政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【一新塾ニュース】第122号:10周年記念・第1期生からのメッセージ

2004/03/19

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆
        一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!
        【第122号】 発行日:2004年3月19日
☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

【目次】
 ●10周年記念(1)〜第1期生からのメッセージ
  「テレワーク開発で中国・インドに勝つ−デジタルフォレスト」
                     猪塚武氏(第1期生)

 ●「道州制.com」からのお知らせ
 ●一新塾第14期説明会(3/25、3/29)のご案内
 ●入門ワークショップ(3/27)のご案内
 ●10周年記念“プレ”イベント「市民が変える!社会が変わる!」(4/24)

======================================================================

一新塾ニュース読者の皆様こんにちは。事務局の森嶋です。
14・15日と住民の方々が主催するグリーンピア土佐横浪の勉強会に行って
まいりました。

参加された住民の生の声を直接お聞きすることで新しい発見があるとともに、
住民の方々のまちの将来を真剣に考え行動を始めている姿勢も感じさせてい
ただきました。

今回の出来事は、国からの補助金頼み、自治体と利権団体の癒着談合体質、
住民の無力感など、ほとんどの地方都市が抱えている本質的な問題を内包し
ているのではないかと思います。今、起こっていることを克明に記録するこ
とはもとより、非常に複雑に絡み合った問題ですが、いかに“わかりやすく”
伝えていくことの重要性も実感しています。

私は、志ある、問題意識を持った、しがらみのない、主体的市民同士の
ネットワークが大きなきな力になると信じていますが、皆さんはいかがお考え
でしょうか?

さて、今回は1期生の猪塚武さんの登場です。
猪塚さんも“風通しが悪い日本社会を揺さぶる”との熱い志をもって起業
されました。


    ------------------------------------------------------
    テレワーク開発で中国・インドに勝つ−デジタルフォレスト
    ------------------------------------------------------
                           猪塚武(第1期生)

●入塾、立候補、そして世直しビジネス

 私は学生だったころに一新塾に参加し、多くの先輩方から学生としては貴重
 な経験をさせていただきました。その後、就職し選挙に2度立候補したので
 すが残念ながら政治の方面では支援者に喜んでもらえる成果を出せませんで
 した。しかし、同時に立ち上げた世直しビジネスのほうは不景気な世の中に
 おいても順調に成長し、時価総額で7億円弱のところまできました。2006年
 の株式公開を目標にしています。

 私が起業した会社はデジタルフォレスト(http://www.digitalforest.co.jp)
 と言います。テレワークでシステム開発事業を行い、Visionalist(ビジョナ
 リスト)という製品の開発元としてマーケティング・広告業界を中心に一定
 の認知を得ています。創業時のコンセプトは「インターネット世直しカンパ
 ニー」。“風通しが悪い日本社会を揺さぶる”という思いが強く、社会構造
 の効率化を大きなテーマに上げ、「個人事業主をネットワークしてシステム
 開発を請け負う事業」を始めました。

●テレワークとは?

 テレワークとはテレ(遠隔地)でワーク(仕事をする)という意味で「在宅
 勤務」やモバイルによる「どこでも勤務」を指します。ナレッジワーカー
 (知的労働者)は生産設備を所有しているわけですから、最も仕事をやりや
 すい場所で仕事をするべきだというのが弊社の考え方です。子育てを行って
 いる女性が可能な時間帯だけ仕事をするということも大きなニーズとして存
 在しています。どちらのケースにも仕事は1人でするものではありませんの
 で、チーム全体としての共同作業や業務の監督方法、給与・評価制度が問題
 となります。弊社はこの分野でトライアンドエラーを繰り返しながらシステ
 ム開発の手法を構築しています。

 弊社の取り組みは業界から認められ、2003/10月には社団法人日本テレワーク
 協会から第4回テレワーク推進賞 会長賞をいただきました。
 http://www.japan-telework.or.jp/tw/tw_news028.html 

●「オフショア開発」に対抗する流れをつくりたい!

 弊社が属するソフト開発業界でも他の製造業と同様に中国・インドに対して業
 務を発注する「オフショア開発」の波が到来しています。数億円規模の開発で
 あればそれも良いと思いますが、数百万の規模や仕様があいまいな開発を海外
 に出すのは逆に非効率です。最近強く思うことですが、日本政府は40億しか
 収入(税収)がないのに80億も使ってしまうひどい経営を行っています。
 国債の借り手も減っていますので、国債価格は下落し、今後金利も上がるでしょ
 う。35年ローンで家を買ってしまった同世代の友人は今後もつらい時代が続
 くと思われます。

 英語が苦手な多くの日本人は日本の地で一生を終えなくてはなりません。日本
 政府の経営の外に逃げることはできないのです。国債の残高を下げるためにも
 税収を上げなくてはなりません。中国やインドへ発注した場合、所得税は中国
 政府やインド政府のものです。また、ソフト開発の貴重な経験をする機会は
 日本の若者には提供されません。少子化の日本において高度な業務を行うノウ
 ハウが蓄積されなければ将来の競争の結果は見えています。我々の老後を担う
 若者に高いスキルを与える必要があります。

 今後も日本市場を中心にビジネスを行われる企業経営者の皆様には弊社のしく
 みをご活用いただいた成功事例に是非なっていただき、世の中にオフショア開
 発に対抗する流れを作って行きたいと思っています。一新塾OBの皆様とは今後
 もいろいろなディスカッションができれば幸いです。


         ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
           「道州制.com」からお知らせ
                       http://www.doshusei.com/
          ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 道州制をご存じですか?道州制.comをご存じですか?

