政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【大前研一の一新塾ニュース】第55号

2002/04/04

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆
 
        大前研一の一新塾ニュース  第55号 
       
             発行日:2002年4月4日
     ★HPリニューアル!  http://www.isshinjuku.com ★

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

                     「起業で地域を元気にしたい!」

                       一新塾OB 深田智之

一新塾には3期間お世話になりました。
当時は会社勤めをしながら、塾に通っていました。街づくりや地域の活性化
を促すための業務に携わっておりましたが、自分の行っていることの意味や
価値を客観的に見れる力を付けたいと思ったのが、入塾の動機でした。
塾では、多くの先生方と知り合え、異分野の仲間ができ、実に充実した日々
を過ごすことができました。

その後、もっと積極的かつ主体的に、「この日本の社会や地域を元気にする
役割を担いたい」と思って、昨年11月に独立を果たし、現在毎日奮闘してい
ます。

そんな奮闘をお伝えすることで、これを読んで下さった方が少しでも元気に
なって頂けたらと思い、パソコンに向かいました。


現在、公共事業の予算は全体的に縮小傾向にあり、以前と比べると費用対効
果を重視するようになったとは思いますが、それでも、全国隅々まで多額な
税金が公共施設等(いわゆる箱もの)の整備に注ぎ込まれています。昨今の
ように国も地方公共団体も、財政事情が悪化した状況においてさえ、「造る
こと」が目的とも思われる施設整備が依然続けられています。

しかし、整備された公共施設等は私たち国民・住民の資産・財産なのだから
有効に活用されてほしいものです。多くの人に利用されてこそ、施設の価値
が高まり、地域の人達の元気が出ると思います。

でも残念ながら、使い勝手やサービスが悪かったり、PR不足だったりして、
有効に活用され、いつも賑わっている施設は、ほんの一部でしかありません。

それは、公共施設等の管理・運営は、原則的に行政が実施し、例外的に「第
三セクター」や「地元住民団体」等に限定され、一部単純事務についてのみ
しか民間委託が認められていないからです。

公的団体が管理するメリットも十分勉強させてもらいましたが、集客施設に
ついて言うなら、民間ができないことは何も無いし、民間が運営するメリッ
トの方がよほど大きいと考えていました。なぜなら、運営民間では当たり前
の競争原理が働かず、コスト意識やサービス向上意欲を高めるための組織と
個人、各レベルでのインセンティブもペナルティーも「仕組み」として不足
しています。また、集客施設を効率的に運営するためには、特徴づけ(わり
きり)が必要になるのですが、公共の性格上、どうしても誰をも対象とする
バランスが要求されたりするので、逆に中途半端になってしまうという欠陥
を有しています。

そこで、自分が得意としているリゾートやコンベンション関連施設での運営
では、1980年代から欧米豪等において試みられ成果が上がっている「官民の
役割分担の見直し」による「行政サービスの市場化(民間委託)」を、誰よ
りも早く請け負ってやろうという思いが込み上げてきました。

社会環境としても、一昨年PFI推進法が施行され、民間企業が有するノウ
ハウや経営システムを活用して、民間に行政サービスを提供させようとする
制度的な裏付けと、財政的な悪化が背景となり、これまでの日本には無かっ
たビジネス・モデル構築する条件が整い始めていました。さらに、環境保全、
ゴミ処理、福祉、教育、情報・通信等の分野において、民間活用の意義や効
果、ベンチャー企業への期待が報告され、私が狙っていた分野への民間の参
入期待が盛り上がってきた、と感じる日々が続いていました。

会社勤めをしながら、そのような思いを事業計画としてまとめ、自腹でアン
ケート調査などをしている時に、同じ思いを抱く仲間や企業との出会いがあ
り、その後、現在の運営しているリゾートホテル・グリーンピア土佐横浪
(高知県)がある須崎市長や県庁関係者との関係づくりを進めることができ
ました。

