政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【一新塾ニュース】第513号『この国の農業の明日を耕す!一新塾講師に宮治勇輔さん』

2012/12/28

 ■事務局長メッセージ(講義紹介編)

    『この国の農業の明日を耕す!一新塾講師に宮治勇輔さん』
   
                   一新塾代表理事・事務局長 森嶋伸夫

 ■一新塾第32期(2013年5月開講)のお知らせ

 ■一新塾Facebookページでメッセージを発信しています!ご覧ください。
  → http://www.facebook.com/isshinjuku

======================================================================

メルマガ読者の皆さま、こんにちは。一新塾の森嶋です。

宮治勇輔さんは一新塾第13期のOBで神奈川県藤沢の養豚農家の息子です。
「絶対に親父の後は継がない」と思っていた宮治さんが、実家に戻って
農家を継ぎ、起業されました。今では「みやじ豚」はファンを増やし、
ネットで購入してくれる人がたくさんいます。
(みやじ豚.com→ http://www.miyajibuta.com/ )

さらに、宮治さんはNPO法人農家のこせがれネットワークを立ち上げられ、
日本の農業を農家のこせがれが継ぐ運動を広めています。

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆
  事務局長メッセージ(講義紹介編)

    『この国の農業の明日を耕す!一新塾講師に宮治勇輔さん』
   
                  一新塾代表理事・事務局長 森嶋伸夫

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆


12月19日には、一新塾OBの社会起業家である宮治勇輔さんを一新塾に
お迎えしました。

株式会社みやじ豚代表取締役社長、NPO法人農家のこせがれネットワーク
代表理事CEOとして活躍されている宮治さんには、
『この国の農業の明日を耕す〜
 一次産業を、かっこよくて・感動があって・稼げる3K産業に』をテーマに
ご講義いただきした。
 
「食の安全・安心」が生活者の切実な問題としてクローズアップされる一方
で、現在、日本の農業従事者人口は毎年15万人減少、260万人を下回りました。
その大きな要因は高齢化と後継者不足。

 誰もなり手がいないほど農業に魅力がなくなってしまった根本原因は、
農家と消費者が完全に切り離されていることにあると宮治さんは考えました。
 
それは、宮治さんの体験に象徴的に表れています。
こんなことがありました。
大学生の時、父親の養豚農家で育てた豚でバーベキューパーティーを行った時
友人がものすごく感動してこのように聞いてきました。
「こんなにうまい豚は食べたことがない!この豚肉はどこに行けば買えるの?」
宮治さんは、答えられずショックを受けたそうです。
豚は農協に買い上げられ、生産者の名前がわからないように流通していたのです。

「親父の後は継がない」と大学時代から起業を目指していた宮治さん。
朝は早起きして必ず勉強をしていました。経済や様々な学びをしていました。
ところが、いつの間にか農業について調べるようになっていました。
調べるほどに疑問がうまれる農業の世界。突き詰めたところ、宮治さんの
中からこのような願いが引き出されてきました。
 
「生産から消費者の口に入るまでを一貫してプロデュースする
 新しい一次産業をつくりたい!」
 
サラリーマンになっても朝の勉強をしてから出社し続けていました。
そしてとうとう、最後の一歩を踏み出させるビジョンを発見したのです。
 
「一次産業をかっこよくて、感動があって、稼げる3K産業に!」
 
その後、一新塾へ入塾。今から9年前です。

そして、卒塾後に会社を辞めて養豚業を営む実家にもどって、株式会社みやじ豚
を起業されました。さらに、農業が元気になるには、自分のような農家のこせがれ
が継ぐのが一番だとNPO法人農家のこせがれネットワークを設立されたのです。
 
このビジョンは全国の農家のこせがれの方々に大きな共感を巻き起こしました。
きっとこの言葉の中には、宮治さんが子どもの頃から根底に持ち続けていた
父親に対しての尊敬の思いが込められているのではないかと思います。

宮治さんは原点となったバーベキューをずっと続けています。
今も「バーベキュー」が、みやじ豚のファンを増やす大切な場となっています。
宮治さんいわく、「バーベキューは営業の努力を減らすマーケティング活動」
なんだそうです。参加される方にはレストランのシェフの方もいらっしゃるそうで
シェフネットワークでもみやじ豚の美味しさは評判になっています。

そしてこの12月から株式会社みやじ豚では、地元の宅配サービスが始まりました。
茅ヶ崎市の牛乳宅配サービス「湘南ミルク&デザート」と連携して
牛乳や乳製品、水やみそなどの食料品、みやじ豚や地元の野菜を中心に注文を
受け付け、鵠沼・片瀬・辻堂東海岸地域などにエリアを分割し定期的に配達をする
サービスです。
ぜひ、鵠沼・片瀬・辻堂東海岸地域エリアの方、お問い合わせください。
http://shonan.keizai.biz/headline/1630/

 
≪宮治勇輔氏プロフィール≫

株式会社みやじ豚代表取締役社長
NPO法人農家のこせがれネットワーク代表理事CEO
一新塾OB

1978年、神奈川県藤沢市の小さな養豚農家の長男として生まれる。
慶應義塾大学卒業後、実家を継ぐ気は全くなく、株式会社パソナに入社。
毎朝早く起き、起業を夢見て出社前に勉強を続ける中で、実家の養豚業
を何とかしたいという想いがふくらむ。2006年9月に株式会社みやじ豚を
設立し、代表取締役に就任。2009年、NPO法人農家のこせがれネットワーク
を設立、代表理事CEOに就任。一新塾第13期生。
著書に『湘南の風に吹かれて豚を売る』(かんき出版)。


◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

      一新塾 第32期(2013年5月開講)のお知らせ
     
◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆


■一新塾体験ワークショップ&説明会
------------------------------------
2013年5月に一新塾第32期が開講予定です。
2013年3月より「一新塾体験ワークショップ&説明会」がスタートします。
2013年1月より説明会のご予約をホームページで受付させていただく予定です。
→ http://www.isshinjuku.com

なお、個別の説明会のご希望は随時、ご相談にのらせていただきますので
お気軽にお問い合わせください。


■一新塾Facebookページ
--------------------------
随時、メッセージを発信しておりますので、ぜひ、ご覧ください!
→ http://www.facebook.com/isshinjuku


■メールマガジン「一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!」
----------------------------------------------------------
一新塾生が社会変革に向けて志を生きる姿勢を引き続き
ご紹介させていただきますので、今後も、ぜひ、ご期待ください!

第32期の説明会スケジュールもメールマガジンでご案内させていただきます。
→ http://www.isshinjuku.com/04i_hassin/merumaga.html

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。