政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【一新塾ニュース】第498号『病児保育を当たり前のサービスへ』

2012/10/04


 ■ 塾生活動レポート

     『もう子どもの発熱で休まない。
      安心して預けられる病児保育を当たり前のサービスへ』

              一新塾第15期・17期・19期 本科 賀川祐二

 ■【参加者募集】第31期「一新塾体験ワークショップ&説明会」

  一新塾第31期(2012年11月4日開講)「一新塾体験ワークショップ&説明会」
  を東京・仙台で開催中です!ぜひ、ご参加ください。
  (参加予約)→ http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

    ●東 京:10月 6日(土)15:00〜17:30
         10月10日(水)19:30〜21:40
         10月13日(土)15:00〜17:30【最終回】
    --------------------------------------------------------------
    ●仙 台:10月8日(月祝)14:00〜16:30【1回のみ】

 ■ 資料請求はこちらから(一新塾第31期パンフレットをご送付いたします)
  → http://www.isshinjuku.com/03bosu/b1_siryo.html

 ■ Facebookで事務局長の社会を変える知恵など、日々発信しています。
  → http://www.facebook.com/isshinjuku

 ■ Youtubeにてメッセージ映像を公開しています。ぜひ、ご覧ください。
  【New】『根ッコ ト 幹ヲ ツナゲテミナイカ ?』(1分54秒)
  → http://youtu.be/Rv8MhvHokJQ

======================================================================

 メルマガ読者の皆さま、こんにちは。一新塾の森嶋です。
 子どものいる共働きの核家族だったら、一度ならず「子どもが病気だ。
どっちが会社を休む?」と困った経験があるのではないでしょうか?

 今回は、そんな自分の経験から子どもが病気の時にも安心して預けられる
病児保育をテーマに「NPO法人病児保育を作る会」を起業をして8年になる
賀川祐二さん(第15期2005年11月卒塾)からの熱きメッセージです。


◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆
   塾生活動レポート

    『もう子どもの発熱で休まない。
     安心して預けられる病児保育を当たり前のサービスへ』

                  一新塾第15期・17期・19期 本科 
               特定非営利活動法人 病児保育を作る会
                             賀川祐二
◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆


●サラリーマン時代に起業を決意

 こんにちは、一新塾15期(2005年11月卒塾)の賀川といいます。 
8年前に「病児保育を作る会」という団体で創業。どこでも、だれでも、
利用可能な料金で使える 病児保育を増やすため、日々がんばっております。

 私は、(株)リクルートで働いていたサラリーマン時代、子育て真っ最中
でした。子供がよく熱を出す ことが多く、子どもの看護と差し迫った仕事と
の狭間で葛藤し、つらかった経験があります。 自分の仕事を通しても子ども
のいる人は保育がネックとなって就職するのが不利になる雇用環境の厳しい
状態も実感していました。

 大阪への単身赴任中に「親も子もやりたいことができ、いっしょに暮らせる
ような社会の環境整備が必要だ。そのために自分は、子どもに関わる仕事を
しよう。」と気持ちを固めました。


●退社して一新塾へ入塾

 会社は2004年7月に退社。本当の意味で働くお父さん、お母さんをサポートし、
家族みんなが仕事も 生活も楽しめるような保育所を開こうと早速プランを練り
始めました。これを実現するには、 保育士や医療関係の仲間が必要だと考え、
ウェブサイトを立ち上げて、自分の思いを発表するとともに、 企画段階から
協力してくれる人を募集。しかし、芳しい反応はありませんでした。今の社会
に必要な事業だという確信はありました。けれども、協力者がいなければ事業
を立ち上げることはできないと不安がよぎりました。

 退職から二ケ月たった焦燥の中のある日、検索サイトで「社会起業家」のワード
を入力 してみたとこと、一新塾のサイトがヒット。ちょうど11月の15期開講に
向けた説明会が行われていた時期だったので藁にもすがる思いで参加しました。
説明会の席上で、多彩な一新塾メンバーの中には医師をはじめ、 看護師、保育士、
介護福祉等の有資格者のほか、この分野に知識や経験をもった塾生OBがいると聞き、
入塾しました。


