政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【一新塾ニュース】第485号『主体的市民の道』〜統治機構の変革に向けて〜

2012/06/07

 ■ 事務局長メッセージ
           『主体的市民の道』〜統治機構の変革に向けて〜
   
                   一新塾代表理事・事務局長 森嶋伸夫

 ■一新塾第31期(2012年11月開講)のお知らせ

======================================================================

■■■■■□─────────────────────────────
■■■■  事務局長メッセージ
■■■
■■             『主体的市民の道』
■■          〜統治機構の変革に向けて〜
■■■         
■■■■                   一新塾代表理事・事務局長
■■■■■□                        森嶋 伸夫


中央集権国家として衰退期に入った日本。
長期衰退から脱し次なるステージに踏み出すためには、
統治機構の変革が求められます。

政界・官界・財界に蔓延する利権構造の温床となった
中央集権から訣別し、地域主権、そして、生活者主権へ
と統治機構の変革への挑戦です。

その際に、何より求められるのは、“主体的市民”の存在です。

いくら権限が地域に委譲されても、私たちが自立し、
自らのビジョンを描き、自ら政治・行政をチェックし、
自ら政策提言で突き上げ、自ら社会の問題解決の仕組みを
つくれなければ何も動きません。

無から有を創造し、道なきところに道をつくれるかどうかは、
私たち生活者が主体的市民になれるかどうかにかかっているのです。

2012年5月27日、
「30期入塾式」&「29期中間発表」&「28期卒塾式」を開催いたしました。

この30期には、熱き思いの109名の方に一新塾の同志になっていただきました。
これからいよいよ、道なきところに道を切り拓く主体的市民の道が始まります。

試練に出くわすたびに、私たちは選択を迫られることになるでしょう。
「これまでの常識を信じるのか?」
「それとも、自分の志を信じるのか?」

主体的市民の道とは、自分に重心を置き、自らの根っこを掘り下げ、
自らの志を鮮明に、自らの志を生きる道です。

政治が確固たる国家ビジョンも戦略も描けない、こうした時代だからこそ、
私たち一人ひとりが主体的市民を生きることから始めていきたいと思います。


■■■■■□─────────────────────────────
■■■■  
■■■
■■    一新塾 第31期(2012年11月開講)のお知らせ
■■■         
■■■■ 
■■■■■□─────────────────────────────

 一新塾第31期は2012年11月に開講予定です。
 説明会は2012年8月よりスタートします。
 7月より説明会のご予約を受付させていただく予定です。

 説明会の日程が決まりましたら「一新塾ニュース」にてご連絡させていただき
 ますので、ぜひとも、ご参加ください。

 また、「一新塾ニュース」では、一新塾生が社会変革に向けて志を生きる姿勢
 を引き続きご紹介させていただきますので、今後も、ぜひ、ご期待ください!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。