この施設は高知県でも1、2を争う風光明媚な県立横浪自然公園内に立地し、
十数年前からの10年間に百数十億円もの費用をかけて造った大規模年金保養
基地です。その他にも多額な税金が周辺のインフラ整備に投入されています。
昨年11月までは高知県と須崎市が出資している財団法人が運営していました
が、毎年、運営費用だけで数千万円の赤字を出し続けていたので閉鎖になり
かけていました。

閉鎖されれば、それは廃墟となることは間違いなく、直接的な影響としては、
アルバイトを含め50名近い雇用が失われ、地域の産業の連鎖的な衰退を招き
ます。自分たちの年金資産や税金が無駄になることは絶対に避けたかったし、
立地や設備・機能はすばらしいので、裏づけは無いのですが、運営しだいで
は「蘇える」という信念を持っていました。だから、親しい人ほど「止めて
おけ」とバカ扱いされましたが、この事業に人生をかけてみました。

そんな施設運営の経験も会社としての実績もお金もほとんど無い私たちに、
閉鎖を絶対に避けたいとする関係者がご尽力を尽くし、最後の望みを私たち
に託して下さいました。昨年12月から私たちが立ち上げた株式会社リゾート・
コンベンション企画が運営を請け負っています。飲食の内容改善とフロント・
サービスの向上、マーケティング、施設PR・セールス等を重視しながら、
毎日、運営の改善に取り組んでいます。そして、利用者数と収入増を図り収
益性を高めることで、施設の自主活動財源を増やし、より高水準なサービス
の提供が可能となるようなスパイラルを目指しています。さらに、私達が施
設の管理・運営業務を遂行している意義を深めるためにも、地域への還元と
交流を積極的に行い、現場職員一人一人の働き甲斐を高められるような職場
づくりを目指しています。

立ち上げメンバー等の仲間に支えられて、その後、すばらしメンバーが加わ
り、地元の方々の支援も大きく膨らみ、今後どんどん良くなるという実感が
出てきました。あとは、やることをやり、何とかこの1年間で結果を出して、
今後の運営継続の目処を早期に付けることが、短期的な目標です。その後は
1つでも、多く倒れかかっている施設の運営に携わり再建の目処を付けて、
地域の活力が蘇えるような役割を担っていくことが事業の方向(ビジョン)
です。

以上、簡単ではありますが、大前塾長の一新塾で学んだ仲間とこんなことをし
ているという報告をさせて頂きました。高知県は、東京からなかなか遠いい
ですが、ぜひ遊びにいらして下さい。心よりお待ちしております。

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■編集室より

一新塾では4月20日(土)OB/OG会を開催いたします。当日は深田さんにも
お越しいただき、起業に至るまでの一新塾との関わりと現在の課題、今後の抱
負などを語っていただく予定です。               (近藤)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

                   ■■■■■■■■■■■■■■■■■
                   一新塾 第10期 5月18日開講!
                   ■■■■■■■■■■■■■■■■■

ただ今、講義ダイジェストや大前塾長メッセージビデオを交えての無料説明会
を開催しています。ご興味がございましたらぜひご参加ください。
(説明会のご予約は、 http://www.isshinjuku.com/ よりしていただけます)

■東京会場:一新塾セミナールーム
   (1)4月10日(水) 19時30分〜21時00分
   (2)4月20日(土) 16時00分〜17時30分
   (3)4月24日(水) 19時30分〜21時00分
                          ほか

■名古屋会場:名古屋国際センタ−(名古屋駅徒歩7分)
    ・ 4月12日(金) 19時00分〜21時00分

■大阪会場:大阪府商工会館
    ・ 4月13日(土) 13時30分〜16時30分

 説明会の詳細・お申込は
 一新塾HP  http://www.attackers.ne.jp/issin/setsumei.html
 を今すぐアクセスください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
----------------------------------------------------------------------
<編集・発行は>  大前研一の政策学校「一新塾」事務局    森嶋 伸夫
●ご意見・ご感想はこちらへ  >>>  iss@attackers.ne.jp
●一新塾ホームページはこちら >>>  http://www.isshinjuku.com/
---------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。