政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【一新塾ニュース】577号『政策提言ではなぜ“言い切る”ことが必要なのか?〜一新塾生発の「ふるさと納税」』

2014/09/10

 ■事務局長メッセージ

     『政策提言ではなぜ“言い切る”ことが必要なのか?』
          〜一新塾発の「ふるさと納税」〜

                  一新塾代表理事・事務局長 森嶋伸夫

 ■一新塾パンフレットをご郵送させていただきます。下記よりご請求ください。
 (資料請求)→ http://www.isshinjuku.com/03bosu/b1_siryo.html

 ■【参加者募集!】
   一新塾第35期(11月開講)「一新塾体験ワークショップ&説明会」
  (参加予約)→ http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

    ●東 京:9月13日(土) 15:00〜17:45
         9月17日(水) 19:30〜21:45
         9月20日(土) 15:00〜17:45
         9月24日(水) 19:30〜21:45 ほか
    -------------------------------------------------------
    ●大 阪:10月4日(土) 13:00〜15:45 
    -------------------------------------------------------
    ●名古屋:10月5日(日) 13:00〜15:45
    --------------------------------------------------------
    ●仙 台:10月13日(月祝)13:00〜15:45

 ■一新塾Facebookページ・twitterで、日々、メッセージを発信しています!
  (Facebook)→ http://www.facebook.com/isshinjuku
  (twitter) → https://twitter.com/npo_isshinjuku

======================================================================

メルマガ読者の皆さま、こんにちは。一新塾の森嶋です。

一市民として政治参加で志を生きる!
一市民として、自らの志と現場の知恵を原動力に、突き抜けたビジョンを描き、
既存の枠組みに風穴を開ける。初めての方でも、ゼロから政策を実現するため
の方法論を一新塾ではお伝えしています。

一新塾生発の政策提言、「ふるさと納税」についてのエピソードです。

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆
 事務局長メッセージ

     『政策提言ではなぜ“言い切る”ことが必要なのか?』
          〜一新塾発の「ふるさと納税」〜

                  一新塾代表理事・事務局長 森嶋伸夫

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆


もう10数年前になるが、
当時、一新塾の塾長であった大前研一さんから政策提言指導の講義で、
こう言った。(大前氏は一新塾創設者です。)

「コンサルタントは
 馬鹿にされないレポートを書くというのでは飯は食えない。
 政策提言はコンサルタントに似ている。

 自分を追い込んで、そういうところまで言い切っていいのかと。
 言い切るというのは非常に大変なことだ。」

さらに、大前さんはこう続けた。

「マッキンゼーで新人教育のときに『リサーチ会社になるな。
 リサーチャーになるな』とよく言ったんだよ。
 コンサルタントというのは、
 最後の一言が言えるかどうかがコンサルタントだと。
 色々調べて何が正しいかを気にするのがリサーチだと。
 この二つは違うぞと。

 『今日の天気は曇りのち晴れ、ところにより雨。
  雨の確率は32パーセント。』
  と答えるのは、リサーチャー。
  
  コンサルタントは、
  『社長、今日は傘はいりません』あるいは
  『社長、今日は傘を持ってかないとひどい目にあいますよ』
  と言うかのどちらかなんだよ。

  政策提言もこれなんです。
  要するにね、雨の確率なんかより、傘はいるのか、いらないのか!」


実際、この“言い切る”ことはなかなかできない。
これは、曖昧な表現を好む日本人の特徴だと思う。
“言い切る”ためには、覚悟が必要なのだ。

一新塾では、”言い切る”政策提言で道が開いた事例がある。
「ふるさと納税」だ。
住民税の約1割を上限に、現在の居住地以外の自治体に2千円を超す額を
寄付すれば、一定の上限額まで個人住民税や所得税から全額控除される。

(政府が掲げる「地方創生」の一環で税金が軽減される寄付の上限を
 住民税の約2割に引き上げる方向で検討予定である。)

この「ふるさと納税」の政策は、2002年に、一新塾の教室でコンセプト
を議論し、ネーミングし、吉田博則さんをはじめとする道州制チームの
一新塾生が“言い切った”ものだ。

ふだん収めている税金を自分たちを育んでくれた“ふるさとに納税”
することで、故郷を活性化させることができないものかと考えた。
所得税を納めるようになった個人を育てたのは個人のふるさとである。
人間形成、技能修得の大切な時期を過ごしたふるさとへの恩返しの
意味もある。
当時は、個人の所得税の一定割合を個人が育ったふるさとの都道府県に
納税するという新税制度を発案し「ふるさと納税」を政策提言した。
中央集権を打破し「地域主権」を実現するための新しい税財政の実現
のトリガーになると信じた。

2002年10月より、一新塾生有志(様々な職業の塾生たち)で
議員会館に通い詰め、与野党の地方分権に関心のある国会議員47名の
一人ひとりの事務所をたずねて説明して回った。
ところが、議員の方々からは
「これは難しい!従来の税の考え方を超えているから」
と何度も言われた。

HPをつくり発信した。
一新塾編著の本『今のニッポンを変えろ!』(プレジデント社)でも
発表した。
その時の合言葉は、
「良いと思ったことは、会って会って会って伝えて伝えて伝えよう!」
少々かたちは変わったが、その後、いろいろな人たちがこのコンセプト
に共感し、推進し、具現へと向かわせた。

やはり、覚悟を持って“言い切る”ことが国を動かすのだ。

当時の一新塾の仲間は皆、別々の職業を持ち、バックグランドも違う
者同士だったが、「ふるさと納税」のビジョンに共感して動いた。
このことは、一市民だからこそ、の道の拓き方だったと思う。


◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

 【参加者募集!】   東京・大阪・名古屋・仙台
         一新塾体験ワークショップ&説明会

         「“根っこ力”が社会を変える!」
          〜誰もが志を生きる新大陸へ〜

       一新塾第35期、2014年11月9日開講
◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

一新塾第35期は2014年11月9日開講です。

第35期の「一新塾体験ワークショップ&説明会」の参加者を募集中です!
下記日程で開催いたします。
末尾の申し込みフォーマットにて、ぜひとも、お待ちしています。

新しい時代の拓けに向けて一緒に一歩踏み出しましょう!

