政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【一新塾ニュース】第477号:『沖縄から日本の教育を変える』

2012/03/27

 ■ 塾生活動レポート
           『沖縄から日本の教育を変える』

                      一新塾第8・10・20・24期
                              東濱克紀

 ■【参加者募集】「第30期説明会&体験ワークショップ」
          〜“根っこ力”が社会を変える!〜
  (参加予約)→ http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html
    ●東 京: 3月28日(水)19:30〜21:40【定員に達しました】
          3月31日(土)15:00〜17:30【定員に達しました】
          4月 4日(水)19:30〜21:40【定員に達しました】
          4月 7日(土)15:00〜17:30【定員に達しました】
          4月11日(水)19:30〜21:40
          4月14日(土)15:00〜17:30
          4月18日(水)19:30〜21:40
          4月25日(水)19:30〜21:40
          4月28日(土)15:00〜17:30
          5月 2日(水)19:30〜21:40
    -----------------------------------------------------
    ●大 阪: 4月21日(土)13:30〜16:00
    -----------------------------------------------------
    ●名古屋: 4月22日(日)13:30〜16:00
    -----------------------------------------------------
    ●沖 縄: 3月31日(土)15:00〜18:00
           ※沖縄の運営スタッフ(卒塾生)にて担当

======================================================================

 メルマガ読者の皆さま、こんばんは。一新塾の森嶋です。
 本日は沖縄から日本の教育を変えるべく教育現場に飛び込み、奮闘されて
いる卒塾生の東濱克紀さんの活動レポートです。
東濱さんは11年前、東京で大学生活を送っている時に一新塾に入塾。
その後、ビジネスマンとしての奮闘を経て、沖縄に戻り、教育の道へと
人生のレールを乗り換えました。
 今回は沖縄の教育現場での東濱さんの熱き実践をご紹介させていただきます。

★3月31日(土)15時より「沖縄」での説明会を開催いたします。
 卒塾生の東濱克紀さんにボランティアの運営スタッフとして説明会の場を
 担っていただきます。(参加申込は末尾フォーマットにてお願いいたします)

■■■■■□─────────────────────────────
■■■■  塾生活動レポート
■■■
■■          『沖縄から日本の教育を変える』
■■■                     
■■■■                    一新塾第8・10・20・24期
■■■■■□                         東濱克紀


  「私が一新塾を志望した動機は『主体的市民を育てる』という言葉に強く
 共感するところが大きかったからである。私はごく普通の大学生であるが、
 私の周りに関係する社会問題や、政治活動にもそれなりに関心がある。市民
 レベルでの活動にも興味があるが、それが直接社会を変える原動力になって
 いるように実感できることはなかった。
  市民一人一人がどのようにしたら社会をよりよく変えていくことができるの
 か。その方法手段を一新塾で学ぶことにより体得できるのではないか。その思
 いが一番の動機である。もう一つの動機は、大前研一氏がMITでの留学体験
 で一番学んだことである『とにかく自分の頭で考えること』をできるようにし
 たいと思ったからである。日本の教育では情報のインプット能力だけを評価し
 て、アウトプット能力や情報を自分で判断する能力を鍛える訓練を行なってい
 ない。一新塾に入学すればこの能力を伸ばすことが可能であるのではないかと
 思っている。」

  上の文章は私が11年前(2001年4月)に書いた一新塾第8期の志望動機のレポー
 トだ。当時の私は、日本の教育では「自分の頭で考える」機会が少なく、また
 「アウトプット能力や情報を自分で判断する能力を鍛える」授業が少ないと思っ
 ていた。

  学生時代にそのようなことを考えていた私は、現在地元の沖縄で教師をして
 いる。一新塾の教室で学んだ知識や体験を活かしながら、他の教師や生徒と一
 緒に授業に取り組んでいる。今回の塾生活動レポートでは、私が地元の沖縄で
 行っている取組みを紹介していきたい。


●高校生が企画する「議員インターンシップ」を支援

  私が一新塾の教室で一番刺激になった体験は「現役国会議員と議論する」と
 いう経験だ。一新塾に入塾するまでは議員と直接会って話をしたこともなく、
 テレビや新聞を通じて伝わってくる情報だけで物事を判断していた。現場に行っ
 て直接人と会い議論する「現場主義」の重要さを一新塾から学んだ。

  私は大学生の頃、大学で学ぶ目的を見失っていたが、一新塾で社会課題に向
 き合う市民や国会議員と出会うことで、社会に対して問題意識を持つようになっ
 た。そして自分が一生をかけて取り組みたいと思える「ミッションの発見」に
 つながった。

