政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【大前研一の一新塾ニュース】第52号

2002/02/22

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆
 
         大前研一の一新塾ニュース  第52号
       http://www.isshinjuku.com 発行日:2002年2月22日

                           一新塾本の最新刊!
    ★『大前研一の一新塾 Part2』プレジデント社より好評発売中★
        http://www.president.co.jp/book/index.html

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

                         「山崎拓議員への提言」

                      8期ビジョンコース
                      経済産業Bチーム 村上 啓

 皆さんこんにちは。一新塾ビジョン8期 経済産業Bチームの村上です。
2月1日の山崎氏にプレゼンテーターをしました。今日はその時の体験と、今
までの活動を振り返ってみて思うことを綴ってみたいと思います。

 私がそもそもここに参加したきっかけは、まだ私が学生だった当時、7期の
合宿で飛び入りプレゼンをしたのがそもそものきっかけでした。当時を思えば、
山崎氏のような大物にこの若さでプレゼンをすることになろうとは思っても居
ませんでした。
 活動を振り返ってみて、ここまでになった要因は、ただ一つであると考えて
います。
 それは「実際に行動すること」です。
 たったこれだけの事ですが、実際にやる事がどれ程難しく、また価値のある
ことか、ここ数年痛感しています。

 私は実は「政治」と呼ばれるものが嫌いでした。政治批判や政策批評の類は、
TVをつけても、居酒屋に居てもさまざまな場面で耳に飛び込んできます。また
そのような評論家がたくさん居る世界、更に巷にあふれる評論家が口にする
テーマは圧倒的に政治の話題が多く、世の中を振り返ってみて、これほど「批
判」「批評」「論評」の類が多い世界は無いと感じていたからです。皆さんも
「景気が悪いから・・・」「小泉政権は・・・・」などなどこんな批判を耳にす
ることは多くないでしょうか?しかし自分の可能性を広げるには、あえて興味の
無い嫌いな分野に飛び込んでみるのも一興と思い、今期はFRIという我々の組織
のメンバー数人とプロジェクトチームを結成し、参加しました。

 この我々のFRIという組織は、「次世代の価値観(=ファッション)を探るこ
とで、ファッション業界を変えていこう」というコンセプトの元に、ファッショ
ンに興味のある若い人間がフリーで集まって構成されています。この活動は、も
う3年間継続し、定期的に勉強会を開いています。

 実は我々がターゲットにしているアパレル・繊維業界も、政治の世界と同じく、
既得権益者がはびこり、実行型の人間が少ない業界です。我々はそこへ「実行型
組織」としてアプローチし、業界を変えていこうと考え活動しています。
 FRIの活動だけではなく、実際に我々の仲間には、ビジネスとしてこの業界を変
えようとベンチャー起業した人間もおり、また他のメンバーも本業を抱えながら
夜集まりビジネスの側面からもアプローチをしています。
 ビジネスの側面及び市民活動の側面からは、このように既に実際に活動し続け
てきました。であるから、今期は一新塾で「政策」というアプローチで活動する
事にしたのです。

 私は、実際に去年イタリアの生産地に行き、無理を言って現場を見させて貰っ
てきました。また今回の調査の為に、経済産業省に行き、関係する文献・情報ソ
ースを当たりました。我々は、国内外の実際に現場で働く人間へ徹底してヒアリ
ングを実施し、更に関係する法律・団体・海外事例・海外の政策などありとあら
ゆる分野を徹底して調査しました。先日の山崎氏のコメントにも含まれていた
「繊維産業の雇用」についても、再雇用状況を実際に調べる為に、職業安定所に
足を何度も運んだメンバーも居ます。

