政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【一新塾ニュース】第117号:この10年を支えたもの

2004/01/22

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆
        一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!
        【第117号】 発行日:2004年1月22日
☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

【目次】
 ●「一新塾のあゆみ〜この10年を支えたもの(理念:平成維新憲章)」
                    森嶋伸夫(一新塾事務局長)
 ●2005年生活者主権元年に向けて!
  (1)10周年記念“プレ”イベント企画(2004年4月24日)ご案内
  (2)10周年記念イベント企画(2004年10月上旬)ご案内

======================================================================

 一新塾ニュースご購読の皆さま、こんにちは。事務局の森嶋です。
 2004年のご挨拶が遅くなって申し訳ございません。
 今年は一新塾にとって10周年を迎える特別な年。読者の皆さまにも支えら
 れてきました。本当にありがとうございます。
 そこで、最初のご挨拶として一新塾のルーツに立ち返り、10周年のイベント
 のご案内をさせていただきます。まだ企画案の段階なので申込の受付も始まっ
 ていないのですが、4月24日のプレイベントがあることを早く皆さまにお伝
 えしたいと思い、今回発表することにしました。

 2000名以上の塾生が社会の問題解決に向けて、共に議論し、切磋琢磨し、
 活動してきた10年間。その一人一人が積み重ねてきた主体的市民としての
 歩みに思いを巡らせる時、この10年歳月の重みを感じぜずにはいられません。

■一新塾の歩み 〜この10年を支えたもの

 一新塾のルーツは、92年に大前研一氏によって創設された政策提言型の市民
 運動組織「平成維新の会」にあります。

 なぜ、“維新”なのでしょうか?
 それは、日本の政治がもはや部分修正で直るような、なまやさしいものではな
 いという認識からです。つまり「平成維新」は、旧体制を混在したままの改革
 でなく、すべてをゼロベースでやり直し、新しい国家運営のシステムをつくり
 だし、同時に世界に開かれ、世界から信頼される国に生まれ変わるために、国
 民にも意識改革を求めんとする運動でした。

 日本が「生活者」主権の国家に生まれ変わるには、もちろん人材が必要です。
 既存の勢力ではなく、維新には維新にふさわしい“しがらみのない”新しい人
 材が不可欠なことも論を待ちません。そうした中で湧き上がってきたのが
『政策学校一新塾』でした。

 改革という、無から創造し、道なきところに道をつくるがごとき作業は、主体
 的な市民によって可能であるとの大前氏の考えのもと、主義主張を超えて異な
 る価値観をぶつけ合い切磋琢磨しあえる場が生まれました。塾生一人一人が、
 試練→葛藤→探求によって主体的市民としての目覚め行動していく歩みが始ま
 りました。創設時からこれまで、一新塾の原動力は、この国を何とかしたい、
 日本再生のために立ち上がらずにはいられないという塾生・卒塾生・講師の志
 の共鳴でした。新しい国づくりに先陣をきって取り組んだ同志の志は次に続く
 人たちに連鎖していきました。

 今、振り返ってみますと、この10年を支えたものは平成維新憲章の「理念」
 であったと思います。

 --------------
  平成維新憲章
 -------------- 
    一、私たちは、官僚や政治家に全て任せきりの無責任なサイレント 
        マジョリティにとどまることなく、理想を語り、政策を論じ、
        自らの意志で代表を選ぶ真の生活者となります。

    一、私たちは、何から何まで政府に過度に依存する従来の受益者
        意識と決別し、自由な競争と自己責任の原則に貫かれた公正で
        活気に満ちた社会を構成する啓発された生活者となります。

    一、私たちは、政界官界財界に蔓延する利権構造の温床になった
        中央集権システムを解体し、自立し地方が主体的に運営される
        真の地方自治を実現します。

    一、私たちは、個人を尊び、家族を重んじコミュニティーにおける
        責任を自覚し、国を愛し世界の一員として尊敬と信頼を得るよ
        う積極的に活動する真の国際人となります。

    一、私たちは、生活の質を向上させ、コストを下げることを政治の
        第一の課題とし、そのために規制緩和や保護主義から解放主義
        への転換など行政の大改革を行い、生活者主権の国を創るまで、
     日本全国で建設的な活動を行います。


■2005年『生活者主権元年』に向けて

 この10年間に鍛錬してきた主体的市民パワーをいよいよ開花させる時が来ま
 した。2005年を、生活者主権社会実現に向けて主体的市民による国づくり
 がスタートする年として、『生活者主権元年』と定めたいと思います。
 新しい国づくり・地域づくりに個々のパワーを存分に発揮して頂きたいと思い
 ます。
 
〓〓【企画中の10周年記念イベントをご案内】〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

1.10周年記念プレイベント企画案(2004年4月24日)
2.10周年記念イベント企画案  (2004年10月上旬)


1.10周年記念“プレ”イベント企画案
 (1)プレイベントの目的
       一新塾の主体的市民としての活動を発信し、生活者主権社会実現に向け
        て、主体的市民の輪を広げたいと思います。
 (2)開催予定日時及び会場
    日時(仮):2004年4月24日(土)13:00−21:00(仮)
    会場:未定
 (3)テーマ 
    「2005年生活者主権元年に向けて
          〜主体的市民のアクションと地域主権」(仮)
 (4)プログラム(案)
    ●基調講演
    ●一新塾出身議員パネルディスカッション
     テーマ「主体的市民と議員の協働による新しいモデル」(仮)
     コーディネーター:一新塾理事
     パネラー:一新塾出身社会起業家&一新塾理事
    ●一新塾社会起業家パネルディスカッション
     テーマ「主体的市民のアクションによる社会変革」(仮)
     コーディネーター:一新塾理事
     パネラー:一新塾出身社会起業家&一新塾理事
    ●メッセージ演劇
    ●塾生活動映像報告
    ●公開PJオークション
     現役生・卒塾生プロジェクトの活動発表&支援者募集!
    ●懇親会&ブースプレゼン
    (プロジェクト編)
      塾生・卒塾生のチーム活動やプロジェクトをブース形式で紹介  


2.10周年記念イベント企画案
 (1)イベントの目的
    2005年を目前に主体的市民から変革のトリガーを引く!
   
 (2)開催予定日時及び会場
    日時:2004年10月上旬 
    会場:未定

  ※申込開始日、詳細決まりましたら改めて、御連絡させていただきます。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

今年も皆さまの歩みに役立つ情報や、塾生の歩みを発信してまいります。
2004年、共に市民パワー飛躍の年にしてまいりましょう。


---------------------------------------------------------------------
<編集・発行は>  特定非営利活動法人 一新塾 事務局    森嶋伸夫
●ご意見・ご感想はこちらへ  >>>  iss@isshinjuku.com
●一新塾ホームページはこちら >>>  http://www.isshinjuku.com/
●メールマガジン退会はこちら >>>  http://www.melma.com/taikai/
---------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。