 『道州制.com』は、2005年までの道州制実現を目指し、道州制実現への
 思いと市民を繋ぐ「道州制」専門のポータルサイトです。
 →http://www.doshusei.com
 
 【コンテンツ】
  生活者の視点で正しい道州制が実現されているか観察しています。

  ☆道州制デイリーウォッチング
   最新の動向をチェック!
    ○2月18日小泉純一郎首相の諮問機関「第28次地方制度調査会」を近
    く発足させる・・・
    →詳細http://www.doshusei.com/daily/index.htm
    ○3月1日第28次地方制度調査会(首相の諮問機関)が発足。その中の
    道州制に関する話題は・・・
      →詳細http://www.doshusei.com/

  ☆充実の道州制関連総合リンク
 
  ☆道州制を分かりやすくする『フェデレンジャー』も登場 -Coming Soon-
 
  ☆4月24日(土)一新塾10周年“プレ”イベントで
   「道州制プレゼンテーション」準備中
 
  ☆道州制を判り易く解説した冊子『これで分かった道州制』が間もなく完成!
     道州制議論の前にこの1冊!道州制の基本をお手元に! -4月中旬発売予定-

 
  最新の道州制情報が知りたいなら「道州制.com」へ!
 『道州制』 検索ナンバーワン・サイト、「道州制.com」がお手伝いします。
  連絡先 doshusei@hotmail.com
  
               <道州制.com(Since 2003.11.23) http://www.doshusei.com/>
 

     ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
              お待たせしました!
        一新塾第14期説明会&ミニワークショップ
     ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 一新塾第14期が5月に開講いたします。
“21世紀を主体的市民として生きる”ということがテーマです。
 一新塾で取り組んでいる主体的市民教育について、映像をまじえて、詳しく紹介
 させて頂きます。OB、OGの方にもお越し頂き、交流する機会もあります。
 ぜひ、ご参加下さい。

    日 時:(1)3月25日(木)19:30〜21:30
        (2)3月29日(月)19:30〜21:30
    会 場:一新塾教室
        [住所]東京都港区芝3-28-2 カスターニ芝ビル2F
         [地図]http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html
    申 込:末尾フォーマットにてiss@isshinjuku.com 宛にお申込下さい。
    参加費:無料
    内 容:●適性判断シート
        ●主体的市民になる方法?!(自律→協働→切磋琢磨)
        ●座学&チーム活動2本立ての行動実践型教育
        ●主体的市民への9段階とは?
        ●ファシリテーター型リーダーシップとは?
        ●一新塾オリジナル問題解決フレームワーク
        ●OB/OGとワークショップで語ろう!



         ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
            一新塾入門ワークショップ
            2004年3月27日(土)
        ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 国の問題、地域の問題、会社の問題・・・と、どこを見ても問題が先行して
 いる今、一人一人が具体的に解決していく力。創造していく力が問われてい
 ます。私たちのパワーこそが従来の社会システムに変革をもたらすエネルギー
 源であり、「政策」「社会起業」はそのためのツールです。
「一新塾入門ワークショップ」では、政策立案・社会起業の経験のない方で
 もビジョンを描き、その実現に向けて市民参加で社会の問題解決をするスキル
 を学びます。

 (1)日時:2004年3月27日(土)13:30〜18:00
 (2)会場:一新塾セミナールーム
      [住所]東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
      [地図]http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html
 (3)内容:仮説思考・ゼロベース思考・ファシリテータースキルなど、社会
       の問題解決をするために必要なスキルをワークを通じて学びます。

      【前半30分で前提の解説】重要
       ●自分の強みはなんだろう?自分はどんな力が発揮できるか?
       ●問題解決のフレームワークとは?
       ●ロジカルシンキング は問題解決に欠かせない。
       ●21世紀はどんなリーダーが求められているか?
       ●21世紀のメンバーは今まで全く違う?

