政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【大前研一の一新塾ニュース】第63号

2002/07/26

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆
 
        大前研一の一新塾ニュース  第63号 
       
             発行日:2002年7月26日
     ★HPリニューアル!  http://www.isshinjuku.com ★

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

       〜身近なところから市民参加の街づくりをすすめる〜
      横浜開口の会からYOKOHAMA93rdsへ

                                       一新塾7・9期生
                            河合 利彦

●3・31横浜市長選に関わったきっかけ

 私が「横浜ショック」と言われたこの動きに関わったきっかけは、市長選の
際、勝敗を決した「青葉の乱」の地、横浜市青葉区にたまたま転居してきた
ことから始まりました。偶然が偶然を呼び、いろいろな出会いや展開があり、
気が付けば「30・40才代発〜横浜開口の会」の立ち上げの場にいました。

 「横浜開口の会」としては、11月に同世代の市議との会合を開催し、2
月末の中田現市長への正式出馬要請までを行い、結果的に主要政党相乗りの
現職市長を打ち破るという大きな成果を挙げることができました。

 候補擁立活動、選挙選本番を含めて、いろいろありましたが「開口の会」と
してこだわったことは、政治のプロやその周辺にいる連中ではなく、また市民
と乖離したバリバリの市民活動家でもない、 ごく一般の住民が市長選をまと
もに捉えようということでした。普段は市政がどうなっているのかなんて、関
心を払っていないのが、普通の市民であり、4年に1回しかない市長選であれ、
半年前には3月にあること自体を知らない人の方が大多数だったわけです。か
くいう私もその一人でした。

 ●地方政治の問題

選挙戦を通じて気づいたことは、2つあります。
1つは公職選挙法の問題、もう1つは地方政治の情報が伝わらない、大手マス
コミがまったく当てにならない、ということです。公職選挙法の問題点は端的
に言えば、現職候補・既成政党に圧倒的に有利だということです。そして、選
挙に関心を持たせないように、持たせないようにとしているとしか思えない不
可思議な規定です。マスコミも地方の政治関係の話題と言えば、行政当局発や
既成政党支部発の情報ばかりで、市政記者クラブなど市役所の中の御用聞きの
ような体たらくですから、肝心なことは伝えませんし、全国紙の地方版で注目
度が低く、影響力があまりありません。

横浜という全国最多の人口(約350万人)を擁する市の首長選挙ですら、扱
いは一地方ニュースレベルです。(本来は地方のことは、地方の媒体で流通す
るべきですが、首都東京の近隣に位置する横浜では、国政に対しては高い関心
を持っても、生活している市の行政については全く関心のない人が多いという
実態があります。新興住宅地では特に顕著です)また、選挙前になるとテレビ
では一切話題に触れられませんでした。(公正な放送の確保ということでしょ
うが、当選してみれば、各方面から新市長が引っ張りだこになるのですから、
まったく現金なものです)その結果、統一地方選とズレていることもあって、
投票率は6回連続して30%台の低さになっていました。今回は前回よりも5
ポイントアップ したことが勝因であると言われましたが、それでも39%に
過ぎません。それほど関心がないのが実態です。

 また、例え市長が変わっても(それは大きなことなのですが)、長野の例を
見てもわかるように、議会側も同時に変わらないのならば、変革の効果は大き
く後退します。来春には統一地方選があり、横浜でも市議会議員選挙が行われ
ます。それが一つの防波堤であり、議会がおかしなことをしたら市民がチェッ
クしていて、次の選挙では確実に見極める、という仕組みをつくるべきだな、
と選挙中からも思っていました。

 ●それなら自分たちでメディアをつくってしまえ!

 しかし、既存のマスメディアに頼っていては、われわれが望む充分な量と種
類の情報は入ってきません。私もそうですが、いわゆる「横浜都民」と言われ
る住民には、自分の住んでいる街なのに、行政の施策や財政状況などはよほど
関心を払っていなければ情報はないに等しい状態です。更に、地方議員がどん
な人であり、何を活動し、何を発言しているのかなどは、まったくと言ってい
いほどわからないのではないかと思われます。これは、横浜だけの問題ではな
く、他の地域でも共通する問題でしょう。選挙法の問題もあいまって、充分な
情報がなく、何を選択の軸にしていいのかわからないまま、「ただ選挙に行こ
う」と言われても、忙しい現役世代は関心を持ちづらい現状です。例え足を運
んだとしても、ポスターの印象とか所属政党、せいぜい選挙公報などで、適当
に判断しているのではないでしょうか。

