政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【大前研一の一新塾ニュース】第59号

2002/05/09

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆
 
        大前研一の一新塾ニュース  第59号 
       
             発行日:2002年5月9日
     ★HPリニューアル!  http://www.isshinjuku.com ★

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

                        主体性ある市民を目指して

                        第7期ビジョンコース
                           横倉 洋子

【一新塾を卒塾して】

 一新塾を終えて2年以上が経過しました。なにげなくネット広告で見つけ
六番町のビルに足を踏み入れてから、ずいぶん自分が変化したように思います。

 政策、とは何でしょう。それすらも当初は知りませんでした。7期では、
ディベートの講義・実習があった後に議員立法という手段を学びました。
世の中のルールである法律、行政の指標である政策を政府の下請けである官僚
ではなく、選挙民の代表である議員が立案する、こんな単純な事が実はほとん
ど行われていない、あるいは立案しても成立しない。
いったい、誰の為の政治制度なのかしら。 あれ?待てよ。
それじゃぁ、自分の考えも政策って形で実現出来るかも。なんちゃってね。

 塾でのさまざまな講義はテレビや書物の知識とは異なり、理解しやすいもの
ばかりでした。しかも、一新塾の良いところは必ずディスカッションがあると
いう点です。「あいつ、良く質問するなぁ」と言われますが、せっかく目の前
に講師が居るのです。もったいないじゃないですか。(^.^)
聞きかじりの中途半端ではありますが、自分の知識は格段に増えました。
あ、ついでに度胸もつきますよね。御大臣でも評論家でも、ドンと来い!

【「市民参加」の流れを実感】

 そして、面白いように「知るからこそ」疑問と怒りとアイディアが出てきま
す。「何で?」「何で?」と幼児期に戻ったような状態になる時もあります。
もちろん、自分の生活に直接関係のない分野、興味のない分野の講義も少なく
ありません。それでも聞くと筋道の通らない物が見える事もあります。
「知るからこそ」発言していきたくなってきました。

 話はそれますが、こうして「市民」が「知識を得て」から「専門家」と議論
する「コンセンサス会議」という手法があります。政治は当然ですが、今先端
科学と呼ばれるものにも、徐々に「市民との合意形成」が倫理指針という形で
付加されるようになってきています。難しい事、自分とは直接関係ないようで
あっても社会形成に関わるありとあらゆる分野には、市民の意思がもはやかか
せないものになりつつあるのを最近実感しています。

【発言したい!】

 塾で私が取り組んだ政策提言は医療改革です。これも単に自分の職場が病院
で「そこが変だよ、医療業界!」と塾生の皆様に知って頂きたいと思ったにす
ぎませんでしたが、一新塾で目指すものは世に問える政策という形式。(*_*)
資料かき集めて文章にはしてみたものの、稚拙な一般市民のアイディア止り。
現実の政治がいかに難しいものであるかを、実感させられた感じです。

 けれども、ともかく1年が過ぎて塾を終えた時 それまで以上に「発言した
い」という気持ちは強くなっておりました。

#お金も立場もありゃしない。どうしよう。ネット位でしゃべってみるか。

 こうして、最近はネット上、メーリングリストや各種のパブリックコメント、
更にチャンスがあれば議論の場に出かけたり投書したりしています。
面白いのは、「貴方はどんな立場の方ですか?」と質問されて、「ただの一般
市民でございます(^○^)」と元気に答えると相手が大変困ったような顔をされ
る事です。直接の利害関係者しかしらないんでしょうか。

 そうすると、チャンスも増えてきます。声に出したり、メールに書くことで
当然、自分の意見は世に出て行きます。私一人の意見が数人や数百人に広まり
ます。そのうち、一人からレスポンスが来ると会話になります。
会話があつまると意見になります。市民から湧き上がった意見を聞かない政治
家はいません。与党も野党もなく、有権者である市民の意見に従うのは何より
も必要だし、ある意味楽ですらある、とも言われます。

