00
                                   17:00−19:00(懇親会)

 (3)会 場:大田区産業プラザ・コンベンションホール
              [住所]東京都大田区南蒲田1−20−20
        [地図]http://www.pio.or.jp/map/map.html
        [交通]京急線 蒲田駅東口より徒歩4分
            JR線 蒲田駅より徒歩12分 

 (4)参加費:2,000円(懇親会費込み)
 (5)定 員:200名(先着順)
 (6)申 込:末尾フォーマットにてiss@isshinjuku.com 宛にお申込下さい。
 (7)プログラム:
      ●「市民が変える!社会が変わる!」
        講師:青山貞一氏(環境総合研究所・一新塾代表理事)

      ●一新塾の10年を映像でご紹介!

      ●一新塾出身議員バトンリレーメッセージ
       〜主体的市民と議員の協働による新しいモデル
       【参加予定議員】
        長妻昭氏(衆議院議員・一新塾アドバイザー) 
        田嶋要氏(衆議院議員・一新塾11期)
        神保国男氏(戸田市長・一新塾1期)
        久保田后子氏(山口県議・一新塾6期)
         安藤信宏氏 (舩橋市議・一新塾1期)
         とかしきなおみ氏(杉並区議・一新塾1期)
         堀部やすし氏(杉並区議・2期都議養成科)
         藤本きんじ氏 (豊島区議・2期都議養成科)
         宇野俊市氏(玉野市議・一新塾2期)
        木下史典氏(品川区議・一新塾4期)
         奥田けんじ氏(中野区議・一新塾9期)
        片桐のりこ氏(横浜市議・一新塾9期)
             山下ともや氏(小牧市議・一新塾11期)
         山中正樹氏(愛川町議・一新塾11期)
         姫野敦子氏(岩国市議・一新塾12期)
        唐澤義達氏(川口市議・一新塾12期)
       【コーディネーター】
        鈴木崇弘氏(阪大フロンティア研究機構・一新塾理事)

       ●社会起業家パネルディスカッション
        〜市民にこそ出来る活力ある社会変革
       【パネラー】
        片岡勝氏(市民バンク代表・一新塾代表理事)
               深田智之氏((株)リゾートコンベンション企画・4,5,6期)
               村松茂夫氏(NPO法人オーガニック日本酒育成機構・7期)
               安井章員氏(NPO法人ASK-NET・11,13期)
               福井恵子氏((社)日本芸能実演家団体協議会・13期)
        【コーディネーター】
               前澤哲爾氏(全国FC連絡協議会専務理事・一新塾理事)

       ●塾生プロジェクト公開オークション
        現役生・卒塾生プロジェクトの活動発表&支援者募集!

       ●メッセージ演劇“tepid WATER BOYS”
        〜さぁ、飛び出そう!ぬるま湯から〜
         脚本・演出:一條美奈子氏(一新塾12期)
         出演:一新塾現役生有志

       ●懇親会・参加者同士の交流の時間
        ・ブースプレゼンテーション
        ・メッセージ発信タイム



*************<申込フォーマット宛先:iss@isshinjuku.com>****************

●第14期説明会&ミニワークショップ
( )3月25日(水)19:30〜21:30
( )3月29日(月)19:30〜31:30
( )4月3日(土)17:30〜19:00

●一新塾入門ワークショップ
( )3月27日(土)13:30〜18:00

●塾生企画WS「みんなで支える理想の保育システムを作ろう!!」
( )4月3日(土)13:30〜16:30

●一新塾10周年記念“プレ”イベント
( )4月24日(土)13:00〜19:00


氏 名:                       
ご住所:                         (〒    )
TEL:                          FAX:
E-mail:

***************************************************************************

---------------------------------------------------------------------
<編集・発行は>  特定非営利活動法人 一新塾 事務局    森嶋伸夫
●ご意見・ご感想はこちらへ  >>>  iss@isshinjuku.com
●一新塾ホームページはこちら >>>  http://www.isshinjuku.com/
●メールマガジン退会はこちら >>>  http://www.melma.com/taikai/
---------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。