 このように我々は、批判だけではなく、実際に自ら行動し、何とかこの業界を
良くしたいと真剣に考えています。この一新塾のスローガン「主体的な市民活動」
にある、「市民活動」とは、決して政治批判やその他批評の類ではなく、また一
新塾における「政策」とは、政治家や官僚の「政策」の真似事ではないはずです。
むしろ大げさかもしれませんが、「真剣に一生を賭けるぐらいの意気込みを持て
ることは一体何なのか?」「市民として、今の自分達にできる事は何か?」を具
体的に考え、実際に行動に移していく事であるはずです。またこれからの政策の
あるべき姿とは、中央集権型のトップ・ダウンアプローチではなく、もっと市民
の視点から物事を捉えたボトム・アップアプローチ型であるべきだと思います。
この様な市民活動から出てきた提案・案こそが、一新塾における「政策のあるべ
き姿」だと私は解釈しています。

 私は若干23歳の若造です。しかし実際に行動をしていけば、私のような青二
才が日本の中枢にいるような人間にプレゼンをすることになったわけです。まさ
かこの様なことになるとは、数年前には思いもよらなかったことです。
 また我々の活動は、徐々に様々な方面に認知され、多少なりとも影響力を持つ
ようになってきました。私が学生の時に、最初たった3人で始めたFRIの活動が、
ここまで具体的になり、拡大したのも全て「実際に行動」してきたからだと思い
ます。
 私自身もまた我々のチーム及び政策も、まだ足りない部分は多々あります。し
かしこれからも主体的且つ実際に行動をし続ける事で必ず成果に繋がっていくは
ずです。

 若干生意気を申し上げましたが、上記が今回一新塾に参加して今までを振り返
り感じた率直な感想です。

 最後になりますが、これからも「主体的市民」を創出する一新塾であって欲し
いと思うと同時に、我々も今後とも自分達の夢に向かい尚一層活動していきます
ので、何卒応援のほど宜しくお願いいたします。それでは、また。

          一新塾 8期 ビジョン 経済産業Bチーム 村上 啓
          【FRI HP】
            http://www.iris.dti.ne.jp/~kawait/index.html

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■編集室より

山崎議員への提言前には、チームのメンバーで徹夜で徹底的に準備をしたと
いう経済産業Bチームの皆さん。当日のプレゼンテーションも迫力満点でした!
(近藤)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

■■■■■■■■■■■■■■■■■
一新塾 第10期 5月18日開講!
■■■■■■■■■■■■■■■■■

■テーマは『目覚めよ!主体的市民』
 「中国の勃興で世界情勢は変わった。中国は経済的には「中央集権体制」
 を壊し、地域の競争力を高めている。一方、日本は・・・? 
 国も地域も企業も個人も変革を求められている。依存体質から脱却しての
 自律への道だ!
  第10期では、世界競争に勝ち抜いていけるための地域の自律と、個人
 の自律に焦点をあてる。」


■説明会にご参加ください

ただ今、下記の日程にて第10期・説明会を開催いたしております。

(1)2月26日(火)  19:30〜20:30(一新塾会議室)
(2)3月12日(火)  19:30〜20:30(一新塾会議室)
(3)3月21日(木・祝)13:00〜18:00
               特別講座「一新塾入門ワークショップ」
                    (※参加費1,000円)

■申込方法:
(1)下記フォーマットをコピー・ペーストしてisj@attackers.ne.jp宛
   にお送りください。
(2)一新塾HP  http://www.attackers.ne.jp/issin/setsumei.html
  からもお申込いただけます。

ご質問等ございましたら一新塾事務局(03-3239-0170)までお気軽に
ご連絡ください。

************************<返信用フォーマット>************************
■説明会申込書(宛先:isj@attackers.ne.jp) 

希望の日時をご記入ください。
<説明会>
( )2月26日(火)
( )3月12日(火)
( )3月21日(木・祝) 特別講座「一新塾入門ワークショップ」


 お名前:
 ご住所:
 TEL:

************************<一新塾ニュース>*****************************

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
----------------------------------------------------------------------
<編集・発行は>  大前研一の政策学校「一新塾」事務局    森嶋 伸夫
●ご意見・ご感想はこちらへ  >>>  iss@attackers.ne.jp
●一新塾ホームページはこちら >>>  http://www.isshinjuku.com/
----------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。