●病児保育の起業

 入塾後、「子どもが急な病気になっても安心して預けて仕事ができる保育所
を作りたい」という自分の思いを語った私に、一新塾の理事からこんな助言が
ありました。

「病児保育併設の保育所を運営するには年間数千万の予算規模になる。
 それでは実現のハードルが高い。それよりは、事業内容を病児保育のみに
 絞ってみてはどうか。」 とのことでした。 

 賛同してくれるメンバーとチームを組み、当時の病児保育の状況を調べてみると、
日本の病児保育は認可保育園40〜50圏内に一か所ほどの割合でしか設置されて
いないことがわかりました。しかし、施設は赤字運営が多くなかなか増えにくい
状況でもありました。

 私は病児保育の空白地域を減らすことがまずは第一と考え、地域にとらわれない
訪問型の方式で病児保育を開始することとしました。また安全に利用が出来、
利用者の費用負担も1日1万円程度で継続的なサポート提供をできるようにする
ことが大切と思いましたので、行政との連動も不可欠だということにいきつき
ました。これは現在の運営方法につながっています。

 また、サポートをしていだく方の教育プログラム、運営基準、活動のフォロー
アップ等、医院との連携など安全性を管理が出来る運営方法を整備することで、
看護師でなくても対応できるが取れるようにしました。一方で運営の標準化、
効率化等、損益分岐を下げる取り組みも行ない料金設定を 低くできるように
運営を少しずつ変えていきました。

 事業を始めるにあたっては、知らないことばかりで、怖いものしらずでしたの
で重大な決意をして飛び込むという感じではありませんでした。むしろ、利用者
が増える中で、必要とされていることを実感し、このサポートをより継続、拡大
していかないとという気持ちが定まってきたのだと思います。また事業を適切に
運営し継続拡大するには、お金の壁、人の壁、信用の壁など試練は数知れずあり
ましたが、そのような際にも塾の仲間に支えられところは大きかったと思います。

●現在の活動の柱は3つ 

 現在の活動をお伝えします。
(詳細はホームページへ http://ikudou.blogzine.jp/ )

 1つ目は、ファミリーサポートの活動の一部として“地域の助け合いによる
病児保育”を行うことです。(活動域内の方に保育研修などを受けていただき
必要時に預かりを行なっていただきます)

 2つ目は、この活動の地域を広げることです。

 3つ目は、自分達が対応していない地域で、病児保育を始めたい人や団体が
あれば、地域の助け合い方式か 施設方式かは問わず情報提供や相談などを通して
開業の支援を行なうことです。 (意外ですが初歩的な情報提供だけで動ける場合
がままあります。)

 1つ目、2つ目の活動は自治体や利用者から適正な対価をいただきながら、
3つめは無償で対応しています。 上記1について、今年度は埼玉県内の約20
の市町村と都内の一部地域でサポートを行なっており、 数千世帯がご利用され
ています。また3については 今までに100を超える団体・個人に対して支援
を行い、 そのうち10数団体が国内の各地でサポートを始めています。


●運営をしていて良かったこと  

 開始当初、初めて病児保育サポートを利用することができ、これから安心して
仕事に取り組むことが出来る というお話しやお礼状などをいただく ことが何度
がありました。今は自治体などの事業としてサポートを行うことも多く、この
ようなお話しをいただく機会が減っているのですが、私としては寧ろ喜んでいる
次第です。 

 といいますのも、これはこのサポートの希少性が減り一般的になってきている
証だと思うからです。 ただ、下の子が生まれましたので登録しますなどという
話しがあると、良かったなあと思います。

 データで見てみると、昨年、一昨年利用者に1000名規模で行なったアンケート
によると、利用登録をした方の1年後の就業状況を見てみると、6〜9%就業率
が上がっていて (育休・産休の復帰を4%程度含む)こういうデータが出てくる
と一定程度貢献できているのかなとも思え安心します。