 そこで、この市長選の活動を通して知り合ったメンバーで、独自のメディアを
つくる動きをしています。これは前出の「開口の会」とは別個の集団です。
そして、この活動は、決して中田市長の親衛隊になろうとするものではなく、
市長に対しては常に是々非々で臨みたいと思っています。もちろん、中田市長
誕生によって、また新市長のスタート段階での巧みな舵取りによって、少なく
とも行政と議会と市民が協調して、新たなパラダイムに踏み込む下地はできつ
つあります。それは、「非拡大・非成長時代の市政運営」=「民の力が最大限
に発揮できる社会」をビジョンとして掲げた「施政方針演説」にも端的に現れ
ており、その姿勢には大いに賛同するところです。しかし、逆に新市長が市役
所や議会多数派や関係団体などと卒なく協調する中で、絡め取られてしまう恐
れも多分にあります。ないに越したことはありませんが、そこも注視していき
たいと思います。

 ●横浜「93番目」の議員達

 以上のような経緯と考えの元に、「ヨコハマ93rds」という団体名で、
JOY(Joint of Yokohama)93というサイトを立ち上げま
した。市議会議員の定数は92ですが、市民一人一人が「93番目の市議」と
なって横浜の街づくりに貢献しようという意味合いをもって、ネーミングしま
した。ホームページはもちろんですが、様々なイベントや定期刊行物として紙
媒体も用意していく予定です。議会や行政をウォッチすることだけに留まらず
に、豊かな横浜を築いて行くための、大きな意味での「街づくり」を考えてい
きたいと思っています。よりよい街づくりを行う上で、関係者を結びつけてい
く役割を担っていきたいと考えています。それは、市民と議会、市民と企業や
商店街、市民とNPOと企業など、そしてそこに行政を巻き込んでいくなど、
いろいろな仕掛け作りです。それも、いままでの政治団体や既成の市民団体に
はない、ポップなセンスを打ち出しつつ進めて行きたいと思っています。

 選挙中から、横浜といえば、最もブランド力の高い都市であると度々指摘さ
れてきました。しかし、横浜市という行政区分を見ると範囲はとてつもなく広
く、本当に多様な地域で構成されています。一般的なイメージは港や中華街で
すが、住宅地も多くを占めており、街づくりという意味では他の都市と共通点
も多いのではないかと思います。従って、この取り組みが軌道に乗れば、他都
市への応用も利くはずですし、他都市でとり組まれている動きとも積極的に協
調していきたいと考えております。

 この取り組みにご関心を持っていただいた方、ご協力いただける方は、横浜
に縁があってもなくても構いませんので、是非、下記ホームページにアクセス
いただき、ご支援賜りたいと思います。よろしくお願いいたします。
 
*****************************************************************
 JOY(Joint of Yokohama)93 ホームページアドレス
 http://joy93.jp/

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■編集室より

一新塾ニュースでは、今後も、塾生からのホットな活動レポートを紹介してい
きたいと思います。ご期待ください!
                               (近藤)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
                        第10期 いよいよ開講
                     大前研一の政策学校[一新塾]
               塾生募集! 
                       http://www.isshinjuku.com/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

     ********************************************
       ☆台湾環境政策視察報告会を開催します☆
      ********************************************

7月13日〜15日に台湾環境行政視察に行ってきました。
環境総合研究所長の青山貞一さんを調査団長に一新塾が主催となり塾からは13名、
ゴミ弁連の弁護士も3名が参加しました。

「下水処理施設」「焼却炉」「埋め立て施設」「発電施設」を回りましたが、諸
外国からの積極的な技術導入、国際入札の実施、管理運営の民営化など日本が学
ぶべきものが多々ありました。また、施策が実施されるまでのスピードの速さに
も驚かされました。

さて、8月2日(金)19:30より『台湾環境行政視察報告会』を行います。
青山さんにもお越しいただくと共に、参加メンバーからも視察の一こまをご紹介
いただく予定です。ぜひご参加ください!

★台湾視察ツアーの様子はHPでご覧いただけます。
 http://www.isshinjuku.com/

------------------------------------------------------------------
「台湾環境政策視察報告会」
 ●日 時:8月2日(金)19:30〜21:30
 ●会 場:一新塾セミナールーム
      http://www.attackers.ne.jp/issin/map.html
 ●参加費:500円
 ●申込み:下記フォーマットをiss@attackers.ne.jpまでお送りください。
      【問合せ先】
       政策学校[一新塾]事務局 電話 03-3239-0170
--------------------------------------------------------------------

 <プログラム>
 ・調査団長・青山貞一氏からの視察報告
 ・ビデオ、写真を交えての現場報告
 ・視察団参加者からの一言
 ・視察を踏まえ、会場の皆さんとディスカッション

**********************<申込フォーマット>******************************
●台湾環境政策視察報告会に参加します
(宛先:一新塾事務局iss@attackers.ne.jp)

お名前 : 
ご住所 :
TEL   :
E-mail : 
**************************************************************************
----------------------------------------------------------------------
<編集・発行は>  大前研一の政策学校「一新塾」事務局    森嶋 伸夫
●ご意見・ご感想はこちらへ  >>>  iss@attackers.ne.jp
●一新塾ホームページはこちら >>>  http://www.isshinjuku.com/
---------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。