      [課題1]:組織の落とし穴を考える
            某メーカーの例を取り上げ、個人の資質が最も発揮さ
            れるシステムを提案していただきます。
            問題解決のフレームワークをじっくり習得できます。

      [課題2]:現在もっとも社会に必要とされている切実な課題を
            ワーク。本気で取り組みます。チームでビジョンを
            設定して、短時間でプレゼンテーションまでしてい
            ただきます。限られた時間の中でチームワークを発
            揮してどこまでできるか。挑戦していただきます。
            ワークの内容はいくつかご用意指せていただいていま
            すが、メンバーによって決定させていただきます。

 (4)講師:森嶋伸夫(特定非営利活動法人一新塾代表理事・事務局長)
 (5)参加費:2000円(当日、受付にて承ります)
 (6)定員:20名(先着順)
 (7)申込:末尾フォーマットにてiss@isshinjuku.com 宛にお申込下さい。



     ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
               【 一新塾10周年記念“プレ”イベント】
            市民が変える!社会が変わる!
           〜2005年生活者主権元年に向けて〜
     ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 2004年10月、いよいよ一新塾は設立10周年を迎えます。 
 これまでに2200名を越える塾生が共に議論し、切磋琢磨し、活動してき
 ました。 今こそ、市民パワーの可能性を肌身で感じてみてください!

 (1)テーマ:「市民が変える!社会が変わる!
         〜2005年生活者主権元年に向けて〜」
 (2)日 時:2004年4月24日(土)13:00−19:00(懇親会込み)
 (3)会 場:大田区産業プラザ・コンベンションホール
              [住所]東京都大田区南蒲田1−20−20
        [地図]http://www.pio.or.jp/map/map.html
        [交通]京急 蒲田駅東口より徒歩4分
            JR京浜東北線 蒲田駅より徒歩12分 
 (4)参加費:2,000円(懇親会費込み)
 (5)定 員:200名(先着順)
 (6)申 込:末尾フォーマットにてiss@isshinjuku.com 宛にお申込下さい。
 (7)プログラム:
               ●開催趣旨発表:青山貞一氏(環境総合研究所・一新塾代表理事)

        ●一新塾の10年を映像でご紹介!

        ●一新塾出身議員バトンリレーメッセージ
         〜主体的市民と議員の協働による新しいモデル
        【参加予定議員】
          長妻昭氏(衆議院議員・一新塾アドバイザー) 
          田嶋要氏(衆議院議員・一新塾11期)
          神保国男氏(戸田市長・一新塾1期)
          久保田后子氏(山口県議・一新塾6期)
          安藤信宏氏 (舩橋市議・一新塾1期)
          とかしきなおみ氏(杉並区議・一新塾1期)
          堀部やすし氏(杉並区議・2期都議養成科)
          藤本きんじ氏 (豊島区議・2期都議養成科)
          宇野俊市氏(玉野市議・一新塾2期)
         木下史典氏(品川区議・一新塾4期)
         三宅まゆみ氏(北九州市議・5期)※調整中※
          奥田けんじ氏(中野区議・一新塾9期)
         片桐のりこ氏(横浜市議・一新塾9期)
             山下ともや氏(小牧市議・一新塾11期)
          山中正樹氏(愛川町議・一新塾11期)
         姫野敦子氏(岩国市議・一新塾12期)
        【コーディネーター】
         鈴木崇弘氏(阪大フロンティア研究機構・一新塾理事)

        ●メッセージ演劇“tepid WATER BOYS”
         脚本・演出:一條美奈子氏(一新塾12期)
         出演:一新塾現役生有志

        ●社会起業家パネルディスカッション
         〜市民にこそ出来る活力ある社会変革
        【パネラー】
         片岡勝氏(市民バンク代表・一新塾代表理事)
                 深田智之氏((株)リゾートコンベンション企画・4,5,6期)
                 村松茂夫氏(NPO法人オーガニック日本酒育成機構・7期)
                 安井章員氏(NPO法人ASK-NET・11,13期)
                 福井恵子氏((社)日本芸能実演家団体協議会・13期)
        【コーディネーター】
                 前澤哲爾氏(全国FC連絡協議会専務理事・一新塾理事)

        〜懇親会・参加者同士の交流の時間〜

        ●塾生プロジェクト公開オークション
         現役生・卒塾生プロジェクトの活動発表&支援者募集!
         ★参加者が気に入った活動に対して「知恵」や「労働」
           や「お金」などの支援を提示する機会があります。
          ぜひ、同志になってください。

        ●ブースプレゼンテーション
         塾生・卒塾生のチーム活動やプロジェクトをブース形式で紹介

        ●メッセージ発信タイム



*************<申込フォーマット宛先:iss@isshinjuku.com>****************

( )3月25日(水)第14期説明会&ミニワークショップ
( )3月27日(土)一新塾入門ワークショップ
( )3月29日(月)第14期説明会&ミニワークショップ
( )4月24日(土)一新塾10周年記念“プレ”イベントに申込みます

氏 名:                       
ご住所:                         (〒    )
TEL:                          FAX:
E-mail:

***************************************************************************

---------------------------------------------------------------------
<編集・発行は>  特定非営利活動法人 一新塾 事務局    森嶋伸夫
●ご意見・ご感想はこちらへ  >>>  iss@isshinjuku.com
●一新塾ホームページはこちら >>>  http://www.isshinjuku.com/
●メールマガジン退会はこちら >>>  http://www.melma.com/taikai
---------------------------------------------------------------------



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。