政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【大前研一の一新塾ニュース】第54号

2002/03/22

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆
 
        大前研一の一新塾ニュース  第54号
       http://www.isshinjuku.com 発行日:2002年3月22日

                           一新塾本の最新刊!
    ★『大前研一の一新塾 Part2』プレジデント社より好評発売中★

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

                「尾身議員への政策提言プレゼンを終えて」

                     8期ビジョンコース 
                     地方自治チーム 大和田 諭史

1、感謝

 一新塾に入って、10ヶ月が過ぎ、いよいよ議員への政策提言。国会議員に
会ったのも数えるほどの私にとって、前回の政権の中枢を担う山崎拓氏に続き、
現職大臣の尾身幸次氏にお会いでき、しかも提言が出来るなんて、本当に光栄
でした。レジメには前もって目を通され、提言中もメモ取りながら、「自分の
意見は少数派かもしれませんが…」と的確にご指摘頂け、熱のこもった講義と
質問に一つ一つ丁寧にお答えになる姿に感銘を受けました。
 国会開催中の本当にご多忙中の時にお越し頂き、有難うございました。

2、プレゼン内容について

 私達チームの政策提言テーマは投票率を上げる方法。それはここ10年間の
投票率の下落(特に若者)が、豊かさや生活の充実感からくる関心の低下だけ
ではなく、最近の政治や経済の低落と強いつながりを持っている。時代の変化
を考えると、戦後の民主主義を獲得した昭和20年代から、昭和の後半までは、
社会のインフラ整備、産業形態の変化に伴う地方から都心部への人口流入、高
度経済成長、労働組合運動、保守と革新政党など、様々な方向性を持った変化
がありました。投票行動を考えるに当り、義務とか権利と表現し、棄権も意思
表示の一つと考えられました。

 しかし、地域社会や会社に帰属意識を持てた時代と変わり、ここ10数年は、
低成長からマイナス成長、雇用形態の大幅変化と賃金の下落と、益々、よりど
ころの無い社会に変化し、政治不信、経済不振という言葉が蔓延しています。
民主主義が何たるか、政治教育も無いまま社会人となる世代に、過去の価値観
から、投票行動を考えることに非常に疑問を感じます。

 地方から都心部への若い世代の人口流入は今も続いています。今後地方の投
票率は下げ止まり、都心部はまだまだ下がる傾向が強まるでしょう。こんな世
の中から企業も人も海外へ逃げ出せば、残るのは、高齢者と政治家なのかはわ
かりませんが、国への奉仕が政治家の役割であるならば、政治意識を高め、投
票行動に結び付ける努力が、今必要であるとともに、有権者、そしていずれ有
権者になる者からも、アクションが必要であると考えます。

 ただ、政治教育といってもなかなか難しい面があります。それには、選挙と
いう現場を教育の一つの題材に取り込み、出来るだけ若い年齢から、参加意識
を持たせることの必要性を強く感じます。

3、次の提言に向けて

 尾身議員は投票率を上げる意味にはどちらかというと否定的で、棄権する人
は無視してもかまわない、それも民主主義とのご指摘もありましたが、それで
終わってしまっては私達の提言の意味は無くなってしまいます。政治教育の必
要性については納得されていらっしゃいましたので、「新しい時代にあった政
治意識を高める必要性」、「生徒、市民の政治教育、選挙参加プロセス」をも
う少し具体的に提示し、次の提言に向けて準備をしていきたいと考えておりま
す。また、自治体にも実際提言してみたいと思います。それが、尾身議員の講
義にあった「空洞化問題を解決し、一刻も早く国際競争力を回復し、日本経済
全体の活性化(フロントランナー)を図る」に、まさしくつながって行くので
はないでしょうか。

                                
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■編集室より

 地方自治チームの皆さんは昨年の8月には「在職立候補」について考えるシン
ポジウムを開催しました。メンバーの中には来年の統一地方選挙で実際に立候補
を目指されている方もいらっしゃいます。            (近藤)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

■■■■■■■■■■■■■■■■■
一新塾 第10期 5月18日開講!
■■■■■■■■■■■■■■■■■

■テーマは『目覚めよ!主体的市民』
 「中国の勃興で世界情勢は変わった。中国は経済的には「中央集権体制」
 を壊し、地域の競争力を高めている。一方、日本は・・・? 
 国も地域も企業も個人も変革を求められている。依存体質から脱却しての
 自律への道だ!
  第10期では、世界競争に勝ち抜いていけるための地域の自立と、個人
 の自律に焦点をあてる。」

■説明会開催中! (東京・名古屋・大阪)にご参加ください
 ●近々の説明会予定
  <東京会場>
       3月27日(水) 19時30分〜21時00分
       3月30日(土) 16時00分〜17時30分

 説明会の詳細・お申込は
 一新塾HP  http://www.attackers.ne.jp/issin/setsumei.html
 を今すぐアクセスください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
----------------------------------------------------------------------
<編集・発行は>  大前研一の政策学校「一新塾」事務局    森嶋 伸夫
●ご意見・ご感想はこちらへ  >>>  iss@attackers.ne.jp
●一新塾ホームページはこちら >>>  http://www.isshinjuku.com/
---------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。