#何だ、発言する場所 見られる場所も沢山あるじゃないか。

【ふつうの市民として】

 例えば、先日私は農水省の大ホールで武部大臣と会話が出来ました。
マスコミの方は、「市民につるし上げにあう武部大臣」を撮ろうとするだけ。
農水省がお願いしても市民募集・開催案内は記事にならなかった。でも当然な
がら、全国から農家の方々は見に来られていました。この場所でしか見えない
ものがありました。でも、マスコミが撮りたいもの、流したい情報だけが面白
おかしく繰り返し映されていきます。何かが変です。
 すると、農家の女性の方と農家向けの雑誌の方に出会いました。参加した女
性誌の記者さんとも話しました。本当は、何が問題なのだろう、と。
「貴方の立場でどうお考えになりますか?そう、市民として。」

 タイトルにつけた「主体性ある市民」は、塾長の最初の講義(長かった!)
で出て来た言葉ですが、本当に難しいですね。
今はただ、どんな内容でも自分に置き換えて考えてみる・流されないよう、誰
の言葉であっても鵜呑みにしないで自分でもう一度考えてみよう、そんな風に
考えております。


皆様はどうですか?(^○^)                     おわり。


 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■編集室より

市民の視点だからこそ見えてくる“問題”があると思います。
だからこそ、官僚や政治家に任せっきりでなく私たち市民も政策という武器を
持ち、地域作りや国づくりに参加していく。横倉さんの行動力にはいつも驚か
されます。                          (森嶋)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

              第10期 開講間近!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
                         第10期 5月18日開講
                     大前研一の政策学校[一新塾]
               塾生募集! 
                       http://www.isshinjuku.com/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

                    テーマ:『目覚めよ!主体的市民』

               ●日本を変革する人材養成学校!
               ●平日夜間・休日開催・通信コースあり

いよいよ第10期の開講が近づいてまいりました。
一新塾では、これまでに年齢もバックグラウンドも違う意欲溢れる方が幾度となく
議論を重ね、そして行動へと向かっていきました。議論こそが学びの最大の機会で
あり、私たちに理解→自覚→行動を促してきたわけです。

さらに、一新塾での議論は、実際に今、起っている社会の問題を塾の中に取り込み、
侃侃諤諤やった末にフィードバックし社会を変革していきます。

第10期にもたくさんの意欲を持った方々が集っています。説明会の開催日程も
残り僅かとなりました。ぜひ一度、一新塾の実際の雰囲気を体験にお越しください!

≪第10期説明会開催中≫

 ■東京会場(一新塾セミナールーム)
  http://www.attackers.ne.jp/issin/map.html

  (1)5月11日(土) 16時00分〜17時30分
  (2)5月15日(水) 19時30分〜21時00分
     ※上記日程でご都合のつかない方は、別途個別説明会を開催させて
      いただきますので、iss@attackers.ne.jp宛にご連絡ください。

  [申込方法]
    一新塾HP  http://www.attackers.ne.jp/issin/setsumei.html
    からお申込いただけます。

≪第10期予定講師≫
 金美齢氏(台湾総統府国策顧問)、和田秀樹氏(精神科医)、
 松山大河氏(ビットバレーアソシエイション)、鈴木寛氏(参議院議員)
 杉山知之氏(デジタルハリウッド学校長)、枝野幸男氏(衆議院議員)
 小林慶一郎氏(経済産業研究所)、増田寛也氏(岩手県知事)
 片岡勝氏(市民バンク代表)              ほか全36名

----------------------------------------------------------------------
<編集・発行は>  大前研一の政策学校「一新塾」事務局    森嶋 伸夫
●ご意見・ご感想はこちらへ  >>>  iss@attackers.ne.jp
●一新塾ホームページはこちら >>>  http://www.isshinjuku.com/
---------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。