  中高生が「勉強に対して学ぶ意欲が低い」、「勉強する目的を持てない」と
 言われるが、その理由の一つは、「社会課題について触れる機会が少ない」こ
 とが原因であると思う。中高生が社会課題に向き合う市民や議員との交流を持
 つことで、自分のミッションを発見し、学ぶことへの意欲につながるのではな
 いか。

  中高生が社会課題や政治に関心を持ち、議員との交流する機会をつくるため
 に、昨年夏に中高生と一緒に「議員インターンシップ2011」を企画した。沖縄
 県内の中高生が参加し、国会議員の他、市議や県議のもとでインターンシップ
 を行った。また、ラジオ番組でも市議会議員と中高生が討論する番組を企画し、
 「道州制の導入」について一緒に討論を行った。

   ▼議員の下 インターン 夏休み、中高生が参加(2011年7月6日 琉球新報)
     http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-179029-storytopic-7.html


●中高生が沖縄県知事に、社会課題の解決案を提言

  2012年3月、私が勤務する興南高校の授業で沖縄県教育庁に対して政策提言を
 行った。沖縄県教育委員会では、2012年度から始まる「沖縄県教育振興基本計
 画」で教育のあり方を10年ごとに見直している。新計画案に対し、県教育庁が
 3月中旬まで意見を募ったパブリックコメントの制度を活用し提言を行った。
 生徒たちは授業のなかで、“理想の教育”について議論し、授業に参加した150
 人分の意見を取りまとめて、県教育庁に持ち込み提言をした。

  今回の授業では沖縄県教育庁へ対して提言を行ったが、中学生が沖縄県知事
 に対し、「中高生に向けた県内企業を紹介する広報誌を発行したらいいのでは」
 と提言を行ったこともある。生徒からの提案に対して知事は「いいですね、す
 ぐやりましょう!」と即答。中学生の提言が、沖縄県を動かした。

   ▼「知事にプレゼン!〜沖縄の明日を描く若手たち〜」
    http://www.goodjob-okinawa.info/page/797.html

  「中高生に向けた県内企業を紹介する広報誌を発行する」という提案は、沖縄
 県委託事業「夢のバトンプロジェクト」となり、現在中学生と一緒に取り組んで
 いる。「夢のバトンプロジェクト」は、中学3年生が彼らの視点で地域の職業人
 に取材を行い、職業図鑑を作成する取り組みを行う事業だ。11月には、職業図鑑
 の巻頭を飾る県知事の仕事を取材するため、生徒たちが県庁知事室に仲井眞知事
 を訪ねてインタビューを行った。

   ▼興南中学校3年生代表が仲井眞知事にインタビュー
    http://www.goodjob-okinawa.info/page/1113.html

  また『夢のバトンプロジェクト』特別番組として、東京都初民間人校長の
 藤原和博氏へインタビューするラジオ番組を行った。その他にも沖縄にキャンプ
 に来ている読売巨人軍の原監督、講演会で来沖したノーベル化学賞を受賞した
 鈴木章北海道大名誉教授へのインタビューなど「夢のバトンプロジェクト」の
 活動は広がっている。

   ▼『夢のバトンプロジェクト』特別番組
    http://yuruyaka.ti-da.net/e3827684.html

   ▼中学生が原監督“直撃”(2012年2月24日 沖縄タイムス)
    http://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-02-24_30218/


●今後の目標 まずは小さな一歩から

  沖縄で私が取り組んでいることは、小さな教室の中で行っている授業だ。
 とても小さな実践だと思うが、沖縄県知事を動かしたプロジェクトのきっかけ
 は「中高生に向けた県内企業を紹介する広報誌を発行したらいいのでは」とい
 う生徒の一言から始まった。その一言が仲井眞知事や沖縄県を動かし、様々な
 ところへと広がっている。

  1年前に仲井眞知事を動かした中学生が高校生になり、今年は沖縄県教育庁に
 対して政策提言を行った。教室の中から生まれたアイデアから、沖縄の未来が
 大きく広がっていくかもしれない。

  11年前に普通の大学生だった私がミッションを見つけることができたのは、
 一新塾に出会ったことが大きな転機だった。ぜひ一人でも多くの人へ「主体的
 市民」になるきっかけを与えたい。そして学校では授業を通じて、将来の沖縄
 を担う「南を興す」人材を育てていきたい。

  最後に私からの皆さんへのメッセージです。
「革命はたった一人からはじまる。参戦せよ。」



■■■■■□─────────────────────────────
■■■■            【 参加者募集 】
■■■
■■    一新塾 第30期(5月開講) 説明会&体験ワークショップ
■■■        〜東京・名古屋・大阪・沖縄で開催!〜
■■■■
■■■■■□─────────────────────────────

 一新塾第30期は2012年5月に開講いたします。
 現在、「第30期 説明会&体験ワークショップ」を開催中です。

 説明会では、映像を交えながら一新塾でどのように学び、どのように仲間
 と切磋琢磨し、どのようにプロジェクトを立ち上げ、どのようにアクション
 していくのかを、わかりやすくお伝えさせていただきます。
 さらに、市民が社会創造に参加するための知恵のエッセンスもお伝えさせて
 いただきます。

 ぜひとも、ご参加ください!