 また、つい先日も応援していた団体から自治体事業で施設の開業を出来そうだ
とのお話しがあり、 努力を積み重ねてこられた方が報われると大変 うれしい
思いがします。


●今後について

 私たちは、病児保育を保育所同様基本的なサポートと考えています。どこでも、
誰でも、利用可能な料金で 使えるようにするためには、民間の自主的な活動だ
けでは足りませんので、公的部門も供給(提供)者責任を持ち、病児保育を提供
していくことは今後も必要だと思っています。 病児保育も含め福祉関係は、ど
んどん各種サポートの必要量が上がっていくほか、求められるサポートの多様化
がさらに進んでいくと考えられます。新規の事業を行なうために税などの負担
を増やしていく方法も必要と思いますが、それも限りがありますので、色々な
費用削減手法も検討していくことが必要です。

 そのような中で地域の助け合い活動による対応は、コミュニティの再生に結び
つくだけでなく、施設 などと比べると少ない経費行なえる利点もあるため、
当面担う部分は増えていくのではないかと思っており、私たちもその中で出来る
限りの貢献をしていきたいと思っています。


◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

           【 参加者募集 】東京・仙台

         「一新塾体験ワークショップ&説明会」 
          〜“根っこ力”が社会を変える!〜

         一新塾第31期、2012年11月4日開講
◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

いま、時代は何を求めているのか?
いま、自分は何を果たすべきなのか?

「自ら理想の社会ビジョンを描き、私たちの手で実現させる!」

社会創造の作業は、一部の限られた人たちの特権ではありません。
だからこそ、あなたが志に目覚め、志を生きるフィールドを見つけ、
社会変革に挑戦する後押しをさせていただきたいと思います。

社会変革実験を通して、あなたが志を生きるフィールドがきっと見つかります。
ぜひ、東京、仙台での「一新塾体験ワークショップ&説明会」にお越しください。

【主な内容】
 ●試練の時代を乗り越える自分軸の作り方
 ●ゼロベースでビジョンを描く
 ●現場主義で道なき道を切り拓く
 ●不可能を可能にする同志とのコラボレーション
 ●削ぎ落とす学びで「もやもやの思い」から「鮮明な志」へ
 ●「根っこ」と「幹」をつなげるフレームワーク「6 つの箱」
 ●一年間で人生と社会をここまで変える!
 ●なぜ、3つのコースがあるのか?
  〜「社会起業コース」「政策提言コース」「市民プロジェクトコース」
 ●塾生・卒塾生の挑戦の紹介


----------------------------------------
【東京本科 体験ワークショップ&説明会】
----------------------------------------

 日時:2012年10月 6日(土)15:00〜17:30
    2012年10月10日(水)19:30〜21:40
    2012年10月13日(土)15:00〜17:30【最終回】

 会場:一新塾セミナールーム
    (住所)東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
    (地図)http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html

 テーマ:「“根っこ力”が社会を変える!〜この1年を人生の転機に」

 講 師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

 参加費:無料

 お申込み:末尾の申込フォーマットにてお願いします。


---------------------------------------------------
【仙台地域科 体験ワークショップ&説明会】(新設)
---------------------------------------------------

 日時:2012年10月8日(月祝)14:00〜16:30【1回のみ】

 会場:仙台市民会館 第3会議室
    (住所)仙台市青葉区桜ケ岡公園4番1号
    (地図)http://www.tohoku-kyoritz.co.jp/shimin/koutu/guide.htm

 テーマ:「“根っこ力”が社会を変える!〜この1年を人生の転機に」

 講師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

 参加費:無料

 お申込み:末尾の申込フォーマットにてお願いします。


-------------<申込フォーマット宛先:iss@isshinjuku.com>-----------------

 ■一新塾第31期(11月4日開講)「一新塾体験ワークショップ&説明会」
 に参加します。

 【東京会場】
  2012年
    ( )10月 6日(土)15:00〜17:30
    ( )10月10日(水)19:30〜21:40
    ( )10月13日(土)15:00〜17:30

 【仙台会場】
    ( )10月8日(月祝)14:00〜16:30【1回のみ】


 お名前:
 ご住所:                        (〒  −   )
 TEL:
 FAX:
 E-mail:
 --------------------------------------------------------------------------



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。