政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【一新塾ニュース】584号『自律型防災支援 lilitafe』

2014/12/02

 ■ 塾生活動レポート

          「自律型防災支援 lilitafe」
       〜防災協働家族が子供の命と心を守る〜

                 一新塾第33期 東京本科 福山俊大

 ■一新塾に入塾をご希望の方へ

======================================================================

メルマガ読者の皆さまこんにちは。一新塾の森嶋です。

今回は、2014年11月に一新塾第33期を卒塾された福山俊大さんのメッセージを
お届けいたします。

「子どもは生きていく上でのよりどころです」
奥さまを亡くされ、シングルファーザーとなった福山さん。
また、学生時代のボランティア、BCP策定などを通じて防災の重要性を
感じてこられました。「こうした経験が、プロジェクトに取り組む必然です」
と語りかけ、賛同した3名の一新塾メンバーとともに「自律型防災支援 
lilitafe(リリタフェ)」プロジェクトを立ち上げ。練馬区で、現場主義で
奮闘されています。

福山さんの志を生きる挑戦をお伝えさせていただきます。

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

  塾生活動レポート

           「自律型防災支援 lilitafe」
        〜防災協働家族が子供の命と心を守る〜
   
                 一新塾第33期 東京本科 福山俊大

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

●防災協働家族

 私のビジョンは防災協働家族です。
 防災協働家族とは、パパとママが日頃から防災に協働して取り組んでいる
絆の強い家族のことです。子どもの命と心を自然災害から守るには、パパと
ママの協働が不可欠です。ご家族が「具体的な防災アクションを起こしている」
「自分の万一を想定している」「お父さんと協働して、防災対策をしている」
状態に変革します。


●お母さん任せの防災

 社会の現状は、東日本大震災における被災園児は、約26%が医療的なケアが
必要とされる精神的な問題を抱えています。

 震災をきっかけとした離婚や育児放棄もこの一因だと考えられます。首都圏
においては、30年以内にM7クラスの地震が約70%の確率で発生すると予測され、
その被害想定は東京で死者1.3万人とも言われます。東京の子供の約26%が精神
的な問題を抱えてしまったら日本はどうなるのでしょうか?

 現場は、練馬区です。プロジェクトの対象となる方は、Hさん一家。
「防災対策何をどこまですればいいのかわからない」「自分の万一を想定して
いない」「お母さん任せの防災」などの悩みを抱えています。


●何をどこまですればいいのかわからない

 ある民間企業が行った意識調査では、防災に関心を持っているが約60%、
必要性を感じるが76.3%と非常に高い関心を示しているにも関わらず、いざと
いう時に自分や家族を守るための防災対策を十分にしていると思うと回答した
人は20%にも満たず、ここに大きなギャップが生じています。

 防災はマジメに考えれば考える程不安になる。とりあえずみんなと同じ行動を
取れば安心できる。一人で継続することが難しいなどの声がママたちから上がり
ました。これらが相まって、防災対策何をどこまですればいいのかわからない
状態になってしまっています。


●これまでの人生

 シングルファーザーになった後もHさんと同じように防災の必要性を感じつつ
も具体的にアクションを起こせずにいました。また、利己的な価値観にも縛られ、
自分の目標や利益しか見ていませんでした。社会や地域に対しては全くの無関心
であったと思います。


●転換のきっかけ

 転換のきっかけとなったのは、妻の三回忌です。命日は一生後悔をする日だ
と思っていました。

 しかし、三回忌を迎えた時に亡き妻とのつながりを感じられる日だと感じました。
そして、もっと前向きに生きたい。社会に対して前向きなアクションを起こしたい
と思いました。具体的なアクションの起こし方を学ぶために2013年11月、一新塾へ
入塾しました。
 

●決意

 大切な人を突然失う悲しみ苦しみを理解しているからこそ子どもを守りたいです。
このプロジェクトを始めてから防災士の認定も受けました。自分の経験や知識を
還元しより良い社会を子どもに残したいです。

 また、利己的な価値観から脱却するために、「人生(LIFE)の真ん中に利他(LITA)の心を」
という想いを込めてlilitafeというプロジェクト名にしました。


●共助の押し付けではなく、自助

 解決策は、一言で言うと防災版ライザップです。各家庭事情に合わせたオーダー
メイド型防災コーチを通じて防災の習慣化につなげます。

 課題抽出や目標設定を行い、防災知識と防災意識を継続的に高めていく中で、
防災やる気スイッチをオンにします。本気で家族を守りたいと思うことこそが
防災やる気スイッチだと思います。

 プロジェクト当初はママ友同士の共助や地域防災を行おうと思っていました。
毎月のワークショップでも子どもを守る為の防災というコンセプトには共感して
もらえるものの中々ママたちの本音がどこにあるのかわかりませんでした。

 ターニングポイントは9月に行ったヒアリングです。そのヒアリングの中で
「助け合いって確かに大事だけど、やっぱり他の子の面倒みれるかっていうと
見れないよ。だって自分んちの防災だってままならないんだから」と言われました。
ようやく本音を聞くことができた瞬間です。共助の押し付けではなく、自助を
深めることこそがママたちが望んでいたことでした。

 自助がしっかりできているからこそ共助(他人を助けられる)ができるんです。
そのために、今は自助のサポートをする段階です。現在、2世帯で個別防災コーチ
を行っています。最大の発見は、お父さんは防災に取り組むきっかけがなかった
だけということでした。防災コーチをきっかけに率先してお父さんが防災に取り
組み始めています。防災をきっかけに家族の会話が増えたという声もありました。
夫は協力してくれないとのは思い込みだったのです!

 今後のスケジュールは、防災コーチを通じて防災協働家族を増やしていきます。
2015年は、練馬区以外に杉並区・中野区・世田谷区・武蔵野市にもエリアを拡大
する予定です。そして、防災協働家族を一同に介した防災フューチャーセッション
で更なるムーブメントを起こしていきます。


◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

          一新塾に入塾をご希望の方へ
     
◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆


■一新塾第35期(2014年11月開講)への途中入塾
 東京本科・大阪地域科・名古屋地域科・仙台地域科・通信科
 若干名、途中入塾を受け付けております。
 入塾をご希望いただける場合は、以下のサイトからお申込みをお願いします。
 http://www.isshinjuku.com/03bosu/b4_nyujuku.html

 また、入塾に関するご質問、お問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。
 (電話) 03-5765-2223
 (メール)iss@isshinjuku.com

■一新塾第36期(2015年5月開講)について

 一新塾第36期は2015年5月に開講予定です。
 「一新塾体験セミナー&説明会」は2015年3月よりスタートします。
 2015年1月よりご予約をホームページで受付させていただく予定です。
 → http://www.isshinjuku.com/

一新塾体験セミナー&説明会の日程が決まりましたら「一新塾ニュース」
にてご連絡させていただきますので、ぜひとも、ご参加ください。
「一新塾ニュース」では、一新塾生が社会変革に向けて志を生きる姿勢を
引き続きご紹介させていただきますので、今後も、ぜひ、ご期待ください!

■一新塾Facebookページ・twitter
 日々、メッセージを発信しておりますのでご覧いただければ嬉しいです。
→ Facebook: http://www.facebook.com/isshinjuku 
  twitter : https://twitter.com/npo_isshinjuku 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。