 説明会の主な内容(予定):
      ●試練の時代だからこそ、削ぎ落とす学びでミッションを鮮明に!
      ●「自分の人生」と「社会の現実」を交じり合わせる現場主義
      ●「根っこ」と「幹」をつなげるフレームワーク『6つの箱』
      ●誰もが社会創造に参加できる「志のコミュニティ」とは?  
      ●1年間でここまで変る!(学び、発見、成長、同志)
      ●三束のわらじを履こう!〜「社会起業」「政策提言」「市民プロジェクト」
      ●OB/OGとの交流タイム・質問タイム

----------------------------------------
【東京本科 説明会&体験ワークショップ】
----------------------------------------

 日時:2012年3月28日(水)19:30〜21:40【定員に達しました】
         3月31日(土)15:00〜17:30【定員に達しました】
         4月 4日(水)19:30〜21:40【定員に達しました】
         4月 7日(土)15:00〜17:30【定員に達しました】
         4月11日(水)19:30〜21:40【間もなく定員です】
         4月14日(土)15:00〜17:30【間もなく定員です】
         4月18日(水)19:30〜21:40
         4月25日(水)19:30〜21:40
         4月28日(土)15:00〜17:30
         5月 2日(水)19:30〜21:40

 会場:一新塾セミナールーム
    (住所)東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
    (地図)http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html

 講  師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

 参加費:無料

 お申込み:末尾の申込フォーマットにてお願いします。
      なお、各回とも定員がございますので、お早めにお申込み
      いただければ幸いです。


------------------------------------------
【大阪地域科 説明会&体験ワークショップ】
------------------------------------------

 日時:2012年4月21日(土)13:30〜16:00

 会場:「難波御堂筋ホール」
     (住所)大阪府大阪市中央区難波4-2-1 難波御堂筋ビルディング
     (地図)http://www.namba2.com/nmhall/access.php

 講師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

 参加費:無料

 お申込み:末尾の申込フォーマットにてお願いします。


--------------------------------------------
【名古屋地域科 説明会&体験ワークショップ】
--------------------------------------------

日時:2012年4月22日(日)13:30〜16:00

 会場:「ウィルあいち」
    (住所)愛知県名古屋市東区上堅杉町1番地
    (地図)http://www.will.pref.aichi.jp/frame/f-kotu.html

 講師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

 参加費:無料

 お申込み:末尾の申込フォーマットにてお願いします。


-------------------------
【沖縄(通信科)説明会】
-------------------------
 ※沖縄の運営スタッフ(卒塾生)にて担当させていただきます。

 日 時:2012年3月31日(土)15:00〜18:00

 場 所:那覇市NPO活動支援センター 
     (住所)沖縄県那覇市牧志3丁目2−10ぶんかテンブス館3階
     (地図)http://naha-npo.jp/info/pg71.html

 参加費:無料

 お申込み:末尾の申込フォーマットにてお願いします。




< 一新塾「第30期」概要 >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎開 講:2012年5月27日(日)
 ◎期 間:12ヶ月、『講義』『プロジェクト実践』『コンサルティング』
      平日夜間・土日で学びます(月4〜5回程度)
 ◎コース:政策提言・実現コース
      社会起業コース
      市民プロジェクトコース
 ◎ 科 :本 科(東京)
      地域科(大阪・名古屋)
      通信科
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


-------------<申込フォーマット宛先:iss@isshinjuku.com>-----------------

 ■一新塾第30期(5月開講)説明会&体験ワークショップに参加します。

 【東京会場】
  2012年
    ( )4月11日(水)19:30〜21:40
    ( )4月14日(土)15:00〜17:30
    ( )4月18日(水)19:30〜21:40
    ( )4月25日(水)19:30〜21:40
    ( )4月28日(土)15:00〜17:30
    ( )5月 2日(水)19:30〜21:40

 【大阪会場】
    ( )4月21日(土)13:30〜16:00

 【名古屋会場】
    ( )4月22日(日)13:30〜16:00

 【沖縄会場】
    ( )3月31日(土)15:00〜18:00
      ※沖縄の運営スタッフ(卒塾生)にて担当させていただきます。


 お名前:
 ご住所:                        (〒  −   )
 TEL:
 FAX:
 E-mail:
 --------------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。