【主な内容】
  ●試練の時代を乗り越える自分軸の作り方
  ●道なき道を切り拓く現場主義とは?
  ●不可能を可能にする同志とのコラボレーション
  ●削ぎ落とす学びで「もやもやの思い」から「鮮明な志」へ
  ●社会を変えるロールモデルの講師陣のご紹介
  ●20世紀リーダーと21世紀リーダーの違いとは?
  ●「根っこ」と「幹」をつなげるフレームワーク「6つの箱」
  ●一年間で人生と社会をここまで変える!
  ●なぜ、3つのコースがあるのか?(政策提言・社会起業・市民PJ)
  ●塾生・卒塾生の挑戦の紹介


----------------------------------------
【東京本科 体験ワークショップ&説明会】
----------------------------------------

 日時:(6)2014年9月13日(土)15:00〜17:45
    (7)2014年9月17日(水)19:30〜21:45
    (8)2014年9月20日(土)15:00〜17:45
    (9)2014年9月24日(水)19:30〜21:45
    (10)2014年9月27日(土)15:00〜17:45

    ※現時点で決定しているスケジュールです。
     ご都合あわない方はこの先も予定しています。

 会場:一新塾セミナールーム
    (住所)東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
    (地図)http://isshinjuku.com/map.html

 テーマ:「“根っこ力”が社会を変える!〜誰もが志を生きる新大陸へ」

 講 師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

 参加費:無料

 お申込み:末尾の申込フォーマットにてお願いします。


------------------------------------------
【大阪地域科 体験ワークショップ&説明会】
------------------------------------------

 日時:2014年10月4日(土)13:00〜15:45

 会場:「難波市民学習センター」
    (住所)大阪市浪速区湊町1丁目4番1号 OCATビル4階
    (地図)http://www.osakademanabu.com/namba/

 テーマ:「“根っこ力”が社会を変える!〜誰もが志を生きる新大陸へ」

 講師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

 参加費:無料

 お申込み:末尾の申込フォーマットにてお願いします。


---------------------------------------------
【名古屋地域科 体験ワークショップ&説明会】
---------------------------------------------

 日時:2014年10月5日(日)13:00〜15:45

 会場:「ウィルあいち(愛知県女性総合センター)」
    (住所)愛知県名古屋市東区上堅杉町1番地
    (地図)http://www.will.pref.aichi.jp/frame/f-kotu.html

 テーマ:「“根っこ力”が社会を変える!〜誰もが志を生きる新大陸へ」

 講師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

 参加費:無料

 お申込み:末尾の申込フォーマットにてお願いします。


---------------------------------------------------
【仙台地域科 体験ワークショップ&説明会】
---------------------------------------------------

 日時:2014年10月13日(月祝)13:00〜15:45

 会場:「仙台市民会館」
    (住所)仙台市青葉区桜ケ岡公園4番1号
    (地図)http://www.tohoku-kyoritz.co.jp/shimin/koutu/guide.htm

 テーマ:「“根っこ力”が社会を変える!〜誰もが志を生きる新大陸へ」

 講師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

 参加費:無料

 お申込み:末尾の申込フォーマットにてお願いします。


< 一新塾 第35期 概要 >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎開 講:2014年11月9日
 ◎期 間:12ヶ月、『講義』『ワークショップ』『個別コンサルティング』
      平日夜間・土日で学びます(月4〜5回程度)
 ◎コース:政策提言コース
      社会起業コース
      市民プロジェクトコース
 ◎ 科 :本 科(東京)
      地域科(大阪・名古屋・仙台)
      通信科

  一新塾Facebookページ・twitterで、日々、メッセージを発信しています!
  (Facebook)→ http://www.facebook.com/isshinjuku 
  (twitter) → https://twitter.com/npo_isshinjuku 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


-------------<申込フォーマット宛先:iss@isshinjuku.com>-----------------

 ■資料請求
   ( )一新塾パンフレット(無料)の郵送を希望します。

 ■一新塾第35期(2014年11月開講)「一新塾体験ワークショップ&説明会」
 に参加します。

 【東京会場】
  2014年
   ( )9月13日(土)15:00〜17:45
   ( )9月17日(水)19:30〜21:45
   ( )9月20日(土)15:00〜17:45
   ( )9月24日(水)19:30〜21:45
   ( )9月27日(土)15:00〜17:45

 【大阪会場】
   ( )10月4日(土)13:00〜15:45

 【名古屋会場】
   ( )10月5日(日)13:00〜15:45

 【仙台会場】
   ( )10月13日(月祝)13:00〜15:45

 お名前:
 ご住所:                        (〒  −   )
 TEL:
 FAX:
 E-mail:

 --------------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。