政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【一新塾ニュース】566号『徹底的に一市民の論理を貫く決意の日』

2014/05/28


 ■事務局長メッセージ

       『徹底的に一市民の論理を貫く決意の日』
      〜34期入塾式・33期中間発表・32期卒塾式〜

                  一新塾代表理事・事務局長 森嶋伸夫

 ■一新塾第35期(2014年11月開講)のお知らせ

======================================================================

メルマガ読者の皆さまこんにちは。一新塾の森嶋です。

5月25日、一新塾32期卒塾式&33期中間発表&34期入塾式を行いました。
卒塾された方は20年目の今回で4100名を越えました。

基調講演では、共同代表理事の青山貞一さんに
『主体的市民の実践モデル〜ミッション・パッション・アクション』
をテーマに、志を貫いてこられた青山さんの人生の歩みも語っていただきました。

アジア経済研究所、ローマクラブ、フジテレビ、そして、環境総合研究所の設立、
その都度、生き方を変えて、常に国や地方自治体に提言し続けてこられました。

1986年に独立して、闘うシンクタンク、環境総合研究所を設立して、経済基盤を
自前で持つようになってから、ミッション・パッション・アクションがますます
加速されました。

5月25日の朝日新聞に、浜岡原発で福島第一原発並みの過酷事故があった際、
どのような放射能汚染が起きる恐れがあるかを青山さんが試算した記事も紹介され
ました。

常に社会の問題に、声を上げ続け、提言し続ける青山さんの主体的市民としての
モデルの生き方を示していただきました。

その後、32期、33期の一新塾生チームが日々現場主義で取り組んでいる
プロジェクト活動の奮闘をプレゼンテーションいただき、自ら描いたビジョン実現
に向け、旧い自分に亀裂を入れて新しい自分を生きる決意を語っていただきました。

プロジェクト活動は、試行錯誤の連続ですが、現場に身を投じて、自らの仮説を
投げかけると、自らの既成概念に亀裂が入ります。このPLAN→DO→SEEを
回すたびに、自らの根っこの思いが掘り下げられ、ミッションが鮮明となり、
その分、社会変革へ向けての志が揺るぎないものへ育まれてゆきます。

激動の時代、日本も、世界も、時代が待ち望んでいるのは、新しいビジョンです。
官僚主導の国政では、組織の論理が肥大化し、一市民の論理、一個人の論理が
埋もれてしまいがちです。だからこそ、この場は、一市民の論理を起点に前進して
まいりたいと思います。

現場から、一人ひとりの市民の目覚めは着々と起こってきています。
私たちが志を掘り下げ、新しい社会創造に立ち上がる連鎖によって、
一人ひとりの志が礎となる生活者主権の国づくりに向けて歩みを加速して
まいります。


◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

     一新塾 第35期(2014年11月開講)のお知らせ
     
◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

次回一新塾第35期は2014年11月に開講予定です。
「一新塾体験ワークショップ&説明会」は2014年8月よりスタートします。
7月よりご予約をホームページで受付させていただく予定です。
→ http://www.isshinjuku.com/

一新塾体験ワークショップ&説明会の日程が決まりましたら「一新塾ニュース」
にてご連絡させていただきますので、ぜひとも、ご参加ください。

「一新塾ニュース」では、一新塾生が社会変革に向けて志を生きる姿勢を
引き続きご紹介させていただきますので、今後も、ぜひ、ご期待ください!

また、一新塾Facebookページ・twitterでも、日々、メッセージを発信して
おりますのでご覧いただければ嬉しいです。
→ Facebook: http://www.facebook.com/isshinjuku 
  twitter : https://twitter.com/npo_isshinjuku 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。