政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【一新塾ニュース】第500号記念『「一新塾ニュース」は一新塾の歴史そのもの!』(事務局長メッセージ)

2012/10/10


 ■ 事務局長メッセージ

   500号記念『「一新塾ニュース」は一新塾の歴史そのもの!』
   
                   一新塾代表理事・事務局長 森嶋伸夫

 ■【参加者募集】第31期「一新塾体験ワークショップ&説明会」

  一新塾第31期(2012年11月4日開講)「一新塾体験ワークショップ&説明会」
  を開催中です!ぜひ、ご参加ください。
  (参加予約)→ http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html
   ---------------------------------------------------------
    ●東 京:10月10日(水)19:30〜21:40
         10月13日(土)15:00〜17:30
         10月17日(水)19:30〜21:40
         10月20日(土)15:00〜17:30
   ---------------------------------------------------------

 ■ 現在、Facebookで毎日、第31期講師のご紹介をしています!
  ぜひ、ご覧ください。
  → http://www.facebook.com/isshinjuku

======================================================================


 ◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆
   事務局長メッセージ

    500号記念『「一新塾ニュース」は一新塾の歴史そのもの!』
   
                  一新塾代表理事・事務局長 森嶋伸夫

 ◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆


メルマガ「一新塾ニュース」も今回でいよいよ500号となります。

「一新塾ニュース」は一新塾の歴史そのものです。
塾生・卒塾生のみなさん、挑戦を執筆いただいた方も、挑戦を応援していただいた方も、
本当にありがとうございます。この場をお借りして御礼申し上げます。

2000年創刊号は一新塾有志で行った台湾総統選挙視察の報告でした。
台湾での政権交代の瞬間に立ち会うことになった私たちは「社会は変えられる」との
リアリティを胸に刻んで帰国しました。教室で、その時の熱気を伝えると塾生の顔が
みるみる変わっていったのを思い出します。

それから、塾生・卒塾生の皆さんが、市民発の社会変革に挑戦するたびに、その歩み
を綴っていただきました。

以下のサイトは、今年5月の卒塾式で「主体的市民賞」と「最優秀理事賞」を受賞
された28期の「足利元気!プロジェクト」代表の佐藤秀雄さんに寄稿いただいた
2012年7月18日の一新塾ニュースです。
http://www.isshinjuku.com/04i_hassin/merumaga/kn_120718.html

高齢者施設に自給自足農園とコミュニティカフェが併設される“ふれあいの広場”を
創造するビジョンを語っていただきました。
そして、現在、NPO法人スタイリッシュライフ」を設立され、高齢者施設として
「24時間365日営業のデイサービス」の12月オープンに向け順調に準備が進め
られています。

先日、佐藤さんから一新塾メーリングリストに以下のお言葉をいただきました。

『不思議なもので、過去の自分の人生の中で最も辛いと感じた「母の介護」。 
 記憶から遠ざけていたものが、今後の自分の”生き甲斐”に関係して来て
 しまいました。私のこれまでのビジネス経験や人生経験は、このために
 あったのかと思う感じです。』

記憶から遠ざけていたものが“生き甲斐”につながっていかれたとのお言葉に、
人生の深さを思わずにはいられませんでした。

たくさんの塾生・卒塾生の方々が、自らが描いた社会ビジョンを実現させるために、
旧い自分の殻を砕いて、志を生きる挑戦に挑んでいきました。

私は、その都度、その都度、志を生きる挑戦に立ち会わせていただきましたが、
いつも深く実感するのは、誰もが志を生きられるということです。
すべての人たちは胸の奥にかけがえのない、その人ならではの志を個性あふれる
熱き志を抱いているのです。

そもそも、私たちが生きるこの社会を礎としてずっと支え続けてきたのは、
市井の人たちの現場での汗と知恵です。その奥には名誉や称讃などの野心から
離れた純粋な志がありました。どんな困難な試練があっても真心をもって挑戦し、
限りを尽くして生きる。その志は現代を生きる私たちの日々の生活の中で脈々と
伝承され続け、いまも息づいているのです。


メルマガ『一新塾ニュース』は、以下のサイトからご覧いただけます。
http://www.isshinjuku.com/04i_hassin/merumaga.html

--------------------------------------------------------------------------
【お知らせ】
このたび、「一新塾ニュース」500号を記念して特別プレゼント企画があります。
明日の「一新塾ニュース」でご案内させてください。
--------------------------------------------------------------------------



 ◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

               【 参加者募集 】

         「一新塾体験ワークショップ&説明会」 
          〜“根っこ力”が社会を変える!〜

         一新塾第31期、2012年11月4日開講
 ◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

いま、時代は何を求めているのか?
いま、自分は何を果たすべきなのか?

「自ら理想の社会ビジョンを描き、私たちの手で実現させる!」

社会創造の作業は、一部の限られた人たちの特権ではありません。
だからこそ、あなたが志に目覚め、志を生きるフィールドを見つけ、
社会変革に挑戦する後押しをさせていただきたいと思います。

社会変革実験を通して、あなたが志を生きるフィールドがきっと見つかります。
ぜひ、「一新塾体験ワークショップ&説明会」にお越しください。

【主な内容】
 ●試練の時代を乗り越える自分軸の作り方
 ●ゼロベースでビジョンを描く
 ●現場主義で道なき道を切り拓く
 ●不可能を可能にする同志とのコラボレーション
 ●削ぎ落とす学びで「もやもやの思い」から「鮮明な志」へ
 ●「根っこ」と「幹」をつなげるフレームワーク「6 つの箱」
 ●一年間で人生と社会をここまで変える!
 ●なぜ、3つのコースがあるのか?
  〜「社会起業コース」「政策提言コース」「市民プロジェクトコース」
 ●塾生・卒塾生の挑戦の紹介


----------------------------------------
【東京本科 体験ワークショップ&説明会】
----------------------------------------

 日時:2012年10月10日(水)19:30〜21:40
    2012年10月13日(土)15:00〜17:30
    2012年10月17日(水)19:30〜21:40
    2012年10月20日(土)15:00〜17:30

 会場:一新塾セミナールーム
    (住所)東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
    (地図)http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html

 テーマ:「“根っこ力”が社会を変える!〜この1年を人生の転機に」

 講 師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

 参加費:無料

 お申込み:末尾の申込フォーマットにてお願いします。


-------------<申込フォーマット宛先:iss@isshinjuku.com>-----------------

 ■一新塾第31期「一新塾体験ワークショップ&説明会」に参加します。

 【東京会場】
  2012年
    ( )10月10日(水)19:30〜21:40
    ( )10月13日(土)15:00〜17:30
    ( )10月17日(水)19:30〜21:40
    ( )10月20日(土)15:00〜17:30

 お名前:
 ご住所:                        (〒  −   )
 TEL:
 FAX:
 E-mail:
 --------------------------------------------------------------------------






規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。